2010年12月

キャリアセミナー@梅キャン

3回生の藤原奈央です。

今回のキャリアセミナーでは、2、3年目の社会人の方々、そして11年目の社会人の方から社会の厳しさを教えてもらいつつ、キャリアを積んでいく上で本当に大切な事をたくさん学びました。

私は、その中でも「可能性を否定しない」という言葉が心に残っています。
この言葉から私は、将来どのような企業に入っても、
自分の仕事に何でもいいから可能性を信じ、
自分が好ましいと思う目標を持ち、目標実現に向け努力しようと心に決めました。

社会に出る前に貴重な話を聞くことが出来て本当によかった。
お忙しい中参加して下さった社会人の皆様、機会を与えてくださった小西先生、本当に有難うございました!!

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2010/12/15 23:33

キャリアセミナーについて

3回生の門恭子です。

2010年12月11日に行われたセミナーについて、僭越ながら感想を述べさせて頂きます。

セミナー詳細についての説明は省かせていただきます。

私が特に感銘を受けたことが2つあります。

知識・態度・技術の3つの個の力がバランスよく育つことで行動が大きくなり、初めて成果につながる。

Self-motivationについて、外的な刺激ではなく、自問自答して手に入るもの。

これらのお言葉を聞いて、私も、努力を惜しまず、学び、経験を積み、しかし驕ることなく感謝を示す、そんな社会人になりたい。

そして、30になっても40になっても50になっても満足せず、人のために悩み続ける人間でありたい。

そう、思いました。 これから踏み入れる世界は、広く厳しくも、素敵な方々がたくさんいらっしゃる世界なのだと知り、心から楽しみです。

素晴らしい機会とお話を、本当にありがとうございました!!

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2010/12/14 18:36

Career Seminar【まとめ】

こんにちは、酒井です。
今回は、12月11日に開催したセミナーについて書きたいと思います。

約一週間前に小西先生主催でキャリアセミナーが開催されました。

このセミナーは3・4回生がイメージする、いわゆる就活セミナーとは、全くもって異なります。
違いは、大きく分けて2つのことを学べたことが挙げられるでしょう。

1、就活では目先の一年後のゴール『内定』に焦点が当たりがちですが、このセミナーでは長期的なキャリアについて考えらた点

2、社会人2・3年目の方々が抱える問題と、それを乗り越え新たに違う課題と向き合う社会人11年目の方の話を通し、働く意味について考えることがてきた点

セミナーを通して、
学生は、働き始めてから知る、抱いていたイメージと社会現実との差によるショック(reality shock)を軽減できたと思います。

また、社会人の方々にとっても、それぞれが抱える問題をシェアし互いに意見交換や質問を活発に行なっていらっしゃったので、有意義な時間を過ごせたのではないかと思いました。

キャリアセミナーについてはHP上で詳しくお伝えします。
また、12/15に開催された大手人材派遣会社人事部長による小西ゼミ対象のキャリアセミナーについてもお伝えします。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2010/12/14 14:08

キャリアセミナー@梅田キャンパス(12月11日)

3回生の川崎です!

先日、梅田キャンパスにて、小西先生が企画されたキャリアセミナーが実施されました。

セミナーでは社会人2~3年目、11年目という方々に貴重なお話をして頂きました。

率直な感想は、就職活動で落ち込んだり不安になったりしている私の悩みなんて、社会人の方々から見れば小さいものなんだろうなあ、ということです。

キャリアを積めば積むほど、新しい悩みが出てくる。それは自分の仕事にまっすぐ取り組み、活躍されている先輩方だからこその悩みなのかもしれません。

日々壁を乗り越えている先輩方のお話を聞いて、パワーを頂きました。

キャリアプランを立てる際、自分にとっての”Role model(お手本)”となる人を見つけるのは良いことだと、小西先生がゼミで仰ったことがあります。

今回のセミナーでは、そんなRole model といえる方々が集まりました。本当に貴重な一日となりました!

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2010/12/13 22:02

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人事政策、能力開発・キャリア開発 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく人事管理業務に携わっており、...

カテゴリー一覧