2013年4月

Today’s Tsubuyaki ~voices of Japanese students~

以前ご紹介したとおり、3回生ではゼミ内容とは別でToday’s Tsubuyaki ~voices of Japanese students~という題のもと、各担当者が学生目線で皆様にお伝えしたいことを自由に記事にして投稿していきます。
初めてとなる今回は、小山が担当させていただきます。
内容は「アルケミスト―夢を旅した少年」という本の紹介です。

As we said, we 3rd grade members will write articles which is called “ Today’s Tsubuyaki ~voices of Japanese students~” other than seminar activities. In this article, each writer writes articles from student’s point of view. The first writer of “Today’s Tsubuyaki” is me, Kaede Oyama. I will introduce “The Alchemist” written by Paulo Coelho.

alchemist

アルケミスト―夢を旅した少年
作者:パウロ・コエーリョ
出版社:角川文庫
ISBN:978-4042750017

キーワード:夢、運命、成長

この本は、羊飼いの少年サンチャゴが、自分の夢と直感を信じてアンダルシアの平原からエジプトのピラミッドに旅に出る話です。彼は旅の中で、泥棒や旅人、運命の人、錬金術師、様々な人たちに出会います。その中で彼が得るもの、失うもの、学ぶこと全てが夢を実現するまでに起こりうることです。
私はこの本を読んで、”本当にやりたいことを始めるときは何か別のことを諦め、今の整った環境を一度壊さなければならないこともある”ということを学びました。また、この本の中で私がすごく納得したのは、「人は、自分の一番大切な夢を追求するのがこわいのです。自分はそれに値しないと感じているか、自分はそれを達成できないと感じているからです。永遠に去ってゆく恋人や、楽しいはずだったのにそうならなかった時のことや、見つかったかもしれないのに永久に砂に埋もれた宝物のことなどを考えただけで、人の心はこわくてたまりません。なぜなら、こうしたことが本当に起こると、非常に傷つくからです」という言葉でした。私は中学生のときからずっと海外に語学留学に行きたいと思っていました。この本を読んだのは留学に行くことが決まったものの、留学中に自分が期待しているだけの成果があげられるかという不安を抱えていたときでした。しかし、本の中には「傷つくのを恐れることは、実際に傷つくよりもつらいものだとおまえの心に言ってやるがよい。夢を追求している時は、心は決して傷つかない。」という言葉もありました。私は留学前にこの本を読んだことによって、自身の留学生活を非常に有意義なものにできたと思います。
この本は、いわゆる自己啓発本にあたるので、そういったジャンルの本が嫌いな人からは敬遠されるかもしれませんが、一度読んでみる価値はあると思います。特に、何かを始めるときや自分のやりたいことがわからなくなったときなどに読むことをおすすめします!

This is the story about a boy who is a shepherd setting off on a journey to make his dream come true. He encounters various people; also he gets and loses many things in his journey. These things make him brave. I learned from this book that when people start something new, sometimes they need to give up other things and break their comfortable life. I was inspired by the phrase in this book, which means “People are afraid of pursuing their most important dream. It because they think it is not deserved or the dream cannot be attained. Their minds are very dreadful by considering the lover who goes away forever, unpleasant time even though it should be fun,eternally buried treasure which would have been found, and so on. They will get damaged very much if such things happens truly.” I learned it was not only me to feel nervous when I pursuing my dream from this phrase. I strongly recommend you to read this book when you start something new, or when you get lost in your life.

——————————————————————————————————————-

ご覧いただきありがとうございました。
Thank you very much for reading.

2013年度より小西尚実研究室ホームページが新しくなりました。新HPは下記リンクより閲覧可能です。
http://bridge-kgu.sakura.ne.jp/knack/

The new site of Prof. Naomi Konishi’s Seminar is here.Please check it out.
http://bridge-kgu.sakura.ne.jp/knack/

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2013/4/30 21:15

2013 FIELD WORK IN THE PHILIPPINES

KONISHI SEMINAR
2013 FIELD WORK IN THE PHILIPPINES

We have been to the Philippines to do our field work from March 5th to March 10th in 2013. We started the preparation of the project from December 2012. We have summarized our various activities in the Philippines below.

Ⅰ. Visiting Ateneo de Manila University HP: http://admu.edu.ph/
In the Ateneo Univ, we have visited the research institute of protection against disasters (The Manila Observatory HP: http://www.observatory.ph/) and discussed with the Head of the Manila Observatory (Ms. Toni), and other specialists on the disaster management in the Philippines.
Both Japan and Philippines have been suffered from a lot of disasters. We have prepared an presentation to explain Japanese experience of education for protection against disasters to the Philippines people. Also, we discussed about current situation of measures against disasters in the Philippines.

▼ Purpose and preparation for the presentation we gave at the Ateneo University

Purpose: To introduce examples of education of protection against disasters in Japan, and apply the measures against disasters in the Philippines.

Preparation: To complete the presentation, before visiting Manila, we participated in the event of protection against disasters called” Kaeru caravan” held by NPO. We studied about measures against disasters in Japan, and also heard about experience of The Great Hanshin Earthquake from people who had suffered from the earthquake. Based on the knowledge we had got there, we made a presentation about protection against disasters, quiz, and discussion questions.

小西先生 フィールドワーク 002

We also met with the vice-president of Ateneo University (Office of the Global Relations), and he gave us a tour around the campus and introduced about university and student’s activity.

▼ Discussions and what we learned:
We learned a lot of things through visiting Ateneo University and talking with specialists of protection against disasters. Especially we deeply impressed was

・ the Philippines takes measures against disasters than we thought. Each community have a place of refuge and each city take measures against disasters.
・ the Philippines has skills of protection against disasters, but has not transmitted the skills yet.
・ the Philippines is looking for the organization which spread the knowledge about protection against disasters to citizens.
・ the Philippines can observe the signal of typhoons quickly, but can’t observe cyclones.
・ In the north area of the Philippines, sometimes there are earthquake, but in the south area of the Philippines, the main disaster is flood.
・ The natural disaster is one of the biggest factors which is holding up the economic develop of the Philippines.

Through the things we learned, we thought that Japan has great skills for measures against disasters. However, it won’t be adapted as it is in the Philippines. To hand down it more effectively, we should make it suitable for the Philippines’ life of the people, disasters, and national character.
We would like to examine about the education which in accordance with the Philippines’ real situation, and carry it out next time.

II. Visiting Asian Development Bank(ADB) and the business lunch with the Managing Director General R. Nag

For the details of ADB, please visit, http://www.adb.org/

We had a quick tour inside ADB, and met with some of Prof. Konishi’s former colleagues.

The president of ADB is Japanese-and many Japanese people work at ADB. Former ADB President was Pros. Kuroda, who has recently appointed as the President of the Bank of Japan. We are invited to the lunch from ADB Managing Director General Mr. Rajat M.Nag. We had a great time talking to Mr. Nag, who has extended international experience and knowledge about international cooperation. Mr. Nag was so generous that he listed to us and we could ask many questions.

デジカメ画像1 062

III.Supporting Education for Street Children

▼ CHILDHOPE ASIA PHILIPPINES
 http://www.childhope.org.ph/

▼ Program Contents
First, staff of the Childhope Asia gave us a presentation and explained us the situation of street children and how Childhope Asia supports education for street children in the Philippines. After that, we moved to Luneta Park, Manila where street children takes some educational program from NGOs, and we were given about 2 hours class to conduct our educational program to the street children. Ninja is popular Japanese culture in Philippines. We hoped not only improving their physical skills but also making good relations Philippines and Japan through teaching Japanese cultures.

