研究演習Ⅱ2011.11.24

かげちゃん
「現代に残る戦時総力戦体制の弊害と解決案」

・総力戦体制とは
 第一次世界大戦の結果
 不戦条約では「自衛戦争」は防げない
 敗戦国の未来(ベルサイユ条約)
 
A メディアの協力
 WWIの結果、ロシアとドイツで君主制消滅
 新聞社が大企業になる時代

B 日本式企業
 理想は民有国営 ex.電力会社
 企業はとにかく生産を増やすべし

C 革新官僚
 WWI後の日本の現状を把握
 日本の経済は自由主義―いつ自由主義化する?
 →政府主導で重工業化すれば良い?

・弊害と解決案
 時代の変化により、利点が弊害に変わる
 昔表面化した弊害が再び? ex.闇米

A 横並び自主検閲報道
 弊害:一斉報道による事実上の情報隠蔽
 解決案:テレビは地上波からネット回線へ。
      社員に自衛教育。社員が自衛できれば社がかばう必要がない。

B 生産者中心主義
 戦時は消費者軽視
 弊害:経営者・労働者関係>企業・消費者関係
 解決案:異種企業を合併、財閥化

C 無責任体質
 弊害:官僚天下り
 解決案:「仲間」を気にしなくても良い昇進制度。シンクタンク設立。

・なぜ解決案を実現できていないのか
 弊害:”社員的ジレンマ”状態
 解決案:個々の損失と全体の損失が直結するように

A 財源移譲
 地方の財政は交付金という形で統制
 体制変革・・財源を地方に移譲する

B ブレーンの確保
 政治家は忙しいから官僚に頼る
 制度変革、独立したシンクタンク法人設立→シンクタンクは政治家に政策を売り込み

C 政党支持母体
 政党自体ではなく、その支持母体の多数派の意見が尊重される→制度変革。法人、組織の献金を禁止。

おわりに
 日中戦争の結末と今後の予測
 日中戦争は太平洋全域に戦域拡大。中国との貿易拡大は環太平洋に拡大―70年前に似ている?

・官僚に依存してばかりいると、特定の意見が尊重され日本の進むべき道をまちがえるのでは?→脱官僚は成功?
・SNSの時代≒以前の日本・・好きなことを個人が発信する
・マスメディアの時代の終焉?SNSはお金目的で運営されているわけではない。「結果的に」利益を生み出すことになった。メディアもSNSに習う必要がある時代が来る可能性。

20111124

コメント:0

まだコメントはありません。

コメントを投稿する

トラックバック:0

トラックバックURL
http://kg-sps.jp/blogs/koike/2011/11/24/513/trackback/
この記事へのトラックバック

まだトラックバックはありません。

プロフィール


小池洋次
研究分野のキーワード 政策形成過程論、アメリカ政策研究、メディア論 研究内容 政策に関する諸問題を国際的視点から分析、研究しています。担当教員の経験(日本経済新聞社でのマクロ経済政策=財...

カテゴリー一覧