2015年3月

春休みに1番思い出に残ったこと

Hello, Thank you for taking a look at this page.
I am Manami Noji, a third grade of Konishi Seminar.
Today I would like to share my most impressive memory during the spring vacation.
I would like, especially the students who will enter Kwansei Gakuin University to read this.
My most impressive memory is about a tea ceremony club that I belong to.
I wanted to share this memory since it was an event which I was able to feel the importance of vertical relationships
This month (March) on the 23rd, there was a tea ceremony in the Kansai area. Many people from age 21 to 80 attended this ceremony.
One senior said, “It is good to come here and support younger people.”
I could not totally understand the importance of the vertical relationship before, but this time, I attended this ceremony as a guest and was able to understand what the seniors meant.
There are some club activities with long history in our university.
I think you can also feel the importance of the vertical relationship if you be a member of that club and it may help you in some situations after graduation.
I recommend you participate in a club activity during the life at the university.
Thank you very much for reading.
いつも小西ゼミのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
本日は、3回生の野地真未が、「春休みに1番思い出に残っていること」についてお話したいと思います。
そして、特にこれから入学を控えている皆さんに読んでいただきたいと思います。

私が春休みで1番心に残っていることは、所属している茶道部の茶会での出来事です。
そこから、「縦のつながりの大切さ」を感じたので、今回お話したいと思います。

今月23日に、関西の大学生による「朝日関西学生チャリティー茶会」という茶会がありました。
そこには、年齢の近い代だけでなく、創部した70年前の先輩方をはじめ、本当に多くの先輩方が来られていました。
その際に、ある先輩が「こうやって色んな世代の部員が集まって、今の部活を支えているのが良いね。」と仰っていました。

1回生、2回生のうちは、茶道であれば、稽古に集中し、
そして3回生で幹部になり、
春になれば、2回生にバトンタッチする。
そして、4回生の時や卒業後には、客として茶会に寄せてもらう。
現役は、お客さんがきてくれるからこそ、また稽古に力が入り、茶会を開くことが出来る。

今は、もう引退しているのですが、現役のときには、
このような順繰り、「縦のつながりの大切さ」をあまり深く考えていませんでした。
今回初めて、客として行ったからこそ気づけたことですが、
今更ながら、先輩方がいらっしゃるからこそ茶道部を築き、
存続することができているのだな、と感じた出来事でした。

今回は、私が所属している茶道部を例に挙げましたが、
このような「縦のつながり」によって、長い間続けられる団体が、本学には沢山あります。
何かの団体に所属し、このような「縦のつながり」が
純粋にとても良いことだな、と感じる一方で、
学生団体というとても小さな団体ではありますが、その大切さを知ることは、
学外や社会に出たときに、必要な感覚かもしれない、と今は感じています。

この経験から、私は、入学を控えている入学生の皆さんに
サークル、部活、その他の団体など、何かしらの団体に所属することをおすすめしたいと思います。
(※全学生が、団体に所属しているわけではありません。)
ご精読ありがとうございました。

Hello, Thank you for taking a look at this page.
I am Manami Noji, a third grade of Konishi Seminar.
Today I would like to share my most impressive memory during the spring vacation.
I would like, especially the students who will enter Kwansei Gakuin University to read this.
My most impressive memory is about a tea ceremony club that I belong to.
I wanted to share this memory since it was an event which I was able to feel the importance of vertical relationships
This month (March) on the 23rd, there was a tea ceremony in the Kansai area. Many people from age 21 to 80 attended this ceremony.
One senior said, “It is good to come here and support younger people.”
I could not totally understand the importance of the vertical relationship before, but this time, I attended this ceremony as a guest and was able to understand what the seniors meant.
There are some club activities with long history in our university.
I think you can also feel the importance of the vertical relationship if you be a member of that club and it may help you in some situations after graduation.
I recommend you participate in a club activity during the life at the university.
Thank you very much for reading.

就職活動の現状

皆さんこんにちは!

