2014年12月

国際理解教育:プール学院中学校・高等学校

皆さん、こんにちは。小西研究室3回生、森 文香です。Bridge for Children,KGUでは、2014年11月12日にプール学院中学校・高等学校にて国際理解教育を実施しました。

今回の国際理解教育では、“貧困の中で暮らす子どもたち”をテーマに、中学生250名・高校生750名に対し、発表を行いました。私達が9月にフィールドワークへ行ったフィリピン共和国の貧困層の子供たちの生活や夢を知って頂き、BFCの行っている活動について伝えました。今回の国際理解教育活動を通して、「幸せを自分たちのものさしで測ってはいけない。私たちの不自由ない生活に感謝することの大切さ。」を生徒の皆様に感じていただけることを目標にしていました。プレゼンテーション後にご協力頂いたアンケートにも、「当たり前の生活に感謝すること」、に関するコメントが多々ありました。少しでも私たちの意図が伝わった事が分かり、嬉しく思いました。

今後もBFC活動を継続していくことで、一人でも多くの方に途上国や貧困の現状を知ってもらい、自らの生活を改め、見直すきっかけづくりをしていきたいと考えております。なお、先ほどのアンケートに関しまして、多くの生徒が「講演会に満足・途上国に関心をもった」と回答してくださいました。それらのコメントを一部御紹介させていただきます。

・アジアであるフィリピンが発展途上国であることにまず驚いた

・ストリートチルドレンの言葉は知っていたが意味はよくわからなかったので知れてよかった

・貧困の人はまだ世界で5人に1人という割合でびっくりしました。

これからは貧富の差とかがない世界にしてほしいなと思いました。

・人間のつながりの大切さに気付かされた。当たり前のことがどんなに幸せかを改めて実感した。

こんな普通の何気ない日々を大切にしていきたい

・私達の普通がそこにはないことを知ることができた

・毎日一食しか食べられず、家で暮らすことができない人々とてもたくさんいて驚いた

・日本にいて出来ることはなかなか少ないですが人に伝えることも大切なのだと感じました

・日ごろお父さんとお母さんにありがとうといえないので言おうと思った

・世界に目を向けて知らなければならないことがたくさんあることに気付かされた

・将来、できるだけ途上国の子供たちの役に立てる仕事に就きたいと思った

 

また、アンケートの集計結果をグラフに直しました。プール学院 校長先生、今回の企画に大変ご協力いただいた井上先生、他教員の皆様、生徒の皆様、関係者の皆様、今回は大変お世話になりました。

ありがとうございました。

無題1

無題3

 

 

 

無題2

 

 

 

 

 

 

無題6

 

 

 

ご精読、ありがとうございました。

 

Hello everyone.

 My name is Fumika Mori. Today I would like to introduce another activity we did for BFC. This time, we went to Pool Gakuin junior& senior high schools in Osaka. There, we did education for international understanding on November 12, 2014. In this project, we made a presentation for Japanese students (junior& senior students) about children who live in the poorest of the population area and developing countries around the world. Throughout this presentation, our goal was for the students to feel that, “We should not measure happiness by our rulers, and we have to thank for our daily lives.” After our presentation, we made a quick survey and many wrote a comment about thanking for our daily lives. We felt grateful after the presentation when we knew that the students understood what we intended to say.

We would like to continue doing international understanding for many students who don’t know about developing countries and the present poverty condition. Also, as for the survey, many students answered that they were satisfied with the presentation and became fond in growing countries. I would like to post some of the comments below.

1.  I was surprised that The Philippines, a country in Asia was a developing country.

2.  I have heard of the term “street children” but didn’t know the meaning so it was great to know the meaning.

3.  I was surprised to know that a fifth of the world is covered with poverty.

4.  I was able to know that natural things for us was not always natural around the world.

5.  I felt the importance of spreading since there is not much we could do here in Japan.

And so forth.

In addition, we make opportunities to sharing our experience of doing our work. We spent a much time preparing to make the presentation at schools, and we also would like to thank all who gave an opportunity to cooperate with us. Thank you very much for reading, and hope to see you next time.

