2013年9月

Today’s Tsubuyaki ~voices of Japanese students~

みなさん、こんにちは。
今回のToday’s Tsubuyaki~voices of Japanese students~ を担当します3回の大西慎平です。
長かった夏休みも終わり、先週の金曜日から学校が始まりました。
今学期の終盤からは就職活動が本格的に始まります。
今までの経験、知識を活かし、就職活動を乗り越えなければいけません。

私が悩んだ時、考える時にいつも参考にしている言葉があります。
それは前回も紹介しました黒澤明さんの言葉です。
彼が亡くなってから今月で15年が経ちましたが、未だに影響力のある偉大な方です。
余談ではありますが、今季記録的大ヒットを打ち出しているドラマ「半沢直樹」の監督はドラマ制作を行うに際して、黒澤監督の作品「用心棒」を真似たそうです。

私がいつも心に留めている黒澤明さんの言葉はこちらです。

みんな、
自分が本当に好きなものを
見つけてください
自分にとって本当に大切なものを
見つけるといい
見つかったら、
その大切なもののために
努力しなさい

ごく当たり前のことかもしれない。
けれど、これを行うのはそう簡単ではありません。
だからこそ、この気持ちを常に心に抱くことが大切だと思います。
最後までお読みいただきありがとうございます。

Hello. I’m Shimpei Ohnishi.
The school started on last Friday.
Third year university students start job hunting activities from the end of this semester.
The students have to use the studying I did for getting through the job hunting.

I always read a word when I worried
The word written by Akira Kurosawa.

Everybody, find something you really love.
I advise you to look for something that is truly important to you,
something that matters and has most significance to you.
Once you find it, try to channel all your energy into it.

This massage is quite normal.
But, it’s not easy to do like this.
That’s why I think it’s very important to keep in mind what he says.

Thank you for reading.

P.S.
先日、素敵な夕日を観ました。
こういうのを見るとホッコリしますね。
The other day, I saw a nice sunset.
The sunset made me relaxed.
sunset

———————————————————————————————————————————–
2013年度より小西尚実研究室ホームページが新しくなりました。新HPは下記リンクより閲覧可能です。
http://bridge-kgu.sakura.ne.jp/knack/
The new site of Prof. Naomi Konishi’s Seminar is here.Please check it out.
http://bridge-kgu.sakura.ne.jp/knack/

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2013/9/23 19:54

Today’s Tsubuyaki~voices of Japanese students~

 今回のToday’s Tsubuyaki~voices of Japanese students~ は3回の城山が担当させて頂きたいと思います。現代は情報化社会と呼ばれています。あらゆる情報が安易に手に入り、また世界中の人々に向けて発信できるようになりました。TwitterやFacebookなどのSNSでもすぐに情報は拡散します。有名人がある商品をブログにアップした次の日にはその商品が品切れになったということはよく聞く話です。
 そこで今回はある歌について書きたいと思います。その歌はジャスティン・ビーバーの「Pray~祈り~」という歌です。これは彼が世界中の人に対して、飢餓やHIV/マラリアといった世界の問題に目を向けてほしいと思い、綴った曲です。またミュージックビデオでは彼が現地に訪れた時の映像が、主に使われています。その内容は、路上で横たわっている子供達や、設備の整っていない医療現場のように現地の悲惨な状況を映しているものもあれば、厳しい状況にも関わらず笑顔を絶やさない人たちの映像もあります。私はこのミュージックビデオを初めて見たとき、言葉では表せないようなやるせない気持ちになり、何か行動を起こしたいと強く思いました。彼のミュージックビデオは世界中で約8000万回以上再生されています。彼の影響力はすさまじく、たくさんの人々の心を動かしました。また彼は自分の歌がたくさんの人に注目されることを知っていたのでしょう。それを利用し世界中の人々に向け発信したのだと、私は思っています。彼はメディアの影響力をよく理解しており、私も改めてその力のすごさを知りました。貧困などのような一個人だけではなかなか解決できない問題を一瞬で解決する方法はいまだに見つかっていません。これからもあらゆる方面からアプローチする必要があります。その一つとしてメディアの影響力を使うのは一つの手段であるのかもしれません。私もこのブログを通じて少しでもたくさんの人々に国際協力について興味を持っていただけたら幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Today, we live in the world that full of information. We can easily know and transmit some information. The power of media is so strong. And then, I’d like to talk about a song. A song is pray written by Justin Bieber. This song is full of things he thought against some of problems like poverty and HIV/MARRARIA. Also, the music video is used videos he went to developing country. I felt to want to take action when I watched this movie for the first time. This movie was watched eighty million times in the world. A lot of people were moved by the movie. Effective way to solve lots of difficulty problems like poverty isn’t still found. But, I think that to use the power of media is one of the good way. Finally, I’m taking this chance to say a word in this song. It is “Can I give’em one today”. If you hesitate to take action, you should do now. The earlier you take action, the better you get results.
Thank you for reading.
————————————————————————
2013年度より小西尚実研究室ホームページが新しくなりました。新HPは下記リンクより閲覧可能です。
http://bridge-kgu.sakura.ne.jp/knack/
The new site of Prof. Naomi Konishi’s Seminar is here. Please check it out.
http://bridge-kgu.sakura.ne.jp/knack/