156036_275421175924570_1440268352_n[1]

① Introducing Japanese culture
To let the children know Japanese cultures, we introduced Japanese climate, events and animes using big pictures. Also we did nija show. The children knew nija and they pleased to see our show.

② P.E. Project
We aimed to make children improve their physical skill having fun through the ninja and to ahieve it, we played kankantakeuma, kenkenpa, oonawa(long jumping rope), and breaking the target with syuriken.

③ Dancing
We showed the children Japanese traditional dance ‘’so-ran bushi’’ and danced Philippines’ famous dance ‘’otso otho’’ with them.

For street children, it is the only educational place which Childhope Asia teaches after evening. There is not enough time to educate after evening. We felt that the situations children have to work should be improved. We would like to continue supporting for street children hoping they can be received efficient education as soon as possible.

IV. Supporting the children living in the TONDO DUMPSITE (used to be called Smoky Mountain)

We visited TNK (The name of NGO which supports the children in dumpsite), we prepared some activities in order to improve athletic ability of children through Japanese cultures.

▼ Program contents:
①Cultural Exchange
Introduce Japanese seasons, events and cartoons with pictures.
Perfume Ninja show wearing Ninja costume in order to let children know what Ninja is.
②Physical Education Project
To improve athletic ability of children thorough Japanese culture “Ninja”, we prepare some activities.
③Dancing
Dance Japanese traditional dance “So-ran bushi” and Pilipino traditional dance “Ocho-ocho”.

デジカメ画像1 609

▼ What we learned
Along with the economic development of the Philippines, big shopping mall has been built every year in capital city, Manila. However, the situation of smoky mountain does not improve compared to last year. The school in smoky mountain which supported by TNK is filled with smoke and cover with garbage. Also, there are still many children who do not wear shoes, wear duty clothes and most of children are short for their age. There are no visitors and other supporters because the area which supported by TNK is deep and the worst situation in dumpsite.
We heard that Children look forward to our visiting. Then, we are sure that we need to continue supporting children.

V. The summary of Paco Market

A few years ago, there were a lot of rubbish aroud Paco Market area, but the people who were appointed by president have started commercial activities. They hold a lot of entertainment. For example, make recycling goods, dancing and drama for children. These developing activities were picked up by CNN.

(Link of YouTube )

▼ Purpose
To examine the construction of “Paco Market” and near the river. We want to support something from now on.

▼Program Contents
1.Examine the Paco Market
We examined the Paco Market and near the river condition.

2. Examine near the river
We examined near the river of Paco Market. It has been polluted for a long time.

デジカメ画像1 239

3. The children who live Paco Market play recorders for us. They are got a narrow education, so they are getting a lot of entertainments at Paco Market. Even if they have a sense of music, there has a condition that shortage of instrments

▼ What we learned

The people who can open Paco Market is lucky man. There are the condition always demand over supply around there. Also, the problem is many people open the shops illegally. There are a lot of children who live in Paco Market, but the children who can go to school is quite a little.
Before the manager starts development of the river in 2007, there was a lot of garbage around there, and people can across the river walking on the garbage. Now, appearance of the river is cleaner than before, but the actual condition is still dirty.
There were the people who remove garbage in the river. They are called “River Warriors”, and living 120 dollars per 1 month. The purpose is clean the river to live fishes.
The manager said there was the different technology between Japan and the Philippines, but we think some Japan technology offer the river.

Throughout our field work, we learned the real situation (poverty) in the Philippines and strongly felt the necesiety of continuing our activity. We are student in the university, but we can tell the true situation to a lot of young students in Japanese school. Also, we can research the needs, collect supplies and send them.
We will be continuing our support through the Bridge for the Children, KGU (url )

We would like to take this opportunity to thank every person who have supported our group in the Philippines.

The office of Prof. Konishi Naomi: http://kg-sps.jp/blogs/konishi/
Konishi seminar HP: http://bridge-kgu.sakura.ne.jp/knack/

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2013/4/29 14:16

フィリピンフィールドワークに行ってきました!

私たち小西ゼミ6名は、2013年3月5日~10日にフィリピンを訪れ、5日間のフィールドワークを実施しました。2012年11月に参加者の募集があり、同年12月からフィールドワークにて実施するプロジェクト準備を開始しました。今回のフィールドワーク実施は、私たち学生だけの力では到底なしえないものでした。実施にあたって、多くの方々より温かいご協力を賜りました。本ブログでは、皆さまへの感謝と共に私たちの活動のご報告をさせていただきたいと考えております。以下、フィールドワークにおける私たちのフィリピン訪問日程と活動内容を記載させていただきます。

アテネオ大学訪問、マニラ防災研究所所長との懇談

▼実施場所
フィリピン アテネオ大学 防災研究所
Ateneo de Manila University HP: http://admu.edu.ph/
参考 マニラ気象観測所 The Manila Observatory HP: http://www.observatory.ph/

▼参加してくださった現地の関係者の方々
トニーさん(フィリピンのアテネオ大学にある防災研究所のトップの方)、
グレイスさん、デヴィさん(大学研究スタッフ、教員の方々)

日本もフィリピンも、自然災害の多い国です。フィリピンの防災の専門家の方々に、日本の進んだ防災対策を紹介するために、日本での防災普及のための取り組みについてプレゼンテーションを行い、また現在のフィリピンでの災害対策に関してディスカッションを行いました。

▼目的
同じ災害大国として、日本で行われている防災教育について紹介し、フィリピンにおいて防災への取り組みを普及させる。

▼日本においての準備段階
私たちは、フィリピンにあるアテネオ大学の付属高校において防災教育を行うために、日本で「カエルキャラバン」というNPOが主催している防災イベントに参加しました。そこで、防災について学んだり、また被災者の方々の話をお聞きしたりしました。
そこで得た経験をもとに、クイズを含んだプレゼンテーションを作成し、また、クイズやディスカッション議題を作成しました。

▼実施内容
①学校紹介
 プレゼンテーションを作成し、日本のどこにある大学から来たかを紹介しました。
②高校生向けに作成した防災教育のプレゼンテーションの紹介
予定が変更となり、現地の専門家の方々に準備したプレゼンテーションやクイズの紹介を行いました。そして内容についての意見をいただきました。
③アテネオ大学内見学
 アテネオ大学の副学長の方に、アテネオ大学の中や、大学生団体の活動を紹介して頂きました。

小西先生 フィールドワーク 002

▼学んだこと
この度、フィリピンの名門大学であるアテネオ大学を訪問し、フィリピンの防災の専門家の方々と意見交換をさせていただいて、多くの事を学ばせて頂きました。特に強く印象に残ったことを以下のような内容です。

・フィリピンでは私たちが考えている以上に防災教育が進んでいた。
 -各コミュニティには避難所が確立されていて、街ごとの対策もある。
・台風のシグナルはすぐにキャッチ出来るが、サイクロンはすぐに観測することが出来な      
 い。
・フィリピンの北部は地震もあるが、南部は洪水が主な災害である。
・自然災害がフィリピンの経済発展を遅らせている大きな要因の一つであること。
・防災の技術はあるが、それを伝達させることが出来ていない。
・その防災の技術の伝達を行なってくれる組織を探しているところである。

