被災地ボランティア

皆さん

4回生の川原さんの報告がネットにのニュースに掲載されています。ご覧ください。
http://www.j-cast.com/2011/06/22099236.html

ブログ説明会に参加しました

研究演習Ⅰのみなさん

小池ゼミ3年のソウです、本日事務室主催のゼミブログ説明会に参加しました。また金曜日のゼミでみなさんに報告いたします。

よろしくお願いします。

6月3日アメリカ政策研究会内容(次回は6月10日予定)

こんにちは!桜井です。

先日研究室ブログにアナウンスさせていただきましたアメリカ政策研究会ですが、ゼミの垣根を越えて集まって下さりありがとうございました。もっと色々な方にも一緒に考えていただきたいと思っておりますので、学年、ゼミに関わらずお集まりください。基本は毎回一話完結というかたちをとっておりますので、毎回参加できなくても、出席できるときだけ出て下さればいいですから興味がある方はぜひお願い致します!次回は6月10日金曜日の5限(16時50分から)に神戸三田キャンパス一号館の101教室で行います。今後もできるだけ行った内容をブログにアップさせていただくつもりでおります。

さて、6月3日に行った内容について以下に簡単に述べさせていただきます。

話し合ったのは菅内閣不信任決議案問題、オバマ大統領の中東政策演説について、オバマ政権の新安全保障チームの顔ぶれが出そろったことについての3点でした。アメリカ政策研究会と言ってはいますが、一つ目のような話題になっている時事問題については今後も取り扱いたいと思います。あくまでも中心はアメリカの政策についてですが・・・

まず、菅内閣不信任決議案についてのことでしたが、ここでは、6月1日に自民党・公明党・たちあがれ日本の野党3党によって共同提出された菅内閣不信任決議案を受けて採決が行われるまでの流れをテレビや新聞の報道を基にまずはみんなで共通理解をしておくことになりました。連日メディアで多く取り上げられていたということもあり、このブログでは多くは記しませんが、野党が提出した不信任案に与党民主党の議員からも造反の可能性が高くあったということ、採決が行われた6月2日の午前中に菅首相と鳩山前首相の会談があり、そこで、鳩山氏が菅首相から直後の民主党代議士会において震災復興に一定のめどが立てば若い世代に責任を引き継いでいただきたいとの発言を引き出すことができたということを中心に流れをみんなで確認しました。そこで話し合われたのは果たして菅首相はいつ退陣するのか?首相が代われば震災復興を含め、今後の政権運営がうまくできるのか?結果として衆議院において信任をされた菅内閣の今後の政権運営は?などが話されました。参加者からは復興のために即刻退陣すべきという方や、ころころとリーダーを代えることは良くないので続投は仕方ないという方など様々な意見があり、人それぞれの違った考えを学ぶことができ良かったと思います。実際にはもっと話し合っているのですが、ここでは割愛させていただきます。

次は、オバマ大統領の中東政策演説についてです。先月にオバマ大統領は中東や北アフリカに関するアメリカの姿勢や政策について演説を行いました。中心となったのはイスラエルとパレスチナの中東和平交渉についてです。交渉の前進がかつてないほど急務であるとしたうえで、両国の共存のために、国境線をイスラエルが占領地を拡大した1967年の第3次中東戦争前の境界線に基づくべきと明言しました。このような立場を明確にしたのはアメリカの大統領で初めてでした。さらには、中東・北アフリカの民主化要求運動の拡大に言及し、その民主化要求拡大を支える民衆への全面的な支援を約束し、デモの弾圧を続ける政府には圧力を強化するという方針を示しました。同時にエジプトに対する最大10億ドルの債務免除を発表しました。この演説には2つの大きな目的があると予想されます。一つは中東和平の交渉が停滞している状態で、アメリカがこのように発言することによって交渉を再開させたいということ、もう一つはアメリカに対するアラブ諸国民の不信感を拭うことです。しかし、イスラエルのネタニヤフ首相は1967年の国境線に戻すことは受け入れられないとしており、まだアメリカ自身もアラブの国で戦争を行っているということもありますので、対米不信を払しょくできるのはまだまだ難しいようです。今後の展望としてはネタニヤフ首相とどこまでオバマ大統領は交渉することができるのかということ、この政策演説で従来のイスラエル寄りの姿勢からアラブの側に歩み寄ったアメリカの姿勢は続くのかということで、それらについて話し合いました。日本ではあまりこのニュース自体がそんなに大きく扱われなかったということもありましたので、ニュースの理解にまず時間がかかってしまいましたが、議論自体はなかなか濃いものになったと思います。

