指導者の姿勢 / Attitude of the coach

こんにちは、小西ゼミ3回生の木本航です。

今回のブログでは私が約4年間続けている小学生を対象としたサッカー指導について、重視している点、パンデミックの影響から学んだことをお伝えできればと思います。

まず、規模としてはチーム全体の人数としては100人程度、そして自分自身が主体として指導を行うのは2~4年生の10人から20人ほどの人数です。

具体的な指導内容は、指導方針、練習メニューの作成、毎週の練習でのコーチング、後輩指導者の育成、保護者への説明が主なであり、学生が指導に責任を持ちトレーニング、 プログラムの運営を一貫して行うことが出来るのはサッカー指導の業界では珍しく、貴重な経験を積んでいます。

指導を通して重要視していることは、信頼性と透明性です。 信頼性は2つ方向性があり、1つは子供に対して、もう一つは保護者に対してです。 サッカーという競技の特長として複数人で行うスポーツのため、信頼関係が無ければ楽しむことさえできませんが、指導面においても人間関係の上で成り立つため、信頼性は 最も重要であると言っても過言ではありません。 この信頼を築くために、子供扱いせず一人の人間として尊重しあうことはもちろんのこと、子供をよく観察するように心掛けています。 なぜそのような発言、プレーに至るのか、思考回路を理解することは子供が心を許してくれるきっかけとなるからです。 もう一つの保護者に対しての信頼とは、子供を預けてもらうことへの責務でもあります。 そのため、自分の指導理念をしっかりともち、共感していただくこと、説明責任を果たすことは必須となるのです。

もう一つの透明性とはパンデミックの影響により気づき、重視するようになったことでもあります。 教育とは成果として目に見える形に現れることが難しく、指導者と子供、保護者との情報の非対称性が大きいものです。 そのことを、パンデミックの影響でグラウンドが使えなかったことによるオンライン指導を実施したことにより、指導内容の透明性という大事なことに気づくことが出来ました。 なにを学んでいるのかを説明することは指導者としての自身のレベルを一つ上げることにもつながったと考えます。

教育、指導とは答えのないものであり、一人ひとり考え方が違うため難しいものです。 しかし、それゆえ追求すること奥深さもあります。 文字数の関係から指導に対する考え方を載せることはできませんが、またお伝えできればと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

Hello,everyone. My name is Wataru Kimoto, a 3rd grade student in Konishi seminar.

In this blog, I would like to share with you the impact of the pandemic and what I have learned from it, as well as what I value in my soccer coaching of elementary school students, which I have been doing for about four years now.

First of all, there are about 100 players in the whole team, of which I am in charge of about 10 to 20 players from 2nd to 4th grade.

My main tasks are to create coaching policies and practice menus, provide guidance at weekly practices, train junior coaches, and explain the policies to parents. It is rare in the soccer coaching industry for a student to be in charge of coaching and running a consistent practice or program, so I am gaining valuable experience.

The most important aspects of coaching are credibility and transparency. There are two types of credibility: one for the child and one for the parent. One of the characteristics of soccer is that it is a sport played by multiple players, so without trust, the game cannot be enjoyed. When it comes to coaching, trust is the most important thing because it can be done in a relationship. It is not an exaggeration to say that it is the most important thing. What I try to do to build this trust is to respect the other person as a human being, not as a child, and of course to observe the other person carefully. By understanding the thought process of why they say the things they do and why they play the way they do, children will recognize their instructors. Trust in parents is also a responsibility to take care of their children. Therefore, it is essential to be firm in one’s guidelines, empathetic, and accountable.

Another transparency is brought about by the pandemic. In the field of education, there is a huge information asymmetry between leaders, children, and parents. That’s why we couldn’t use the ground during the pandemic, and that’s why I realized that online classes are very important: transparency in what you are teaching. I believe that explaining what I am learning has helped me to become a better teacher.

Education and teaching are difficult things because there are no answers and different people have different ideas. However, I think that is why there is a depth to it that can be pursued. Due to the number of characters, I cannot post my thoughts on teaching, but I would like to share them with you again.

Thank you for reading to the end.

