企業研究「IKEAJAPAN、株式会社アルー」

はじめまして。小西ゼミ3回生立林 優依です。
軽く自身について書きたいと思います。
私は好奇心旺盛な性格が災いして少しでも興味を持ったものは
片っ端から手をつける性格で、
現在も多種多様な職種に興味、関心があります。
唯一一貫しているのは、カウンセラーになるという「夢であり目標」です。
夢は思い描くだけではなく実際に実行すべきものです。
夏休み中に現在インターンをしているNGOの支援先、ヨルダンに訪れた際に
精神科医の先生やガザ地区で生活する女性とお話する機会に恵まれました。
彼らに多大な影響を受け、自分の方向性が改めて見えてきました。
学生の私にある資源は時間だけなので、
その限られた資源を最大限に活かして多くを学び、社会に出たいと思います。

さて、本題のゼミ内容です。今回はIKEAJAPAN、株式会社アルーの2つが発表されました。
まずIKEAJAPAN
以下、発表の流れ
Basics about “IKEA JAPAN”
IKEA HISTORY
IKEA JAPAN’S HISTORY
Mission Statement “IKEA WAY”
IKEA STRATEGY ⅠⅡ
技術力
CSR
競合他社、分析―ニトリとIKEA―
ニトリとの比較
強み、弱み

小西先生のコメントで外資の給与体系として
・ボーナスなしの年俸制が主要である点、
・管理という面での正社員とパートタイマーの違い、
・OJT(On-the-Job Trainingあるいは Off the Job Training): 企業内外で行われる教育・教育訓練手法のひとつ
の説明を受けました。

つづきまして、アルー株式会社

人材育成の必要性
アルー株式会社概要
企業理念
アルーの歴史
事業内容、実例
研修・人材育成会社比較
比較から見たアルーの強み・弱み
グローバル社会
企業の視点
日系企業のアジアにおける課題
アルーのグローバル人材育成
まとめ

小西先生によると学生は大手に集中する傾向があるが、
日本の中小企業は非常に面白く可能性があるとのこと。
最初から大手にこだわり過ぎずに幅広い視点で就活をする必要があります。
小西ゼミ生は個性豊かなので皆の先行きが楽しみです。

それでは。
ありがとうございました。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2011/10/11 21:35

コメント:0

まだコメントはありません。

コメントを投稿する

トラックバック:0

トラックバックURL
http://kg-sps.jp/blogs/konishi/2011/10/11/168/trackback/
この記事へのトラックバック

まだトラックバックはありません。

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人事政策、能力開発・キャリア開発 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく人事管理業務に携わっており、...

カテゴリー一覧