2015年12月

“CSVという考え方の大切さ“

皆さん、こんにちは。本日も小西ゼミブログをご覧いただきありがとうございます。4回生の片岡謙太です。今回のブログのトピックは「CSVという考え方の大切さ」です。CSR(Corporate Social Responsibility: 企業の社会的責任)という言葉はかなり聞きなれた言葉であると思います。しかし、今回取り上げるのは、今後CSRに取って代わるのではないかと思う考え方です。このCSV(Creating Shared Value:共通価値の創造)とは、2011年にハーバード大学のMichael E. PorterとR.Kramerにより提唱されたコンセプトです。この2人の考え方は、非常に興味深く、ご紹介できればよいなと思います。

では、CSVという考え方とは、具体的にどのようなものなのでしょうか。従来、企業はビジネスを通して「経済的なニーズ」、すなわち市場での利潤追求に対してのみ、アプローチをしてきました。そして、利潤追求とは別に、CSR活動で環境、社会課題といった「社会的なニーズ」に対して社会貢献活動を行ってきました。その背景に、CSR活動を通じて、ブランドイメージの向上とコンプライアンス実施のために行われてきたと言えます。それゆえ、企業にとって「経済的なニーズ」にはビジネスの本業を通じてアプローチし、「社会的なニーズ」にはCSR活動でアプローチをしてきました。まとめると、企業は「経済的なニーズ」と「経済的なニーズ」を別個のものとして捉えてきました。

しかしながら、Michael E. Porter とR.Kramerが提唱するCSVの考え方によると、企業は「経済的なニーズ」を「社会的なニーズ」を別個のものとして捉えず、「社会的なニーズと経済的なニーズを共通のもの」として捉えるということです。すなわち、従来CSRでしか取り組まれてこなかった社会課題に対して、ビジネスという企業の本業を通して社会へのソリューションを提供していくことが、「経済的なニーズ」をも満たすということを意味します。

社会課題を解決することにより、その企業に対する社会からのニーズがさらに高まり、「短期的な経済的なニーズ」のみを満たし収益を上げるビジネスをしている企業との差別化を図ることができるという利点が企業にとっても挙げられます。それは、その企業にとっても競争力となりえるはずです。こうした考え方は、NestleやHPといった多国籍企業ではすでに取り込まれており、日本企業ではまだあまり取り入れられていないと言えます。それゆえ、今後より多くの日本企業でもCSVという考え方への認知が深まり、利潤追求を行う上でも、「社会的ニーズ」、環境、社会の抱える問題の解決へのソリューションがより提供されるようになればと私は思います。その理由として、世界の抱える貧困や環境問題といった社会課題解に、企業の持つ技術力や環境性能を活かせる可能性が非常に大きいからです。それゆえ、国際機関、政府、NGOだけでなく、CSVという考え方を通じて民間レベルでの、ビジネスを通じた社会課題解決が今後より促進されることが必要ではないでしょうか。

本日も小西ゼミブログをご覧いただきありがとうございました。

参考資料:https://hbr.org/2011/01/the-big-idea-creating-shared-value

小西研究室のFacebookはこちらから↓

FB:https://ja-jp.facebook.com/pages/Bridge-for-ChildrenKGU/305080959623563

“Importance of CSV (Creating Shared Value)”

Good afternoon, everyone! Thank you for dropping by Prof. Konishi seminar blog. My name is Kenta Kataoka, senior student. Today, the blog topic is about the importance of CSV (Creating Shared Value). I am not sure how many of you have heard this concept. Recently, I have read one article from Harvard Business Review. The article brings me new perspective toward the competitive business role model for the next decade. The article was written by Michael E. Porter and Mark R. Kramer. Therefore, it would be great opportunity for me to introduce their concept and my idea as well.