 

▼小西ゼミホームページはこちら▼

Home

▼小西ゼミインスタグラムはこちら▼

https://www.instagram.com/kg_konishiseminar/

 

コロナでの反省と挑戦

こんにちは、小西ゼミ生3年の小林嶺旺です。

このブログをご覧の皆様はコロナ期間をいかがお過ごしでしたでしょうか。私は正直、満足に活動ができなかったことを後悔しています。私は大学入学当初からずっと「在学中に海外で活動したり、いろんなイベントや企画に参加するんだろうな」という漠然とした期待を抱いていました。実際に学内外問わず、様々な挑戦の機会が用意されており、きっとたくさんの経験を通して成長していくだろうと何となく楽しみにしていました。しかし2020年、突然のコロナウイルスの世界的パンデミックによってそれらは突如として奪われてしまいました。ここで私が学んだことは「挑戦できることのありがたさと難しさ」です。自身の周りに用意されていた環境がとてもありがたいものであったことを痛感したと同時に、コロナ期間中とはいえ決してチャンスがゼロだったわけではなく、情報さえ集めていればオンラインプログラムなどにも参加でき、経験が積めた中、私はいくつかそれを見逃してしまっていました。このことから日頃から情報にアンテナを張らなければ挑戦の機会にすら手を伸ばせない厳しさを痛感し、以降は学校からのメールや友達との日常会話を入念にチェックするようになりました。結果的に集めた情報の中から自身が興味があったマーケティングと海外経験がオンラインで積めるプログラムがあることを知り、挑戦することができました。今後はもっといろんなことに挑戦し、充実した時間を過ごすことが私の挑戦です。

 

Hello, I’m Neo Kobayashi and grade3 Konishi seminar student. How did all of you who read this blog spend the time among the Self-restraint period? Actually, I regret that I cannot do any activities. I thought that “I will go abroad and challenge a lot of projects and activities.” When I entered the university. There was various challenging opportunity not only inside of the school but also out of the school, so I was looking forward to growing up through a lot of experience. However, because of the pandemic of COVID19, these opportunities were lost. Through this experience, I learned that “importance and difficulty to challenge.” I felt that the environment prepared for us was very important. Furthermore, even during the COVID 19 period, chances weren’t zero, and as long as I had the information, I could participate in online programs, but I missed some of them. From this experience, I thought that unless be sensitively to the information, I cannot get any opportunity to challenge. Since then, I have been carefully checking emails from school and daily conversations with my friends. As the result, I could find the program about the marketing and activity in abroad held online, and I could participate and challenged. In the future, my challenge is to try more things and spend a fulfilling time.

 

 

▼小西ゼミホームページはこちら▼
Home
▼小西ゼミインスタグラムはこちら▼
https://www.instagram.com/kg_konishiseminar/

今私がチャレンジしていること

はじめまして、3年生の木村汐里です!

今回のブログでは、「グラレコ」と「もぐらぼ」について書きたいと思います!

突然ですが、「グラレコ」という言葉を聞いたことはありますか?グラフィックレコーディングの略で、講義やイベントの内容をイラストやキーワードで可視化し、1枚の紙にまとめることです。私がグラレコを知って始めたのは大学1年生のとき。所属する学生団体が主催するイベントの参加者を集めることに苦戦し、何か新しいことできないかな?と思ったことがきっかけです。手探りですが、イベントにお招きするゲストの方のお話しや参加者の感想などをまとめて、完成するとゲストの方にお渡ししたり、学生団体の広報材料とすることを続けました。

大学3年生になってから、「もっとグラレコを極めたい!グラレコしてる人と繋がりたい!」と思うようになり検索していると、dotという何人かで一緒にリアルタイムでグラレコを行なっているチームを見つけました。幸運なことに、数ヶ月前にチームdotに加入することができました。初めてグラレコをしている人(グラレコer ?)と出会い、「仲間と一緒にグラレコをする」ということを経験する中で、お互いのグラレコをシェアすることが楽しみになりました。

dotは”イノベーションチーム”。z世代だけで構成されていて、グラレコ以外にもz世代のアイデアでさまざまな問題を解決する会議などをしています。私はこの秋始まった新しいプロジェクトにも参加しています!それが、もぐもぐファームラボ。通称「もぐらぼ」というプロジェクトです!

もぐらぼは、農水省の「食から日本を考える。NIPPN HOOD SHIFT」とのコラボプロジェクト。長野県の辰野という町で11のチームがイノベーションを起こします。私のチームは2拠点シェアハウスチームです。背景にある社会課題は2つ。①都市部居住者のストレス耐性の弱さ②地方格差と二項対立構造です。私自身コロナ禍、戸惑いや不安で様々なストレスを感じて過ごしてきました。特に私にとって色んな人と出会うことや自分の価値観を共有する場がないと言うことが大きなストレスでした。そんな私の解決策はシェアハウスでした。様々な国籍を持つ人と交流する場や、出会う人々に救われました。今回のプロジェクトはそんな私の経験と、辰野町の新しい移住者にウェルカムなあたたかさを感じたこと、地理的にも日本の中心で全国から人が集まれること…様々な背景があって、生まれました!

人が交流することによって起こるイノベーションと、辰野の食・農に触れながらウェルビーングを追求する、そんな素敵な時間と空間をシェアできるハウスをこれから作っていきます。ぜひ、興味がある人は一緒に挑戦しましょう!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

Hi, I’m Shiori Kimura, a third year student.

In this blog, I would like to write about “Grareco” and “Mogulabo”!