最後はオバマ政権の新安全保障チームについてです。先日オバマ政権は、米軍制服組のトップの統合参謀本部議長にデンプシー陸軍参謀総長を任命すると発表しました。これにより、ゲーツ国防長官の後任となるパネッタCIA長官と、そのパネッタ長官の後任に内定している駐アフガニスタン米軍のペトレーアス司令官と併せて新しいオバマ政権の安全保障チームのリーダーが出そろいました。今回の人事は、軍とCIAのたすき掛け人事と言われておりますが、これには、軍と情報機関の一体化を加速させたいという米政権の意向が表れています。かつて、冷戦期では戦争を計画、作戦を実行する軍と情報を分析するCIAと、棲み分けがされており、またお互いに溝があったと言われていましたが、現在対テロ戦略を中心とするアメリカにおいては、両者の一本化がかかせないということもあり、このような人事となったと多くのメディアで述べられています。今の国防長官のゲーツ氏も、かつてはCIA長官をされていたので、今後もこの流れは続くのではないでしょうか。これからの課題としては、来月から行われるアフガニスタンの米軍撤退計画はうまく進むのかということ、今後12年間で4000億ドル削減される国防予算は、今後の米軍の展開にどのような影響を与えるのかということ、日本側から見て重要である米軍の再編計画についてどうなるのかということが挙げられ、それらについても話し合いました。

以上が前回の内容です。次回はゲーツ国防長官が3日より訪問したシンガポールでのアジアの安全保障に関する会議を受けて、アジアの現在の安全保障問題について、そこでのアメリカの関わりについてなどを話せればいいなと思っております。ぜひお越しください!

2011年度アメリカ政策研究会(次回は6月3日金曜日5限予定)

こんにちは!小池ゼミ一期生の桜井です。

昨年度より毎週一度開催させていただいておりますアメリカ政策研究会ですが、もちろん今年も行われております。ただ、今年度はなかなかブログを更新することができずに肝心の議事録や次週に向けた宣伝などができておりませんでした。現在も主に毎週金曜日の5限(16時50分から)に神戸三田キャンパス一号館の101号室で行っておりますので、他のゼミ、学部、学校の方々に学年を問わず集まっていただければと思います。(木曜の活動も検討しております。その場合はまたアナウンスさせていただきます。)よろしくお願いします。過去の活動内容などは、小池洋次研究室ブログを遡って見ていただければ書いております。

アメリカ政策研究会では、その名の通りアメリカが行った政策に関するニュースから私や小池先生、また参加者の方々が関心を持ったテーマを毎回全員でレクチャーを通して確認し、それについて議論するといった流れです。アメリカに関すること以外でも、みんなで知っておきたい時事問題はカバーするつもりです。昨年度は、普天間基地問題をはじめとする日米関係が大きくクローズアップされたこともあり、それについて話す機会が多かったと思います。ニュースでも多く取り上げられておりましたので参加者みんなで大変良い議論ができました。今年度もこのようなことはもちろん続けていくつもりです。現在三回生の人たちにとっては、早ければ今年の終わりには始まる就職活動に向けてグループディスカッションの練習や時事問題などの知識を得られる場にもなります。一・二回生の人たちにはゼミ選びの参考になるでしょう。就職活動を終えた先輩からもそれについて話が聞けるかもしれません。ぜひこの機会を活用してください!

