いじょう10/25 授業内容~PCM演習~

みなさんこんにちは^^

いまい文房具店の御曹司こと文ちゃんです!

一度ブログを書いたのに、下書き保存し忘れてすべて消えてしまいました・・・

この失望感は、フィリピンでドリアンを一気食いしたとき以来です・・・

さて、10月25日のゼミの内容をフィードバック致します!

①ゼミシンポの打ち合わせ

 11月11日の5限Ⅱ‐201にてゼミシンポが行われます

これは、来年のゼミ選択を控えている2回生のみなさんに、教授及びゼミの内容を紹介するというものです♪

小西ゼミではフィリピンでのフィールドワークや、企業訪問やキャリアセミナー、JICAへの訪問や小学校での授業など普段のゼミ活動以外にも多様な活動をしているので、5分という短いプレゼンテーションですが盛り込めたらいいなぁと思っています^^

ちなみに、小西ゼミの詳しい情報はこちらまで→http://www.ksc.kwansei.ac.jp/~konishi/faq.html

 

②八景中学校での国際理解教育

三田市立八景中学校からのご依頼を受けまして、小西ゼミの江村、中村、半田の3名が国際情勢や国際協力・異文化理解をテーマに講演会を行ってきました^^

詳しくはこちら・・・http://kg-sps.jp/blogs/konishi/2011/10/27/175/

 僕が小中学校のころは、国際的な問題やそれに携わっている人のお話しなどを聞く機会がなく、幼いころから世界的な視野をもってもらう機会を提供すること、しかもこうやって身近な大学生がお話ししに来てくれるのは親近感が湧いて、とてもよいなぁと思うのと同時にうらやましくも感じました^^

最近は国際理解教育が公立の学校でも頻繁に取り上げられているらしく、(僕の所属している学生団体でも依頼を頂きます

きっと、将来的には国際問題に興味関心を持つ人が増えて、国際協力が日本でも身近なものになるのではと淡い期待をしております♪

 

③PCM演習

先週に引き続き、プロジェクトサイクルマネジメントの演習を行いました。

前回は関係者分析から問題分析まで行いましたが、今回は『問題分析から目的分析』までを行いました。

テーマは「日本の食料自給率問題」ということで非常にマクロで取扱い辛いテーマでしたが、各々が意見を出し合って、問題系図がどんどん広がっていくさまは、ワークショップ独特の共有感といいますか、協働意識がもてて楽しかったです。

日本の食糧自給率問題は、漠然とよくないものという根拠のないイメージしか持っていませんでしたが、

問題分析を作ってゆくうちに、なぜ問題なのか?(たとえば、日本の農家が高齢化していっている・海外の安い農産物がはいってきているなど)

そして自給率が低いせいでなにが起こっているのか?(食の安全性が低下する可能制がある、輸入による世界的な水不足、CO2の排出、食料高騰による日本の経済圧迫など)というのを理解することができて、改めてPCMっておもしろいなぁと実感しました。

PCMはやはり、数あるプロジェクト手法の中でも「問題を全体的・包括的に把握することと、全員が参加者・当事者意識を持って行える」という点で非常に優れていると思います。

今後の予定

11月8日‐3,4回生合同ゼミ

11月15日‐日経の読み方講座

 

さて、これからフィリピンのプロジェクトが本格的に始動します!

フィールドワークでは、実際に現地へ赴き、支援団体(NGO、NPO、公的支援団体など)に訪問できることや

プロジェクトの一環として小学校で算数セットの使い方講座をしたり(文房具店の息子として腕が鳴りますね!笑)

そしてアジア開発銀行総裁の黒田氏にもお会いできるとういうことで、興奮しています>ω<

ただ、小西ゼミの中でおそらく自分が一番英語能力が乏しいと自覚しているので

半年間でできるだけのブラッシュアップをしようと決意しておりまする(`・ω・)

以上、長文失礼しました!

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2011/10/27 16:57

コメント:0

まだコメントはありません。

コメントを投稿する

トラックバック:0

トラックバックURL
http://kg-sps.jp/blogs/konishi/2011/10/27/181/trackback/
この記事へのトラックバック

まだトラックバックはありません。

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人事政策、能力開発・キャリア開発 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく人事管理業務に携わっており、...

カテゴリー一覧