 

2013年度より小西尚実研究室ホームページが新しくなりました。
新HPは下記リンクより閲覧可能です。 http://bridge-for-children.org/

The new site of Prof. Naomi Konishi’s Seminer is here. Please take a look at it.
 http://bridge-for-children.org/

 

国際理解教育:福岡県飯塚市若菜小学校

こんにちは。小西ゼミ三回の三好です。

Bridge for Children,KSC(以下、BFC)は2014年12月5日に福岡県飯塚市立若菜小学校にて国際理解教育を行いました。

4年生、5年生、6年生の児童の皆様に「世界を知ろう!」というテーマで、授業を行いました。

授業の流れとしては、まず児童の皆様の興味を引き出すため、グループごとにゲームを行いその後、中国、エジプト、フランス、ブラジル、アメリカの挨拶や食べ物など、各国の特徴を説明させて頂きました。

 

どの学年の児童も、ゲームを行っている最中は大変盛り上がり、説明時は熱心に聞き入って下さいました。私たちの問いかけにも元気よく答え、児童の皆様にとって、とても有意義な時間になったと思います。

短い時間でしたが、児童の皆様には今回の授業を機に、少しでも世界のことについて興味を持って頂ければと思っております。

 

BFCの活動としては、初めての小学校での国際理解教育でした。

中学生や高校生とは違った考えや感想があり、小学校で国際理解教育を行う重要性を感じることができました。

これからのBFCの活動、国際理解教育の更なる成長に向けてこの経験を活かしていきたいと思いますので、今後とも何卒よろしくお願いいたします。

 

ご精読ありがとうございました。

Greetings.

My name is Maki Miyoshi and I belong to professor Konishi’s Seminar.

Today I would like to introduce our recent activity in BFC (Bridge for Children), a group composed of the seminar students.

On December 5th, we went to Wakana elementary school in Fukuoka prefecture, and did an education for international understanding. The main topic of the class was “Let’s know about the world.”, and was for the 4th, 5th, and 6th graders.

First, we did a game about the world to pull the student’s interest against the topic. Precisely, what we did was that we split up into several groups, played a few games, and then made the students explain about greetings and food in different countries.

Most of the students were excited during the game and also listened to our presentation very hard. I think the students had a wonderful and significant time for they responded very hard and vigorously to our questions.   

It was a very short time that we had to talk to the students, but our wish was for them to have at least a little bit of interest about the world.

 

It was the first time that we did this education in elementary schools.

We think it is important to do this education in junior school, because the thoughts and impressions of students in elementary school are different from those of students in junior high school or high school.

We would try hard and do our best to make growth for the international education from this experience.

 

Thank you very much for spending your time to read, and hope to see you soon.

12月20日フィールドワーク企業訪問

こんにちは。小西ゼミ三回の三好です。

今回は12月20日(土)に行われましたフィールドワークの報告をさせていただきます。

20日に行われたフィールドワークは企業訪問ということで株式会社パソナグループ(http://www.pasonagroup.co.jp/)の大阪本社に訪問させていただきました。

今回のパソナ訪問の内容としては、社内見学、パソナグループについての説明、質疑応答という流れでした。

まず最初の社内見学ではオフィスや社内食堂など様々な場所を案内、説明していただきました。パソナでは社内のオフィスやなどにも様々な取り組みがなされています。例えば、オフィスととても開放的です。一人一人の机の間にはしきりはなく、机もアメーバ形のものを使用していてコミュニケーションが取りやすいように工夫されています。そして、次のパソナグループについての説明、質疑応答についてでは今の日本や関西の雇用問題、人材業界などについてのお話をしていただきました。

「幸せになるためにはどうしたらいいかわかりますか?」

これは最後に担当の人事部の方から投げかけられた質問です。私はこの内容がとても印象に残っています。「多くのことにチャレンジすること+たくさんの人と(出来事やその内容)をシェアできること」と人事部の方は答えられました。

自分がやりたいことにチャレンジできる環境、シェアできる社員がいるような職場で働きたいなと私は強く思いました。

 

ご精読ありがとうございました。

 

Hello. Today’s writer is Maki Miyoshi, 3rd grade student from Prof. Konishi seminar. The topic is about a fieldwork on Saturday, December 20th. We visit thePasona Group Inc in Osaka.

The context of this visit is first tour through the company, second the explanation of Pasona Group Inc, third Q and A. First, in tour through the company we are guided and explained about office, the restaurant in the company and so on. They work on the office. For example, the office is open. There is no partition between desk and the shape of the desk is that of Amoeba. This is easy to communicate between staffs.

Next as to the explanation of Pasona Group Inc and Q and A we listened to the employment problems in Kansai and Japan and human resource industry.