以上のような学びを得て私たちが感じたことは、日本の防災対策や技術は発達しているが、それをより効果的に他国に伝えるためには、日本で行われている防災対策やあ防災教育の内容をそのままフィリピンで行うのではなく、フィリピンの生活環境や災害、国民性などの状況に合わせて行わなければならないということです。
次に行う際は、今回学んだことを生かし、もっとフィリピンの状況に沿った教育内容を検討し、実施したいと感じました。

アジア開発銀行マニラ本省及び副総裁訪問

▼内容
アジア開発銀行(略称ADB)<http://www.adb.org/>を訪問しました。ADBは、唯一日本人がトップを務める国際機関です。職員数においても日本人が最も多く、たくさんの日本人の方々が活躍しておられます。ADB前総裁の黒田東彦氏が日本銀行の総裁に就任されたことで、ADBを知った方もおられるのではないでしょうか。今回は、副総裁であRajat M. Nag氏と昼食をご一緒させて頂きました。Rajat M. Nag氏はADBのManaging Director Generalで組織のトップである総裁の右腕として国際機関の運営、政策決定をされている方です。実際に最前線でさまざまな経験を積まれ、日本や日本人についてもよくご存じであり、私たちにとってたいへん貴重な時間となりました。私たちの拙い英語にも耳を傾けて下さり、私たちも疑問と思っていることを素直にお聞きすることが出来ました。その質問の中からいくつか紹介させて頂きます。

デジカメ画像1 062

① 私は、途上国の教育において特に女性の教育が重要であると考えています。女性の教育を広めていくために、現在政府が取り組んでいることはあるのでしょうか。
→ネパールで女の子の教育を推進する活動をしています。そこで、女の子のための学校を作ろうとしていたが、現地の人は「水」を最も必要としていました。そこの女の子たちは毎日何キロも歩いて水を汲みに行っていたのです。よってまずは、学校ではなく水へのアクセスを改善するべきであると考えます。

② カトリックであるフィリピンでファミリープランニングを普及させることは困難なのでしょうか。
→困難です。人口増加を緩やかにするために、持続可能な支援方法は女性への教育です。教育を受けることによって女性は子どもを持つことに慎重になるからです。

③ 日本人の良さ、また課題は何であるとお考えですか。
→日本に行くとみんなとても親切にしてくれます。しかし、少し親切過ぎるところがあるのも事実です。歴史を認め前進すること、そして自分の考えを自分の言葉でしっかりと表現することが重要です。

④ 私は最近、マザーテレサの本を読みました。そして幸せに対する考え方が変わりました。経済成長してお金持ちになるより人に対して愛を持って接することが大切だと学びました。経済成長と幸せについてどのようにお考えですか。
→愛を持って接することは人によりけりで、経済成長をもってしてもできるのではないだろうかと私は考えます。マズローの欲求階層で最低限のところさえクリアして生活できるのであれば問題ないと思います。

⑤ 私は大学でスペイン語を学んでいます。しかし、スペインでは経済危機が進んでいます。そのような状況の中でスペイン語の需要はあるのでしょうか。
→2040年から2050年頃に世界で話されている言語を見ると、スペイン語を話す人種が最も多くなります。(また、アメリカにおいては2050年までにスペイン語人口が最多の国になると言われています。)最近は中国語のニーズが目立ちますが、スペイン語を習得することは良いことであると思います。

⑥ これからの将来の自分のキャリアについて考えた際に、選択しなければならない場面が多々あると思います。どちらも正しく、どちらを選択するべきか迷った時は何を一番に考えて選ぶべきですか。
→若い時は自分にとってよりリスキーなほうを選択します。人をまとめる立場にある時は反対にリスクが少ない方を選びます。

以上が、私たちが質問させて頂いた内容の一部です。ADBの副総裁という普通では絶対にお会いできないような方とお話させて頂くことができ、貴重な経験となりました。開発途上国についてのことだけではなく、私たちの生き方についても学ぶことが出来ました。先に述べたように、ADBの総裁は日本人の方が務めています。このことからも分かるように、日本がアジアに与える影響は大きいと感じました。私たちも自分の努力次第で、このような世界で働くことが出来るのだと思いました。

ストリートチルドレンへの教育支援活動

▼訪問団体
CHILDHOPE ASIA PHILIPPINES(ストリートチルドレンを支援している国際NGO)
http://www.childhope.org.ph/

▼内容
CHILDHOPE ASIA PHILIPPINESの概要

まず、本部でスタッフから、フィリピンのストリートチルドレンの現状やCHILDHOPEの活動内容に関して詳細を伺い、意見交換をしました。
その後、Luneta Parkという公園に移動をし、ストリートチルドレンとの交流の時間をいただきました。ストリートチルドレンは、日中働かないといけないため、きちんとした教育を受ける事ができず、夕方から公園に集まり、ストリートチルドレンの指導を行うStreet Educatorという専門家から、様々な教育を受けています。そんな中で私たちは、日本文化を通してストリートチルドレンの運動能力の向上を図りました。日本文化の中でも忍者を題材にし、忍者の修業を模倣したアクティビティを実施しました。また、メンバーのうち2名が実際に忍者の恰好をし、忍者はどのような外見の人々なのかを認識してもらいました。フィリピンでは、日本の忍者アニメNARUTOが大変人気であり、そのため忍者は、ほとんどすべての子供たちに認識され喜ばれました。私たちは、このプロジェクトをすることにより、ストリートチルドレンの運動能力の向上だけでなく、日本文化をフィリピンの子供たちに伝え、フィリピンと日本の友情を深めること期待しました。

156036_275421175924570_1440268352_n[1]

① 文化紹介
日本という国を知ってもらうために、大きく印刷した写真を用いて、日本の四季、行事、アニメを紹介しました。そして、忍者の衣装を着たメンバーが忍者ショーを披露し、忍者とは何かを紹介しました。子どもたちは、誰もが忍者を知っており大変喜んでくれました。

② 体育プロジェクト
忍者という日本文化を通して、子どもたちが楽しみながら運動能力を向上させることを目指し、カンカン竹馬、けんけんぱ、大繩、手裏剣を用いた的当てを行いました。

③ ダンス
私たちでアレンジしたソーラン節を披露し、その後、子どもたちに教えながら踊りました。またフィリピンでは有名なおちょおちょダンスを子どもたち、先生と一緒に踊りました。

ストリートチルドレンは、日中働かなければならないので、CHILDHOPEによって夕方から公園で行われる授業が唯一の教育の場所でした。そのような短い時間で十分な教育を行うことは大変困難です。教育をしっかりと受けるべき子供たちが働かなければいけない状況は、すぐにでも改善されなければならない事であると感じました。子どもが日中働かないと暮らしていけない、私たち日本人に比べたら悲惨な状況で生きている彼らは、そのような状況にも関わらず、元気いっぱいで私たちの授業を受けてくれました。ストリートチルドレンたちが一日でも早く、十分な教育が受けられるような状況になるように、私たちも継続的な支援を行いたいです。

TONDO DUMPSITE(かつてスモーキーマウンテンと呼ばれたゴミ山)

TNK(ゴミ山にすむ子供たちを支援しているフランスのNGO)を訪問し、日本文化を通して、運動能力の向上を目指すことを目的に、体育プロジェクトを実施しました。

▼ゴミ山で実施した内容
①異文化紹介
日本という国を知ってもらうために、大きく印刷した写真を用いて、日本の四季、行事、アニメを紹介しました。そして、忍者の衣装を着たメンバーが忍者ショーを披露し、忍者とは何かを紹介しました。

