In my opinion

img_1

image image image
初めてのIn my opinionは、3回生の野地真未が担当します。
よろしくお願いします。
本日は、「It’s a Wonderful life」という映画を、紹介させて頂きたいと思います。皆さんは、この映画のタイトルを聞いたことがありますか?
日本語で「素晴らしき哉、人生!」といいます。
この映画は、クリスマスの日の夜、失意のどん底にいる一人の男の元に、まだ羽を授かっていない二級天使が現れ、彼がもう一度、歩みだせるよう、素晴らしいアイディアにより、「命の尊さ」を伝えていく物語です。
この映画の中でのワンフレーズに、このようなものがあります。
「たった一人がいないだけで、世界はこんなにも変わる。一人が多くの人に影響を与えている。」
このメッセージを、伝えるため、二級天使がとった行動は、「この男が消えた世界をこの男に見せる」というモノでした。
1946年以来、アメリカでは不朽の名作で、毎年クリスマスにアメリカ中で、テレビ放送されています。
日本では、あまり知られていませんが、皆さんにもぜひ見て頂きたいです。
ご精読、有難うございました。
Hello.Manami Noji of junior student is in charge of the first In my opinion.
Nice to meet you.
Today, I will introduce about the movie”It’s a wonderful life”.
Have you ever heard of this title? In Japanse, “Subarashikikana, Jinsei!”
This movie is the story that tells us the preciousness of the life by the incredible idea which is thought by a secondary angel(He does not have wings.) It is for one man who is in deapth of dispair to walk his own way again.
There is one phrase like this in the movie.
“Each man’s life touches so many other life, and when he isn’t around he lives an awful hole.”
To tell him this message, the secondary angel showed him the world which he is disapeared.
This movie has been an immortal work since 1946 in the USA and it is broadcasted on Christmas night every year arond the USA.
It is not known well in Japan but I recommend you watch it!
Thank you for reading.
初めてのIn my opinionは、3回生の野地真未が担当します。
よろしくお願いします。
本日は、「It’s a Wonderful life」という映画を、紹介させて頂きたいと思います。皆さんは、この映画のタイトルを聞いたことがありますか?
日本語で「素晴らしき哉、人生!」といいます。
この映画は、クリスマスの日の夜、失意のどん底にいる一人の男の元に、まだ羽を授かっていない二級天使が現れ、彼がもう一度、歩みだせるよう、素晴らしいアイディアにより、「命の尊さ」を伝えていく物語です。
この映画の中でのワンフレーズに、このようなものがあります。
「たった一人がいないだけで、世界はこんなにも変わる。一人が多くの人に影響を与えている。」
このメッセージを、伝えるため、二級天使がとった行動は、「この男が消えた世界をこの男に見せる」というモノでした。
1946年以来、アメリカでは不朽の名作で、毎年クリスマスにアメリカ中で、テレビ放送されています。
日本では、あまり知られていませんが、皆さんにもぜひ見て頂きたいです。
ご精読、有難うございました。
Hello.Manami Noji of junior student is in charge of the first In my opinion.
Nice to meet you.
Today, I will introduce about the movie”It’s a wonderful life”.
Have you ever heard of this title? In Japanse, “Subarashikikana, Jinsei!”
This movie is the story that tells us the preciousness of the life by the incredible idea. It is thought by the secondary angel  for one man who is in deapth of dispair to walk his own way again.
There is one phrase like this in the movie.
“Each man’s life touches so many other life, and when he isn’t around he lives an awful hole.”
To tell him this message, the secondary angel showed him the world which he is disapeared.
This movie has been an immortal work since 1946 in the USA and it is broadcasted on Christmas night every year arond the USA.
It is not known well in Japan but I recommend you watch it!
Thank you for reading.

コメント:0

まだコメントはありません。

コメントを投稿する

トラックバック:0

トラックバックURL
http://kg-sps.jp/blogs/konishi/2014/05/06/1796/trackback/
この記事へのトラックバック

まだトラックバックはありません。

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人的資源管理、キャリア開発、ダイバーシティ&インクルージョン政策 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく...

カテゴリー一覧