「Do you know how to become happy?」

This is questioned by the person in the personal department I am very impressed with this question. He answered “ people try to challenge more things + people can share with more people”

I feel strongly I want to work the environment that I can challenge what I want to do and company that there are more staffs I can share.

 

Thank your for reading.

授業内容(Project Cycle Management)

みなさん、こんにちは。小西ゼミ3回生の片岡です。今回は、授業内容について紹介させて頂きます。現在、私たちは授業を通してProject Cycle Management(PCM)について現在学んでおります。PCM(プロジェクト・サイクル・マネジメント)手法とは、計画、実施、評価の三つのプロセスからなるプロジェクトのライフ・サイクルを、ログフレイムと呼ばれるプロジェクト概要表をもちいて運営管理する手法のことです。この方法は、途上国でプロジェクトを行う際に、よく用いられます。授業では、4つのグループに分かれ、日本の少子化を例に、解決するためのプロジェクト・プランニングをしています。今回の授業では、4回生の先輩方からPCMについて教えて頂きました。現在、関係者、問題、目的分析を終え、来年の最初の授業では、各々のグループが考えたプロジェクトについてプレゼンテーションをする予定です。最後まで読んで頂きありがとうございます。

小西ゼミのホームページが新しくなりました。ぜひお越しください。

http://bridge-for-children.org/

Thanks for dropping by our page. Today’s writer is Kenta Kataoka, 3rd grade student from Prof. Konishi seminar. The topic is about a content of our lecture. In these couple of weeks, we have learned administrative knowledge about Project Cycle Management (PCM). Simply saying, PCM method is a tool for managing the project life cycle that is composed of planning, implementation, and evaluation through Logical Framework. This method is mainly used in developing countries.

In the series of lectures, we separated into 4 groups and tackled on planning project. The project was to deal with the declining birthrate in Japan. For this lecture, some 4th grade students have cooperated our class for telling about PCM. And we have finished stake-holder analysis, problem analysis, objective analysis. Lastly, each group will present their plan in next year’s class.

Thank you for reading.

For more information about Prof. Konishi seminar, please check this out.

http://bridge-for-children.org/

S__16752669

ゼミシンポのご紹介

皆さん、こんにちは!本日は、小西ゼミ三回生の松本脩平が担当させていただきます。

では早速、本日は学部内で行われたゼミシンポというイベントについて説明させてもらいます!

総合政策学部の学生は、1回生の冬に学科を選択し、2回生の冬にゼミを選択します。学科やゼミを選択するにあたって、多くの学生が決断に苦しんでいます。こうした現状に対して、「少しでも学生の役に立ちたい」というコンセプトに、各ゼミに所属している3回生が1・2回生を対象にゼミシンポというイベントに協力しています。今回、松井、松本、森が小西ゼミの代表として、ゼミシンポにご協力させてもらいました。

このゼミシンポの活動を通して、感じたことが2点あります。1点目は、現在の1・2回生の熱い志を感じたことです。2点目は、今後も継続的に1・2回生の疑問や不安の力になる必要性があると感じたことです。

1点目に関しては、多くの学生がゼミシンポに参加したことから熱意を感じることができました。早期から自分のキャリアについて考え、行動することはなかなか簡単にできることではないと思います。それにも関わらず、イベントに参加し、その後個人的に相談しにきてくれた学生の姿勢に対して、私たちが日々の姿勢を考えさせられた場面もありました。

2点目に関しては、学科選択は学生にとって一つの悩みでしかないということです。言い換えれば、学生生活の中には様々な悩みや不安が存在します。こうした現状に対して、私たちは協力する必要があると強く感じました。

最後までご覧くださってありがとうございます。

以上、松本脩平からの投稿でした!

小西ゼミのホームページが新しくなりました。ぜひお越しください。http://bridge-for-children.org/

1416989087486 

Hello, welcome to our HP. My name is Shuhei Matsumoto.

Today, I am going to explain the event that is called “Zemishinpo”. “Zemishinpo” means the event that 3rd university students help first and second university students to select seminar class. The reason of taking that the event is a lot of students are worried about choosing seminar class, so 3rd students join “Zmishinpo” for students. This time, Matsui, Matsumoto (me) and Mori were chosen as representatives of Konishi seminar class.

In this event, we perceive two things.

Ⅰ.One thing is that first and second university students have enthusiasm about their career.

Ⅱ. The other thing is that we should continue to help them. 