②体育プロジェクト
忍者という日本文化を通して、子どもたちが楽しみながら運動能力を向上させることを目指し、カンカン竹馬、けんけんぱ、大繩、手裏剣を用いた的当てを行いました。

③ダンス
私たちでアレンジしたソーラン節を披露し、その後、子どもたちに教えながら踊りました。またフィリピンでは有名なオチョオチョダンスを子どもたち、先生と一緒に踊りました。

デジカメ画像1 609

▼日本で準備したこと
各アクティビティーの準備(大縄跳び、的あて、カンカン竹馬など)、ソーラン節の練習、文化紹介のツールを作成しました。スモーキーマウンテンの特徴として、年々子どもの数が増加し、人数・年齢が確かでないことが挙げられます。そこで年少と年長のどちらも楽しめるよう、難易度を変えるなどの工夫をしました。

▼ゴミ山を訪問し学んだこと
フィリピンの経済発展とともに、首都マニラでは、巨大モールが毎年建設されているにも関わらず、スモーキーマウンテンの状況は、昨年と比べ改善されていませんでした。TNKが支援する子どもたちが通う学校の周りは、ごみに囲まれ足の踏み場もなく、辺りには煙が発生し、悪臭が漂っていました。子どもたちの数も年々増えているそうですが、TNKの先生、ソーシャルワーカー、ボランティアスタッフによって、子どもたちが規律を守るようにしっかり指導されていました。
しかし、裸足の子がいまだに多く、汚れた服を身にまとい、年齢と比べ体が小さい子どもが多いというのが現状です。TNKが活動している地区は、ゴミ山の中でも奥深く非常に悪環境の場所のため、他の支援者やビジターも訪れることがないそうです。先輩たちから続いている活動も私たちで4年目になり、TNKスタッフやそこで暮らす子どもたちは、私たちの訪問を心待ちにしてくれているそうです。この子どもたちの笑顔のためにも、私たちにできることを今後も継続して、支援し続ける必要があると感じました。国際理解教育を通して、ゴミ山で出会った子ども達の様子を、日本の子ども達に伝える活動をしていきたいと考えています。

Paco Market 

▼パコマーケットの概要
以前はゴミで埋め尽くされていた地域でしたが、フィリピン大統領から任命を受けた開発担当者がマーケットを活用した持続可能な商業活動を始めました。ここではゴミを再利用しバッグにする活動や、マーケットを活性化させるために管理者が外部からゲストを招きダンスや劇など多くのイベントを開催しています。
また、この開発プロジェクトはCNNでも取り上げられています。
(YouTubeのリンク2013年4月5日現在)

▼目的
 マーケットの建設、および付近を流れる川の現状を調査。今後の支援につなげる狙い

▼内容
① マーケットの視察と現状の把握
パコマーケット開発プロジェクトのリーダーやスタッフとのディスカッションをし、さらにパコマーケットの置かれている現状を調査しました。

② 付近を流れる川の調査
パコマーケット付近を流れる川は汚染されており、そこでの現状を調査しました。

デジカメ画像1 239

③ 子供たちによる楽器の演奏
パコマーケットの子たちがリコーダーの演奏を披露してくれました。彼らは限られた教育しか受けることができず、ここでの様々なイベントから学ぶ機会を得ています。しかし、たとえ音楽の才能があったとしても、楽器が全く足りていないという現状があります。

▼学んだこと
マーケットに出店できている人は運がいいほうで、需要に対して供給が追い付いていない現状があります。また、違法にお店を出店している人たちが多くいました。パコマーケットに住む子供たちはたくさんいるが、その中で学校に通えている子供はほんの少しです。マーケットの中にある広場で独自のカリキュラムに沿って音楽や体育の授業をおこなっています。
2007年に川の開発が始まるまでは川はゴミであふれていて、子供がごみの上を走って川の向こう岸まで渡れるほどだったそうです。今ではある程度清掃され、見た目はきれいになりました。しかしそれは見た目だけで、実際の水はまだ汚いのが現状です。水のろ過装置を浮島に見立てて川に8個設置し、浄化していました。
また、一定の間隔で網を使い川の浮遊物を除去している人がいました。彼らはRiver Warriorsといい、1か月120ドルの給料で生活しています。目標は、川に魚が住むことができるようになるまできれいにすることです。日本とフィリピンは技術力が違うと開発の担当者がおっしゃっていましたが、何か日本の技術力を提供できないかと感じました。

以上、2013年3月のフィリピンフィールドワーク活動内容をご報告させていただきました。私たちは、今回の訪問を通して現地の状況を知り、継続的な支援の必要性を痛感しました。貧しい中でもキラキラした笑顔で生活する子どもたちや、必死で現状を変えようとするスタッフの方々の姿に、私たちに出来ることはある、と感じたのです。私たちの経験をより多くの方々に伝える国際理解の派遣教育活動や、必要物資の収集は学生の私たちにも可能です。今後も、小西ゼミ内の組織であるBridge for the Children, KGUを通して、現地のニーズに合わせて私たちに出来ることを考えながら、活動を継続していきたいと考えております。
最後に、末筆ではございますが、今回のフィリピンフィールドワーク実施にご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。
今後も私たちの活動に、温かいご協力をよろしくお願いたします。

私たちの活動に関する情報は以下のサイトにもございます。
併せてご覧ください。

小西尚実研究室(ゼミ所属学生による活動報告ブログ):http://kg-sps.jp/blogs/konishi/
小西ゼミHP:http://bridge-kgu.sakura.ne.jp/knack/

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2013/4/29 14:00

4月23日3回生ゼミ活動~自己分析プレゼン第1回~

今回のゼミから、自己分析のプレゼンが始まりました。プレゼンのテーマは「自己分析」で、

  1. 他者から見た自分の強みと弱みとその改善策
  2. 自分の今までの一番の成果
  3. これからの方向性・ロングタームの職業プラン
  4. 卒業までの具体的なアクションプラン・目標

をコンテンツに作成しました。第一回目は、福田剛平、赤崎里奈、渡辺千尋、小山楓の4人が行いました。今回はこの4人のプレゼンの内容とそれに対する小西先生の講評、そしてプレゼンを終えての感想を紹介します。

From this seminar, we started presentation about analyzing ourselves. The contents of our presentations are;

  1. Strong points and weak points by others, and its remedies
  2. Outcome in our university life
  3. Future’s course of direction, and the plan of job in the long-term
  4. Aims and plan of action before graduate

The first time, Kohei Fukuda, Rina Akasaki, Chihiro Watanabe, and Kaede Oyama gave presentation. We’ll introduce our presentation, comments by professor Konishi and their impression.

