in my opinion

今回のin my opinionは3回生の野地真未が担当します。

皆さんは、重松清さんの著書「あすなろ三三七拍子」を、聞いたことがありますか?
この物語は、サラリーマンの藤巻大介が、わけがあって、ある日、廃部の危機に迫ったあすなろ大学応援団長への出向を命じられたことから始まります。
団のしきたりへの戸惑いだけでなく、40歳を過ぎた男性が、現役大学生として過ごすことは、家族、若者、団の諸先輩との付き合いに数々の困難が生じました。
この物語では、「とにかく心から、人の事を応援出来る人間になれよ」
というセリフがあります。
応援団の声は、例えば野球場のように、選手まで届かないこともあるかもしれません。
それでも、心から応援することができる人がいること、また人を応援することの大切さを私たちに教えてくれます。
皆さんもぜひ一度読んでみてください。
写真
Hi. I am Manami Noji in the junior. Nice to meet you.
Have you ever heard of “Asunaro sansan nanabyoshi” written by Kiyoshi Shigematsu, one of the Japanese writer?
This story begins from the day that  Daisuke Fujimaki ,who was a white collar worker, was ordered to Asunaro University in order to deal with forthcoming crisis of hive of cheerleader club.
Not only he was confused the tradition of cheer group but It was difficult for the over 40 years old man but also to keep the relationship between his family, elderies and his senior. 
In this story, there is one phrase “Become a person who can cheer wholeheartedly anyway.”
This story tells us what an important thing to have someone that you can cheer up honestly, for example your friends, family and others. 
So I really recommend you to read it!
Thanks.

コメント:0

まだコメントはありません。

コメントを投稿する

トラックバック:0

トラックバックURL
http://kg-sps.jp/blogs/konishi/2014/09/09/1935/trackback/
この記事へのトラックバック

まだトラックバックはありません。

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人事政策、能力開発・キャリア開発 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく人事管理業務に携わっており、...

カテゴリー一覧