[海外へのすすめ]

みなさん、こんにちは。本日も小西ゼミブログをお読み頂きありがとうございます。今回は、3回生の片岡が担当させて頂きます。今日のテーマは、「海外へのすすめ」というテーマでお話をさせて頂きたいと思います。私自身も大学時の約1年フィンランドへの交換留学そして、今までにヨーロッパや北米など10カ国近くを回ってきました。そういった経験をする中で、みなさんに海外に留学や周遊してみる魅力をお伝えできれば幸いです。様々な魅力があるわけですが、今回は1点に焦点を当てます。それは、「実際にその国に行って初めてわかることがある」ということです。

その例として、私がゼミでフィリピンにフィールドワークに行ったときのお話しをしたいと思います。フィリピンに行く前のイメージとして、貧困に苦しみ絶望的な状況で悲しみにあると考えていました。しかし、実際に、フィリピンに行ってみて私が感じたのは、貧困といった厳しい環境下でも、子供たちは「笑顔」で懸命に生きている姿でした。それは行く前のイメージとは異なるものでした。私にとって、この実際にその国で現状を見た経験は、途上国に対するイメージを変えるとても大きなものでした。

それゆえ、留学や旅行、フィールドワークといったどのような形であっても、実際に海外に足を運び目にするものは、その人の価値観や考え方を豊かにする貴重な経験になるはずです。最後になりましたが、大学生という時間のある間に、そういった経験を多く積み上げておくと良いのではないかと思います。

最後まで、お読みいただきありがとうございます。

Hello everyone. Thank you for dropping by our web site. Today, I will talk about “the meaning of going abroad during university life”. Before getting into the main point, I would like to briefly introduce myself. My name is Kataoka. During my university life, I have been to more than ten countries and also studied in Finland for about a year as an exchange student. Based on my experiences, it would be great if I could give some incentives to Japanese students so that it encourages them to go abroad (I mean the students who have not been yet.)

When I think about the meaning of going abroad, this comes up on my mind. It is not until you go abroad that you realize how different reality is compared to what you have expected. Here’s the story that I actually experienced this in the Philippines.

Before visiting the Philippines, I had expected that people were suffering in very harsh situation because of extreme poverty. However, as I got to the Philippines and saw the actual reality, it was different from what I had expected. What I saw was people’s lovely smiles there. They were trying to live every single day by overcoming adversity with smile. This experience has changed what I had imagined toward the developing countries.

Therefore, no matter how you go abroad by traveling or exchange program, it will definitely enrich your sense of value and ideas. In the sense, I would recommend to accumulate those kinds of experiences during university life. Thank you for reading.

コメント:0

まだコメントはありません。

コメントを投稿する

トラックバック:0

トラックバックURL
http://kg-sps.jp/blogs/konishi/2015/03/12/2164/trackback/
この記事へのトラックバック

まだトラックバックはありません。

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人事政策、能力開発・キャリア開発 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく人事管理業務に携わっており、...

カテゴリー一覧