[プレゼンの内容(指摘された箇所)]
→先生からのコメント の順で紹介します。

福田剛平

[女々しい・論理的な表現力がない(私の弱み)]
→私は自分の弱みを表すことばの一つとして、「女々しい」という表現をさせていただきましたが、これについて小西先生から、その言葉は死語でありgender-neutralの考え方に即す必要性を教わり、プラスの意味にも受けとることが可能な「執着心が強い・持続力がある」などの言葉を用いるべきとご指摘を受けました。また、「論理的な表現力がない」に関しては、今回のプレゼンに至ってもそうですが、根本的に準備不足であるというご指摘がありました。準備不足のまま何か物事に取り組んでもそこには説得力がなく、結果的に論理的でないと受け取られることを教わりました。

[相手の興味を惹く要素がない]
→プレゼンは決められた時間でいかに自分をアピールするかが重要であるにも関わらず、私のプレゼン、とりわけ自身の弱みを話す際に至っては、上に述べたような、裏を返せば自身の強みとも受け取れる要素、もしくは「実は〜」といったサプライズ的な展開が無かったので、何らかの工夫を凝らすプレゼンの構成を考えるべきとご指摘を受けました。

感想
私は今回のプレゼンを終えて、何より自分の実力がどれほど乏しいか、という事実を痛感しました。私は自分の夢として、「景観保護に努めつつ文化財を活かした街づくり」を挙げさせてもらいましたが、その実現に向けた過程があまりにも漠然としており、同じくプレゼンを行った3人の方が描いた期間ごと・段階ごとのアクション・プランが欠けていました。また、小西先生ならびにゼミ生の方からの指摘を受けて、プレゼン中の聞き手とのアイコンタクトを徹底するためにも、何度も自宅などで時間を設定しつつ目線を動かしながらプレゼンを行うといった、反復練習の重要性も学びました。そして、自己分析のために他者からの評価を得ようと、私は7人の友達にアンケートをしたのですが、友達からの回答では社会的に明確な意味が見出されないというご指摘があり、新たな発見にもつながりました。このように現時点では、反省すべき点・改善すべき点が山積みの状態ですが、少なくとも自分の力量が知れてよかったです。いただいたご指摘を遵守しながら一歩ずつ、自分のプレゼンの改善に役立てていきたいです。

fuku2

赤崎里奈

[社交的である、協調性があるという強みの例として、留学中に関学のOBで会社を経営されている方とお話しする機会があった]
→「国内に限らず海外で活躍しているOB,OGを介して世界中にネットワークを広げたほうがいい。たとえ、数十分会っただけでも、その人の貴重な時間を割いて頂いているのだから、お礼を早いうちに必ずすること。クリスマスカードや年賀状などの挨拶も欠かさず行い、継続的なつながりを持っておくこと」というコメントを頂きました。

[将来は海外展開を積極的に行っている企業に就職し、海外の大学院で教育について学び、ユネスコなどの教育関連の国際機関で働きたい]
→「教育+国連機関=ユネスコという考え方は短絡的過ぎる。世界銀行やアジア開発銀行などでも積極的に教育支援を行っている。」というご指摘を受けました。

[大学卒業までにTOEIC900点以上、仏検3級以上を取得する]
→「TOEICや検定で高いレベルにいるからといって、流暢にその言語を扱うことができるとは限らないが、自分の語学力を客観的に判断してもらうための証明は必要だ。語学は単なるツールに過ぎず、語学+αの能力が重要である。」というコメントを頂きました。

感想
私の強みや弱みについて色々な人に尋ねたことで、今まで自分では気付かなかった意外な長所や短所に気付くことができました。また、これまでの自分の大学生活を振り返り、残りの大学生活をいかに有意義に過ごすかを考える大変良い機会となりました。小西先生が振り返ることがさらなる成長のためには欠かせないとよくおっしゃっていますが、この自己分析を通して、そのことを強く実感しました。初回のプレゼンのグループで緊張していましたが、練習した分の成果は出せたのではないかと思います。しかし、改善点はたくさんあるので、分かりやすく、聞き手を惹きつけるプレゼンができるようこれからさらに腕を磨いていきたいです。

rina

渡辺千尋

[卒業後は就職し、それから海外の大学院に進んで海外インターンを経験した後、国際協力を仕事にする]
→「日本の会社に就職する時にはTOEICを重視されるけれど、海外の大学院に進むためには、TOEFLの点数が必須。就職して3年目くらいでTOEFLを受け始めることが望ましい。」というコメントを頂きました。

[発表の際に自分の発言にうなずいてくださる小西先生だけを見て発表を進めてしまい、聞いてくれていたゼミのみんなを置いてきぼりにしてしまった]
→「プレゼンの上手い社会人が、どのように聞き手を引き込んでいるのかをみることが大切。その人の発表内容が自分の興味のないものであっても、上手いプレゼンならば、聞きに行く価値はある。また、聞き手の目を見ながら話すことは簡単に出来ることではないので、自宅や教室で練習することが大切である。練習方法としては、部屋の角に立ち、そこから部屋をゆっくり見回しながら練習すると良いのではないか。」というアドバイスを頂きました。

感想
今回のプレゼン発表で、聞き手全員の顔を見ながら発表することの大変さを改めて感じました。これからのプレゼン発表での目標は、聞き手一人一人と目を合わせ、相手を私のプレゼンに引き込むこと。そのためにも、質の良いプレゼンの研究をしていきたいと思います。
また、今回、自己分析をするにあたって、自分を見つめ返し、思っていることを紙に書き出したことでこれから自分がどのような人間になりたいのかをしっかりと考えることができたと感じています。大学を卒業するまでのこの2年間で、目標とする冷静な自分に少しでも近づけるよう努力していきます。

chihiro

小山楓

[4回生の秋学期に国連学生ボランティアに参加したい]
→このことに関して、先生からは「企業でバリバリ働きたい人が国連学生ボランティアに参加しても、そこで得られたものが社会に出て活かせるようなものかどうかは不確実だし、雇う側から特別な評価を得ることもないだろう。ただし、将来国際機関で働くつもりなら、現場の空気に触れられるという点で良い」というコメントをいただきました。

[キャパシティが小さいという弱みを改善するために、自身のキャパを超えるようなスケジュールを立てて追い込む]
→このやり方に関して、先生から「無理矢理追い込んでキャパを強引に広げようとするのではなく、様々な活動をしてその一つ一つを振り返り(または他者からのフィードバックをもらうなどして)、やりっぱなしにせずに次の活動につなげていくことでキャパシティも広がるのではないか」というご意見をいただきました。

感想
今回初めて自己分析を行ったのですが、一言で言うととてもつらかったです。自分の中で問題意識はなかったものの「いつもうまくいかないなぁ」と思っていたことの本当に根っこの部分にあたる弱みが見つかってすっきりもしたのですが、かなり落ち込みました。また今回、「声が小さい」との指摘を受けました。これに関しては、広い部屋でボイスレコーダーを遠くに置いて録音して練習するなどして、その時々の部屋の広さに合う声のボリュームを知ることが有効だというコメントをいただきました。これからプレゼンをする機会も増えていくと思うので、しっかり改善していきたいです。

listeners

<Professor Konishi’s comments (1) and our impressions (2)>

Kohei Fukuda

(1)  ・should use certain words which have positive image instead of negative words
・should express logical explanation and have eye contact by practicing many times over
・should make some surprising points to make more attractive presentation
・should ask not only my friends but also other people who are in different status about my strong points and weak points
(2)I realized the fragility of my presentation skill. Also, the process of coming true for my dream, what is called “action plan”, was short. Like these things, I have many weaknesses, but now I’m glad to know my own ability. I’ll absolutely improve my presentation skill by next time.

Rina Akasaki

(1) ・You should try to make the most of opportunities to be connected with people who graduated from same school as you and work in foreign country.
・When you meet an important person, you should send a message of appreciation as soon as possible.
・It is important to have a continuous connection in order to keep a good relationship.
・In addition to UNESCO, there are many kinds of the United Nations organization related to education, so you should research them in detail.
・It is necessary to have a reliable evidence in order to show how high your foreign language level is.
(2)I could find my strong points and weak points which I have never realized. Also, analyzing myself gave me a really good opportunity to look back over my last university life and think about how to spend the remaining my university life meaningfully. I understood how important to reflect on what I had done. I was nervous before my presentation, but I gave a presentation which I had expected. I have many improvements on my presentation, so I’ll make effort to make more attractive presentation.