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2013/9/17 23:53

Todays Tsubuyaki ~voices of Japanese students~
2020年。東京にてオリンピック開催。

こんにちは今回つぶやきを担当させていただきます小西ゼミ3回生安井友哉です。さて9/8の朝、オリンピックの開催地が東京に決定しました。1964年の東京オリンピック以来56年ぶり2度目の開催となります。今回は東京(日本)、イスタンブール(トルコ)、マドリード(スペイン)の3都市が開催地となるべく、国際オリンピック委員会(IOC)の総会にてしのぎを削りました。その中でも、日本の様々な面での安全性、整ったインフラストラクチャーなどが評価されたのではないでしょうか。日本人である私達にとってこれほど喜ばしく誇らしいことはありません。

そしてまた忘れてはならない課題が浮き彫りになりました。それは被災地復興です。日本での開催の目的として安倍首相は『被災地への希望』を一つの目標に掲げました。日本の広報活動の中でも、被災地については何度も語られていました。私は被災地が招致の為に利用されるのではなく、本当の意味で復興の光になればよいなと思います。東日本大震災から2年半ほどたちました。多くの人があの震災を少しずつ忘れてしまっているのではないでしょうか。そしてこのような状態でオリンピック開催となれば、被災地への目がなくなってしまうのではないでしょうか。

被災地を記憶の隅に埋もれさせてしまうのではなく、何度も何度も頭の中に反芻するべきだと思います。オリンピック開催までおよそ7年。その間にどれほど思い返し、考え、被災地に関わることができるでしょうか。そして、オリンピック開催日に、自分の子どもであったり、大切な人に、当時の状況から被災地がどれくらい変化したのか、日本人の多くの人が語れるようになるべきです。そこで初めてオリンピックを楽しむことができるのですから。
————————————————————————————————————————
Todays Tsubuyaki ~voices of Japanese students~
Olympics 2020: Tokyo wins race to host Games

Hello, I am Tomoya Yasui in charge of Tsubuyaki this time. Well, Tokyo has been chosen as a host country for the 2020 Olympic and Paralympic Games ahead of Istanbul and Madrid. Tokyo previously hosted the 1964 Summer Olympics, so this is the second time. Japanese security about different aspects and high infrastructures were rated highly. Nothing gives us such great pleasure as this.

On the other hands, through this news, an issue which we must not forget was exposed again. It is about Tohoku area where quick and tsunami hit. Olympics can be supports of damaged area in Tohoku. Furthermore, Japanese Prime Minister, Abe raised an aim to more improve the supports through this Olympics.

Two and a half years has passed since the earthquake, so our memories have been fading away gradually. Therefore, I hope this Olympics can be a chance to remind us of the quake and encourage more people to concern about the stricken area.

2013年度より小西尚実研究室ホームページが新しくなりました。新HPは下記リンクより閲覧可能です。
http://bridge-kgu.sakura.ne.jp/knack/
The new site of Prof. Naomi Konishi’s Seminar is here. Please check it out.
http://bridge-kgu.sakura.ne.jp/knack/

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2013/9/11 1:45

Today’s Tsubuyaki ~voices of Japanese students~

Today’s Tsubuyaki ~voices of Japanese students~

みなさんこんにちは、小西ゼミ3回生の小山高志です。8月も終わり、9月に入っても尚暑さが厳しい今日この頃、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。私たち総合政策学部生の夏休みも残るところ20日となりました。(長いですね・・・) 私事ですが、この残り20日間の間に小西ゼミのメンバーでの旅行や富士登山、友人とのバックパック旅行など多くの予定が詰まっており、最後の最後まで夏を充実させるつもりです。ゼミ合宿や富士登山などゼミのメンバーで行われた夏休み中のイベントに関しては、後日他の記事に合わせる形でアップし、小西ゼミ3回生のオフの雰囲気をお伝えできればと考えています。

