Today’s Tsubuyaki ~voices of Japanese students~

今週のToday’s Tsubuyaki ~voices of Japanese students~は3回の本原慎太郎が担当する。

先日、コンビニエンスストアでミンダナオ産のバナナを見かけた。そこで、私の研究内容の一部でもあるミンダナオ島について少し紹介しようと思う。

ミンダナオ島はフィリピンで2番目に大きな島で、国連開発計画(UNDP)の人間開発報告書(2010年)によると、ミンダナオ地区の貧困率は61.6%であり、フィリピンで最も危険で最も開発が遅れている地域とされている。ミンダナオ地区の貧困問題には様々な問題が複雑に絡み合っている。この問題の最も大きな要因は、ミンダナオ島の地下資源(石油と天然ガス)が発見されたことにある。ミンダナオ地区は戦略的にフィリピン国家を支える生命線ともいえる。

しかし、村田俊一教授(関西学院大教授)によると、ミンダナオ地区には“モロ”と呼ばれるイスラム教徒を中心とする人々が暮らしており、イスラム独立国家を樹立することを求めて、武力闘争をしてきたMILF(モロ・イスラム解放軍)の本拠地である。そのため、政府軍とMILFは長年闘争状態にあり、中国などの多国籍企業が地下資源開発に参入したことで、ミンダナオ地区の地下資源ををめぐって紛争状態にあり、多くの犠牲者や難民を生み出している。

私たち小西ゼミは、来年の2月から3月にフィリピンに行き、アジア開発銀行(ADB)を訪問する予定だ。私たちは、フィリピンの貧困削減にどれほど貢献できるのか分からない。しかし、フィリピンのごみの中を裸足で歩く子供たちの笑顔を見るために、学生が出来る最高レベルのことをやりたい。また、現地でミンダナオ地区のことについても質問をする予定である。

今、このブログを書きながら和氣教授(元国連人口基金事務局次長)の「自己満足で人道援助をしてはならない」という言葉をふと思い出した。

≪English part≫

One day, I saw bananas which were made in Mindanao at the convenience store. So I would like to introduce about Mindanao briefly.

Mindanao is a second largest island in Philippines and poverty rate of Mindanao area is 61.6% , according to the UNDP “ Human Development Report 2010”. This area is known for the most dangerous and least development place. There are so many complex problems in Mindanao. The most significant factor in this problem is that the (oil and gas) underground resources of Mindanao has been discovered. Mindanao can be called the lifeline to support the Philippine National strategically. According to the professor Mr.Murata said ,however, People, mainly Muslims called “Moro” are living in Mindanao. There is home of MILF that seeks to establish Islamic independent state, has been the armed struggle (Moro Islamic Liberation Front). Therefore, there to struggle for many years state MILF and government forces concerning the underground resources of Mindanao. These disputes created a refugee and many victims.

We Konishi seminar, plans to go to the Philippines in February-March of next year, to visit the Asian Development Bank (ADB). We do not know how can contribute to poverty reduction in the Philippines. However, we want to do our best in order to see the smiles of children who walk barefoot through the trash in the Philippines. I also plan to ask questions about the Mindanao area.

Now, I remembered suddenly the word “should not be a humanitarian aid in the self-satisfaction” from the professor Waki (former UN Population Fund Deputy Executive Director) while writing this blog.

Thank you for reading.

2013年度より小西尚実研究室ホームページが新しくなりました。新HPは下記リンクより閲覧可能です。

http://bridge-kgu.sakura.ne.jp/knack/

The new site of Prof. Naomi Konishi’s Seminar is here.Please check it out.

http://bridge-kgu.sakura.ne.jp/knack/

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2013/12/3 11:36

コメント:0

まだコメントはありません。

コメントを投稿する

トラックバック:0

トラックバックURL
http://kg-sps.jp/blogs/konishi/2013/12/03/1559/trackback/
この記事へのトラックバック

まだトラックバックはありません。

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人事政策、能力開発・キャリア開発 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく人事管理業務に携わっており、...

カテゴリー一覧