Chihiro Watanabe

(1)・If you want to enter foreign graduate schools after you work for some companies, you have to take TOEFL examination while you are working there.
・It is good for you to take the TOEFL exam when it past 3 years after you worked.
・You should watch skillful presentation, even if the topic of the presentation isn’t interesting for you.
・If you are weak on speaking with looking audiences’ faces, you should practice presentation a lot of times.
(2)This time, I realized how difficult doing presentation with looking eyes of audience, and I would like to improve my presentation skill. Also I want to draw audience my presentation. From now, I research skillful               presentation.I could think deeply about what kind of person who I want to be by doing analysis of myself. I’ll try to become the person who keeps a cool head during my university days.

Kaede Oyama

(1)・UNSV (United Nation’s Student Volunteers) is useful to people who will work for international organization, but it is a kind of useless to people who won’t work for international organization.
・Do a lot of activities and get their feedbacks to expand my capacity.
(2)I asked 6 people about my strong points and weak points to make this presentation. At first, I enjoyed analyzing myself, but at the end of this research, my weak points which I didn’t realize appeared clearly. I made me depressed, but I think it was good chance to know it. In my presentation, I was pointed out that my voice was a little bit low, so I have to speak more loudly, too.

~小西ゼミいちご狩りに行くの巻~

さて、ゼミ活動が本格的に始まって3週間ほどたちました!
おやまです!(ゼミのメンバーにこやまくんがいるので平仮名で失礼します。)
早速なのですが、先週の日曜日4月21日に小西ゼミ3回生でいちご狩りに行ってきました(^^)
当日は雨の予報が出ていたにもかかわらず、晴れ!
(私が前日の夜せっせと作ったてるてる坊主のおかげかもしれません。)
みんなでいちご狩りをして、巨大パフェを食べて、たのしい時間を過ごすことができました。
今回は企画が急だったこともあり、参加者はゼミメンバー16人中9人と少なめでしたが、次回(未定)は目指せ、全員参加!です!
来週のゼミからは現在アイルランドに留学中の岩田さんも参加予定なので、とても楽しみです(^^)

3weeks have passed since seminar activity started.
We went to Okayama to do STRAWBERRY PICKING!!
It was very nice sunny day to go out; weather forecast said it will be rainy day though.
We ate a lot of strawberries, and big parfait.
I want to make next event (TBA) will be more great one!!
DSC_0048 (800x530)

———————————————————————————————————————

ご覧いただきありがとうございました。
Thank you very much for reading.

2013年度より小西尚実研究室ホームページが新しくなりました。新HPは下記リンクより閲覧可能です。

http://bridge-kgu.sakura.ne.jp/knack/

The new site of Prof. Naomi Konishi’s Seminar is here.Please check it out.

http://bridge-kgu.sakura.ne.jp/knack/

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2013/4/27 19:35

小西ゼミ新3回生メンバーより [ From new 3rd grade members of Konishi seminar]

初めまして、こんにちは。

このたびHP等の担当となりました小西ゼミ新3回生の小山高志と中野広大です。よろしくお願い致します。新3回生更新分のブログは日本語と英語の両方で書いていく予定です。英語版は下部にあります。

We 3rd grade members will write articles in both Japanese and English, so if you want to read in English, please skip Japanese part.

早速ですが今回は

・新3回生の自己紹介
・今後の3回生のブログの方針

の2点についての記事です。

≪新3回生の自己紹介≫

まず初めに新3回生の自己紹介を始めさせていただきます。

自己紹介の質問項目は以下の通りです。

  1. 出身地と出身高校
  2. 趣味や自分が参加している活動など
  3. 興味のあるテーマ
  4. 意気込みやみんなへの一言

それでははじめさせていただきます。

赤崎里奈

  1. 兵庫県 兵庫県立尼崎稲園高等学校
  2. 国際交流・国際協力支援団体CLUB GEORDIE、日本語パートナー(関学に来た留学生のサポート)
  3. 外交におけるソフトパワーの役割、発展途上国における教育問題
  4. 小西ゼミの学生は、皆自分自身の考えを持っていて面白い人ばかりなので、これからのゼミ活動を楽しみにしています!積極的にゼミ活動に参加しゼミを盛り上げ、このブログをさらに魅力的なものにしていけるよう頑張ります。

岩田衣純

  1. 大阪、大阪府立千里高校
  2. 趣味は旅行にいくこと!長期休みは必ずどこかに旅立っています!外国の文化、言語、観光地などに興味があって、たまに調べては空想旅行しています(笑)
  3. CSRやBOPビジネスに興味があるので、企業と発展途上国が今後どのように関わっていけば双方にメリットが生まれるのかという点に着目して研究していきたいと思っています!
  4. 小西ゼミはみんなモチベーションが高いので、みんなからいろんな刺激を受けることを楽しみにしています!大学生活の残りの2年間、悔いの残らないように何事にも全力で取り組みます!

大西慎平

  1. 出身地:神戸 出身校:啓明学院
  2. 趣味:音楽を聴くこと、自然に浸ること、体を動かすこと。活動:学生団体Do more!に所属しています。団体のコンセプトはpossibility of Today’s Youthです。以前は東日本大震災を受け、石巻市復興市にて風船を使った復興モニュメントを作成しました。
  3. 私は、今後の学生生活で「将来の日本における国家形成」をテーマとした研究を行いたいと思います。
  4. 小西ゼミ=diversityといっても過言でないほど、様々な色を持ったメンバーが集まっているのではないかと思います!互いの違いを尊重しながら、高め合っていける最高のゼミにしていきたいです。皆さん、宜しくお願いします!!

小山楓

  1. 出身地は福岡で、西南学院高校出身です
  2. 趣味は読書と、カメラをぶらさげていろんなとこに旅行したり散歩したりすることです。いまは英語に加え、スペイン語と中国語の勉強をがんばっています。参加している活動は特にありません。
  3. 興味のあるテーマは発展途上国の開発で、日本の英語教育についても少し興味があります。
  4. 他のゼミのメンバーに比べてこれといった活動をしていない上に研究テーマが未だに曖昧で少し焦りを感じていますが、ゼミ活動を通して残り2年間の学生生活で誰よりも成長してみせます!!本と写真のことならわたしにまかせてください!これから2年間よろしくおねがいします。

小山高志

  1. 兵庫県神戸市、神戸市立葺合高校出身
  2. バイクに乗ること(ツーリング)や旅行、アウトドアなど。学部所属のコンピューターに関する団体のCSIという組織に所属しており授業補佐やオープンキャンパスのブースプロジェクトなどを行っています。
  3. 民間企業をボランティアとしてではなく国際協力や開発に取り込んでいくことに興味があり、CSRなどを中心にwin-win になれる協力・開発について学びたいです。
  4. 小西ゼミのメンバーは行動力にあふれ、モチベーションが高い人が多いので、みんなに負けないように頑張って、かついい刺激を与え合えられるように頑張りたいです。

塩澤 美百咲

  1. 大阪府、大阪府立千里
  2. ホルンを吹くこと、旅行
  3. 貧困国のこどもたち
  4. これから2年で何か成し遂げられるようにゼミ活動がんばります♪

城山哲朗

  1. 大阪府の東海大仰星高校からきました。
  2. 趣味はサッカーや、映画を見に行くことです。バイトは子供に水泳を教えています。
  3. 興味のあるテーマは国際協力などです。今年はよりいろいろな知識を得て、いろいろな活動に参加したいです。
  4. 残り少ない大学生活を後悔しないように、今できることを精一杯がんばりたいと思います。

