2014年10月

in my opinion

皆さんこんにちは。
小西ゼミ3年生の仲井と申します。
今回は最近見た映画の一つ「ブラックホークダウン」を紹介しようと思います。
この映画はアメリカ軍のデルタフォースがソマリアにてターゲットを確保する物語です。予定では1時間もかからない予定だった作戦が失敗に終わり、アメリカ、ソマリア共に大きな犠牲を払うことになってしまいました。概括しますと、ヘリで建物付近にヘリで降下し、ターゲットの確保及び周囲の安全確保をするという作戦だが、ターゲット、及びソマリアの民兵によりヘリが落とされそこから大規模な戦闘に発展していきました。ブラックホークとはアメリカ軍の多目的型のヘリでブラックホークダウンとは詰まるところそのヘリが落とされたことを指します。
戦争のあとは「英雄」が誕生するものですが、これは戦争でたまたまなってしまうものだと感じました。活躍した人間、死んで士気を上げるきっかけとなった人間、だれが英雄であろうか。
一度見ることをお勧めします。

Greetings
My name is Jun and I belong to Professor Konishi’s Seminar.
This time, I would like to talk about a movie I saw the past day, “Black Hawk Down”. This movie is about the Delta Force and the Rangers failing the operation against Somalia. The operation was planned to end by an hour, but with the failure, it ended up with many victims from both armies. The summary of the operation was that the Black Hawk and another helicopter goes to the hostile target, seize and secure safety. Things do not always go well and because of one of the Black Hawk went down (That’s why the movie’s called “Black Hawk down”), it developed into a large-scale battle.
A hero is made because of war, and anybody could become one by chance. Who’s the hero in this movie? Let’s see, the one who saved the abandoned soldier at the helicopter? Or the ones who died and boosted morals?
I strongly recommend watching this movie, once in your life.
Thank you very much and see you next time.

2013年度より小西尚実研究室ホームページが新しくなりました。
新HPは下記リンクより閲覧可能です。
http:// http://bridge-kgu.sakura.ne.jp/knack/
The new site of Prof. Naomi Konishi’s Seminer is here. Please take a look at it.
http://http://bridge-kgu.sakura.ne.jp/knack/

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2014/10/28 0:54

前回の授業で、私はチームで内向き若者と留学生減少というテーマでプレゼンテーションをしました。私たちはこのプレゼンテーションで、このテーマを改善するべき問題として紹介しました。

しかし、プレゼンテーションをし、決してすべて悪いとは言い切れないと、みんなの質問を受けることで知ることができました。このプレゼンテーションを通して、自分の意見をみんなに発表し、そこからみんなの意見を聞いていくことの大切さを知りました。今回問題として、政府、企業、教育というカテゴリーに分けてプレゼンテーションをしました。その後に、他のゼミ生と先生からの質問に答え、最後に用意したアンケートに答えていただきました。

 

In the last class, I made the presentation about introvert young Japanese people and decreasing number of students who study aboad. We introduced this topic as the problem that has to be dealt with.

However, I realized that those trend itself are not as bad things as I had expected by receiving everyone’s questions. One thing that I learned from this presentation is how important it is to express my opinion to everyone and hear everyone’s opinion toward my idea.The presentation was divided into categories such as government, company, education in order to examine this topic from several point of view. And we did presentation.Then, we answered questions from other seminar students and teachers. Lastly, we conducted the questionnaire that we had prepared.

2013年度より小西尚実研究室ホームページが新しくなりました。
新HPは下記リンクより閲覧可能です。
http:// http://bridge-kgu.sakura.ne.jp/knack/

The new site of Prof. Naomi Konishi’s Seminer is here. Please take a look at it.
http://http://bridge-kgu.sakura.ne.jp/knack/

10/21 In my opinion

こんにちは、小西ゼミ3年生の杉山真夕です。

本日は『マンデラ 自由への長い道』という映画を紹介します。

 

この映画はネルソンマンデラの一生を描いたものです。

みなさんもご存じの通り、彼は南アフリカ共和国で行われていた黒人差別政策“アパルトヘイト”の反対運動を率いた人物であり、後の大統領にもなりました。

また彼が、2013年12月5日に亡くなったことは記憶に新しいと思います。

 

私はこの映画を通して“成熟”することの大切さを学びました。

憎しみや苦しみという感情に駆られ、復讐に燃えるのではなく“赦すこと”が必要になってくるのです。憎悪の感情は、人々を突き動かします。自身の原動力にもなります。しかしこれだけでは対立が続き、溝が深まるばかりです。そういった感情を超え“赦す”ためには“成熟”が不可欠になるのだと感じさせられました。

 

みなさんもお時間があれば、是非この映画をご覧になって下さい。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

My name is Mayu Sugiyama and I am a junior at Kwansei University.