Have you ever heard the word “grareco”?  Abbreviation for graphic recording. It is to visualize the contents of lectures and events with illustrations and keywords and put them together on a sheet of paper.  I first know about Grareco when I was in the first year of college.  I’m having a hard time gathering participants for an event hosted by the student organization group which I join. “Can I do something new? “ I thought that was the trigger.  It’s a groping, but I continued to summarize the stories of the guests invited to the event and the impressions of the participants, and when it was completed, handed it to the guests and used it as a public relations material for  the group.

After I was in the third year of college, I started thinking “I want to master more Grareco! I want to connect with people who are Grareco!” I search and I found one team “dot”.  Fortunately, I was able to join Team dot a few months ago.  As I met a person who is doing Grareco for the first time (Grareco er?) And experienced “making Grareco with friends”, I was looking forward to sharing each other’s Grareco.

dot is an “innovation team”.  It is composed only of Z generation, and besides Grareco, we hold meetings to solve various problems with ideas of generation z.  I am also participating in a new project that started this fall!  That is Mogumogu Farm Lab.  This is a project known as “mogulabo”!

Mogurabo is a collaboration project with the Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries “Thinking about Japan from food. NIPPN HOOD SHIFT”.  Eleven teams will innovate in the town of Tatsuno in Nagano Prefecture.  My team is a two-base share house team.  There are two social issues in the background.  (1) Weak stress tolerance of urban residents (2) Local disparity and binary opposition structure.  I myself have been feeling various stresses due to COVID-19, confusion and anxiety.  Especially for me, it was a big stress to meet various people and to say that there was no place to share my values.  My solution was a share house.  I was relieved by the places where I interacted with people of various nationalities and the people I met.  This project was born from my experience, the warmth of the new migrants in Tatsuno, and the geographical gathering of people from all over Japan because it is in the center of Japan. In addition, rice and field!

From now on, we will create a house where we can share such a wonderful time and space, pursuing well-being while touching Tatsuno’s food and agriculture and the innovation that occurs by interacting with people.  If you are interested, let’s challenge together!

Thank you for reading to the end.

 

▼小西ゼミホームページはこちら▼

Home

▼小西ゼミインスタグラムはこちら▼

https://www.instagram.com/kg_konishiseminar/

マーケティング大会を通して学んだ事

みなさん、こんにちは。天立愛佑です。今回は、私の経験について語らせてください。これを読んで、少しでも何かにチャレンジする気持ちを皆様に与える事が出来たらなと思っています。

「過去にないユニークなプロモーションで絶対に優勝したい」という思いを胸に、今春、大学が主催するマーケティング大会でリーダーを担ったことが私の思い出です。最も優れているプロモーションを決定する審査員として、誰もが知る商品を販売する企業にジャッジを行って頂きました。

学部や学年関係なく、学生であれば誰でも参加可能なプログラムであったため、様々な学生と交流を深めることが出来ました。また、プログラムの課題は、審査員である企業が実際に販売を行っているスプレー型日焼け止めをベトナムで拡販せよというものでした。具体的には、体と髪、両方に使用できる日焼け止めでした。私のグループでは、スプレーという利便性や日焼け止めの香りではなく、「髪にも使える」というワードに注目し、現地の美容室での販売を案として提示しました。実際に美容師の方々に意見を聞くため、約25店舗の美容室にインタビューの可否を問い、オンラインでお話をお伺いしました。経営者の声を取り入れ、客観的な評価を行って頂くことで、プロモーションの現実性を追求しました。また、作業面では個性豊かなメンバーから出る案に対して、SWOT分析を用いて、ミーティングを効率的に進められるよう、工夫しました。

結果、優秀賞を頂き、目指していた最優秀賞は逃してしまいましたが、悔いは残らない活動であったと思います。また、リーダー経験を経て、単に意見をまとめる事や聞き手側に回る事が指導者の役割なのではなく、そのチームらしさやチームカラーを引き出す事なのだと学びました。

 

 

Hi, this is Ayu. This time, I would like to share about my experience.

With the desire to “absolutely want to win by suggesting unique promotion that has never been seen before,” I remember taking the lead in a university-sponsored marketing competition this spring. We were divided into groups and done on online due to the COVID-19. As a judge who decides the best promotion of all, we had a company that sells products which everyone knew.

Since it was a program that any student could participate in, regardless of faculty or grade, I was able to deepen exchanges with various students. Also, it was done in the middle of COVID-19 period and spring break, working with group reminded me of situation in school. The challenge of the program was to expand sales of spray-type sunscreens in Vietnam actually sold by the judge’s company. Specifically, it was a sunscreen that could be used on both the body and hair. My group focused on the word “can be used for hair” instead of the convenience of spraying and the scent of sunscreen, and proposed selling it at a local beauty salon in Vietnam. In order to actually ask the beauticians for their opinions, we asked about 25 beauty salons whether or not they could be interviewed and talked to them on online. We pursued the reality of our promotion by taking in the opinions from the entrepreneurs and having evaluation of our plan from them. Also, in terms of work, I used SWOT analysis to summarize the opinions that my members have and procced with a meeting more smoothly.