一番大事な次回のアメリカ政策研究会の予定ですが、明日27日は総合政策学部ではリサーチコンソーシアムが上ヶ原キャンパスでありますのでお休みです。次回は6月3日金曜日の5限を予定しておりますので参加できる方はどなたでもお越しください。テーマとしては、オバマ大統領が先日発表した新たな中東政策について取り上げる予定です。よろしくお願いします。質問等ありましたらコメント欄に記入、もしくは私のメールアドレスを知っておられる方はそちらまで連絡ください。それでは失礼致します。

研究演習Ⅱ議事録110519

5/19(木)議事録                          記録者:川原

 

  1. 田尻君プレゼンabout 現地入り

・学校の様子(子どもたちの様子を写真で)

 入学式・終業式・始業式

・何をしたか(図書室の整理)

 

  1. 櫻井さんプレゼンabout オサマ・ビンラディン殺害の意味

・2011.5.1 ビンラディン殺害

・ビンラディン自身についての説明

・ビンラディン殺害作戦

 →去年の夏から開始。2月に存在を確認。5/1作戦決行。

・オバマ「Justice has been done」

→日本・中国・イギリス・フランス・ロシア・イラクなど各国首脳も祝福した

<<問題>>

①    パキスタンはビンラディンの殺害作戦を知らなかったのか?

・アメリカ当局はビンラディン殺害作戦をパキスタン当局に話していなかったと発表

 →パキスタンを信用していなかった?

・アボダバードの邸宅付近にはパキスタン軍の士官学校がある

 →どこにビンラディンがいたか知っていたのではないか?

②    アメリカの行為(パキスタンに伝えなかった)は正しかったのか?

・パキスタンの主権侵害?(ムシャラフ前大統領はアメリカを非難)

・ビンラディンの葬儀の方法にも問題が

③    生きたまま捕まえるという考えはなかったのか?

④    テロ組織は今後弱体化するのか?

 

<<ここからディスカッション>>

About①

・同盟関係にある(米パ)パキスタンとインドは仲悪い→この頃米印が協力的な事をよく思ってなかった?

About②

・民間人が犠牲にならなければ結果論として良かったのでは

・インドとパキスタンの仲の悪さが関係している

・パキスタンと中国のつながり(中印はあんまり仲良くない)

・パキスタンのためを思って?(パキスタンが非難されることを避けた)

→パキスタンがNOを出さなかったところに批判が集まるのでは

・もともとパキスタンってややこしい国

About③

・生きたまま捕まえていたらテロリストたちが他で人質を取って交換条件にしようとするんじゃないか?

・民主主義にのっとってすれば裁判にかけるべきだったのでは?

・国際法にのっとって計画を立てるとアメリカが危ない?→核テロ

About④

・もともとアルカイダってアメーバみたいな集団?

・逆に恨みを買ってテロが増えるんじゃないか?

・報復テロは必ず起こる(規模は分からないが)→今年の9.11?

・一般人のネットワークが構築されすぎていてテロリストが育ちやすくなっているs

・核を持つ国で統制が取れなくなったら怖い

研究演習Ⅱ2011.5.12

川原さんが投稿してくれました。以下をご覧ください。

2011.5.12議事録(川原記)

  1. 田尻君“ボランティア報告”

5/6~12

歌津中学校

l  一緒に遊んで楽しかった。子どもの笑顔が見られてよかった

l  学校の再建(終業式・始業式・入学式)

l  図書室を移す作業

l  炊き出しも充実

l  バイオマスボイラーでのお風呂

課題

水道はまだ通っていない(復旧の見込みは6月中)

仮設住宅も出来てきているが全員は入れていない

助けが甘やかすことになってはいけないのでは

 

  1. かながいさん“The Sinking Economy”

日本の経済は沈んできているか?(中国にGDPを抜かれたし…)

World GDP ranking in 2010

  1.  USA         14,657(billion US$)
  2. China         5,878
  3. Japan         5,458
  4. Germany      3,315
  5. France        2,582
  6. Korea         1,007

 

GDPの値から見ると

中国の人口が日本の10倍で同じような数字というとは、一人当たりの値は日本の10分の1

=そんな大したことじゃないのでは…?

