BFC国際理解教育:桃山学院高校

みなさんこんにちは。3回生の田中里奈です。
本日も本ブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、小西ゼミ生の有志が所属するBridge for Children,KGU(以下、BFC)の活動である国際理解教育の一つを紹介させていただきます。
わたしたちBFCは、さらなる国際理解教育の拡大のため、今年初めて、桃山学院高校で実施しました。
今回のテーマは、「大学生ができる国際協力のカタチ」です。
大学へ進学する生徒達が多いということもあり、将来の進学への手助けにもなればいいと思い、今回このテーマを選びました。
プレゼンの初めに、フィリピンとはどういう国かという説明をした後、私たち大学生のフィリピンフィールドワークでの活動の紹介をしました。その後、貧困問題の解決策を生徒達に考えてもらうため、ワークショップを行いました。そして最後に、私たち大学生の気持ちとこれからを生徒達に発表しました。

生徒達からはこんな感想をいただきました。
今からでも貧しい子どもたちのためにできることがあったこと。また、
ストリートチルドレンの子供たちが笑って写真に写っていたことに驚きました。

これからしたいこととしては、
自分が小さいことに悩んでいたりする時に、フィリピンの子供たちのことを考えて小さなことに悩んでたらいけないと思うようにしようと思いました。この他にも、今の自分の生活って幸せなんだなと思えました。毎日幸せだなと思って生きていこうと思います。や、募金活動やフィリピンの現状をより多くの人に伝えたいや、私もフィリピンに行ってこのような活動をしてみたい。という声もいただきました。

ここには紹介しきれませんがこの他にも、たくさん感じとってもらい私たちはとても嬉しかったですし、さらなる国際理解教育への実施に力を入れようと感じました。
これからも頑張りますのでこれからもみなさんのご協力よろしくお願いします。

2013年度より小西尚実研究室ホームページが新しくなりました。
新HPは下記リンクより閲覧可能です。 http://bridge-for-children.org/

Hello everyone.
Also thank you for seeing this blog today.
In this time, I want to introduce one of international understanding education by Bridge for Children that Konishi seminar students belong. It is called BFC.
We want to expand international understanding education,so for the first time this year, we try to conduct it in the Momoyama Gakuin High School.
The theme is “college students form of international cooperation.”
There is the fact that there are many students who go on to college, and I thought I should hold it to help for their future, so in this time, we chose this theme.
At the beginning of the presentation, after a description of what country the Philippines, was introduced activities in the Philippines fieldwork of our college students. Then we gave a workshop in order to students get ideas for a solution of the problem of poverty. And finally, I announced to the students what the future and feelings of our college students.

We received this impression from the students.
That there was something to be able to cooperate for the poor children, even from now. In addition,
I was surprised because children photograph was reflected their laughing.

We got these opinions from the students below.
•The things that I want to do from now on is not worrying too much about tiny things by thinking about how the children in Philippines are trying to live each days in hard condition.
•Also, I will try to think that having this daily life is precious and meaningful thing. it means that i’m happy of having the daily life.
•I would love to collect the money for fund raining.
•I would like to tell the situation of Philippines to more people.
•I would love to engage the activities like what we are doing.

I can not introduce all their voice here, but I was very happy they caught something from our presentation, and also I decided to put force on the implementation of to further international understanding education.
Finally thank you for your cooperation so I’ll keep trying to do that in the future.

コメント:0

まだコメントはありません。

コメントを投稿する

トラックバック:0

トラックバックURL
http://kg-sps.jp/blogs/konishi/2015/02/24/2160/trackback/
この記事へのトラックバック

まだトラックバックはありません。

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人事政策、能力開発・キャリア開発 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく人事管理業務に携わっており、...

カテゴリー一覧