As a result, our group received the Excellence Award. Unfortunately, we missed the highest award we were aiming for, but I think it was an activity that left no regrets. Also, through my experience as a leader, I learned that leader is not just the role of the instructor to simply gather opinions from members and listen to them earnestly, but to bring out the team’s uniqueness and the team color.

 

 

▼小西ゼミホームページはこちら▼
Home
▼小西ゼミインスタグラムはこちら▼
https://www.instagram.com/kg_konishiseminar/

新しい挑戦

皆さんこんにちは。小西ゼミ3年生の今村祐望です。

今回は、私が興味のある分野についてお話しさせて頂きます。私が興味を持っているのはデザイン分野です。幼い時から、色塗りをしたり、工作を作ったり、絵を描いたりするのが好きで、元々デザインに少し興味がありました。大学2年生の時に、メディア学科の授業である『メディア制作演習表現』という授業を履修したことをきっかけに、その興味がより深まりました。この授業では、5人1チームに分かれて、各チームで10分間の映像作品とポスターを制作しなければいけませんでした。映像作品のテーマから撮影アポ取り、撮影、編集、CG効果など全てを学生のみで行いました。これまで、学んできたことのない分野だったので、全てが初めての学びで、試行錯誤の毎日でした。私はアートディレクターだったにも関わらず、ポスター制作に必須のスキルを身につけていなかったので、クリエイティブソフトAdobeを使いこなすのが非常に大変でした。また、私たちの作品のテーマが「コロナ禍で活躍する学生」であったので、関西学院大学の上ヶ原キャンパスで活動されている混声合唱団エゴラドさんに2ヶ月間密着し、12月に行われた定期演奏会までの軌跡を映像化しました。新型コロナウイルスで行動制限がされ、挑戦したくても挑戦できない状況下に私たち学生はいました。しかし、エゴラドさんのようにコロナ禍においても、試行錯誤を行い目標に向かって頑張る学生達がいるという事を伝えたかったので、今回密着させて頂きました。また、この作品が地方の時代映画祭2021の市民・学生・自治体部門で入賞致しました。私たちが心を込めて制作した作品が、誰かの心を動かし、エゴラドさんの想いを多くの人に伝えることができたのだと考えると、非常に嬉しく思います。

この授業で、デザインの経験を行ったことから、現在はUI・UXデザインにも興味があります。UIはユーザーインターフェースの略で、ECサイトで皆さんがよく利用する身近なものです。今後よりIT化が進むことで、誰もが使いやすく、またビジネスにおいても戦略的なUIが必要とされるのではないかと考えております。今後も自分の興味分野であるデザインをより深め、学んでいきたいです!

皆様、最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

 

Hello everyone.  I’m Yumi Imamura, a third-year student at the Konishi seminar.

This time, I would like to talk about areas of interest to me.  I’m interested in the design field.  From an early age, I loved painting, crafting, and I was originally a little interested in design.  When I was in the second year of university, I took a class called “Media Production Exercise Expression”, which is a class in the Department of Media Studies, which deepened my interest.  In this class, we had to divide into teams of 5 people, and each team produced a 10-minute video work and poster.  From the theme of the video work, shooting appointments, shooting, editing, CG effects, etc. were all done only by students.  It was a field I had never learned before, so everything was my first learning and every day of trial and error.  Even though I was an art director, I didn’t have the necessary skills for poster production, so it was very difficult to master the creative software Adobe.  Also, since the theme of our work was “Students playing an active part in Covid19”, we worked closely with the mixed chorus Egolado, who is active on the Uegahara campus of Kwansei Gakuin University, for two months, and in December. We visualized the trajectory up to the regular concert that was held.  We students were in a situation where behavior was restricted by the new coronavirus and we could not challenge even if we wanted to.  However, I wanted to convey that there are students like Mr. Egorad who are working hard toward their goals through trial and error, so I have been in close contact with them this time.  In addition, this work won a prize in the citizen / student / local government category of the local era film festival 2021.  I am very happy to think that the work we made with all our hearts moved someone’s heart and conveyed Mr. Egorad’s thoughts to many people.

Since I gained design experience in this class, I am currently interested in UI / UX design.  UI is an abbreviation for user interface, which is familiar to everyone on EC sites.  We believe that with the advancement of IT in the future, it will be easy for everyone to use, and a strategic UI will be required in business as well.  I would like to continue to deepen and learn about design, which is my area of ​​interest!

