交換留学について

みなさんこんにちは。

今回の担当は、小西ゼミ3年の杉山真夕です。

 

私にとって今回のブログ更新は、

秋学期間香港へ交換留学に行き帰国後初めてになります。

そこで私の交換留学に至るまでのプロセスや私の経験談ついて紹介します。

そもそも関西学院の“交換留学”とは、関学と海外各国・各地域と協定のある

大学に留学することで現地の大学で得た単位を日本同様にカウントすることが

できる制度のことを指します。

期間は1セメスター(例・春学期のみ)と2セメスター(春・秋学期両方)があります。

それでは留学前・中・後の3つに分けて紹介します。

 

<留学前>

・応募は実際に留学に行く1年以上前に開始

・英語試験(TOEFL ITP or IBT)と学業成績には定められたボーダーラインが存在する

・学部面接、英語での面接

 

ここで気を付けたいことは、実際に留学に行く1年以上前に募集があり

それまでに必要な学業成績と英語試験のスコアを取得しておくということです。

実は、私は2年生の時に一度交換留学に応募しましたが当時行きたかった大学が定める

英語のスコアを満たしていなかったため、応募辞退を選びまた1年後に再挑戦しました。

 

<留学中>

・毎月、その月についての報告書を提出する

 

<帰国後>

・単位認定や帰学届など必要書類の提出

 

華やかに思われがちな交換留学ですが、上で述べたように

事前・事中・事後はそれぞれ地味な作業や日々の積み重ねが非常に

重要になってきます。

私のように計画通りことが進まずつまずくこともあるかもしれません。

そのため、もし交換留学やその他海外プログラムを考えている場合は、

大学4年間の計画立てを行い目標に向けて一つずつクリアしていけば

準備期間を目標事項に向けて有効利用できると思います。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

また、書き損じはがきの結果に関しては

4月下旬に当ブログにてご報告と変更させていただきます。

宜しくお願い致します。

 

小西研究室ホームページ、Facebookはこちらから↓
HP: http://bridge-for-children.org/
FB: Bridge for Children,KGU

  

Hi, this is Mayu Sugiyama a junior of Konishi seminar.

For me, this blog is the first time when I came back to Japan from Hong Kong as an exchange student.

Today, I would like to introduce about my experiences and process of studying abroad.

To begin with, Kwansei Gakuin University’s studying abroad program is to study in foreign countries which we have partnerships.

And then, student’s credits which are taken in foreign countries are admitted same as Japanese one.

Students can choose just a semester or two semesters to stay there.

Then, I will introduce about studying abroad which is separated three parts.

 

<Before studying abroad>

・Application starts less than one year.

・There is a determined English score and school record.

・There is an interview of faculty and interviews in English.

In my experience, I gave up to apply for it,

 because I could not get enough English score at the first time.

As a result, I decided to apply for it one year later.

<During studying abroad>

・Students should submit a report to the office every month.

<After studying abroad>

・Students should submit necessary papers.

It is very important to make efforts every day in studying abroad.

Perhaps you also have a same failure as me, so people should plan precisely if they want to study abroad.

Then, they can use preparation term useful.

Thank you for reading.

コメント:0

まだコメントはありません。

コメントを投稿する

トラックバック:0

トラックバックURL
http://kg-sps.jp/blogs/konishi/2015/03/05/2162/trackback/
この記事へのトラックバック

まだトラックバックはありません。

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人事政策、能力開発・キャリア開発 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく人事管理業務に携わっており、...

カテゴリー一覧