2015年2月

BFC国際理解教育:桃山学院高校

みなさんこんにちは。3回生の田中里奈です。
本日も本ブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、小西ゼミ生の有志が所属するBridge for Children,KGU(以下、BFC)の活動である国際理解教育の一つを紹介させていただきます。
わたしたちBFCは、さらなる国際理解教育の拡大のため、今年初めて、桃山学院高校で実施しました。
今回のテーマは、「大学生ができる国際協力のカタチ」です。
大学へ進学する生徒達が多いということもあり、将来の進学への手助けにもなればいいと思い、今回このテーマを選びました。
プレゼンの初めに、フィリピンとはどういう国かという説明をした後、私たち大学生のフィリピンフィールドワークでの活動の紹介をしました。その後、貧困問題の解決策を生徒達に考えてもらうため、ワークショップを行いました。そして最後に、私たち大学生の気持ちとこれからを生徒達に発表しました。

生徒達からはこんな感想をいただきました。
今からでも貧しい子どもたちのためにできることがあったこと。また、
ストリートチルドレンの子供たちが笑って写真に写っていたことに驚きました。

これからしたいこととしては、
自分が小さいことに悩んでいたりする時に、フィリピンの子供たちのことを考えて小さなことに悩んでたらいけないと思うようにしようと思いました。この他にも、今の自分の生活って幸せなんだなと思えました。毎日幸せだなと思って生きていこうと思います。や、募金活動やフィリピンの現状をより多くの人に伝えたいや、私もフィリピンに行ってこのような活動をしてみたい。という声もいただきました。

ここには紹介しきれませんがこの他にも、たくさん感じとってもらい私たちはとても嬉しかったですし、さらなる国際理解教育への実施に力を入れようと感じました。
これからも頑張りますのでこれからもみなさんのご協力よろしくお願いします。

2013年度より小西尚実研究室ホームページが新しくなりました。
新HPは下記リンクより閲覧可能です。 http://bridge-for-children.org/

Hello everyone.
Also thank you for seeing this blog today.
In this time, I want to introduce one of international understanding education by Bridge for Children that Konishi seminar students belong. It is called BFC.
We want to expand international understanding education,so for the first time this year, we try to conduct it in the Momoyama Gakuin High School.
The theme is “college students form of international cooperation.”
There is the fact that there are many students who go on to college, and I thought I should hold it to help for their future, so in this time, we chose this theme.
At the beginning of the presentation, after a description of what country the Philippines, was introduced activities in the Philippines fieldwork of our college students. Then we gave a workshop in order to students get ideas for a solution of the problem of poverty. And finally, I announced to the students what the future and feelings of our college students.

We received this impression from the students.
That there was something to be able to cooperate for the poor children, even from now. In addition,
I was surprised because children photograph was reflected their laughing.

We got these opinions from the students below.
•The things that I want to do from now on is not worrying too much about tiny things by thinking about how the children in Philippines are trying to live each days in hard condition.
•Also, I will try to think that having this daily life is precious and meaningful thing. it means that i’m happy of having the daily life.
•I would love to collect the money for fund raining.
•I would like to tell the situation of Philippines to more people.
•I would love to engage the activities like what we are doing.

I can not introduce all their voice here, but I was very happy they caught something from our presentation, and also I decided to put force on the implementation of to further international understanding education.
Finally thank you for your cooperation so I’ll keep trying to do that in the future.

大学の授業スタイル How to manage class at university

こんにちは、小西ゼミ3年の松本侑子です。
本日も小西研究室のブログをご覧いただきありがとうございます。

本校を含め私立大学の入試結果が発表され始めました。
合格発表から3年経った今でも、高校生の頃に抱いていた
「大学生になった私」のイメージは鮮明に覚えています。

さて、今回は大学の授業ってどんなんなん?という疑問に、
昨学期に経験したタイでの大学生活とも比較しながらお答えしようと思います。
大学入学を控えた方にとって「大学生になった私」だけでなく、
「大学の授業を経て卒業した私」も想像するお手伝いができると幸いです。

