11月 3回生ゼミ活動~PCM演習~

こんにちは。
3回生の赤崎です。
今月のゼミでは、ゼミ生が主体となりプロジェクトマネジメント手法の一つであるPCMについて学びました。
PCMとは、Project Cycle Managementの略称で、問題解決型の戦略的なプロジェクトマネジメント手法です。問題の特定、問題の分析、解決策の検討、実行計画の形成、そして評価という、プロジェクト・サイクルの一連の流れをカバーしており、開発援助のプロジェクトの場などで多く利用されています。
今回の演習では、「日本の育児休暇取得率が他国に比べ低いこと」を問題として設定し、4つのグループに分かれてワークを行いました。
では、各グループで出たプロジェクト案を紹介します。
①企業でコンサルタントを雇い、上層部向けのセミナーを行う。
②育児休暇に対する一般社員の希望をアンケートとして上層部に提出する。
③国が企業規模に応じて育児休暇制度の大枠を定め、それを導入した企業には補助金を支給する。
④数日単位の育児休暇制度を導入する。

先生からは、①に対しては、現在の企業では必ずしも意思決定者が年配の方とは限らないため意思決定者に対してなのか、年配の社員に対してなのか明確にする必要があるというご指摘を頂きました。また、③については、国の財政が逼迫している状況を考えると、国から補助金を出すことはかなり難しいというご指摘を頂きました。④については、とても面白く、且つ現実的な案で良いと高い評価を頂きました。しかし、この制度を導入した際に、同僚や上司、つまりこの制度を利用しない人に対するフォローを考える必要があるというご指摘をいただきました。

私は、今回PCM演習の授業運営をさせて頂きました。十分な時間が取れず、至らない点が多々あったと思いますが、皆には今後様々な場面で、この手法のロジックを活かしてほしいと思います。

Hello. I’m Rina Akasaki.
This month, we learned about PCM which is the way to manage project.
PCM stands for Project Cycle Management. It is often used in development assistance.
This time, our theme was “Childcare leave rate of Japan is low”. We discussed the theme divided into 4 groups.

The following are project idea of each group.
①Company employs consultants and the consultants do seminars for executives.
②Company conducts a questionnaire about the childcare leave system.
③The government establishes the outline of the childcare leave system depending on the company scale and subsidizes companies which adopt this outline.
④Company adopts day unit childcare leave system .

I taught PCM to seminar students. I want them to use the logic of PCM in various situations.

Thanks for reading.

713583722868713583702758713582805562713583745330

2013年度より小西尚実研究室ホームページが新しくなりました。新HPは下記リンクより閲覧可能です。
http://bridge-kgu.sakura.ne.jp/knack/
The new site of Prof. Naomi Konishi’s Seminer is here. Please check it out.
http://bridge-kgu.sakura.ne.jp/knack/

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2013/11/24 20:55

コメント:0

まだコメントはありません。

コメントを投稿する

トラックバック:0

トラックバックURL
http://kg-sps.jp/blogs/konishi/2013/11/24/1536/trackback/
この記事へのトラックバック

まだトラックバックはありません。

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人事政策、能力開発・キャリア開発 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく人事管理業務に携わっており、...

カテゴリー一覧