フィリピンフィールドワーク〜チャイルドホープ&ストリートチルドレン〜

フィリピンフィールドワーク

〜チャイルドホープ&ストリートチルドレン〜

 

皆様、こんにちは。

小西ゼミ3回生の長谷川優衣と申します。いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

今回は、フィリピンフィールドワークのチャイルドホープについて、また、そこで私たちが行った活動内容についてご報告させて頂きます。

 

チャイルドホープについて 

チャイルドホープとは、フィリピンなど路上での生活や労働によって生じる危険から子供達を守るための活動を行う非営利政府団体です。ストリートチルドレンが自分自身の生きる価値に気づき、自身の能力を最大限に生かすことの出来るような支援を行っています。

ストリートチルドレンとは、親や大人に養育、保護されることなく、路上などで睡眠をとり、家を持たない子供のことを言います。

ストリートチルドレンは生計を立てる為に多くの時間を路上で過ごしており、大人からの保護や指導を受けられず、一日6〜10時間労働している子供達であり、具体的には、靴磨きや物乞い、売春などで生計を立てています。このような状況に陥ってしまった原因として、家庭の貧困や家庭内暴力などが挙げられ、生じるリスクは栄養失調などの健康の被害や大人からの強制労働や暴力、また薬物依存などの危険があります。そのような子供達に対してチャイルドホープはストリートエデュケーションという路上での代替的な教育を行っています。具体的には移動教室車を利用し、DVDなどを通し、教育や子供達へのカウンセリングも行います。支援を通して、子供達が大人になった際に必要な知識や行動を身に付けてもらい、社会の一員として生きていけるよう支援を行っています。

 

プログラム内容

次に、私たちがチャイルドホープで実際に行ったプログラムをご紹介します。

  1. 自己紹介

子供達に日本の文化に触れてもらいたいという思いから、自分達の名前を習字に表して自己紹介を行いました。

  1. アイスブレーキング

互いに打ち解ける名前で呼び合えるように、星型の名前シールを作り、Tシャツに着けました。

  1. 運動

フラフープ潜りを行いました。全員でチームに分かれ、手を繋ぎフラフープを潜る速さを競い合いました。1位を目指して、少しでも速く潜ろうとする姿が印象的でした。

  1. ダンス

日本で子供達に大人気の「妖怪ウォッチ」のダンスを披露し、全員で楽しく踊りました。

 

現地に到着すると子供達はすぐに駆け寄って来て、名前を呼んでくれました。プログラムを全身で楽しもうとしていて、特にダンスでは、初めて曲を聞いた子供達もすぐに振りを覚え、次第に歌詞を口ずさむようになっていました。帰る前にプレゼントとしてブンブンゴマを渡し、最後にみんなで写真を撮りました。

 

感想

チャイルドホープには、移動教室車を用いたアイデンティティを確立させる為のストリートエデュケーションがあります。そこで、子供たちが自分を価値のないものと認識していることに衝撃を受けました。私たちは、ストリートチルドレンを身よりがなく、孤独な子供たちだと思っていましたが、ストリートファミリーとして子供達同士で助け合って生きていることを知りました。

子供達は素直で日本人の子供と変わらないという印象を受けました。しかし、それは一面に過ぎないのかもしれないと思いました。継続して接し信頼関係を築くことで、新たな一面や、その子の背景が見えると考えます。

現地で活動している方は、目の前でドラッグを吸われた経験があると言いました。しかし、その場でそれを制止することは出来なかったそうです。私たちの目から見ると、ドラッグは危険な行為です。一方で、子供たちにとっては空腹を紛らわすなど、生活の苦を忘れ、生き続けるための手段なのです。従って、私たちが安易にドラッグを制止することは出来ないのです。

この経験から、活動を継続的に行うことで、信頼関係を築くことが大事だと気づかされました。今の私たちには、継続した活動が出来ません。この活動を通し、現状を変えることが出来ないという無力さを感じました。同時に、子供たちの笑顔を見て、自分たちの行った活動に少しでも意味があると感じることが出来ました。

子供たちの真の姿は、実際に現地に行ってみないと分かりません。今回の体験を私たちが伝えることで、次の活動への架け橋となると考えます。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

Hello, everyone.

I’m Yui Hasegawa, 3rd year of Konishi seminar. Thank you for reading this blog.

 

I would like to tell you about field work in Philippines, Child Hope.

 

What is Child Hope?

The Child Hope is a non-profit government organization. It engaged in activities to protect children from the dangers caused by living and working on the street. They support for street children that to ware of the value of themselves, and they can make the own abilities to the fullest.

Street children are spending a lot of times on the street in order to make a living. They cannot be protected from the adults, and they are working for 6 to 10 hours. For example, they do brush Shoes and prostitution. As the reason of cause this situation is that home of poverty and domestic violence. Child Hope is doing an alternative education on the street for such children. For instance, using a mobile classroom car and through the DVD, they teach education and counseling the children.

Through the support, they are hoping for the children that get a knowledge and action required when they become adults. They support children like this so that they can live as a member of society.

 

About Program

First, we did self-introduction, ice braking, sports activity and dancing.

In the self-introduction, we thought that we wanted children to touch the Japanese culture, so gave a self-introduction expressed in calligraphy of our name.

In the ice braking, we made a star of name seal and put on a T-shirt, in order to open up to each other.

In the sports activity, we gave a hula hoop diving. Everyone was divided into team and we competed the speed.

In the dance, we showed the dance called “Youkai Watch” which is very popular among Japanese kids. Everyone looked happy and was having fun.

When we arrive at the local, children were running to us immediately. Everyone was enjoyed the program so much, especially the dance.

They remember the dance soon, and singing the lyrics. Before we go home, we gave them “Bunbungoma” as a gift. Then we took photo with everyone.

 

Finally

In the Child Hope, there are activities for establishing the identity by using a mobile classroom car. When I hared this, I was shocked that the children are recognized themselves as worthless people. I thought children think they are lonely, but I learned that they live a life by helping each other as a Street Family.

I received the impression that street children are similar to Japanese children. However, it might be only one side. I think that it is possible to build a relationship of trust for continuing to take a contact so that we can see the new side of children.

A person who is working at Child Hope said that there is an experience that child smoked the drug in front of her. However, she was not able to restrain it. As for us, the drug is a dangerous act. On the other hand, it is means for children to forget the bitterness of life and to beguile the hunger. Therefore, we cannot stop the drug. I was noticed that it is important to build a relationship of trust by doing the activities continuously. As for now, I felt powerless that we cannot change the bad condition because it is impossible for us to do activities continuously. However, to see the children’s smile, I was able to feel that there is a meaning of the activities we have done.

We never know the true nature of children, if you don’t go to the local.

I thought it is very small thing that we can do for them. However, it is possible for us to tell about this experience so that we can bridge to the next activities, I think.

 

Thank you for reading.

コメント:0

まだコメントはありません。

コメントを投稿する

トラックバック:0

トラックバックURL
http://kg-sps.jp/blogs/konishi/2015/09/29/2374/trackback/
この記事へのトラックバック

まだトラックバックはありません。

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人事政策、能力開発・キャリア開発 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく人事管理業務に携わっており、...

カテゴリー一覧