本日の記事は3回生の松本脩平が担当します。                                            今日は『日本の就活の現状』についてお話ししたいと思います。

現在、2016年卒の学生時代を中心とした就職活動が三月をもって、本格化しました。                           これまでの就活とは大きく後ろ倒れになり、企業だけでなく学生にも大きな困惑を与えているという記事を目にしました。

果たして、実際のところはどうなのか?と思っている人もいると思うので私の意見を交えながら、コラムを書かせてもらいます。

当初、私も日程の変更に戸惑いました。                                                             ゼミやサークルの先輩に就職活動の相談した際に、昨年のスケジュールと比較できませんでした。しかし、デメリットだけでなく、メリットも感じています。

後ろ倒しになったことで『短期決戦』になったことです。というのも、春休みに企業説明会を実施し、面接は夏休みが開始する8月に解禁されるため、メリハリを持った就職活動になったのではないか、と私は感じています。

ただ、短期決戦ということは、一度破れたら軌道修正しにくい就職活動と言い換えることもできるので、短期決戦にも負けない取り組みをしていきたいと思います。

読者の皆さんも就職活動を終えたときに完全燃焼できたって言えるように頑張りましょう!

小西研究室ホームページ、Facebookはこちらから↓

HP: http://bridge-for-children.org/
FB: Bridge for Children,KGU

Hello everyone! This article is written by Shuhei Matsumoto.

Today’s topic is ” The situation of job hunting in Japan”.

Now, job hunting was starting for main university students who are to be graduated in 2016.  The schedule was changed from this year.  It started 3months later than last year.

According to Japanese news paper, personal departments and university students are upsetting in this situation.

In fact, I upset about new job hunting system at first.  I could not schedule for job hunting well because advice from my seniors were not useful in terms of schedule. However, the new system has not only negative issue but also positive issue in my opinion.

New system makes job hunting shorter. This means that the term of hunting is limited from April to July.  So, we can be absorbed in job hunting.

However, the short battle has a dangerous risk. If students cannot get job, it is difficult for them to try job hunting again in this year.

If you are doing job hunting now, let’s try hard! After finishing job hunting, I hope we and companies will be perfect combination!

For more information about Prof. Konishi seminar, please check this out.

HP: http://bridge-for-children.org/
FB: Bridge for Children,KGU

[海外へのすすめ]

みなさん、こんにちは。本日も小西ゼミブログをお読み頂きありがとうございます。今回は、3回生の片岡が担当させて頂きます。今日のテーマは、「海外へのすすめ」というテーマでお話をさせて頂きたいと思います。私自身も大学時の約1年フィンランドへの交換留学そして、今までにヨーロッパや北米など10カ国近くを回ってきました。そういった経験をする中で、みなさんに海外に留学や周遊してみる魅力をお伝えできれば幸いです。様々な魅力があるわけですが、今回は1点に焦点を当てます。それは、「実際にその国に行って初めてわかることがある」ということです。

その例として、私がゼミでフィリピンにフィールドワークに行ったときのお話しをしたいと思います。フィリピンに行く前のイメージとして、貧困に苦しみ絶望的な状況で悲しみにあると考えていました。しかし、実際に、フィリピンに行ってみて私が感じたのは、貧困といった厳しい環境下でも、子供たちは「笑顔」で懸命に生きている姿でした。それは行く前のイメージとは異なるものでした。私にとって、この実際にその国で現状を見た経験は、途上国に対するイメージを変えるとても大きなものでした。

それゆえ、留学や旅行、フィールドワークといったどのような形であっても、実際に海外に足を運び目にするものは、その人の価値観や考え方を豊かにする貴重な経験になるはずです。最後になりましたが、大学生という時間のある間に、そういった経験を多く積み上げておくと良いのではないかと思います。

最後まで、お読みいただきありがとうございます。

Hello everyone. Thank you for dropping by our web site. Today, I will talk about “the meaning of going abroad during university life”. Before getting into the main point, I would like to briefly introduce myself. My name is Kataoka. During my university life, I have been to more than ten countries and also studied in Finland for about a year as an exchange student. Based on my experiences, it would be great if I could give some incentives to Japanese students so that it encourages them to go abroad (I mean the students who have not been yet.)

