こんばんは。

皆さん、お元気ですか?

オレゴンはThanksgivingを終えてすっかりクリスマスムードいっぱいになりました。

これから毎週、アメリカで知ったこと感じたことなど色々書かせて戴きたいと思います。

記念すべき一回としては暗い話題で申し訳ありませんが、今回は先週のThanksgiving Holiday中に起こった爆弾テロ未遂事件について書かせて戴きます。

アメリカでも比較的安全な街として知られているポートランド。
失業率が高くホームレスが多いとも言われていますが、ロサンゼルスや他の大都会と比べるととても安全な街です。
しかしハイウェイの入り口付近ではなぜか犬を連れてお金をねだるホームレスをよく見かけます。
中には私と同じ年齢くらいの女性もいたりと時にはびっくりするようなこともありますが、夜でさえ危ない地域を除けばまず、恐い目に合うことは有りません。

そんなポートランドで先週の金曜日に起こったテロ未遂事件。
ダウンタウンにあるパイオニアスクエアという所でクリスマスツリーの点灯式がありました。

ここは学校からも近く、うちの学校の生徒もよく行くモールです。
ただでえ人が多いモールですが、クリスマスツリーの点灯式とあっては訪れる人の数も必然的に多くなります。

そこを犯人の少年は狙ったようですが、FBIのおとり捜査によって捕まりました。
未遂で終わったから良かったものの、もし現実にテロが起こっていたら、たくさんの犠牲者が出ていました。
日本で過ごしていた私にはテロはどこか遠いことのように感じていて、ただただ驚くばかりでした。運良く私はその場に居なかったのですが、もしテロが起こっていたのであれば間違いなく今、このブログを書いていません。

アメリカでは未だにテロによる被害を防ぐ為に様々な処置が行われています。11月15日から12月2日までは、飛行機を使ったテロ対策によって約453グラム(1ポンド)以上の荷物をアメリカに送ることができませんでした。
911から9年経ったといえ、未だにアメリカ各地でテロ未遂事件が起こっているのです。

 

日本で暮らしていると平和ボケというか、危険に対する危機感というものが色々な意味で薄くなっていると感じました。こちらに来て、夜は出歩くことも暗くなってから一人で出歩くこともほとんどしないので危ない目に会うことはありませんが、危険はどこに迫っているか分からないということをひしひしと感じました。

 

こちらは今週はFinal Exam 週間で、水曜日から約1か月の冬休みに入ります。その為、次はもっと楽しい話題を提供できるように頑張りますね☆

12月に入って益々寒くなってきているので、皆さんお体には十分お気をつけ下さい:)

コメント:1

    投稿者:小池| 投稿日時:2010/12/7 00:25

    緊迫感のある投稿をありがとう。次回も楽しみにしています。

コメントを投稿する

トラックバック:0

トラックバックURL
http://kg-sps.jp/blogs/koike/2010/12/06/388/trackback/
この記事へのトラックバック

まだトラックバックはありません。

プロフィール


小池洋次
研究分野のキーワード 政策形成過程論、アメリカ政策研究、メディア論 研究内容 政策に関する諸問題を国際的視点から分析、研究しています。担当教員の経験(日本経済新聞社でのマクロ経済政策=財...

カテゴリー一覧