授業内容:業界分析プレゼンテーション

皆さん、こんにちは。3回生の杉山真夕です。

 本日は、今週のゼミの講義内容を紹介したいと思います。

 

今週からは、いよいよ業界分析が始まりました。

これは、私たちゼミ生が4つのグループに別れ、それぞれが興味のある業界分野を1つ選んで分析をする、というものです。

 

そこで、この業界分析のプレゼンテーションを通して私たちが学んだ2つの点についてお話します。

 

①    セルフモチベーションが重要

ここで言うセルフモチベーションとは、各人が持っている自分を奮い立たせる原動力のことです。これは、今まで自分がしてきた経験からどのようなことや、どのようなきっかけで頑張ることができたか、を振り返ることで発見ができます。そして、これらをすることにより自分自身が大切にしたいと思っている価値観を認識することができます。

 

⇒例1

アルバイトの接客でお客様から“ありがとう”と言っていただいたことや、お客様の笑顔を見ることで、また次も頑張ろうと思う人の場合。

 

上記のような例であれば、お客様と直接かかわることで、自分を奮い立たせることができるので、このような仕事を選ぶことが適正だ、ということです。

 

⇒例2

私にとっては、リーダーシップをとっていくことや、昇進をすることによってより上の位で仕事をすることで、また次の仕事を頑張れるという人の場合。

 

この人の場合、簡単に昇進することが難しい大企業で働くよりも、比較的規模の小さな企業で働くほうが、よりセルフモチベーションを高めることができ、適切である、と言えます。

 

②    専門性の重要さ

ここで言う専門性の重要さとは、海外において必要とされていることです。日本で働いている人の多くは、大学を卒業して就職するというパターンであり、大学院を卒業し何らかの専門分野をもって就職をしている人は少ないのが現状です。したがって、これからよりグローバル化が進み、海外進出や海外との競争をしていく上で日本には“専門性”が足りていない、ということを理解しておく必要があるのです。

 

以上が、本日の内容になります。ご精読ありがとうございました。

 

Hello, everyone, I am Mayu Sugiyama in the junior.

Today, I will introduce about contents of our seminar class.

In this week, we started to present about analysis of the industry.

We separated four groups and each group chose one particular industry.

After that, we present about it in our class.

 

Then, I will talk about two points through this presentation.

 

①    The importance of self-motivation

Self-motivation means motive power for each people. It can be found to recall own experiences. Though doing it, people can notice the value what you think important.

 

⇒Example 1

People who are inspired by customer’s smile or word thank you.

 

In this case, waiting on customers inspires people, so these works are suitable for them.

 

⇒Example 2

People who are inspired by taking the leader ship or being promoted.

 

In this case, working in a small company is better than working in a big company, because it is difficult to advance in a big company. As a result, working in a small company gives people high motivation.

 

②    The importance of academic

The importance of academic is needed abroad. Many people who work in Japan do not have the master’s degree. As a result, people should recognize the lack of academic in Japan, when to compete foreign companies or to advance into overseas markets.

 

 

That is all. Thank you very much for reading.

コメント:0

まだコメントはありません。

コメントを投稿する

トラックバック:0

トラックバックURL
http://kg-sps.jp/blogs/konishi/2014/06/23/1885/trackback/
この記事へのトラックバック

まだトラックバックはありません。

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人的資源管理、キャリア開発、ダイバーシティ&インクルージョン政策 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく...

カテゴリー一覧