授業内容:自己分析プレゼンテーション

皆様こんにちは、3回生の野地真未です。
今週の講義は、自己分析プレゼンテーションの続きで、本記事では、私達が得た3つのポイントについてお話させて頂きます。
①自分の長所についての表現の工夫
⇒例えば、「自分の好きなことに夢中になってできる」という表現があるとします。
これは、面接においては、多くの場合マイナスな印象を、相手に与える表現で、また、この場合、一般的に、多くの人は、自分の好きなことは、夢中になれるので、アピールポイントにはなりません。
そこで、「目標、目的を立てると周りが聞こえないこともありますが、それくらい集中力があります。」のような表現に変えると、相手に与える印象は、大きく変わります。これが1つ目です。
②面接においては、”したたかに”
⇒短所を話す際、
社会人の基本的な姿勢に対するマイナスな印象を与える表現は、避けましょう。
素直に「時間やお金にルーズです。」と、ストレートに伝えてしまうと、仮にそれが事実であっても、良い印象を与えないことが多いです。社会人としての倫理観に関わる表現は、あえて触れず”したたかに”伝えないことがいい時もある、というのが2つ目のポイントです。
③話にストーリー性をもたらす事
⇒「私は、この部門に就きたい」と思ったら、まずは、その部門にどのような力が必要か考え、自分の中にある力も考えます。そして、その力をつけた経験など
で、裏付け、話にストーリー性をもたらすことが、3つ目の大切なポイントです。
以上です。ご精読ありがとうございました。
Hello everyone, I am Manami Noji in the junior.
We did the presentation about the analysis of myself as before and I am going to tell you three points that we got last class on this article.
#1 to change the better expression when you tell your pros
⇒ For example, there is one sentence ” I can be crazy about what I  like to do”.
In some interviews, this statement gives the other party the negative impression, also in this case, in general, a lot of people do so immersive if it is their favorite, so it does not become your apeal point.
So, you should change like this expression!
“it has goals and purpose, sometimes I do not hear around, but I  have enough concentration to do that” such impression will give vary greatly to others. This is the first point.
#2 to be desperate character in the interview
⇒ when you tell the cons, you should avoid the expressions that give the impression of negative to the basic attitude of working people.
If you tell straight obediently “I am loose in time or money” , even if it is a fact it does not often give a good impression.
This is the second point that there are some times you dare not touch the representation that are involved in ethics as a member of society.
#3 make a story-telling in your story
⇒ If you think “I want this regard to the department,” First, think any abilities needed for that department, then consider also the ability that is in you. And, find the experiences that you can prove that ability.You should  bring the story-telling.
This is the third point.
That’s all. Thank you very much for reading.
皆様こんにちは、3回生の野地真未です。
今週の講義は、自己分析プレゼンテーションの続きで、本記事では、私達が得た3つのポイントについてお話させて頂きます。
①自分の長所についての表現の工夫
⇒例えば、「自分の好きなことに夢中になってできる」という表現があるとします。
これは、面接においては、多くの場合マイナスな印象を、相手に与える表現で、また、この場合、一般的に、多くの人は、自分の好きなことは、夢中になれるので、アピールポイントにはなりません。
そこで、「目標、目的を立てると周りが聞こえないこともありますが、それくらい集中力があります。」のような表現に変えると、相手に与える印象は、大きく変わります。これが1つ目です。
②面接においては、”したたかに”
⇒短所を話す際、
社会人の基本的な姿勢に対するマイナスな印象を与える表現は、避けましょう。
素直に「時間やお金にルーズです。」と、ストレートに伝えてしまうと、仮にそれが事実であっても、良い印象を与えないことが多いです。社会人としての倫理観に関わる表現は、あえて触れず”したたかに”伝えないことがいい時もある、というのが2つ目のポイントです。
③話にストーリー性をもたらす事
⇒「私は、この部門に就きたい」と思ったら、まずは、その部門にどのような力が必要か考え、自分の中にある力も考えます。そして、その力をつけた経験など
で、裏付け、話にストーリー性をもたらすことが、3つ目の大切なポイントです。
以上です。ご精読ありがとうございました。
Hello everyone, I am Manami Noji in the junior.
We did the presentation about the analysis of myself as before and I am going to tell you three points that we got last class on this article.
#1 to change the better expression when you tell your pros
⇒ For example, there is one sentence ” I can be crazy about what I  like to do”.
In some interviews, this statement gives the other party the negative impression, also in this case, in general, a lot of people do so immersive if it is their favorite, so it does not become your apeal point.
So, you should change like this expression!
“it has goals and purpose, sometimes I do not hear around, but I  have enough concentration to do that” such impression will give vary greatly to others. This is the first point.
#2 to be desperate character in the interview
⇒ when you tell the cons, you should avoid the expressions that give the impression of negative to the basic attitude of working people.
If you tell straight obediently “I am loose in time or money” , even if it is a fact it does not often give a good impression.
This is the second point that there are some times you dare not touch the representation that are involved in ethics as a member of society.
#3 make a story-telling in your story
⇒ If you think “I want this regard to the department,” First, think any abilities needed for that department, then consider also the ability that is in you. And, find the experiences that you can prove that ability.You should  bring the story-telling.
This is the third point.
That’s all. Thank you very much for reading.

コメント:0

まだコメントはありません。

コメントを投稿する

トラックバック:0

トラックバックURL
http://kg-sps.jp/blogs/konishi/2014/06/14/1877/trackback/
この記事へのトラックバック

まだトラックバックはありません。

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人事政策、能力開発・キャリア開発 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく人事管理業務に携わっており、...

カテゴリー一覧