2013年12月30日(月)ドイツ研修12日目

皆さん、こんにちは!

今回も研究演習Ⅱ藤本と正木が報告させて頂きます!

今回が2013年12月に行なわれたドイツ研修報告の最終回です。

12月30日は、ミュンヘンにて最後の自由時間を過ごしました。

荷物をまとめてミュンヘン中央駅に行き、コインロッカーに荷物をあずけ、午前中は市場とアザム教会を見学しました。

昼食は最後のドイツ料理を楽しみ、午後は各自お土産を買いました。そして、予定通り夕方ミュンヘン空港に向かい、全員無事に帰国しました。

ドイツに滞在した12日間は、毎日新しい発見があり、濃密で学ぶことの多い研修でした。

ドイツ研修の実現にあたり多大なるご協力を賜った鎌田先生、林さん、ナウマン先生、ハルダー先生をはじめとする多くの方々に感謝すると共にドイツで学んだことをそれぞれの勉学、今後の人生に活かしていきたいと思います。

ミュンヘン市場
フランシスコ派修道会ビール工場レストランでの食事(約1500円)アザム教会内(右の奥には、聖人の遺骨が飾ってあります)

___________________________________________

ドイツ研修報告は、以上で終了です。

ご興味を持った方は、是非ともドイツに行ってみてください!

コメント:0

まだコメントはありません。

コメントを投稿する

トラックバック:0

トラックバックURL
http://kg-sps.jp/blogs/kamata/2015/01/26/1988/trackback/
この記事へのトラックバック

まだトラックバックはありません。

プロフィール


鎌田 康男
現在、関西学院大学名誉教授(2016年3月定年退職) 《共生と公共性の philosophy》 ★プロフィール詳細

このページの先頭へ