リサーチ・フェアのご報告

こんにちは。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

先日のリサーチ・フェアにおいて、小西ゼミ3回生内10人で、「多くの学生に、国際協力活動をするきっかけの日にしてもらう」という目的の下、「フィリピンの貧困層の子供たちの夢を応援しよう~学生ができる国際協力活動の形~」というテーマで、自由形式の発表を行いました。当日は、150名をも超える方々にお越しいただき、私達にとっても大変充実した時間となりました。この場を借りて、御礼申し上げます。さて、リサーチ・フェアでは、以下の4項目を中心に発表を行いました。

IMG_0705 IMG_0714

 

 

 

 

 

 

 

⑴ポスター発表

⑵貧困地域に暮らす子供たちが描いた夢の絵の展示

⑶フィールドワークを元にしたムービー

⑷フリーテーマの座談会 

それぞれにおいて、多くの学生や本校教授、高校の先生方が、私たちの話を真剣に聞いてくださいました。皆様にとって、実りある時間となっていれば幸いです。

IMG_0710

 

 

 

 

 

 

 

 また当日は、多くの方々がアンケートにご協力くださいました。以下、頂戴したコメントです。

・大切なことは、ただ現金を寄付することではなく、現在の貧困の状況を知り、若者一人一人の貧困に対する関心を持ってもらうことが必要で、これが浸透していけば、フィリピンをはじめとする貧困層の子どもの明日を生きていくための力になると思うので、自分もどんな少しのことでもいいからアクションを起こして、友達も巻き込んでいきたいと思う。(高校生)

・自分のボランティア活動に参加していて思うことは、やっぱりこういう場所で情報を発信していくことの大切さ感じている。(総政1)

・とてもわかりやすく、フィリピンの抱える貧困層の深刻な問題について改めて考えさせられた。(総政3)

・自分たちができること。そこから始めていこうという気持ちが素敵だなあと思いました。何かしたいけど何をしたらいいのかわからない後輩たちにたくさん発信してあげてください。(その他 / 教員)

・他国が援助したところで、実際貧しい人・国自身が意識を変えねばと痛感した。(高校生)

・自分の生活が普通ではないことを知ってもらう“意識改革”がいかに大切か思い知った。(高校生)

・より現実的に「自分たちにできること」を考えた結果の支援活動だと知りました。(総政4)

・自分ができることは少しですが、貧困などの問題があることを常に意識して、これからの活動に取り組んでいきたい。(理工1)

・子どもたちが描いた絵の’Safe’の文字が印象的だった。生きるのに困る環境があるというのは、知ろうとしなければなかなか知ることができないので、これを機会に調べたい。(総政1)

・ムービーすごく感動した。(総政1)

・普段生活をしている中では考えることのないストリートチルドレンのことをたくさん知ることができた。こどもの夢の絵は鳥肌がたった。何かしたいと思っていても行動に移すことができないので、何かしたい、何か動きたいと思った。(総政3)

ご精読ありがとうございました。

 小西ゼミのホームページが新しくなりました。ぜひお越しください。http://bridge-for-children.org/

 Hello. Thank you for visiting our page.

 Today I am going to tell you about the Research Fair held at this university once a year. Our theme of the fair is “ Let us cheer children’s dream living in the poor area in the Philippines ~the Form of the international cooperation activity that students can do~” under the this purpose,  ‘’ To make the day be a chance to do international cooperation activity for many students”. Over 150 students came to our room on that day. We would like to express our deepest gratitude. Thank you very much.

 【The 4 things what we did】

– Presentation based on the poster

-the exhibition of the pictures drawing children’s dream in the poor area

-the movie based on the experiences of the field work in the Philippines

-the round-table talk

 

Many students, the professors of this university and teachers of the high schools listened to our presentation earnestly. We are happy as long as a good time for everyone.

 Lastly, we also would like to thank all who cooperated with the questionnaire.

Thank you very much for reading.

コメント:0

まだコメントはありません。

コメントを投稿する

トラックバック:0

トラックバックURL
http://kg-sps.jp/blogs/konishi/2014/12/03/2061/trackback/
この記事へのトラックバック

まだトラックバックはありません。

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人事政策、能力開発・キャリア開発 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく人事管理業務に携わっており、...

カテゴリー一覧