フィールドワークのご報告 No.2

9月4日 [Child Hope Asia Philippines]

私たちが目にした貧困地域は、経済発展していないと思われている地方ではなく、都市部内にありました。この都市部に住む貧困層を「Urban Poor」といいます。高層ビルや、大型デパートなどが立ち並ぶ中心街から、車で10分ほど経つと、ビルは姿を消し、道路もあまり整備されていない風景がありました。

10478686_403778219760804_2609492977839207811_n

車をどんどん中へ進めると、小さな子供が働いている光景も目にしました。彼らは、「路上の上で生計を立てることを余儀なくされている」ことから、「ストリートチルドレン」とよばれる子供たちです。そして彼ら自身が働かなければ生活していけない環境にいるため、多くは学校に行きたくてもいけない、十分に行くことができない日々を過ごしています。

 そこで私たちは、フィールドワークで、「ストリートチルドレン」を支援する国際NGO団体「Child Hope Asia Philippines」( http://childhope.hope.org.ph/ )のご協力の下、彼らに「もっと世界を知ってほしい」という願いを込めて、様々なアクティビティをしました。

 「私たちが行った活動」

・ジェスチャーゲーム

・折り紙

・お絵かき(物資支援も兼ねて)

・縄跳び

・マルマルモリモリのダンス

FullSizeRender

 

 

 

 

 

 

 

私たちは、彼らに世界のことについて、より多くのことを知ってほしかったので、そのために「ジェスチャーゲーム」をしました。例えば、「ゴリラ」が答えだとしたら、答えに付け加え「ゴリラはどんなところに生息しているのか」や「多く生息している地域はどこなのか」などと、世界地図を用いたりして、より詳しく伝えました。更に折角日本から行くということで、日本の文化も伝えました。「サムライ」のジェスチャーや、紙飛行機やハートなどの「折り紙作り」などです。

そして全てのプログラムを通して、私たちが最も印象に残っていることは、「子供たちは、とても笑顔が素敵なこと」と「彼らがたくさんの夢を持っていること」でした。彼らは、食事を十分にとれなかったり、したいことへ向かえる環境がなかったりする中でも、私達と過ごす時間はとても楽しそうでした。また、お医者さん、先生、家族友達を守りたいために兵士になりたい、などの大きな夢を沢山持っていました。訪問する前は、私たち自身、とても緊張していましたのですが、彼らの明るさ、底抜けのない笑顔にとても助けられました。

 次回は、最終日の9月5日Save the Childrenへの訪問についてです。ご精読ありがとうございました。

小西ゼミのホームページが新しくなりました!ぜひお越しください。 http://bridge-for-children.org/

 【English Pert

Sep.4

 Today we did some activities for children who live in the poor area located in Manila, Philippines. They cannot go to school enough even if they want to because they have to work to live. To help them, Child Hope Asia Philippines, one of the international organization, works hard every day. Thanks to them, we did

–       Charade

–       Origami

–       Drawing

–       Jump Rope

–       Dance

 We wanted them to know more about the ‘’World’’, so we used the world map to tell them more detail.In the time of Charade, we did Samurai or Origami to tell about Japanese culture.Through this program, the most impressive things that we had are their lovely smiles and the fact that they have big dreams such as a doctor, a teacher, a solder to protect their families or friends.They are living in harsh life but they looked really fun during spending with us. Before we visited them we were really nervous but their smiles and cheerfulness helped us too much.

Thank you very much for reading.

コメント:0

まだコメントはありません。

コメントを投稿する

トラックバック:0

トラックバックURL
http://kg-sps.jp/blogs/konishi/2014/12/03/2020/trackback/
この記事へのトラックバック

まだトラックバックはありません。

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人事政策、能力開発・キャリア開発 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく人事管理業務に携わっており、...

カテゴリー一覧