Thank you everyone for reading to the end.

 

▼小西ゼミホームページはこちら▼

Home

▼小西ゼミインスタグラムはこちら▼

https://www.instagram.com/kg_konishiseminar/

 

米国公認会計士を学習する理由

僕のブログ記事を読んで頂きありがとうございます。今回は僕が今取得しようとしている「米国公認会計士」と勉強を始めたきっかけについてお話したいと思います。

 

そもそも米国公認会計士(Certified Public Accountant)を知ってますか?その名の通りアメリカにおける公認会計士資格のことで、日本の公認会計士と違い世界中で働くことが可能になる資格です。では、米国公認会計士という資格に合格すると何が出来るようになるのでしょうか?出来ることはたくさんありますが、取得によって①監査法人で働く②外資系の経理部で働ける③会計の知識と一定の英語力を証明できる、これらを得ることが出来ます。つまり、会計知識を持つグローバルな人材として働くことが出来ます。

 

米国公認会計士は非常に魅力的な資格です。ただし、僕は監査法人で働く目的で学習しているわけではありません。僕が米国公認会計士を勉強する理由は「自己満足」、これに尽きます。本当に申し訳ないですがもう少しだけ読んでください。(笑)僕が言いたい「自己満足」というのは「自分の能力を定量的に証明する」ということです。つまるところ、社会で求められるのは「私は英語が出来る!」と言い張るだけでなく、「私はTOEIC満点です!」と定量的な能力値を見せることだと考えられます。実際に、多くの企業は「英語が出来る」と言っている人よりも、実際のTOEICの点数を見ています。ですので、赤の他人にとって、僕自信を定量的に測ることが出来るというメリットがあります。つまり、僕にとって米国公認会計士合格を目指すことは、究極の”自己満足”です。しかし、その自己満足は平均化された日本の大学生を、国際社会で活きる人材にさせるかもしれません。最終的には、僕のこの自己満足が日本の国際化への轍になることを願います。

 

読んで頂きありがとうございました!!

 

Thank you for reading my blog post. In this article, I’d like to talk about the United States Certified Public Accountant (CPA) certification that I’m trying to get and why I started studying.

 

Do you know what a Certified Public Accountant (CPA) is? As the name implies, it’s a certification for certified public accountants in the United States, and unlike Japanese CPAs, it allows you to work all over the world. So, what will you be able to do if you pass the CPA certification? There are many things that you can do, but by obtaining this certification, you will be able to (1) work at an accounting firm(ie, Deloitte), (2) work in the accounting department of a foreign company, and (3) prove your accounting knowledge and a certain level of English proficiency. In other words, you will be able to work as a global human resource with accounting knowledge.

 

Being a U.S. CPA is a very attractive qualification. However, I am not studying for the purpose of working at an auditing firm. The only reason I am studying CPA is for self-satisfaction. I’m really sorry, but please read a little more.  What I mean by “self-satisfaction” is “quantitative proof of one’s abilities. In other words, what society is looking for is not only “I can speak English! I have a perfect TOEIC score! I have a perfect TOEIC score! In fact, many companies look at the actual TOEIC score rather than the person who says he or she can speak English. So, for a stranger, I have the advantage of being able to measure my confidence quantitatively. In other words, for me, aiming to pass the US CPA exam is the ultimate in self-satisfaction. However, this self-satisfaction may make average-sized Japanese university students into people who can be useful in international society. Ultimately, I hope that my self-satisfaction will become a rut for the internationalization of Japan.

 

Thank you for reading!

 

▼小西ゼミホームページはこちら▼

Home

▼小西ゼミインスタグラムはこちら▼

https://www.instagram.com/kg_konishiseminar/

交換留学(オンライン留学)について

皆さん、こんにちは。小西ゼミ3回生の村上裕基です。

いつも、本ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。

今回、オンライン交換留学について執筆させていただきたいと思います。

現在、私はオーストラリアのニューサウスウェールズ大学でオンライン留学に参加しております。

ニューサウスウェールズ大学は様々な国々から留学生を積極的に受け入れており、現地の学生又様々な国々の学生と触れ合えているため、オンラインにも関わらず、自身は大変充実した留学生活を送ることが出来ています。

 

自身がオンライン交換留学に参加する理由は主に二つあります。

 

一つ目は「英語を更に向上させる事」です。

 

具体的には日常会話レベルの英語だけでなく、アカデミックのレベルの英語でも難なく使用できるようになることで国際的に活躍できる人材になることを目指しています。

 

本大学での英語を主言語とした講義を通して、自身は学問の分野を英語で学ぶ又討論するために必要な英語力に達していないと感じました。特に英語で討論をする際に日本語のように自身の意見を十分に相手に主張できないため、議論を深めることに十分に貢献出来ていないと感じました。

 