So what is CSV? As far as I know, Creating Shared Value means not only considering the economic needs through the business but also recognizing the societal needs through the business. Most of the companies still try to find business competitiveness in the economic needs not in the societal needs. However, what Michal E. Porter pointed out here is that the idea of creating shared value puts emphasis on addressing societal needs and challenges through the business. Aside from the CSV, most of the companies traditionally have taken their responsibility toward the society through CSR( Corporate Social Responsibility) activities. Therefore, societal needs and economic needs are divided in different area. However, there are massive business opportunities in the societal needs. If the certain company could supply business solutions toward the societal needs, the number of competitors are far less than the ones in traditional business fields. At the same time, the demand toward the company will also goes up as they solve more societal needs through the business.

Overall, the idea of Creating Shared Value has to be more widely recognized by Japanese companies. CSV is already recognized by multinational corporations such as Nestle and HP. However, in Japanese companies, the idea of CSV has not prevailed widely yet. Therefore, it would be great if more and more companies business model could be create shared value with society. Some companies have great technology. By companies’ technological strength and environmental friendly products, it can be said that many companies have their potential for solving the global issues such as poverty, environmental issues. Therefore, it would be great if more contribution can be provided from private sector business based on idea of CSV. Eventually, it will make the world much better for the sustainable future. Thank you for reading.

Referance: https://hbr.org/2011/01/the-big-idea-creating-shared-value

Konishi seminer facebook page (in Japanese only)

FB: https://ja-jp.facebook.com/pages/Bridge-for-ChildrenKGU/305080959623563

心を強くする秘訣

今年も残すところ一週間となりました、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

本日の記事は松本脩平が担当します。


「人の心は強くなる。〜困難に打ち勝つためには〜」

本日のテーマは、私の卒業論文のテーマでもあった人の心の強さについて

ご説明したいと思います。


読者の皆様もこれまでの人生の中で、逆境や困難に遭遇したことがあると思います。例えば、大学受験や部活動のレギュラー争い、就職活動など様々なシーンの中に、困難は存在します。こうした困難な状況に陥っても人は自ら立ち直ることができる精神力を持っている人もいます。しかし、自分が思い描いていたように物事が進まない時は、どうしてもストレスを感じてしまったり、未来を前向きに考えることができなくなる時もあると思います。私自身も就職活動中は思うように内定ももらえず、就職活動からにげだしたくなりました。こうした経験からどうしたら心をつよくすることができるのかということを考えるようになり、卒業論文で心を強くする方法を研究しました。

そこで、私が卒業論文を作成した際に見つけた心を強くする2つの方法を提案したいと思います。

運動などのリフレッシュができる趣味を見つけること

小さい成功体験を積むこと

2について少し補足をしたいと思います。私は卒業論文で様々な人にアンケートをとり、人生の中でどういったときに心が強くなるのかという調査を行いました。その結果、心が強くなる瞬間は人生の瞬間で自分に自信がついた時ということが分かりました。つまり、小さい成功体験を積むことが心を強くする近道ということです。

私自身、以前ダイエット宣言をした時、2か月で3キロ痩せるという大きな目標をたてるのではなく、1週間で0.3キロ痩せるという小さい目標を設定しています。こうして成功体験を積むことで自らに自信がつきダイエットにも成功することができました。

このように、皆さんもこれからの人生で挫折してしまいそうな時があると思いますが、小さい目標を設定し、成功体験を積んで心を強く前向きに人生を楽しんでいただけたらなと思います!

小西研究室のFacebookはこちらから↓

FB:https://ja-jp.facebook.com/pages/Bridge-for-ChildrenKGU/305080959623563


This is Shuhei Matsumoto, nice to meet you. Today I will explain about how do you get stronger mind against big problems.
Maybe you have even conflicted big problems, haven’t you? For example, exam to passing university, race of starting member in club and job hunting, which is the big problems for us.when you face conflict problems, we feel nerves. Especially, you become nerves when we cannot control to get over problems.But you can get over problems with your mind of stand stress. Sometimes we cannot get over problems. In fact, a lot of Japanese retire company by three years. So, I explain the two ways of getting over problems.

1. finding hobby that you act like sports
2. