2015年7月

「勉強をする意味」

こんにちは。いつもブログを読んでくださり、ありがとうございます。

 小西ゼミ4回生の森が担当致します。

本日は私自身が就職活動を通じて考えた「勉強する意味」についてお話したいと思います。

幼い頃から、「何故勉強するのだろう?」「数学って将来使うのかな?」といった素朴な疑問を抱いたことが一度や二度ではないと思います。

その理由について私なりの解釈をご紹介します。

 

私は「勉強を一生懸命するのは、努力の証としてみんなが認めてくれるから」だと思います。

私が就職活動をしている時に感じたことは、多くの学生が大学名を意識しているということです。

個人差はありますが、自分の大学が就職先の選択に影響を及ぼすと考える学生も少なくないと感じます。

 

それは、大学は「自分が勉強に対してどれくらい努力したか」という目安になるからではないでしょうか。

例えば、私は中学高校と6年間吹奏楽を続けていました。中学時代にはその吹奏楽で県大会にも出場しました。しかし、この県大会がどのくらいすごいのか、どれほどの努力が必要なのか、が経験者でなければ想像することは難しいです。

一方で、勉強は日本人なら全ての人が経験し、大学受験においては全国で一斉にセンター模試が実施されるなどある程度の想像は容易だと思います。

 

このように勉強を一生懸命することは、自分の努力を明確にわかり易く示せるのです。

就職活動では、さらに、そこから努力したあなただからこそ、あなたのさらに輝く点(コミュニケーション能力や自主性、責任感など)を相手は知りたいと思うのではないでしょうか。

 

小西研究室ホームページ、Facebookはこちらから↓
HP: http://briidge-for-children.org/
FB: https://ja-jp.facebook.com/pages/Bridge-for-ChildrenKGU/305080959623563

 

Greetings,

My name is Mori Fumika of  professor Konishi’s seminar.

First of all, I would like to thank you for stopping by to read this article.

 

Today I want to introduce something that I felt during my job hunting which is, “the meaning of studying”.

When students are still young, during their childhoods, they might think for instance, “What’s the point of studying?” or “I will never use math in the future, why study now?” many times. Here is one answer that I thought of.

 

It is to “proof the effort one has made”. During my days of job hunting, I met many students who were conscious about what university they are from. Depending on the student, more or less they think that their university’s name (or shall I say “brand”) relies on whether they could earn a job or not.

 

They think that way because the university a student goes depends on how much they studied, which makes a sort of indication of their effort.

For example, I have been in the wind orchestra club for 6 years during my junior and high school life. I have been able to take place in the prefectural tournament, but for those who do not know about the circumstances of the high school wind orchestra, they would not know the greatness of it.

When it comes to studying however, everyone gets education in Japan so it would be much simpler to measure the effort.

 

As mentioned several times above, studying is one way to show the effort a students has made regardless of other’s measures.

Furthermore, recruiters would want to know other good points the student has above studying.

 

Please our subscribe ↓↓↓
HP: http://briidge-for-children.org/
FB: https://ja-jp.facebook.com/pages/Bridge-for-ChildrenKGU/305080959623563

3回生授業内容:企業分析プレゼンテーション2

こんにちは。

小西ゼミ3回生の矢野可南子です。

いつも小西ゼミのブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は、7/7のゼミで行った企業分析のプレゼンテーションから私が学んだことを、少しお話しさせていただきます。

このプレゼンテーションでは、ゼミ生が4つのグループに分かれ、それぞれのグループごとに同業種・競合の企業を2社選び企業理念や経営戦略などについて発表を行いました。

7/7は2グループによる、メディア業界の「Youtubeとdwango」とトイレタリー業界の「ユニ・チャームとP&G Japan」のプレゼンテーションがありました。

グループで企業分析を行い、他の班のプレゼンテーションを聞き、小西先生やゼミ生からのフィードバックを受ける、という一連の流れを通して私が学んだことは「プレゼンテーションの準備がいかに重要であるか」ということです。正確な情報を収集することや、プレゼンテーションの内容についてグループ内で連携をとり一貫性を持たせること、発表練習を入念に行うことなどたくさんの準備が積み重なって、聴衆が聞いて面白い と思うプレゼンテーションができるのだと思いました。これからプレゼンテーションを行う際は、より質の高いものを目指して準備していきたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Hello, everyone. Thank you for reading this blog. My name is Kanako Yano, 3rd grade student of Konishi seminar.