 

GDP Growth Ratio for the last 10 years

    Japan 7.1%

China 150.0%

日本は10年で7.1%しか成長していないのに対して中国は150.0%も成長している。

これはまずい。

 

 

 

 

 

増える事は期待できない(少子化のため)
日本に投資したいと思う動機づけが減ってきている

 

 

 

 

 

GDP Growth =  Capital  ×  Labor   ×  TFP

投資額
労働力

 

 

 

 

                    ここがこれからの日本のGDPにとって大切

 

3.谷本さん“リビア”

  1. リビアの変遷

69年からカダフィ大佐が権力を握る

86年米対リビア経済制裁=景気落ち込む

  1. 経済

原油や石油が採れるためアフリカの中でも裕福な国(経済制裁受けるまでは)

  1. カダフィ大佐

世界最長の政権維持

70s80sテロ国家の支持(国連の反感を買う)

  1. 内戦

2/15トブルクで最初の暴動

政府(カダフィ)VS反政府(アブドルジャリル)

17日「怒りの日」

  1. 他国の対応

3/19フランス軍が空爆開始。米英軍がミサイル攻撃開始

  1. 他国の対応

EU・米を中心に条約の凍結や禁輸などを行う(フランスが積極的に行っている)

7.アメリカの動き

  イラク・アフガニスタンの戦争があるため、新たに軍事介入すると批判が出そう

  人道支援に徹底。武器の輸出等はしない←米国内では意見が2つに分かれる

 

~ディスカッション~

1.中東における(民主化含めた)動き

影響力が大きいエジプトのムバラクが失権したことによって独裁国家の反政府運動が頻発している

2.軍事介入は正しかったか?

・行きすぎではないか?先進国にとってはおいしい国(資源が豊富だから)

先進国の欲が見えている気がする

独裁国家はメディアというツールがあったから潰れたのではないか?

・やる必要があって力が伴うならやるべきではないか?

・反政府の考えを持つ国民はどれくらいいるのか?本当の民意が見えない。

・現代はソーシャルメディアによって政治のdecision making が左右される

・国連の形としては正義だった

・軍事介入にも暴動にも最終的には意味があったのか?

 やってしまえという勢いでは?

2011年4月28日小池ゼミ研究演習Ⅱ

 

東北地方太平洋沖地震で被害にあわれた方に心から御見舞い申し上げます。

今回のゼミではアメリカ政策とはテーマが離れますが、日本がこのような非常事態に直面するにあたり、福島原発事故について議論いたしました。以下が議論の詳細です(レジュメ参考)。

 

A これまでの問題

a トップの判断や行動は正しかったのか、理性的に十分な対応を出来たのか。菅首相は官邸を離れ、東電に3時間。東電の清水社長は地震の際、関西に、勝俣会長は北京に。

b 今回の事態は本当に「想定外」だったのか。津波対策の不備を多くの論者が指摘。

c チェック・監視体制に問題はなかったか。原子力安全・保安院は経済産業省の一部、産官学のもたれ合い構造。

 

B 今後の課題

a 原発の防災対策をどうするか、どこまでやるべきか。

b チェック・監視体制をどうするか。強化するべきではないか。

c そもそも原発は必要か。

d 地球温暖化を防ぐためのCO2削減との兼ね合いをどうするか。

   政府の温暖化ガス削減目標(2020 年までに1990 年比で 25%減)は原発の「9基新増設」が前提。うち7基は未着工で、そのままなら温暖化ガスは逆に5.2%増えてしまう(日本経済新聞社 2011 年 4 月 15 日 朝刊)

e 今後の日本のエネルギー供給をどう考えるか。

f 日本経済の今後のあるべき姿は?

g チェック体制を強化するべきではないか

 

以下意見

A (b) ・想定できたのに「想定しない」結論に至ったのではないか。リスクとコストマネジメントを意図的にバランスを合わせていたのではないか。

B (a) ・福島原発事故の二の舞は起こすわけしはいかない。しかし、1000年に1度とも言われる巨大地震。あるかもわからない出来事のためにどのくらい投資するべきなのか。

・安定的な電力供給かつCO2排出量の削減を考慮すると今の日本にやはり原発が必要ではないか。

・安価な電力は原発でないと供給できない。

・原発をなくすと20年前の発電量になるともいわれる。

B (c) ・安全性を考えると原発は無くしたい、しかし実際には難しい

・原発の安全性向上のための投資増

・代替エネルギーの案として地熱発電。水素を燃やせばCO2はでないのでは・・?(島国で海に囲まれていることを利用)。

・風力は日本の風土に合わない。

→電力を売り買いする新しい社会の構築(ex. パーソナル通貨)。個人個人がもっと「発電」する社会づくりへ。

→独自発電システムの普及

→グローバルに電力の取り引きをする。電気の特性からして難しいが、実現すれば電気がさらに安価で安定的になるのではないか。

B (d) ・地震災害への対策も大切だが、地球温暖化も着実にせまりくる危機であるため蔑ろには出来ない。CO2排出量にも考慮し続けるべき。

→CO2を考慮するにあたってクリーンエネルギーといわれる原発が注目されたという背景がある →代替エネルギーもクリーンであるべき

 