Today, I would like to introduce the movie called Mandela: Long Walk to Freedom.

 

This movie depicts Mandela’s whole life.

As you know, he was the leader of movement against apartheid, and became a president in Republic of South Africa.

And then, I think the fact which he passed away on December 5th is new in your memory.

 

I learned the importance of “mature” from this movie.

It is necessary to allow someone and something, not to have feelings like pain and enmity.

Hatred feelings become a motive power, but it also causes conflicts.

As a result, I think mature is more important to allow someone and something.

 

Please check this movie out, if you have time.

Thank you for reading my article.

 

 

2013年度より小西尚実研究室ホームページが新しくなりました。
新HPは下記リンクより閲覧可能です。
http:// http://bridge-kgu.sakura.ne.jp/knack/

The new site of Prof. Naomi Konishi’s Seminer is here. Please take a look at it.
http://http://bridge-kgu.sakura.ne.jp/knack/

10/14授業内容:三回生 合同ゼミ

ようこそ、小西ゼミブログへ。
本日は10月14日のゼミの内容を紹介します。

今週のゼミは坂口ゼミとの合同ゼミでした。内容は私たちが夏休みに行ったフィリピンフィールドワークの反省会です。

毎年小西ゼミはフィリピンにフィールドワークに行っています。今年は、アジア開発銀行訪問、Child Hope訪問、Save the Children訪問でした。
普段の生活では絶対に見ることのできない現状を目の当たりにし、特別な気持ちを感じることができました。

授業内で、私たちは「フィリピンが効果的な経済発展をするために解決すべき優先的課題」というテーマでグループワークを行いました。さまざまな側面からのアプローチの意見が出てとても面白いディスカッションになりました。

これからもリサーチフェアやチャペルアワーなどで学んできたことを発表していきますのでぜひ、お越しください。

Welcome to our blog of Konishi seminar.
Today, I will be introducing about what we did during class at 14th of September.

This week, we had class together with Professor Sakaguchi’s seminar and held a meeting for reviewing about the fieldwork we went this summer. We went to the Philippines at the beginning of September, this year with Professor Sakaguchi’s seminar.

Every year, the students of Professor Konishi’s seminar goes to the Philippines for the fieldwork. This year, we visited the Asia Development Bank (ADB), Child Hope and Save the Children.
We witnessed the present state of the Philippines, and were able to feel things we would never be able to feel in Japan

During class, we discussed about the topic, “Priority issues to be solved for the economic development of the Philippines”.
Variable solutions from many points of view came up, which made this discussion very interesting.

We will release things which we learned in the Philippines in the research-fair or during chapel hour. Please, come on our presentation. Thank you.

2013年度より小西尚実研究室ホームページが新しくなりました。
新HPは下記リンクより閲覧可能です。
http:// http://bridge-kgu.sakura.ne.jp/knack/
The new site of Prof. Naomi Konishi’s Seminer is here. Please take a look at it.
http://http://bridge-kgu.sakura.ne.jp/knack/

10/15 “キャリア選択における3つのポイント” Ryosuke Matsui

こんにちは、今回のブログ担当は松井です。

さて今回は、
「ビジネスエリートのキャリア戦略」というキャリア選択に関する書籍から、
私がキャリア選択に対して、重要であると感じた3つの基準をお話したいと思います。

1. ファクトベースで判断をすること
2. 過去ではなく、未来を見て判断すること
(マクロ経済や、各企業が今までどうだったかではなく、これからどうなのか?)
3. 自らの意思を持ち、自らの責任で選択をすること

そしてキャリア選択における最も大事なメッセージとして、
J.P.モルガンの言葉を添えて、本稿を締めくくりたいと思います。

J.P.モルガン
どこかにたどり着きたいなら、今いるところに留まらないことを、決心しなければならない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Hello, My name is Ryosuke Matsui.

I’m going to tell you about 3 important policies when make a choice of
my career.

1. The act of making the right decision based on the relevant facts
2. Looking future, not past.
3. Making a choice by my will.