Today, I would like to tell you about my having learned from the presentation of the company analysis that we went for by seminar of July 7.

First, we divided members into four groups, and each group chose two companies which are same category of business and rival. Then, we will make a presentation about corporate business or management strategy. On July 7, 2 groups gave presentation. The first group focused on “Youtube and the dwango” which are media companies. The second group focused on personal care companies, “Uni Charm and P&G Japan”.

I learned how preparations for presentation were important through these process of performing company analysis in a group, hearing the presentation of other groups, and receiving feedback from Prof. Konishi and member of this seminar. By making many preparations, I thought we could give presentation which audience are attracted. For example, collect correct information, take the cooperation about contents of the presentation in a group and letting consistency last, and perform an announcement exercise elaborately. I would like to prepare and make a quality presentation as much as possible as a next time.

Thank you for reading.

小西研究室ホームページ、Facebookはこちらから↓

HP: http://bridge-for-children.org/

FB: Bridge for Children,KGU

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2015/7/21 22:41

オープンキャンパス2015のお知らせ

2015年度 三田キャンパス主催オープンキャンパス
ー小西ゼミブース出展のお知らせー
++++++++++++++++++++++
●日時:7/26 (日) 10:30〜15:30 (入退場自由)
●場所:三田キャンパスアカデミックコモンズ1階プレゼンテーションルーム1
●小西ゼミブースのテーマ:
 『世界の扉をひらけ!~学生の国際協力のカタチ~』
●詳細:
小西ゼミでは、本学部入学後にゼミ生が見つけた「新しい自分」をテーマに出展します。
本学部の授業・課外活動及び、国際プログラムでの経験を中心に、
そこから新しく発見した自身の興味・培った能力・やりがい等についてお伝えします。
また「何でも相談会」「一人暮らしの学生のスペース」「学生生活の写真の展示」もご用意しております。

〈その他団体による国際協力関連の展示〉
・学生国際協力団体Bridge for Children, KGU
・ベトナムフィールドワーク
・ニュージーランドでのワーキングホリデー
・マレーシアでの国際社会貢献活動
・カナダ・トロント大学での留学
・ボランティアサークル「くじら」

++++++++++++++++++++++

オープンキャンパスは総合政策学部について様々な視点からみつめることができる貴重な機会です。オープンキャンパスへ訪れると、教授のお話を聞くことができたり、大学生の雰囲気を自分の目で確かめることができ、実際、今まで数多くの学生がオープンキャンパスへの参加を機に、入学を決意しています。

「どの大学を受験しよう?」「政策学部では何が学べるの?」「三田での一人暮らしって大変?」など迷いや不安をお持ちであれば、ぜひ一度「三田キャンパス主催オープンキャンパス2015:小西尚実ゼミ出展ブース」へお越しください。1人でも!友達とでも!ご家族とでも!
国際的で、個性あふれるお話だいすきなゼミ生が皆様とお会いできるのをお待ちしております。

ご精読ありがとうございました。

3回生 フィリピン・フィールドワークについて

こんにちは。 

小西ゼミ3回生の白井佑季です。 

投稿が一日遅れてしまい、申し訳ありません。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。 

 

春学期の小西ゼミの授業は77日をもって終了し現在はテスト期間の真っ最中です。 

 

今回はテスト後に控えております、小西ゼミの有志メンバーによる

フィリピンフィールドワークの準備の様子についてご紹介します。

本年度の小西ゼミフィリピンフィールドワークでは、

ゴミ山の子供達やストリートチルドレンなど貧困層の子供達への教育支援活動や

アジア開発銀行の訪問などを予定しております。

そこで私たちはそのフィールドワークに向け、主に3つの準備を行っています。 

まず1つ目が、子供達への教育支援のプログラムの準備です。

今年は科学実験や手洗いの仕方を歌に合わせて教える衛生教育などを考えており、

現在その内容決めや練習をみんなで行っています。 

2つ目は、アジア開発銀行について知識を深めるための勉強会です。

アジア開発銀行の訪問に備え、一緒にアジア開発銀行を訪問する同学部の坂口ゼミのメンバーと

勉強会を行っています。勉強会では、アジア開発銀行の基礎知識や戦略を中心に勉強を進めています。 

3つ目は、英語の勉強です。フィリピンではプログラムの中で子どもたちに英語で説明をすることや

現地の方とお話をする機会があるので、英語で話すことに慣れるためにメンバーであつまり、

テーマに沿って英語でディスカッションを行っております。 

 