・電力の供給元を複数設ける

・アメリカはひとつの機関に責任一点集中型だけど、責任のなすりつけ合いにはならない

・福島原発事故による日本の空洞化をどのように防ぐか →企業が国外にでていってしまうことを防ぐ対策が必要

.

こんにちは。
皆さん、お元気ですか?
こちらは少しずつ暖かくなってきていますが、まだまだ寒い日が続いています。

さて、ご存じの方も多いと思いますが、あのウサマ・ビンラディン氏がアメリカ軍特殊部隊によって殺害されました。こちらではオバマ大統領が会見を行い、アメリカ全体が歓喜に包まれた状態です。実際にその報道がなされた夜には大学周辺でも夜中に車でクラクションを鳴らしながら喜ぶ人々がいました。その一方で、またテロの報復があるのではないかと恐れている人々も多くいるようです。
私には多くの中東の友達がおり、直接は口にしませんが彼らは未だに差別されることもあります。また彼らと仲良くしているだけで良く思わない人々もいることも事実です。イスラム教の人々に対して不信感を持つ人々もいることは否定できません。私は日本人なのでこの出来事について殺害は意味を成しているのかという疑問を少し持ちました。なぜならば、ビンラディン氏を殺害したところで遺族の悲しみは癒えることもなく、新たな報復をいう芽を作ったのではないかと思ったからです。また周りの人々の反応は様々でした。日本でのこの出来事に対する反応はどうですか。こちらでは、この情報がニュースで報道される際に、オバマ・ビンラディン氏殺害といった誤った情報が流れることもありました。

そして私事ではありますが、この間授業の一環でホームレスの人々に食事を提供するというボランティアに行ってきました。日本ではボランティアというと災害時に活躍するというイメージが強いと思いますが、こちらでは子供からお年寄りまでボランティアをよく行います。
私が行ったボランティアでは高校生くらいのティーンエイジャーのホームレスも多く、また誰でも食事を貰えるということだったので多くの市民も食事に来ていました。ここ、ポートランドはアメリカでもホームレスが多いところなので、500人分の食事があっと言う間に終わりました。この経験を通して、日本人はもっと普段からボランティアに身近に取り組んでもいいのでは?と感じました。レストランやスーパーマーケット、教会が主な食事提供元ですが、日本ではホームレスの数がアメリカに比べて少なく、しかも食べ放題のお店やレストランでは多くの廃棄食品が出るということなので、それを提供することはとても有益なことだと思いました。

では、皆さんお体にお気を付け下さい。

ご無沙汰しております。

こんにちは。
前回の更新からずいぶん長い時間が経ってしまって申し訳ありません。

皆さん、いかがお過ごしですか。
兵庫に住んでおられるので地震の被害は少ないと思いますが、ご家族やお友達の安否が不安な方もおられると思います。

こちらでも日本の地震は大きく取り上げられています。大学では日本語のニュースを見られるようになっており、たくさんのチャリティやイベントが行われ、たくさんの方々が寄付や日本のために祈って下さっています。
たくさんのクラスメートや先生、友達が毎日のように家族や友達は大丈夫かと心配してくれています。昨日はキャンドルライトというチャリティイベントに行ってきました。雨にも関わらずたくさんの方々が来て下さって、日本のために祈って下さいました。