When I think about the meaning of going abroad, this comes up on my mind. It is not until you go abroad that you realize how different reality is compared to what you have expected. Here’s the story that I actually experienced this in the Philippines.

Before visiting the Philippines, I had expected that people were suffering in very harsh situation because of extreme poverty. However, as I got to the Philippines and saw the actual reality, it was different from what I had expected. What I saw was people’s lovely smiles there. They were trying to live every single day by overcoming adversity with smile. This experience has changed what I had imagined toward the developing countries.

Therefore, no matter how you go abroad by traveling or exchange program, it will definitely enrich your sense of value and ideas. In the sense, I would recommend to accumulate those kinds of experiences during university life. Thank you for reading.

交換留学について

みなさんこんにちは。

今回の担当は、小西ゼミ3年の杉山真夕です。

 

私にとって今回のブログ更新は、

秋学期間香港へ交換留学に行き帰国後初めてになります。

そこで私の交換留学に至るまでのプロセスや私の経験談ついて紹介します。

そもそも関西学院の“交換留学”とは、関学と海外各国・各地域と協定のある

大学に留学することで現地の大学で得た単位を日本同様にカウントすることが

できる制度のことを指します。

期間は1セメスター(例・春学期のみ)と2セメスター(春・秋学期両方)があります。

それでは留学前・中・後の3つに分けて紹介します。

 

<留学前>

・応募は実際に留学に行く1年以上前に開始

・英語試験(TOEFL ITP or IBT)と学業成績には定められたボーダーラインが存在する

・学部面接、英語での面接

 

ここで気を付けたいことは、実際に留学に行く1年以上前に募集があり

それまでに必要な学業成績と英語試験のスコアを取得しておくということです。

実は、私は2年生の時に一度交換留学に応募しましたが当時行きたかった大学が定める

英語のスコアを満たしていなかったため、応募辞退を選びまた1年後に再挑戦しました。

 

<留学中>

・毎月、その月についての報告書を提出する

 

<帰国後>

・単位認定や帰学届など必要書類の提出

 

華やかに思われがちな交換留学ですが、上で述べたように

事前・事中・事後はそれぞれ地味な作業や日々の積み重ねが非常に

重要になってきます。

私のように計画通りことが進まずつまずくこともあるかもしれません。

そのため、もし交換留学やその他海外プログラムを考えている場合は、

大学4年間の計画立てを行い目標に向けて一つずつクリアしていけば

準備期間を目標事項に向けて有効利用できると思います。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

また、書き損じはがきの結果に関しては

4月下旬に当ブログにてご報告と変更させていただきます。

宜しくお願い致します。

 

小西研究室ホームページ、Facebookはこちらから↓
HP: http://bridge-for-children.org/
FB: Bridge for Children,KGU

  

Hi, this is Mayu Sugiyama a junior of Konishi seminar.

For me, this blog is the first time when I came back to Japan from Hong Kong as an exchange student.

Today, I would like to introduce about my experiences and process of studying abroad.

To begin with, Kwansei Gakuin University’s studying abroad program is to study in foreign countries which we have partnerships.

And then, student’s credits which are taken in foreign countries are admitted same as Japanese one.

Students can choose just a semester or two semesters to stay there.

Then, I will introduce about studying abroad which is separated three parts.

 

<Before studying abroad>

・Application starts less than one year.

・There is a determined English score and school record.

・There is an interview of faculty and interviews in English.

In my experience, I gave up to apply for it,

 because I could not get enough English score at the first time.

As a result, I decided to apply for it one year later.

<During studying abroad>

・Students should submit a report to the office every month.

<After studying abroad>

・Students should submit necessary papers.

It is very important to make efforts every day in studying abroad.

Perhaps you also have a same failure as me, so people should plan precisely if they want to study abroad.

Then, they can use preparation term useful.

Thank you for reading.

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人事政策、能力開発・キャリア開発 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく人事管理業務に携わっており、...

カテゴリー一覧