そのため、オンライン交換留学を通して、様々な国々の学生たちと積極的に学び、議論することで英語でも専門的な分野を十分に理解し、議論を深められる人材になりたいと考えます。

 

二つ目は「オンライン留学を経験したいから」です。

コロナ渦により、世界中で様々な活動がオンラインで行われているため、コロナ以前に対面で行っていたことをオンラインでも行える必要があります。

 

オンライン留学はコロナ期間でしか経験できないと考えており、この環境下でも意義深い留学生活を送ることで、自身の自己管理能力にも大きな自信を持つことが出来ると考えます。

 

今後オンライン留学を通して、アカデミックレベルで英語を使用する難しさ又異なる文化の価値観を持つ生徒たちとの意見交換の楽しさを体感することができました。今回のオンライン留学を終えた後も対面での交換留学にも参加する事を試み,対面とオンラインでの留学経験を得たいと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

About Online exchange program

 

Hello, everyone. My name is Yuki Murakami.

I will write about the online exchange program.

 

Currently, I am participating the online exchange program of University of New South Wales(UNSW).

UNSW is accepting the international student from diverse countries. It makes easy for me to get in touch with international students. That is why, I could have a substantial study abroad experience despite of online.

 

There are two main reasons to participate the online exchange program.

 

Firstly, further improvement of English.

 

To be more specific, I am aiming to be person who can work in international stage by being able to use Academic English in addition to everyday conversation.

 

Through the university lecture that uses English as main language, I thought that my English skill is insufficient to comprehend and discuss about academic things in English. In particular, my contribution to English discussion is insufficient due to the lacking of ability to insist my opinions in English.

 

Thus, I would like to become the person who can comprehend the academic content and deepen the discussion with international people in English through online exchange program.

 

Secondly, 「Experience online exchange program」

Due to the expand of corona pandemic, diverse activities is held through online in the world. It will be significant to be able to do everything that have been done face to face before corona pandemic in online.

 

Online exchange program is precious experience that can be gained during the period of corona pandemic. If I success with having significance studying abroad, I could be confident with self-management.

 

Going forward

Through online exchange program, I experience the difficulty of using English in Academic stage and joy of exchanging opinions with students who have different cultural value. After participating online exchange program, I will attempt to participate face to face exchange program and gain experience of online and face to face exchange program.

 

Thank you for reading blogs at last.
▼小西ゼミホームページはこちら▼

Home

▼小西ゼミインスタグラムはこちら▼

https://www.instagram.com/kg_konishiseminar/

What is your favorite book?

こんにちは、小西ゼミ3年生の山口菜々果です。

突然ですが、皆さんは読書をされますか?また、お気に入りの本はありますか?

実は私はこれまであまり本を読んできませんでした。本を買っても集中力が続かず、途中で読むのをやめてしまうことも多くありました。しかしながら2021年が始まり、あることがきっかけで本に没頭する生活が始まりました。

その「あること」とは、一人の日本人アーティストさんと出会ったことです。この方はミュージシャン、俳優、ラジオパーソナリティ、エッセイやコラムの執筆など多岐にわたる活動をされている方で、私も以前からこの方の楽曲やラジオが大好きでよく聞いていたのですが、本は一度も読んだことがありませんでした。しかし春休みに入り、時間ができたので試しに一冊読んでみると、その圧倒的な文章力と一つ一つの言葉選びに感銘を受け、気づけば1日で一冊を読み終えてしまっていました。不思議なことに、その一冊がきっかけで私は毎日読書をするようになったのです。そのアーティストさんの本はもちろん、エッセイ、小説などジャンルを問わずたくさんの本を読みました。今でも本を読む習慣は続いており、月に5冊程度を読んでいます。

以前の生活では考えられなかった「本を読む習慣」がついたことによって、私の中で大きく変化したことが2点あります。それは「自分を客観視できるようになったこと」と「想像力が身についたこと」です。

ジャンルを問わず、本の中では登場人物や風景に著者の考えや意図が大きく反映されています。そこで自分自身の状況と照らし合わせて本を読み進めると、今まで気づかなかった自分の思考傾向を知ることができるのです。また、そのようにして読むことで、実際に人とコミュニケーションをとる際に相手の状況や気持ちを察するなど、想像力も身につくということを知りました。

新型コロナウイルスによって自粛生活が長く続き、皆さん一人ひとりが自分自身と向き合う時間が増えたのではないでしょうか?私自身大学3年生になり、自分の進路について真剣に考えることも増え、さらに自分自身について分析する時間が増えたように思います。このような状況の中、新たな自分を発見し、日常を豊かにしてくれるものが本だと思っています。

皆さんのお気に入りの本があれば、ぜひ一緒にシェアしましょう!

 

Hello, everyone. I’m Nanaka Yamaguchi, a 3rd grade in Konishi seminar.

