鎌田ゼミ 秋学期の使用文献について

みなさん、こんばんは!

鎌田ゼミ研究演習Ⅱの竜門と浅田です。
夏も終わりに近づき、本日から秋学期が始まりましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。
我が研究演習鎌田ゼミは、これからやってくる卒論提出とリサーチフェアに向けて、少しずつ準備が始まっています。
今年度で最後の年となる鎌田先生と共に、ゼミ生一同精一杯ゼミ活動に励んで、笑って卒業できるようにラストスパート頑張って行きますのでよろしくお願いいたします。

さて、秋学期にゼミで使用する文献を決定するための文献選定会議が、8月30日に大阪梅田キャンパスで行われ、後日行われた投票の結果、使用文献が決定いたしましたので、ご報告します。

① ジャン・ボードリヤール『消費社会の神話と構造』
② ヨハン・ホイジンガ『ホモ・ルーデンス』
③ エーリッヒ・フロム『愛するとうこと』
④ シモーヌ・ヴェイユ『自由と社会的抑圧』
⑤ 遠藤周作『深い河』
⑥ 丸山真男『日本の思想』
⑦ マーガレット・ミッチェル『風と共に去りぬ』(一)(二)
⑧ エミール・デュルケーム『道徳教育論』
⑨ カール・マルクス『賃労働と資本』

以上の9冊が秋学期で使用する文献に決定しました。
小説含め、国内外問わず幅広く、良質な文献が選ばれたと感じています。
上記の文献に興味関心のある方、また鎌田ゼミの研究を覗いてみたいという好奇心旺盛な方、今学期がラストチャンスです!!
ゼミ関係者の皆様はもちろん、それ以外の方でも是非ゼミにいらしてください。お待ちしております。

それでは、過ごしやすくなってきたこの秋の風を味方に、これからの大学生活も頑張っていきましょう。

(鎌田ゼミweb担当アドレス:webteam☆2015.natura-humana.net)
✳スパム対策のため、@を☆に変えています。メールをお送りの際は、@に直して入力してください。
秋学期文献選定会議写真

コメント:0

まだコメントはありません。

コメントを投稿する

トラックバック:0

トラックバックURL
http://kg-sps.jp/blogs/kamata/2015/09/21/2229/trackback/
この記事へのトラックバック

まだトラックバックはありません。

プロフィール


鎌田 康男
現在、関西学院大学名誉教授(2016年3月定年退職) 《共生と公共性の philosophy》 ★プロフィール詳細

このページの先頭へ