Ⅰ.The reason of noticing their enthusiasms is their attitudes. It is difficult for students to act for their career earlier. And some students consult me on an individual basis. In addition, I was impressed for their enthusiasms. 

Ⅱ.The reason of continuing to help students is that students have a lot of uneasiness for university life. Selecting seminar class is just one of others uneasiness. This means that students want us to help university life and to make a career, because we should help young students continually.

Thank you very much for reading!

The new site of Prof. Naomi Konishi’s Seminar is here. Please check it out!

http://bridge-for-children.org/

リサーチ・フェアのご報告

こんにちは。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

先日のリサーチ・フェアにおいて、小西ゼミ3回生内10人で、「多くの学生に、国際協力活動をするきっかけの日にしてもらう」という目的の下、「フィリピンの貧困層の子供たちの夢を応援しよう~学生ができる国際協力活動の形~」というテーマで、自由形式の発表を行いました。当日は、150名をも超える方々にお越しいただき、私達にとっても大変充実した時間となりました。この場を借りて、御礼申し上げます。さて、リサーチ・フェアでは、以下の4項目を中心に発表を行いました。

IMG_0705 IMG_0714

 

 

 

 

 

 

 

⑴ポスター発表

⑵貧困地域に暮らす子供たちが描いた夢の絵の展示

⑶フィールドワークを元にしたムービー

⑷フリーテーマの座談会 

それぞれにおいて、多くの学生や本校教授、高校の先生方が、私たちの話を真剣に聞いてくださいました。皆様にとって、実りある時間となっていれば幸いです。

IMG_0710

 

 

 

 

 

 

 

 また当日は、多くの方々がアンケートにご協力くださいました。以下、頂戴したコメントです。

・大切なことは、ただ現金を寄付することではなく、現在の貧困の状況を知り、若者一人一人の貧困に対する関心を持ってもらうことが必要で、これが浸透していけば、フィリピンをはじめとする貧困層の子どもの明日を生きていくための力になると思うので、自分もどんな少しのことでもいいからアクションを起こして、友達も巻き込んでいきたいと思う。(高校生)

・自分のボランティア活動に参加していて思うことは、やっぱりこういう場所で情報を発信していくことの大切さ感じている。(総政1)

・とてもわかりやすく、フィリピンの抱える貧困層の深刻な問題について改めて考えさせられた。(総政3)

・自分たちができること。そこから始めていこうという気持ちが素敵だなあと思いました。何かしたいけど何をしたらいいのかわからない後輩たちにたくさん発信してあげてください。(その他 / 教員)

・他国が援助したところで、実際貧しい人・国自身が意識を変えねばと痛感した。(高校生)

・自分の生活が普通ではないことを知ってもらう“意識改革”がいかに大切か思い知った。(高校生)

・より現実的に「自分たちにできること」を考えた結果の支援活動だと知りました。(総政4)

・自分ができることは少しですが、貧困などの問題があることを常に意識して、これからの活動に取り組んでいきたい。(理工1)

・子どもたちが描いた絵の’Safe’の文字が印象的だった。生きるのに困る環境があるというのは、知ろうとしなければなかなか知ることができないので、これを機会に調べたい。(総政1)

・ムービーすごく感動した。(総政1)

・普段生活をしている中では考えることのないストリートチルドレンのことをたくさん知ることができた。こどもの夢の絵は鳥肌がたった。何かしたいと思っていても行動に移すことができないので、何かしたい、何か動きたいと思った。(総政3)

ご精読ありがとうございました。

 小西ゼミのホームページが新しくなりました。ぜひお越しください。http://bridge-for-children.org/

 Hello. Thank you for visiting our page.

 Today I am going to tell you about the Research Fair held at this university once a year. Our theme of the fair is “ Let us cheer children’s dream living in the poor area in the Philippines ~the Form of the international cooperation activity that students can do~” under the this purpose,  ‘’ To make the day be a chance to do international cooperation activity for many students”. Over 150 students came to our room on that day. We would like to express our deepest gratitude. Thank you very much.

 【The 4 things what we did】

– Presentation based on the poster

-the exhibition of the pictures drawing children’s dream in the poor area

-the movie based on the experiences of the field work in the Philippines

-the round-table talk

 

Many students, the professors of this university and teachers of the high schools listened to our presentation earnestly. We are happy as long as a good time for everyone.

 Lastly, we also would like to thank all who cooperated with the questionnaire.