This is quite sudden, but do you read books? What is your favorite book?

Honestly, I have not read books well in my life. Even if I bought a book, I could not concentrate and stopped reading. However, an encounter changed me to read many kinds of books in 2021.

An “encounter” was to meet a Japanese artist. He is musician, actor, radio personality, and essayist as well. Since some time ago, I have listened to his music well, however, I’ve never read his book. While spring vacation in 2021, I tried to read his book because I had a lot of time. On reading his book, I was impressed by his words and wiring ability. Surprisingly, I finished the book only one day. From that day, I started to read books every day regardless of genre. Still today, reading books is part of my life, and I read 5 books per month.

Thanks to this habit, reading books, 2 points of my life changed. One is “looking at myself objectively” and another is “ability to imagine”.

Regardless of the genre, the characters and landscapes in the book were largely reflected the author’s thoughts or intentions. If you read the book comparing your situation, you will be able to find out your own tendency that you haven’t noticed before. By reading like this way, you can understand the feelings and situation of others when you communicate with them.

Because of the COVID-19, everyone all over the world have forced to stay home for a long time, and people have more time to face themselves. I also have more time to think about my career and myself seriously. It was very hard, difficult, suffering time for me. However, even though these circumstances, books are “hope” that make you discover new things and enrich your lives. I hope everyone to encounter a special book.

If you have a favorite book, let’s share it together!

 

▼小西ゼミホームページはこちら▼

Home

▼小西ゼミインスタグラムはこちら▼

https://www.instagram.com/kg_konishiseminar/

想像力の重要性

皆さま、こんにちは。小西ゼミ3年生の魚谷峻平です。

今回は、私が勉強を教える立場になり学んだ「想像力の重要性」について執筆したいと思います。ここでは、想像力を「相手のことを想う力」と解釈したいと思います。

 

私は現在、中学3年生の生徒に主に数学、英語を教えております。具体的には、学校での授業の復習や定期テスト対策を主に行っており、時には英語検定に向けた勉強なども行っています。

このような経験をするまで私は、「勉強を教えること」を、自分が持つ知識を用いて、生徒が不足している知識を補う作業という漠然とした認識をしていました。しかし、実際「勉強を教えること」は単純なものではなく、問題が複雑なものになればなるほど教えることは難解なものでした。いかに生徒に理解してもらえるような授業を行うかについて頭を悩ませていたところ、私は勉強を教える際、「想像力」が不足していることに気づきました。

例えば、私が複雑な数学の問題を解説している時、話すスピードが少し早まっていることが原因で、生徒の理解を妨げていると感じることがありました。これは、想像力を働かせるとすぐに解決すると考えました。理解ができない内容の説明を、どのようなスピードで説明するべきかを、自分が生徒の立場となり想像するのです。これを習慣化させると、徐々にではありますが、自然と理解を促すスピードで説明ができるようなりました。

このように、授業スピード一つにとっても想像力を働かすことを意識するだけで、より生徒の理解を深める授業を行えるようになりました。

 

もしかしたら、みなさんの中にはこのような意識を当たり前に持っていた方がいるかもしれません。しかし、考えてみると、非常に多くの場面で想像力は必要な力であると感じます。レポートを書くとき、プレゼンを行うとき、友達を慰めるときなど、人と接し、人に何かを伝えるとき、この想像力は役立つでしょう。

私自身まだまだ自分の想像力には自信がありませんが、色んな経験を通してこの想像力を養っていこうと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

Hello, everyone. My name is Shumpei Uotani, the three grade Konishi Seminar student.

 

This time, I would like to write about the importance of imagination I learned through my experience of teaching. In this post, I will regard the word ‘imagination’ as a skill of being considerate of someone’s feelings.

 

Now, I mainly teach math and English to a student of third grade of junior high school student. Specifically, I review his class in his school and prepare for tests, and sometimes study for EIKEN together.

Before I had such an experience, I had considered teaching as explaining to supplement knowledge students had not known by making use of my knowledge. However, in fact, teaching is not simple, and the more complicated problems are, the more difficult it is to teach. When I puzzled over how to teach to be understood by my student, I realized that I was short of my imagination when I taught. For example, when I explained a complicated math problem, I sometimes felt that I prevented him from understanding because my speaking speed was getting faster. In this situation, imagination is useful. The way is to imagine I am in his shoes how fast I should explain problems that are difficult for him to understand easily. By making a habit of this thinking, I was able to explain at the speed that helps him to understand gradually.

In this way, even something as simple as the speaking speed, being conscious of using imagination can provide him with classes to deepen his understanding.

 

Perhaps some people think that they are conscious of using imagination naturally. However, come to think of it, I strongly think that imagination is required in many situations. When interacting with people, or telling something, for example, when writing a paper, making a presentation, or consoling someone, I am sure that imagination will be useful.

