合宿&研究テーマ発表5/31

小西ゼミ3年 潘洋

中国からの留学生の潘洋で~す!出身地は山東省青島市(ビールの名産地、seafoodが多くて、おいしい><)です。

2007年の10月中国の高校を卒業して、大学に進学ぜずに一人で日本に来ました。日本語が全く話せなかったため、芦屋(物価で驚いた所)にある日本語学院に通って、一年間半に本気で頑張りました。

まだまだ日本語が不十分なので、みなさんからどんどん教えてくださいね!

では、さっそく今週の授業の内容をみなさんに紹介したいと思います~~

今週の授業の中で、主に二つのことが行われました:

1、夏合宿の計画

2、先週の続きに、みんなさんの研究テーマの発表

 

1、夏合宿の計画について
 
◎日程:第一候補 8月10日(水)~8月11日(木)
    第二候補 8月11日(木)~8月12日(金)
 ◎内容:
+BBQ
+マリンスポーツ(ダイビングなど)
+ラフティング(四国の四万十川で上級コース?)
+工場見学
+無人島でサバイバル生活(個人的にはこれが好き!)
+ロッククライミング
+座禅
 ◎場所:各自で考え、来週にみんなで話し合いますーーー
 
2、研究テーマについて
 
◎中野堅太 『グローバル時代の外国人労働者問題』~~日本において、外国人労働者が年々増えている。の歴史、増加の要因は何か、そして日本にどのような影響を与えるか、さらに国際収支のことについて考えていく。
 
◎辻野春花 『日本の航空のある方』~~赤字空港をはじめ、日本の航空業界は非常に危険な状況に陥っていることが分かった。他国の空港と比べ、日本の航空問題を発見した上に、日本が行うべき航空とその将来を考えてみたい。
 
◎江村望 『サブサハラの飢餓問題』~~飢餓が蔓延している途上国では、体の免疫力の低さやHIV/エイズなどで人々の命を落としている。その中の35%を占めているサブサハラに焦点を当て、飢餓の現状、原因を調べた上に、政策を提案する。
 
◎潘洋 『MMRの現状と今後の見込み』~~妊産婦死亡率を引き下げるというのはミレニアム開発目標の一つとして掲げられたが、現実では、大きいな減少が見られなかった。MMRの実態、高い死亡率の原因、そして、実施している政策を調べ、今後の課題を考えて行きたい。
 
今週のテーマ発表に対して、先生のコメントは:
1、説得力がある論文を作成するため、現状をしっかり把握する必要がある。
2、参考資料を活用し、必要があれば、英語の文献も参考したほうがよい。
3、機会があれば、専門の先生と相談するや先生の講義を受講する。
4、テーマが大きいすぎないように、選んだほうがよい。
 
私は今回の授業で、みんな協力して、資料などのshareすることの大事さを認識しました。特に似ているようなテーマが選んだ人の間のshareが互いにhelpできます。では、みんなで頑張りましょう!!
 
次回の授業は:研究テーマの発表の続きです、楽しみましょうね><
 
  • 投稿者:
  • 投稿日時:2011/6/1 12:56

コメント:1

    投稿者:江村 望| 投稿日時:2011/06/1 17:33

    江村望です。
    ようちゃん、ブログ更新お疲れ様です(^^)
    日本語がとてもきれいです☆

    来週の授業で、4年生の方々がフィリピンでのフィールド活動報告をしてくださるそうで、楽しみですね!!

コメントを投稿する

トラックバック:0

トラックバックURL
http://kg-sps.jp/blogs/konishi/2011/06/01/80/trackback/
この記事へのトラックバック

まだトラックバックはありません。

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人的資源管理、キャリア開発、ダイバーシティ&インクルージョン政策 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく...

カテゴリー一覧