本題ですが、今回のToday’s Tsubuyakiでは、先日私がふと思った事を簡単に書かせていただきたいと思います。それは、1週間ほど前、私が友人と関西学院大学、神戸三田キャンパスのある三田市内で、大学生にもなってクワガタ採集を行った際に思った事でした。元々三田市周辺の地域は、クヌギなどをはじめとする雑木林が多く、炭や薪などの燃料の生産が盛んで、里山と言われる場所が多くありました。そのため都市開発が進んだ現在でも、少し車を走らせればそういった雑木林が残っています。しかし、そういった林の中には、使用する燃料の変化や高齢化などから、今では人の手が入らず木々がうっそうと茂っている場所が多く見られます。結果、クワガタムシやカブトムシが好む適度に日光が入る雑木林は減り、昆虫採集もしづらくなっています。もちろんこのように里山が減るという事は他の生物の生態系にも影響を及ぼします。この変化が良いことなのか悪いことなのかは私には分かりかねますが、子どもたちがクワガタなどの昆虫採集を行える場所が減るという事は、少し残念に思いました。

いつの時代でもカブトムシ・クワガタムシは子どもたちに人気があり、今では簡単に購入することができます。しかし、私は子どもたちが実際に山へ行き、自然に触れ、自分で捕まえることはとても大切な事だと思います。山に限らず、自然に触れる中で学ぶことが多くあるはずです。都会に住んでいると川や山などで本当の自然に触れ合える機会は少なく、なかなかそのような場所に出かけることもできません。しかし、まだ三田の県立公園や一部私有地などには、里山が残されています。少し調べてみると幾つかの団体が里山の保護活動を行っているようで、実際にそういった看板も見つけました。もちろん私有地に勝手に入ることはできませんが、県立公園などでは自由に採集等を行う事ができます。里山に限らず、川や海など少しでも多くの自然を良い形で残し、自分たちの世代が親になった時も、その先も子どもたちが自然に触れることができる環境を残していかなければならないと思いました。

余談ですが、一緒に採集を行ったメンバーの中にはベトナム人留学生の友人がおり、ベトナムでのクワガタ採集の話もできて非常に面白いクワガタ採集となりました。クワガタムシ・カブトムシは国境を越えて子どもたちを魅了するものでした。

528199082144

Today’s Tsubuyaki ~voices of Japanese students~

Hello, this is Takashi Koyama. In this time, I will write about the thought which had occurred to me when I was collecting stag beetles with my friends. Stag beetles live mixed forest, and in Japan, there are some trees which are like them. Such trees are not for timber, because they are not straight and too hard. However, in the past, these trees are used frequently as fuels such as charcoal. Therefore, many mixed forests were managed by people, and such mixed forest was called “Satoyama”.

“Satoyama” is wonderful environment, and many creatures, including stag beetles, live there. So “Satoyama” is one of the famous examples of Japanese symbiosis style with nature. However, as you know, major fuel has changed, and charcoal is not used often now. Moreover, in Japan, ageing is problem. Through these things, there are less people who manage mixed forest, and there are a lot of forests which are not managed and become densely forest. I thought this is a sad thing, because this means it is difficult for children to collect insects by themselves in forest. There are fewer chances to get back to beautiful nature now if children live in city. Not only forest, but also pure rivers and seas are decreasing. There are still some “Satoyama” in Public Park and so on. Some organizations try to protect “Satoyama” too. I hope beautiful nature will be protected and children in future can play and learn many things through nature.

By the way one of the members who joined stag beetles collecting was Vietnamese friend, and we could share about differences and common points of collecting stag beetles. It was very fun memory.

Thank you for reading.

2013年度より小西尚実研究室ホームページが新しくなりました。新HPは下記リンクより閲覧可能です。

http://bridge-kgu.sakura.ne.jp/knack/

The new site of Prof. Naomi Konishi’s Seminar is here.Please check it out.

http://bridge-kgu.sakura.ne.jp/knack/

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2013/9/3 21:45

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人事政策、能力開発・キャリア開発 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく人事管理業務に携わっており、...

カテゴリー一覧