Thank you very much for reading.

フィールドワークのご報告 No3

9月5日[Save the Children]

最終日、私たちは世界規模で活動しているSave the Childrenという団体にお世話になりました。

彼らはあらゆる理由から過酷な生活を余儀なくされた子ども達を様々なプロジェクトで支援している団体です。フィリピンには先ほど述べたストリートチルドレン以外にも家はあるが、学校には行けないなど置かれている環境がそれぞれ違う子ども達がたくさんいます。その異なる環境に対応して活動しています。 

今回、私たちはSave the Childrenのスタッフの方と一緒に学校に通えない幼い子ども達とその保護者の方々に行っているプロジェクトを見学させていただき、一緒にお話ししたり、ダンスを踊ったりしました。また、フィリピンの貧困地区にある小学校や幼稚園を見学させていただきました。子ども達は手の洗い方を学んだりして、生きる為の知識をつけていました。いずれの子ども達も私たちのことをとても笑顔で歓迎してくださりとても暖かい方々ばかりでした。

10419543_403780183093941_1727180526049630485_n

 

 

 

 

 

 

 このフィールドワークを通して、私たちは自分たちの普段の生活が決して「当たり前」のものではないと感じました。だからこそ、自分の環境や両親、毎日の食事や家があることに感謝をして毎日生きていかなければならないと心から思いました。

そして、この過酷な現状を実際に目にした私たちが日本でできることは、少しでも日本の学生にこの事実を知ってもらうことだと感じ、日々行動にすべき努力しています。

末筆になりますが、この度のフィールドワークでお世話になりましたすべての方々に、感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

 ご精読ありがとうございました。

小西ゼミのホームページが新しくなりました!是非お越しください。 http://bridge.for.children.org/

 

Ⅲ.       5, September {Save the Children}

 Last day, we visited Save the Children office in the Philippines. This organization helps many children who have to live severe situation in the world. They gave valuable projects to children.

This time, we went on the actual school or kindergarten with staffs of Save the Children. We danced and talked with children in there.The students learned knowledge to be alive. For example, they learned the way how to wash their hands.Thorough of three days, we could feel our life is not usual for people in the world. We also could find that we ought to thank our parents, food or house.

Then, we have to tell to Japanese people about the current situation in the Philippines. This is the action we can do in Japan.

Finally, we are thankful to Asia development Bank, Child Hope and Save the Children. We had so good times in the Philippines because of them. We will live hard without forgetting this experience.

Thank you very much

Thank you for reading.

フィールドワークのご報告 No.2

9月4日 [Child Hope Asia Philippines]

私たちが目にした貧困地域は、経済発展していないと思われている地方ではなく、都市部内にありました。この都市部に住む貧困層を「Urban Poor」といいます。高層ビルや、大型デパートなどが立ち並ぶ中心街から、車で10分ほど経つと、ビルは姿を消し、道路もあまり整備されていない風景がありました。

10478686_403778219760804_2609492977839207811_n

車をどんどん中へ進めると、小さな子供が働いている光景も目にしました。彼らは、「路上の上で生計を立てることを余儀なくされている」ことから、「ストリートチルドレン」とよばれる子供たちです。そして彼ら自身が働かなければ生活していけない環境にいるため、多くは学校に行きたくてもいけない、十分に行くことができない日々を過ごしています。

 そこで私たちは、フィールドワークで、「ストリートチルドレン」を支援する国際NGO団体「Child Hope Asia Philippines」( http://childhope.hope.org.ph/ )のご協力の下、彼らに「もっと世界を知ってほしい」という願いを込めて、様々なアクティビティをしました。

 「私たちが行った活動」

・ジェスチャーゲーム

・折り紙

・お絵かき(物資支援も兼ねて)

・縄跳び

・マルマルモリモリのダンス

FullSizeRender

 

 

 

 

 

 

 

私たちは、彼らに世界のことについて、より多くのことを知ってほしかったので、そのために「ジェスチャーゲーム」をしました。例えば、「ゴリラ」が答えだとしたら、答えに付け加え「ゴリラはどんなところに生息しているのか」や「多く生息している地域はどこなのか」などと、世界地図を用いたりして、より詳しく伝えました。更に折角日本から行くということで、日本の文化も伝えました。「サムライ」のジェスチャーや、紙飛行機やハートなどの「折り紙作り」などです。