Although I am not confident about my imagination, I decided to develop my imagination through various experiences.

 

Thank you for reading!

 

▼小西ゼミホームページはこちら▼

Home

▼小西ゼミインスタグラムはこちら▼

https://www.instagram.com/kg_konishiseminar/

私が体験した反日デモ

皆様こんにちは。いつも本ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

小西ゼミ3回生の田中慧蓮と申します。

 

今回は私が体験した反日デモについてご紹介させていただきます。

私は小学校5年生の終わりごろ、父の仕事の都合で静岡から上海へ転勤しました。当時、私が転勤の直前から中国では頻繁に反日デモが発生していて、中国を非難するテレビ放送を見ながら引っ越しの準備をしていました。引っ越した先は、外国人専用のマンションでした。ある時は家の近くまでデモ隊が押し寄せてくることもあり、日本人学校の運動会は総領事館の協力の元警備に囲まれて行われました。また、日本語の書いてあるクリニックや塾の看板がどんどん壊されていてなかなか外に出られない状況が続くこともました。タクシーに乗る時も日本人・韓国人とは言ってはいけない暗黙の了解があったことや、日本人学校の周りで日本人生徒が誘拐された事件があったことなど、常に周りにおびえて生活をしている時期もありました。

 

私の通っていた日本人学校には、日本人と中国人の親を持つハーフの子たちがかなり多く在籍していました。そのことから、家庭内で日中問題が起きているかもしれないと予測して、反日に関するニュースが日常で挙がっている中でもその話題はタブーかもしれないと避けてきました。しかしながら、ある時ハーフの子たちから今の日中問題について自分たちが思う事・家族で話したことなどを話してくれたことがありました。それがきっかけで、クラスの中で壁を作らずに意見交換をする場が増えるようになりました。そこからクラスでも助け合いの姿勢を大事にしよう、この状況を一緒に乗り越えようという声が上がっていた。

 

反日デモが広がった当時、日本に帰ってしまう同級生もいました。しかし、当時話し合いを重ねたクラスメイトや、良くしてくださった親日派の中国人との友好関係があったことから、日中友好に携わる手伝いをしたいと思い、積極的に現地校交流イベントの提案に挑戦しました。そして少しデモが落ち着いたころに、実行委員として現地校交流イベントを盛り上げることができました。この経験から私は、『どんな環境下でも変化を楽しみながら、常に勇気を持って挑戦し、探究し続けること』を学びました。この経験を糧に今後如何なる状況下でも、私らしく探究し続けていきたいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

Hello, everyone. Thank you for reading my blog.

 

My name is Ellen Tanaka, and I am a third-year student of Konishi Seminar.

 

This time, I would like to introduce my experience of anti-Japanese demonstration.

 

At the end of my fifth year of elementary school, I was transferred from Shizuoka to Shanghai due to my father’s work. At the time, just before I was transferred, there were frequent anti-Japanese demonstrations in China, and I was preparing to move while watching TV broadcasts condemning China. The place we moved was an apartment building for foreigners only. On one occasion, demonstrators came close to our house, and the Japanese school’s sports day was held surrounded by security with the cooperation of the Consulate General. Furthermore, the signs of clinics and cram schools that had Japanese written on them were being torn down, and it was sometimes difficult to go outside. There was also an unspoken agreement not to say “Japanese” or “Korean” when we took a cab, and there was an incident where a Japanese student was kidnapped around a Japanese school.

 

At the Japanese school, I attended, there were quite a few half-Japanese children with Japanese and Chinese parents enrolled. Because of this, I expected that there might be problems between Japan and China at home and avoided talking about anti-Japanese issues even when they were in the news every day, as it might be taboo. However, one day, the half-Japanese children told me what they thought about the current Japan-China issue and what they had talked about with their families. This led to an increase in the number of opportunities to exchange opinions in the class without creating barriers. From there, there was a call for the class to value the attitude of mutual help and to overcome this situation together.

 

When the anti-Japanese demonstrations spread, some of my classmates went back to Japan. However, since I had friendly relations with my classmates and the pro-Japanese Chinese people who had been good to me, I wanted to help promote friendship between Japan and China, so I actively challenged myself to propose an exchange event for local Chinese schools. After the demonstrations had calmed down a bit, I was able to work as a member of the organizing committee to make the local school exchange event a success. From this experience, I learned that “No matter what the environment, I should enjoy change, always have the courage to take on challenges, and keep exploring. I would like to use this experience to continue to explore in my own way under any circumstances.

 

Thank you for reading to the end.

 

▼小西ゼミホームページはこちら▼

Home

▼小西ゼミインスタグラムはこちら▼

https://www.instagram.com/kg_konishiseminar/

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人的資源管理、キャリア開発、ダイバーシティ&インクルージョン政策 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく...

カテゴリー一覧