高校、日本の大学、タイの大学、この3つを比較したとき
「ものさし」になるのがインプットとアウトプットの配分です。
インプットとは情報を理解すること(例えば高校の一般的な授業)
アウトプットは理解した情報を活かして行動すること
(例えば調べ学習をして発表すること)
とします。

<高校>
高校では学校の方針にもよりますが、
大学入試に向けてインプットを重視する授業、
つまり生徒は先生の話を聞くだけの授業が大半を占めます。

<タイの大学>
私が通ったタイの大学では、インプット:アウトプット=1:1でした。
週2回ある授業の1日目は講義(インプット)、
2日目は前回学習した理論を用いて架空のビジネスを考えるグループワーク(アウトプット)、
といったように学習したことはすぐに実践しました。
そのおかげで復習がしやすく定着も早いと、非常に効率的でした。

<日本の大学>
では気になる日本の大学(関学、総政)ではどうでしょうか。
私の印象ではインプット:アウトプット=7:3です。
通常の講義では高校の授業スタイルと大差ありません。
3はこの研究演習(ゼミ)とサークル活動です。
特に小西ゼミでは、ゼミは生徒が講義で学んだことや調べたことを発表する場
という認識が強くあります。

他方で教授の専門分野を講義形式でとことん深めるゼミも存在します。
それぞれ良い点、悪い点はありますが、そこを卒業したときに
どんな自分になりたいかで皆ゼミを決めています。

文系の場合、大学生になれば勝手に実践する場が増えるかというと
そうでもありません。
「大学を卒業した私」と相談しながら、
身につけるべきものを大学生の間に自分のものにしたいものです。

最後までお読みいただきありがとうございました。
小西研究室ホームページ、Facebookはこちらから↓
HP: http://bridge-for-children.org/
FB: Bridge for Children,KGU

Hello, this is Yuko Matsumoto.

These days, in Japan high school students get the result of university entrance examination including our university.
Do you remember yourselves when you were students? I still remember clearly.

Today I would like to talk about class at university comparing Japanese high school, Japanese university, and Thai university where I studied last year.

The indicator to compare them is the ratio of “output” and “input”.
“Output” is a class that students just listen to lecture, and they do not do any activity.
“Input” is a class that students make presentations or practice with theory.

At Japanese high school, almost classes are “input” to prepare for university entrance examination.

At Thai university, the ratio of “output” and “input” are same. (“output”: “input” = 1:1)
If students study one theory, they practice it like making fictional business plan at next class. This system makes students easy to remember the theory.

At Japanese university, the ratio of “input” is higher than “output”.
(“output”: “input” = 3:7)
Lectures are similar to one of Japanese high school. However, Konishi seminar makes difference from high school. At Konishi seminar, students have to make presentations and give our own opinion. Some members of Konishi seminar chose this seminar because of this opportunity.

If Japanese students do not seek opportunities to do “output”, there are few opportunities. However, I would like to do more “output” because it will make me world-class human resource.

Thank you for reading.
For more information about Prof. Konishi seminar, please check this out.
HP: http://bridge-for-children.org/
FB: Bridge for Children,KGU

この1年を振り返って

こんにちは。小西ゼミ3回生の川合舞と申します。

いつも小西研究室のブログをご覧いただきありがとうございます。

後期考査も終了し、春休みがスタートしました。小西研究生は就職活動や、旅行など、それぞれの休みを満喫しています。

さて、今回は、学期終わりということもあり、小西ゼミでの1年間を振り返りながら、私が考える小西ゼミの良さについてお話したいと思います。

私が今年1年間で一番印象に残っている出来事は、4月に行った自己紹介プレゼンテーションです。最初の授業の際に、プレゼンテーションの実施を小西先生より告げられました。初対面の研究生の前で、ほとんど行ったことの無いプレゼンテーションをやることとなり、不安で頭が真っ白になったのを憶えています。

この自己紹介プレゼンテーションでは、自分の「強み」や「弱み」は何なのか、これまでの人生経験での気づきから、自分自身を見つめる良い機会になりました。そしてその「弱み」を、これからのゼミでどのように改善していくのか、ゼミ生の前で公表することで自らの気を引き締めることが出来ました。私自身、そのときの「弱み」が、現在改善されつつあると思います。