遠くにいる私には祈ることや寄付しか出来ませんが、日本の皆さんの一日も早い復興をお祈りしています。

さて、私は昨日から10日間という短い春休みに入りました。こちらに来てようやく半年経ちましたが未だに戸惑うことだらけです。半年を振り返ってみると本当にたくさんのことがありました。こちらに来た当初、ルームメイトと上手くいかず、なんでここに来たんやろう。という思いもありましたが、今は毎日本当に充実しています。私のコースには当たり前ですがアメリカ人はいません。私は自分のためにあまり日本人と関わらないようにしているので、友達の多くはサウジアラビア人、台湾人、中国人です。特にサウジアラビアについては、もともとの知識も少なく、彼らの話から文化やすべてにおける日本との違いを多く学びました。
また、こちらに来て思ったのは、日本はやはり時間における概念がきっちりしていることです。皆さんもご存じのように、こちらではバスやストリートカーが時刻通りにくることはまれです。たまに運転手さんがバス停を忘れて飛ばしてしまうこともあります。こういった不便さもありますが、アメリカでは世界中にたくさんの友達が出来ること、それが一番魅力的であると私は感じています。あと残り半年、色々な面で自分を成長させることができたらな。と思います。
また、時間があればスカイプでもフェイスブックのチャットでもお話してください!

それでは、季節の変わり目なので健康には十分お気を付けください。

第32回 政策・情報学生交流会の事後報告

こんばんは。夜分遅くに失礼します。

3回生のみなさん!就職活動の調子はいかがでしょうか?
そろそろ面接等々も始まってくる季節ですね。

少しまだ寒い日が続いていますが風邪などひかぬようにしましょう!

エイエイオー!

さて今回は、先日2/28~3/3に行われた32nd 政策・情報学生交流会の事について少し報告したいと思います。

概要などについてはHPを参考にしてみて下さい。
→http://koryukai.org/32nd/index.html

私は今回就職活動中ながら、東京農大の学生と共にチューターという分科会を担当する役割をさせて頂きました。

私のパートナーあった学生は都市緑化を目指して東京のビルの屋上にて大きなプランターを作りそこで野菜を育てています。

私は三木市で休耕地を興して農業をしている、いわば農村農業なので日々違ったフィールドで行っている農業を比較しつつ、全国の学生にも農業について知ってもらいたいという思いで今回チューターをさせて頂きました。

我々の分科会の名前は「No 農業 No Life」で、今の日本における農業の現状であったり、明日から我々学生が日本の農業に関してできること、また日本の農業の可能性・将来について3泊4日共に話合いました。

全国各地から学生が集まっており、その地に根付いた農法や農業の現状について皆で共有できた事は大きな収穫だったと思います。

今回の第32回政策・情報学生交流会のテーマが「我々学生が社会に出来ること」というものでした。

そこで参加者のみんなと3つのビジネスプランについて考え、我々が明日から出来ることを発表しました。

その3つを以下にあげておきますので、またゼミの中ででも軽く発表出来たらさせて頂こうと思います。

1、リアルサンシャイン牧場 -農地のオーナーになろう-

2、農村に泊ろう! -ファームステイをしよう-

3、農業カフェを作ろう!

の3つです。

以上の3つだったのですが、共通していたのは我々学生が今の社会にどのように貢献できるかを日々考えて行動することは非常に大切だということです。

今回交流会に参加して、多くの学生は言っている「何かしたい!」という言葉の「~したい!」の部分を「~する!」のが大学にいる意義であるように感じました。

やはり多くの人と話し、新たな価値観に出会うのはいい刺激になります。

少し就職活動で疲れていたこともありましたが、皆の頑張っている姿を見て私もまだまだここでは負けられないと元気づけられました!

非常に簡単ではありますが、以上を学生交流会の報告とさせて頂きます!

本当に忙しい今だからこそ、タイムマネジメントをしっかり行い、物事に優先順位をつけて日々行動してゆく事が必要なんだということを実感しています!

新学期みんなに会える事を楽しみにしながら、学校が始まるまで就職活動に注力したいと思います!

みんなー切磋琢磨して、自分の目標に到達できるようにしましょう!

では非常に遅い時間ですが、以上で簡単な報告を終わらせて頂きます。

失礼します。

田尻大樹

プロフィール


小池洋次
研究分野のキーワード 政策形成過程論、アメリカ政策研究、メディア論 研究内容 政策に関する諸問題を国際的視点から分析、研究しています。担当教員の経験(日本経済新聞社でのマクロ経済政策=財...

カテゴリー一覧