そして全てのプログラムを通して、私たちが最も印象に残っていることは、「子供たちは、とても笑顔が素敵なこと」と「彼らがたくさんの夢を持っていること」でした。彼らは、食事を十分にとれなかったり、したいことへ向かえる環境がなかったりする中でも、私達と過ごす時間はとても楽しそうでした。また、お医者さん、先生、家族友達を守りたいために兵士になりたい、などの大きな夢を沢山持っていました。訪問する前は、私たち自身、とても緊張していましたのですが、彼らの明るさ、底抜けのない笑顔にとても助けられました。

 次回は、最終日の9月5日Save the Childrenへの訪問についてです。ご精読ありがとうございました。

小西ゼミのホームページが新しくなりました!ぜひお越しください。 http://bridge-for-children.org/

 【English Pert

Sep.4

 Today we did some activities for children who live in the poor area located in Manila, Philippines. They cannot go to school enough even if they want to because they have to work to live. To help them, Child Hope Asia Philippines, one of the international organization, works hard every day. Thanks to them, we did

–       Charade

–       Origami

–       Drawing

–       Jump Rope

–       Dance

 We wanted them to know more about the ‘’World’’, so we used the world map to tell them more detail.In the time of Charade, we did Samurai or Origami to tell about Japanese culture.Through this program, the most impressive things that we had are their lovely smiles and the fact that they have big dreams such as a doctor, a teacher, a solder to protect their families or friends.They are living in harsh life but they looked really fun during spending with us. Before we visited them we were really nervous but their smiles and cheerfulness helped us too much.

Thank you very much for reading.

フィールドワークのご報告No.1

本日は、先日行われたリサーチフェアの報告に伴い、発表内容に基づいている2014年9月に行われたフィリピンフィールドワークについてご報告いたします。

I.  9月3日 [アジア開発銀行]

 私たちが到着したフィリピンの空港は想像以上に発展しており、そこからマニラ市内に進んでいくにつれてビルや車の量も増えていき都市部内はとても貧困層が住んでいる地域とは思えないほどでした。しかし、注意深く見ると所々に貧しい人たちが必死に働いている姿が目に入ってきます。私たちは出発前にアジアの国々について、またフィリピンの政策をできるだけ勉強していきました。その知識を、より深いものにするため私たちは初日に、まずはフィリピンの人々にアジア規模のレベルで政策を行っているアジア開発銀行を訪れましたIMG_0816[1] 。

アジア各国の最前線で様々な専門分野から活躍しておられる方々からお話をお伺いさせていただきました。皆様、とても経験豊富であり様々な人生経験をされた後にアジア開発銀行で働かれていました。さらに、国際機関で働くという意味や必要なスキルについて学び、とても刺激を受けました。 アジアの現状、いま必要なこと。日本人として考える事、やるべき事などを学び、短い時間でしたがとても貴重な時間を過ごすことができました。私たちはアジア開発銀行で働く人々の想いや考えを聞き、日本を出て世界というフィールドで働くことへの難しさと素晴らしさに圧倒されました。しかし、それは決してはるか遠いものではなく、日本で暮らす私たちにも考えることやできることがあるのだと感じることのできた一日でもありました。

IMG_0815[1]

次回は、9月4日の「Child Hope Asia Philippines」に関する報告です。ご精読ありがとうございました。

小西ゼミのホームページが新しくなりました!ぜひお越しください。 http://bridge-for-children.org/

 

This time, we will report the Philippines field work which held at September. This is the base of Research Fair which held at 21, November in KGU.

I.     3, September [Asia Development Bank]

 The Philippines developed so much in spite of we imagined that the Philippines is very poor country. The airport is very beautiful. There also are many cars and building in Manila. However, we could find some poor people who worked desperately to be alive.We studied about many countries of Asia and the economy of the Philippines as much as possible before we leaved Japan. We wanted to learn special knowledge.First day, we visited Asia Development Bank (ADB) which gives many projects to many countries of Asia. We learned about ADB and Asian policy from staffs of ADB. They largely contribute to enhance the current situation of Asian developing countries.They had many valuable experiences and came to ADB after they worked other companies. We also learned about working and important skills in ADB.We could know the current situation in Asia, things we should think as Japanese. We had very nice times.We heard opinions and ideal things which staffs in ADB think. We were impressed with their passion. We felt that there are actions we should do in Japan.

Thank you for reading.

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人事政策、能力開発・キャリア開発 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく人事管理業務に携わっており、...

カテゴリー一覧