テスト期間に入り、思うように準備が進まない時もありますが、

このフィールドワークを通してより多くのことを学べるよう、準備段階を大切に取り組んでいきたいと思っています。 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。 

 

Hello, everyone. Thank you for reading this blog. My name is Yuki Shirai, and I am a 3rd grade student.  

 

We finished the last class of Konishi seminar in spring semester in July 7th, and we are in the middle of exam week now. 

Today, I’ll introduce the preparation of the fieldwork in Philippines by the members who want to go in Konishi seminar. We will do education support for poor classes children like street children in Philippines, and go to Asian Development Bank office. Therefore, we are preparing three things for fieldwork in Philippine. 

 First, we are preparing program of education support for children. In this year, we think we want to do scientific experiment and health education about washing hands through singing a song. Therefore, we are deciding the detail of program, and practicing these performances now.  

 Second, we hold study session to get more knowledge about Asian Development Bank. We study about it with Sakaguchi seminar members who major in the same field of study. We study the basic knowledge about Asian Development Bank, and strategies of it mainly. 

 Third, we do English discussion about the theme which we decided to get used to speak English, because we have some opportunities which we speak English to explain the program to children and talk with people who live in Philippines.  

 

It is hard to prepare for fieldwork during exam week, but we want to cherish the step of preparation to learn a lot of thing in Philippines. 

     

Thank you for reading. 

 

小西研究室ホームページ、Facebookはこちらから 

HP: http://bridge-for-children.org/ 

FB: Bridge for Children,KGU 

 

「七夕のなな(7/7)不思議」

本日の記事は4回生の松本脩平が担当させていただきます。

本日は七夕についてお話したいと思います。というのも、先日韓国に住む友達に「日本にも七夕があるけど、私の国にも七夕の文化はあるよ!」ということを教えてもらいました。七夕は日本だけの文化だと考えていたので、海外に七夕があることに驚きました。そこで、私は韓国の七夕について調べてみました!

【海外の七夕について】
韓国の七夕は日本の七夕と異なりお願いごとを短冊に書いたりすることはしません。韓国では七夕は「恋人達の日」とされています。そして、彦星と織姫を永遠の愛の象徴とし、恋人同士が変わらぬ愛を約束するためにイチョウの木の種を贈り合う習慣があります。現代では恋人に関わらず、家族同士でもプレゼントを贈り合っているそうです。そして、日本と違い、七夕で雨が降った場合、「星が隠れて二人が会えない」と考えるのではなく、「二人が再開を喜んで流した涙」と考えるそうです。
この学びを通して、国が違えば七夕等を祝う方法が異なることを知りました。それだけでなく、私は海外の七夕における雨を「二人が再開して喜んで流した涙」という考え方を尊重し、来年から日本でも雨の七夕も楽しめると思います。

皆さんも海外にも目を向け、少しだけ海外の考え方などを参考にしてみてはいかがでしょうか?最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

小西研究室ホームページ、Facebookはこちらから↓
HP: http://briidge-for-children.org/
FB: https://ja-jp.facebook.com/pages/Bridge-for-ChildrenKGU/305080959623563

Hello everyone. I’m Shuhei Matsumoto.
Thank you for reading this article. Today I will tell you about “the Star Festival” in Japan and Korea. This is because that my friend who lives in Korean said there is the Star Festival in Korea. So, I will compare Korean the Star Festival with Japanese one.