中野広大

  1. 大阪府八尾市、大阪府立清水谷高等学校
  2. アウトドア、寺社めぐり。国際交流・国際協力支援団体CLUB GEORDIEのスタッフとして活動しています。
  3. 原発や再生可能エネルギーなどに関するエネルギー・環境問題、イノベーション、日本の社会問題
  4. ゼミ生の様々な考えに触れ、自分の将来について考えることが楽しみです。ゼミを通して切磋琢磨して、楽しんでいきましょう

福田 剛平

  1. 兵庫県姫路市、兵庫県立姫路東高等学校
  2. 映画鑑賞、夜景巡り、景観の保護に努められる活動に身を置きたい
  3. 国民総幸福量、地球幸福度指数、「幸福」の価値観は人によって違うと思いますが、私は、人々が国や文化の違いによって何に「幸福」を見出すか研究してみたいです。
  4. 小西先生やゼミ生から受ける「刺激」を大事にしながら、どのような形でゼミを終えるかを常に見据えていきたい。そして、2年間を通して社会人としての表現力を身につける!

松田綾佳

  1. 大阪市、薫英女学院高校出身
  2. 大学に入ってゴスペルに感動してからゴスペルサークルに所属しています。ピアノと歌を日々練習中です。
  3. 興味のあるテーマは、大きく言うと世界の貧困問題です。中学・高校の時からそういったことに将来関われたらと思っていました。自分に何ができるかいろんな人の意見を聞きながら学びたいと思っています。
  4. マイペースでどんくさいですが、必死についていけたらと思っています!人見知りなので新しい環境に慣れるのに時間がかかりますがよろしくお願いします(^^)

三浦 彩花

  1. 兵庫県尼崎市 北摂三田高校
  2. 私はTFJ(Teach for Japan)に所属しており、この組織はTFA(Teach for America)に由来するものです。この組織は勉強が困難な状況にある子供たちの支援をしており、私はそこで教えている学生教師のマネジメントとサポートを行っています。
  3. 私は教育、特に人材育成と勉強に対するモチベーションに興味があり、これと関連して、私は社会科教師になることが夢です。
  4. このゼミはユニークな人がたくさんいるので絶対面白くなると思っています。互いにいい影響を与えたいと思っているので、このゼミでしっかりと努力していきたいです。

宮喜優実

  1. 大阪府・大阪府立高津高校
  2. 体験型国際交流提供団体PIECE☆、WITH café プロジェクトなどに所属しており、充実した毎日を送っています(^^)
  3. ①途上国の貧困問題(子どもたちの教育問題、大人の雇用問題)  ②人・組織のマネジメント 今のところこの2つに興味があります!
  4. みんなで素敵なゼミを創っていきましょう\(^o^)/

本原慎太郎

  1. 出身地は広島県で広島県立尾道東高校国際教養コースを卒業しました。
  2. 趣味はバレーボールをする事と映画を見る事です。
  3. 興味関心のある事は難民、貧困そして国際機関です。特に、アジア開発銀行(ADB)について勉強をしたいと思っています。
  4. 卒業するまでに大きな夢を見つけて有名人になりたいです!

安井友哉

  1. 三重県、桑名高校
  2. 最近の趣味はミュージカルドラマ(glee)の観賞です。ミュージカルというとおかたい!?イメージがありますが、そんなことはない。楽しく笑える、さらに情熱的、感動できる内容です。人の声はここまで人を引き付ける、そして勇気付ける。
  3. カンボジアのインフラストラクチャー。カンボジアプノンペン郊外にあるタマオ動物園の効率化はできるのか? 海外でのスパ(マッサージ)産業。
  4. 一生懸命取り組みたいと思います。実はみんなより二個上(二浪)ですがどんどん叱咤激励してください。よろしくお願いします!

吉岡晃子

  1. 兵庫県、兵庫県立加古川北高等学校 関西外国語大学同短期大学部
  2. 中学時代 ソフトテニス部 高校時代 ソフトボール部 短大時代 チアリーディングをしていたので運動がすきです!関学ではボランティアサークルに入ろうと検討中です。
  3. 難民問題、発展途上国の女性問題
  4. 関学で一皮剥けた自分になるために、頑張ります!バックパッカー ヒッチハイクの旅がしたい!アクティブに生きます!自分たちの意見を世界に発信できるBLOGにしたいと思っています!

渡辺千尋

  1. 大阪府、同志社高等学校
  2. マンガを読むこと・洋楽のPVをYou Tubeで見ること
  3. 教育問題。子どもに関する問題は全般的に興味があります。
  4. 何事にも積極的に取り組んで、この2年間を楽しみたいと思います。

(以上16名、五十音順)

≪今後のブログについて≫

続いて今後のブログの更新について説明させていただきます。今年度私たち3回生はゼミ活動内容と若者の声の2つを中心としてアップしていく予定です。

「ゼミ活動内容」

毎週火曜日のゼミについてのもので、皆様にご報告できるニュースや内容があった場合に土曜日に更新します。

「Today’s Tsubuyaki ~voices of Japanese students~ 」

この記事は各週の担当者が興味のあるテーマで自由に書いていくもので、内容はニュースや時事問題に対して日本の一学生としてどう考えるのか、おすすめの書籍、日常の中で疑問に思うことなど様々です。この記事を通して日本の学生がどのようなことを感じ、考えているのかを少しでも皆様にお伝えしていければと思っています。更新曜日は毎週火曜日で、原則として毎週アップする予定です。また、この記事は読んでくださった皆様のご意見、ご感想をぜひお伺いしたいと考えていますので、ブログに対するコメント等をしていただければ嬉しく思います。

また、小西ゼミのメンバーで旅行や誕生日パーティーなど、何かイベントがあった場合はコラムのような形で上記二つの記事に追加してアップしたいと思います。

≪最後に≫

ブログの更新や英語で記事を書くことは、私たちにとって初めての挑戦であり、まだまだ手探りの状態です。そのため、失敗などをしてしまうこともあるかと思います。しかし、このブログを通して少しでも小西ゼミの雰囲気や日本の学生の生の声などを伝えていきたいと考え、精いっぱい努力して書いていきたいと考えていますので、応援していただければ幸いです。

[ English Part ]

Hello, my name is Takashi Koyama, my friend Kodai and I are in charge of Homepage updating. Give our kind regards to you

Contents of this article

・Self-introduction of 3rd grade members
・Basic guidelines of our article

≪Self-introduction≫

Firstly, we want to do self-introduction. There are 16 people in 3rd grade.

These are the contents of self-introduction.

  1. One’s hometown, and high school where graduated
  2. Hobby and activity
  3. Theme which interested in
  4. Message to everyone

Rina Akasaki

  1. Hyogo Prefecture  Hyogo prefectural Amagasaki Inazono high school
  2. CLUB GEORDIE(make some events to know international problems or communicate with foreign people) exchange Students Supporter
  3. Role of soft power on diplomacy, Educational problems in developing countries
  4. This seminar’s members have their own interesting idea, so I am looking forward to coming seminar’s activities. I would like to tell my idea positively and make this blog more attractive.

Izumi Iwata

  1. Osaka, Senri High School
  2. My hobby is traveling! I travel somewhere every vacation. I’m interested in foreign culture, language, and tourist spots. However, I don’t have much money, so I often travel by just imagination!
  3. I’m interested in CSR and BOP business. I want to research how to improve developing countries by cooperating with companies, and find the best way to make benefits between companies and developing countries.
  4. I think everyone has high motivation, so I’m looking forward to be stimulated by member of this seminar! I don’t want to regret about what I do in this 2 years, so I will do my best for everything!

