フィールドワークのご報告No.1

本日は、先日行われたリサーチフェアの報告に伴い、発表内容に基づいている2014年9月に行われたフィリピンフィールドワークについてご報告いたします。

I.  9月3日 [アジア開発銀行]

 私たちが到着したフィリピンの空港は想像以上に発展しており、そこからマニラ市内に進んでいくにつれてビルや車の量も増えていき都市部内はとても貧困層が住んでいる地域とは思えないほどでした。しかし、注意深く見ると所々に貧しい人たちが必死に働いている姿が目に入ってきます。私たちは出発前にアジアの国々について、またフィリピンの政策をできるだけ勉強していきました。その知識を、より深いものにするため私たちは初日に、まずはフィリピンの人々にアジア規模のレベルで政策を行っているアジア開発銀行を訪れましたIMG_0816[1] 。

アジア各国の最前線で様々な専門分野から活躍しておられる方々からお話をお伺いさせていただきました。皆様、とても経験豊富であり様々な人生経験をされた後にアジア開発銀行で働かれていました。さらに、国際機関で働くという意味や必要なスキルについて学び、とても刺激を受けました。 アジアの現状、いま必要なこと。日本人として考える事、やるべき事などを学び、短い時間でしたがとても貴重な時間を過ごすことができました。私たちはアジア開発銀行で働く人々の想いや考えを聞き、日本を出て世界というフィールドで働くことへの難しさと素晴らしさに圧倒されました。しかし、それは決してはるか遠いものではなく、日本で暮らす私たちにも考えることやできることがあるのだと感じることのできた一日でもありました。

IMG_0815[1]

次回は、9月4日の「Child Hope Asia Philippines」に関する報告です。ご精読ありがとうございました。

小西ゼミのホームページが新しくなりました!ぜひお越しください。 http://bridge-for-children.org/

 

This time, we will report the Philippines field work which held at September. This is the base of Research Fair which held at 21, November in KGU.

I.     3, September [Asia Development Bank]

 The Philippines developed so much in spite of we imagined that the Philippines is very poor country. The airport is very beautiful. There also are many cars and building in Manila. However, we could find some poor people who worked desperately to be alive.We studied about many countries of Asia and the economy of the Philippines as much as possible before we leaved Japan. We wanted to learn special knowledge.First day, we visited Asia Development Bank (ADB) which gives many projects to many countries of Asia. We learned about ADB and Asian policy from staffs of ADB. They largely contribute to enhance the current situation of Asian developing countries.They had many valuable experiences and came to ADB after they worked other companies. We also learned about working and important skills in ADB.We could know the current situation in Asia, things we should think as Japanese. We had very nice times.We heard opinions and ideal things which staffs in ADB think. We were impressed with their passion. We felt that there are actions we should do in Japan.

Thank you for reading.

コメント:0

まだコメントはありません。

コメントを投稿する

トラックバック:0

トラックバックURL
http://kg-sps.jp/blogs/konishi/2014/12/02/2005/trackback/
この記事へのトラックバック

まだトラックバックはありません。

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人事政策、能力開発・キャリア開発 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく人事管理業務に携わっており、...

カテゴリー一覧