この1年間を振り返ると、小西ゼミの授業は生徒によるプレゼンテーションが主でした。プレゼンテーション後、ゼミ生が様々な角度から指摘をしてくれます。もちろん、良い指摘だけでなく、厳しい指摘もたくさんありました。

小西研究生の良さは、旅行やご飯に頻繁に行くような仲の良さが有りながら、授業では、しっかりと意見のぶつけ合いが出来るところだと思います。私自身、研究生の意見を受けて、成長できた部分が多くありました。

4回生になれば、新3回生がゼミに加わります。勢いのある新3回生に負けないように、2015年も元気に、日々精進していきたいと思います!!

ご精読ありがとうございました!

Hello, my name is Mai Kawai, junior student in Professor Konishi’s seminar.

Thank you for stopping by to read this blog.

While looking back on a year in the Konishi seminar, and I would like to talk about the goodness of this seminar.

Events that I have the most memorable is a self-introduction presentation  in April. In the first class of the semester, we were informed that carrying out the self-introduction presentation.I was very anxious, because I was not used to the presentation and not good to talk to stranger.

This presentation was need to objectively analyze my own the “strengths” and “weaknesses”. By analyzing based on past experience, it was a good opportunity to stare at themselves. By publishing my “weakness”, I thought how going to improve its weaknesses, and I was able to tighten the mind. I think my “weaknesses” is being improved.

Looking back on the past year, Konishi laboratory class was mainly presentations by students. After the presentation, seminar students will take care of the pointed out from various angles. Of course, it is not only good pointed out, but also a lot of tough pointed out.

Konishi laboratory has both goodness of the relationship  and severity against yourself or others. I think this is the goodness of Konishi seminar. I have learned a lot of things from the student pointed out.

New junior students will participate in seminar from April.  I will do my best to be able to give them motive!

Thank you for reading!

2013年度より小西尚実研究室ホームページが新しくなりました。

新HPは下記リンクより閲覧可能です。 http://bridge-for-children.org/

The new site of Prof. Naomi Konishi’s Seminer is here. Please take a look at it.

http://bridge-for-children.org/

春休みの活動

小西ゼミ3回生の重本麻希です。

本日も小西ゼミブログをご覧いただきありがとうございます。

 

今回は、春休みの過ごし方をテーマに小西ゼミ生がどのように長期休暇を送っているのかお伝えしたいと思います。

 

現在三回生の小西ゼミ生は、就職活動を既に始めている人がほとんどです。企業説明会に参加し、インターンを通して仕事内容をより理解するなど、経団連による就職活動時期の繰り下げ(学部3年の3月からの解禁)に向け様々な取り組みをしています。

 

私の場合、複数のインターンを通して企業理解を深めたり、大学が設けている春休みの集中講義を受講したりしています。

また、ゼミ生主体で活動しているBFCという学生団体のミーティングやゼミ生同士の飲み会など、小西ゼミは春休みでも活発に交流を深めています。

 

3年生の春休みは就職活動で忙しいですが、その中でも自分の時間を大切にして長い春休みを有意義に過ごしたいと思います。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

Hello, this is Maki Shigemoto a junior student in Professor Konishi’s seminar.

Thank you for stopping by to read this blog.

 

I would like to write about how students in the seminar spend their spring break.

 

Most of the students have started job hunting. They join some job fairs and do some internships to understand about the company and works. This is because of the job hunting season have postponed by the Federation of Economic Organization, and they are getting ready for the coming season.

 

I am going to spend my spring break by joining some internships and taking some classes that are hold by my university. Also, our seminar members have meetings for BFC and fun events.

 

Spring break is an important job hunting season for junior, but I want to spend it not just for searching jobs, but also doing things that I want to during this long break.

 

Thank you for reading.

 

 

2013年度より小西尚実研究室ホームページが新しくなりました。

 新HPは下記リンクより閲覧可能です。 http://bridge-for-children.org/

 

The new site of Prof. Naomi Konishi’s Seminer is here. Please take a look at it.

 http://bridge-for-children.org/

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人事政策、能力開発・キャリア開発 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく人事管理業務に携わっており、...

カテゴリー一覧