Shimpei Ohnishi

  1. I was born in Kobe and my old high school is Keimei Gakuin.
  2. Hobby: No music, No life / play with nature / exercise Activity: I belong to student organization. The concept of this org is “possibility of Today’s Youth”. We made Revival monument in Ishinomaki city for The Great East Japan Earthquake.
  3. I want to research about “National formation in the future of Japan” in college life.
  4. I think there are members of various characters in Ms. Konishi’s seminar. I hope I grow up with members and I would like to gain the experience here. It’s nice to meet you all.

Kaede Oyama

  1. I came from Fukuoka, and I graduated Seinan Gakuin High School.
  2. My hobbies are reading books and taking photos. Now I’m studying English, Spanish, and Chinese.
  3. I’m interested in developing countries’ development and English education of Japan.
  4. Now I’m feeling inferiority complex because of my shortage of experience, but I’m sure to grow up through this seminar activity. Thank you!

Takashi Koyama

  1. Kobe city in Hyogo prefecture    Fukiai high school
  2. My hobby is riding motor cycle (touring), traveling, and outdoor activities. I belong to CSI (Computer Student Instructor) which do activities about computer such as assistance of computer classes to improve skills of students.
  3. I am interested in connecting private enterprise and international development and corporation, so I want to study CSR and development which can make win-win relation.
  4. Members in Konishi seminar are very active and have high motivation. I will do my best so that everyone can motivate each other and be high potential people.

Mimosa Shiozawa

  1. Osaka, Senri high school
  2. I like playing the horn and traveling
  3. Children in poor countries
  4. I’ll try hard to achieve something in two years.

Tetsurou Shiroyama

  1. I’m from Gyosei high school in Osaka.
  2. Playing soccer and watching movies are my favorite pastime. I teach children to swim at the work place.
  3. I’m interested in international development. I want to add to my stock of knowledge and join some of activities this year.
  4. I want to do what I can do today so that I will not regret it afterward.

Kodai Nakano

  1. Yao city, Osaka. Osaka prefectural Shimizudani high school
  2. Outdoor activities, Visiting temples. A member of CLUB GEORDIE, which supports citizen’s international exchange/cooperation.
  3. Energy and environmental issues, Innovation and Japanese Social Problems
  4. I am expecting to make plans for my future, discussing with the members of Konishi zemi. Let us have a fun time!

Kohei Fukuda

  1. Himeji City in Hyogo Prefecture, Himeji Higashi High School
  2. Watching Movies, Making a Tour of Night View. I want to join some landscape protection actions
  3. Gross National Happiness The Happy Planet Index I think that each people has each value of “Happiness” by the difference of country or culture. I would like to study its standard.
  4. I always want to look steadily the ending of a seminar with thinking “spur” from Professor Konishi and seminar party important. Also, I’ll get greater power of expression as an adult member of society through 2 years!!

Ayaka Matsuda

  1. From Osaka, Kun-ei high school
  2. I was impressed Gospel music and I’m belonging in Gospel circle now. It is really great time to touch and think about black culture.
  3. My topic is the poverty in the world. I hope my job in the future could be concerned to such topic. I’d like to study hard and think what I can do.
  4. At last, though I’m not good at expressing my opinion, I want to do my best in this year. Please forgive that I’ll take time to get used to new place! Thanks.

Ayaka Miura

  1. Amagasaki, Hyogo     Hokusetsu Sanda high school
  2. I belong to “Teach For Japan (TFJ)”. This organization comes from “Teach For America (TFA)”. These try to help children who have difficult situation to study. I manage this organization and support the student teachers who teach for children.
  3. I’m interested in education, especially human resources development and the motivation to study. In this connection, my dream is to be a teacher of social studies.
  4. I think this seminar will be so excited because the members look interested. I want to give and take good effects each other. So, I will make efforts for this seminarJ

Yumi Miyaki

  1. Osaka, Kozu high school
  2. I belong to international exchange providing organization “ PIECE ☆” and project “WITH cafe”, so I go through meaningful days.
  3. Management of organization and poverty in undeveloped countries, especially educational problem and labor problems
  4. Let’s make wonderful seminar!!

Shintaro Motohara

  1. I’m from Hiroshima Prefecture and I graduated from Onomichihigashi high school international education course.
  2. I like to play volleyball and watch movies.
  3. I want to learn about the refugee, poverty and international organization, especially the Asia Development Bank.
  4. I want to find big dream till I will graduate this University of KG and I’m going to be celebrity in the future!

Tomoya Yasui

  1. Mie prefecture, Kuwana high school
  2. I like watching musical drama “glee”, musical sounds very formal, but it’s not true, because they are funny, passionate, and impressive. Voices are attractive, and encourage us.
  3. Infrastructure in Cambodia, the possibility of making efficient of Tamao zoo in Cambodia, and massage industry in foreign countries
  4. I want to try hard, I am 2 years older than other members, but I hope they encourage me vigorously.

Akiko Yoshioka

  1. Hyogo, I’m from Kansai Gaidai junior college
  2. I think I will participate in a volunteer group at KG.
  3. problems of refugee and women issue live in developing countries
  4. I want to grow up greatly as a world citizen at this seminar. It’s nice to meet you all.

Chihiro Watanabe

  1. Osaka, Doushisha high school
  2. I like reading comics and watching foreign music videos on You Tube.
  3. I’m interested in issues regarding children, especially educational issues.
  4. I would like to be very active and enjoy my time in this seminar.

《Basic guidelines of this Blog》

In this blog, mainly, we will upload two types of articles.

[Activity report of the seminar]

This is about seminar activity on Thursday class, and if we have something news or good contents, we upload articles about it on Saturday.

[Today’s Tsubuyaki ~voices of Japanese students~]

In this article, we decide a writer every week, and each writer chose a topic which the writer interested in or wants to write. It would be comment on news as a Japanese student, book introduction, questions in daily life and so on. We hope we can tell how we Japanese students feel and think. We usually upload this on Tuesday.

Also we want to know opinions of readers, so if you comment on articles, we are very happy and study from it.

In addition to them, if we do activities other than class, such as travel and birthday party, we will write it and add it to Activity report or Today’s Tsubuyaki as a column.

Finally, writing article is challenging, and writing in English is also not easy for us. Therefore, we would make some mistakes, but we try hard to tell Japanese students opinions and atmosphere of Konishi seminar, so please support us. Thank you for reading.

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

「大変長い記事を最後まで読んでいただきありがとうございました。初回から予想を超えて長くなってしまい、読んでいただけないのではないかと思い焦りましたが、この部分を読んでいただいているという事は・・・よかったです。兎にも角にもこのメンバーで頑張っていきますのでよろしくお願いします。」
“Thank you for reading long article, I was afraid that nobody read because of length, but reading here means you… I am relieved. Anyway, we will try hard with these members.”

013年度より小西尚実研究室ホームページが新しくなりました。新HPは下記リンクより閲覧可能です。

http://bridge-kgu.sakura.ne.jp/knack/

The new site of Prof. Naomi Konishi’s Seminar is here.Please check it out.

http://bridge-kgu.sakura.ne.jp/knack/
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2013/4/20 21:54

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人事政策、能力開発・キャリア開発 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく人事管理業務に携わっており、...

カテゴリー一覧