At the end of this column, I’m going to tell you a phrase what
J.P.Morgan said as most important thing when make a choice of career.

The first step towards getting somewhere is to decide that you are not
going to stay where you are.”

10/7授業内容:三回生 休講日の活動

こんにちは、小西ゼミの3年生の松本です。
本日は今週の小西ゼミでの活動を発表したいと思います。

今週のゼミはお休みでしたので、私たちの授業時間に行った活動を少しお伝えしたいと思います。私たち小西ゼミの一部のメンバーは9月にフィリピンに訪れました。その際に目にした現状や私たちが感じたことを一つの映像にしようと試みています。今後、ゼミシンポや学外での活動で利用する予定なので、乞うご期待ください。

それでは、今週はこの辺で失礼いたします。

今回もご覧下さりありがとうございます。

Hello everyone I am Shuhei Matsumoto. Today, I am going to explain our class in this week. However, we didn’t have our class in this week. So, I would like to tell you what we do during this class time. Some students of our class visited Philippine on September. We try to make a movie that consists of the state of affair and our values through activities in Philippine. After this, we plan to use this movie for activity outside the university. So, please look forward to it! Thank you for reading.

今回のIn my opinionを担当させていただきます森と申します。 

今回私が紹介したい映画は「舞妓はレディ」という邦画です。

舞妓とは宴会の席を盛り上げるために踊りや歌を行う女性のことです。江戸時代からある日本文化を代表する女性の仕事の一つであり、京都で多く見られます。

舞妓になるためにはたくさんの修行が必要です。

 

この映画は一人の女の子が一人前の舞妓になるためにたくさんの人々に支えられ成長していく物語です。さらにこの映画はミュージカル風に仕上げられています。歌にのせて言葉の話し方や姿勢、舞踊などたくさんのことを学ぶ主人公の姿に心を奪われることでしょう。

歌もまた日本の良い文化が織り込まれ、耳に残るメロディとなっています。

 

ぜひ、みなさまも日本の良き文化を感じるために映画館へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

Hello. My name is Fumika and today, I would like to introduce a movie called, “Maiko the Lady”, which is a Japanese movie.

Maiko is a type of women who sings and dances at a banquet to warm up the mood. Maiko is one of many Japanese cultures and could be seen many times in Kyoto. It requires hard training in order to become a famous Maiko in Japan.

This story is about a girl who eventually becomes a Maiko and was raised and supported by many good and honest people. This movie uses lots of music and is like a musical. The beautiful girl who learns the good attitude and dance while singing may take your heart away. Also the good Japanese culture and tradition is weaved into the music, which would not leave your head.

Why not go to a theater in order to feel good Japanese culture?
It would be a great chance to learn and feel the Japanese culture.mein

9/29 授業内容:三回生 今後のゼミについて

こんにちは、小西ゼミ3年生の仲井です。
本日は今週のゼミの講義内容を紹介します。

今週のゼミでは、3週間後から始まる発表のグループ分けとテーマについて話しました。
発表に関して、英語と日本語、各2つずつの論文や記事の内一つ読み、発表に加えゼミの中で議論を展開し、話し合いをします。テーマはモチベーションや計画された偶然など、今後の人生(キャリア)において必要な事を取り上げています。10月21日より、4週間かけて発表していく予定です。

短めですが、今回はこれで終わろうと思います。

今回もブログを読んでいただき、ありがとうございます。

Greetings,

My name is Jun Nakai and I am a junior at Kwansei Gakuin University.
Today, I would like to introduce what we did during class.

This week, we made groups of four, in which we would make a presentation 3 weeks later. There would be four topics, two in English, and two in Japanese. We would read essays about careers and motivations, present about it, and also discuss about the topic by reflecting it to ourselves. The presentation would start from October 21st for four weeks, one topic for each class.

A little short, but I would like to end it here for today.
Thank you very much for stopping by to read this blog.

2013年度より小西尚実研究室ホームページが新しくなりました。
新HPは下記リンクより閲覧可能です。
http:// http://bridge-kgu.sakura.ne.jp/knack/

The new site of Prof. Naomi Konishi’s Seminer is here. Please take a look at it.
http://http://bridge-kgu.sakura.ne.jp/knack/

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2014/10/4 15:11

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人事政策、能力開発・キャリア開発 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく人事管理業務に携わっており、...

カテゴリー一覧