The Star Festival in Korea is different from Japanese style. Korean does not write wish in a strip.  The Star Festival in Korean is said “couple day”. Orihime(Vega) and Hikoboshi(Altair) are the symbol as forever love, and couples in Korean present maidenhair tree each other for promising forever love. Recently, family and friends present anything. Finally, I explain about different point from Japanese to Korean. In Japan, people think that Vega and Altair cannot meet each other in rainy day. However, in Korea, people think Vega and Altair are crying for meeting again in rainy day.
Though this column, I learn that each country has different way of celebration. In addition, I respect other country’s different point of views about the Star Festival. So, I will enjoy next  Star Festival if it is rainy day in Japan.
Thank you for reading this column .
Please subscribe ↓↓↓
HP: http://briidge-for-children.org/
FB: https://ja-jp.facebook.com/pages/Bridge-for-ChildrenKGU/305080959623563

三回生授業内容:企業分析 プレゼン発表1

こんにちは。小西ゼミ3回生の真田佑梨乃です。

投稿が予定の火曜日より1日遅れてしまい申し訳ございません。

学内ではテストが近づき、学生はレポート課題などで忙しくなってまいりました。

さて、本日は6月30日に行われた3回生ゼミの授業内容をご報告いたします。

一週間前に更新した記事で紹介がありました通り、授業では企業分析のグループプレゼンテーションを行いました。企業分析を早い段階から始めることで、基礎的な情報を収集し、最終的には就職活動の企業選択で役に立つようにという目的で行っています。本日はこの場をお借りして、前回の授業で取り扱われた小売業と商社についての企業分析の内容をご紹介したいと思います。 

まず一つ目の班のプレゼンでは、UNIQLOとH&M in Japanに着目して、それぞれの企業理念や経営戦略などを調べた上で、企業の強みを分析、そして最終的にどちらの企業に入りたいかを発表しました。

フィードバックとして小西先生が指摘されたことは、企業ごとに求められる人材は違うため、2社に分けて分析を行う必要があるということでした。また「企業の経営戦略がきちんと機能しているのか」はより信頼ある資料を用いて分析する必要性があるということです。

もう一つの班のプレゼンでは、伊藤忠商事と丸紅に焦点を当てて、プレゼンを行いました。ワークライフバランスを重要視する両商社の共通点や相違点を比較した分析が印象的でした。

この班は総合商社に求められる人材の特徴をきちんとつかめてはいるものの、①具体的な内容がもう少しほしかった、②キャリアパスの例としてあげた関学生についてもう少し調べたほうが私たちも想像つきやすかったのではないかという意見がでました。

両グループ共にまとまったプレゼンであり、フィードバックを通してさらに学べたことがあったのではないかと思います。私のグループは次の授業でメーカーについての分析を行うので、今回のフィードバックを活かして質の良いプレゼンができるように頑張りたいと思います。

少し長くなりましたが、最後までお読みいただきありがとうございます。

Hello, everyone! This is Yurino Sanada, I’m a junior from Konishi’s seminar and today’s post writer. I apologize for the late update.

It has been busy as of late due to our many reports and assignments. 

We have just started another set of presentations in order to analyze pairs of companies competing on the same industry.

In the early stages of job hunting it is of utmost importance to gather basic information from a lot of companies to be able to decide where you want to work. This time we will be focusing on retail and general trading companies.

The first presentation group focused on UNIQLO and H&M in Japan and talked about each company’s vision and management strategy. Having analyzed the strengths of each company they used this information as a basis for judgment in order to decide which company they’d like to enter eventually.

There were several feedback comments from Prof. Konishi. First, we needed to analyze each company separately to analyze their needs on human resources. Then, we had to look up using reliable sources whether the management strategy was being well enforced.

The next presentation group focused on Itochu Corporation and Marubeni Corporation. Their presentation was very impressive and focused on the common points and differences between these two companies that have seemingly put a lot of effort into creating a good work-life-balance environment.

Prof. Konishi pointed out that even though they got a grasp on these companies’ human resources policies there were two shortcomings about this presentation; first, a more detailed development of the contents would be necessary, and concerning the Kangaku student’s career path example they should have deepened their investigation in order for everyone to easily relate to and understand it.

Through these presentations and the subsequent feedback comments we could learn a lot of things. My group will have to do a presentation next week, so I’d like to use what I learned this time to try and make a quality presentation.

