フィールドワークのご報告 No3

9月5日[Save the Children]

最終日、私たちは世界規模で活動しているSave the Childrenという団体にお世話になりました。

彼らはあらゆる理由から過酷な生活を余儀なくされた子ども達を様々なプロジェクトで支援している団体です。フィリピンには先ほど述べたストリートチルドレン以外にも家はあるが、学校には行けないなど置かれている環境がそれぞれ違う子ども達がたくさんいます。その異なる環境に対応して活動しています。 

今回、私たちはSave the Childrenのスタッフの方と一緒に学校に通えない幼い子ども達とその保護者の方々に行っているプロジェクトを見学させていただき、一緒にお話ししたり、ダンスを踊ったりしました。また、フィリピンの貧困地区にある小学校や幼稚園を見学させていただきました。子ども達は手の洗い方を学んだりして、生きる為の知識をつけていました。いずれの子ども達も私たちのことをとても笑顔で歓迎してくださりとても暖かい方々ばかりでした。

10419543_403780183093941_1727180526049630485_n

 

 

 

 

 

 

 このフィールドワークを通して、私たちは自分たちの普段の生活が決して「当たり前」のものではないと感じました。だからこそ、自分の環境や両親、毎日の食事や家があることに感謝をして毎日生きていかなければならないと心から思いました。

そして、この過酷な現状を実際に目にした私たちが日本でできることは、少しでも日本の学生にこの事実を知ってもらうことだと感じ、日々行動にすべき努力しています。

末筆になりますが、この度のフィールドワークでお世話になりましたすべての方々に、感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

 ご精読ありがとうございました。

小西ゼミのホームページが新しくなりました!是非お越しください。 http://bridge.for.children.org/

 

Ⅲ.       5, September {Save the Children}

 Last day, we visited Save the Children office in the Philippines. This organization helps many children who have to live severe situation in the world. They gave valuable projects to children.

This time, we went on the actual school or kindergarten with staffs of Save the Children. We danced and talked with children in there.The students learned knowledge to be alive. For example, they learned the way how to wash their hands.Thorough of three days, we could feel our life is not usual for people in the world. We also could find that we ought to thank our parents, food or house.

Then, we have to tell to Japanese people about the current situation in the Philippines. This is the action we can do in Japan.

Finally, we are thankful to Asia development Bank, Child Hope and Save the Children. We had so good times in the Philippines because of them. We will live hard without forgetting this experience.

Thank you very much

Thank you for reading.

コメント:0

まだコメントはありません。

コメントを投稿する

トラックバック:0

トラックバックURL
http://kg-sps.jp/blogs/konishi/2014/12/03/2041/trackback/
この記事へのトラックバック

まだトラックバックはありません。

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人事政策、能力開発・キャリア開発 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく人事管理業務に携わっており、...

カテゴリー一覧