プロフィール



  • 氏名 : 洋次 小池 (小池洋次)

経歴/自己紹介

研究分野のキーワード
政策形成過程論、アメリカ政策研究、メディア論


研究内容
政策に関する諸問題を国際的視点から分析、研究しています。担当教員の経験(日本経済新聞社でのマクロ経済政策=財政・金融・農政=担当、シンガポール支局長、ワシントン支局長、日経ヨーロッパ社長、論説委員等)を生かしたいと思っています。
 政策は、政府が税金を使って国民生活に多大な影響を与える行為です。誰しもが無関心ではいられません。政府がすべての政策において正しい決定を下していれば問題ないのですが、残念ながら、歴史が示すところは、むしろ逆です。
 重要なのは、政策の是非を論じ代替案を検討するとき、政策の中身はもちろん、政策が作られる過程やそのシステムも問題にする必要があるということです。製品の質を上げるには製造工程、さらに開発体制を変革しなければなりませんが、政策についても同様のことが言えるでしょう。政策の形成過程を研究する意味はここにあります。
 政策を国際的な視点で研究する際、アメリカの政策動向分析は欠かせません。唯一の超大国の動きは日本を含む世界中の国々の国民生活に影響を及ぼすからです。
 メディアも政策形成の過程に深く関わっています。その役割、影響力、限界等についても調査、研究しています。


担当授業科目
日本経済論、政策過程論、政策課題研究J、基礎演習、総合政策演習、研究演習

プロフィール


小池洋次
研究分野のキーワード 政策形成過程論、アメリカ政策研究、メディア論 研究内容 政策に関する諸問題を国際的視点から分析、研究しています。担当教員の経験(日本経済新聞社でのマクロ経済政策=財...

カテゴリー一覧