Thank you for reading.

小西研究室ホームページ、Facebookはこちらから↓

HP: http://bridge-for-children.org/

FB: Bridge for Children,KGU

4回生学部ブログ:卒業論文の内容について

皆様、こんにちは。本日もブログをご覧頂きありがとうございます。

小西ゼミ4回生の片岡謙太です。今回のテーマは、4回生が取り組んでいる「卒業論文」についてご紹介させて頂きます。具体的に、お伝えすることは以下2点です。

①    小西ゼミ4回生の卒業論文の内容

②    小西ゼミでの卒業論文に関しての指導

①    小西ゼミ4回生の卒業論文の内容

卒業論文のテーマは、各個人によって大きく異なり、実に多岐に渡ります。例として、ジェンダー問題、キャリア開発、国際協力、BOPビジネスに関する内容に取り組んでいる学生もいます。そのため、卒業研究では、経済、政治分野といった限定的な制約を受けることなく、個人の関心に合わせたテーマを選び研究することができます。

私は、現在、「アフリカにおける日本のODA(政府開発援助)の在り方」について研究をしています。具体的には、アフリカの発展にとって必要とされるODAの在り方や、日本の外交上の利益につながるかを研究しています。

小西ゼミでの卒業論文作成のポイントは、ただ参考文献をまとめるだけではない点です。具体的には、トピックに対して必要となる情報を、自ら専門家のもとに足を運びインタビューを行い、研究対象となる人々に対してアンケート調査を行うことが非常に重要視されます。というのも、卒業論文は、単なる資料の要約レベルで終わるのではなく、既存研究にない、一歩先の独自性を含んだ研究をつくる必要があるからです。

そのため、私はアフリカでのODAに関して、実際にJICA関係者の方に、お時間を頂きインタビューをさせて頂きたいと考えています。

②    小西ゼミでの卒業論文に関しての指導

現在、小西ゼミ4回生の授業では、各学生が卒業論文作成の際に必要となるアンケート資料やインタビュー項目作成について小西先生からのアドバイスを受け、質の高い卒業論文づくりに向けて励んでいます。

アンケートやインタビューでは、対象者や専門家の方々から大変貴重なお時間を頂くため、項目づくりに対しても無駄がなく、核心をついたものをつくる必要があります。それゆえ、例としてアンケート作成の指導では、鋭い指摘を受け、すべての質問項目がアンケートの目的と合致しており、無駄なく必要不可欠な項目づくりを行っていきます。こうした調査作業はいずれ社会人になっても行わなければならない可能性があるので、しっかりとゼミを通して学んでいきます。

卒業論文は、大学4年間の集大成として卒業後も形として残るものであるため、悔いの残らないように研究を進めていきたいと思います。

最後まで、お読み頂きありがとうございます。

Hello, everyone. Thank you for dropping by this Konishi Seminar introductory page. My name is Kenta Kataoka, 4th grade student. What I would like to introduce today is about graduation thesis. Basically, this column goes through the topics that the students are researching and what kind of advices they can get from the professor.

In Konishi Seminar class, students can basically research variety of topics depending on their interests such as gender issues, international cooperation and career development and Bottom of the pyramid (BOP) business. Therefore, it may be interesting for you to know what each of them are researching.

For instance, I am currently studying “The Effectiveness and Prospects of Japanese Official Development Assistance in Africa”. To put it simply, I am researching what sort of Official Development Assistance is necessary for the future development of Africa. Also, how the development can be connected to the diplomatic benefit of Japan.

The significant point for making the graduation thesis in this seminar is not just summarizing other relevant articles but getting the information from the professionals thorough interviews and questionnaire. Since we can not waste their precious time, the questionnaire questions has to be clear and sophisticated. Possibly in the future, students may get the chances to survey in the job. Therefore, it will be very useful skill at the same time.

In the seminar class, the professor gives each of the students very useful advice about the interview and questionnaire questions related to their graduation thesis. In the end, once graduation thesis is written, it lasts forever as the academic result. Therefore, I will put all of the efforts to write the graduation thesis with satisfactory quality.

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人事政策、能力開発・キャリア開発 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく人事管理業務に携わっており、...

カテゴリー一覧