授業内容(Project Cycle Management)

みなさん、こんにちは。小西ゼミ3回生の片岡です。今回は、授業内容について紹介させて頂きます。現在、私たちは授業を通してProject Cycle Management(PCM)について現在学んでおります。PCM(プロジェクト・サイクル・マネジメント)手法とは、計画、実施、評価の三つのプロセスからなるプロジェクトのライフ・サイクルを、ログフレイムと呼ばれるプロジェクト概要表をもちいて運営管理する手法のことです。この方法は、途上国でプロジェクトを行う際に、よく用いられます。授業では、4つのグループに分かれ、日本の少子化を例に、解決するためのプロジェクト・プランニングをしています。今回の授業では、4回生の先輩方からPCMについて教えて頂きました。現在、関係者、問題、目的分析を終え、来年の最初の授業では、各々のグループが考えたプロジェクトについてプレゼンテーションをする予定です。最後まで読んで頂きありがとうございます。

小西ゼミのホームページが新しくなりました。ぜひお越しください。

http://bridge-for-children.org/

Thanks for dropping by our page. Today’s writer is Kenta Kataoka, 3rd grade student from Prof. Konishi seminar. The topic is about a content of our lecture. In these couple of weeks, we have learned administrative knowledge about Project Cycle Management (PCM). Simply saying, PCM method is a tool for managing the project life cycle that is composed of planning, implementation, and evaluation through Logical Framework. This method is mainly used in developing countries.

In the series of lectures, we separated into 4 groups and tackled on planning project. The project was to deal with the declining birthrate in Japan. For this lecture, some 4th grade students have cooperated our class for telling about PCM. And we have finished stake-holder analysis, problem analysis, objective analysis. Lastly, each group will present their plan in next year’s class.

Thank you for reading.

For more information about Prof. Konishi seminar, please check this out.

http://bridge-for-children.org/

S__16752669

コメント:0

まだコメントはありません。

コメントを投稿する

トラックバック:0

トラックバックURL
http://kg-sps.jp/blogs/konishi/2014/12/17/2085/trackback/
この記事へのトラックバック

まだトラックバックはありません。

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人事政策、能力開発・キャリア開発 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく人事管理業務に携わっており、...

カテゴリー一覧