Today’s Tsubuyaki~ Voice of Japanese Students~

みなさんこんにちは。
今回のToday’s Tsubuyaki~ Voice of Japanese Students~は、小西ゼミ3回生の岩田衣純が担当させていただきます。

今回は、最近私が読んだ「女子力の定量化」という記事について紹介したいと思います。
みなさんは女子力と聞いてどのようなイメージを持ちますか?多くの人は、女性らしい見た目や、気遣いができる女性を想像すると思います。女子力の定量化とはつまり、そういった女子力を数値化してみんなの共通のものさしを作ろうという試みです。一見、何のメリットがあるの?という内容ですが、その背景には女性の社会進出という現代の風潮があります。数値化することによって、女性が女子力の向上を具体的に確認し、実際のアクションを起こすきっかけを生み出すことができるのではないかと期待されています。自分磨き、自己分析といった自身の価値を高めたり、内面を見つめなおしたりすることが必要とされる今だからこそ、女子力を数値化することは女性のモチベーションを向上させることにもつながると考えられています。
女性の社会進出にともなってライフスタイルが多様化してきているため、女子力を一概に定義することは難しいかもしれません。しかし、女子力の数値化が女性の生活の質をより豊かなものにしていく一つの補助的な要素として、これから浸透していけばいいのではないかと思いました。

ご精読ありがとうございました。

Hello, everyone.
I’m Izumi Iwata. This time, I introduce about the article that I read recently, “Method for Measuring Girl’s Power”
At first, what do you imagine about Girl’s power? The majority of people will think it means for women’s feminine outlook or thoughtfulness. In other words, measuring Girl’s power means to make a measure of common understanding of this concept. At first glance, there is little advantage to do this, but on the background, there is a tendency of women’s advance into society. Converting into numerals, women can set up a goal to achieve and it would be a motivation for building up them close to their ideal.
It seems difficult to define this word. However, I hope this numeral value can become one of the elements for improving women’s quality of life.

Thank you for reading.

2013年度より小西尚実研究室ホームページが新しくなりました。新HPは下記リンクより閲覧可能です。

http://bridge-kgu.sakura.na.jp/knack/

The new site of Prof. Naomi Konishi’s Seminar is here.
Please check it out.

http://bridge-kgu.sakura.na.jp/knack/

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2013/11/12 23:33

コメント:0

まだコメントはありません。

コメントを投稿する

トラックバック:0

トラックバックURL
http://kg-sps.jp/blogs/konishi/2013/11/12/1524/trackback/
この記事へのトラックバック

まだトラックバックはありません。

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人事政策、能力開発・キャリア開発 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく人事管理業務に携わっており、...

カテゴリー一覧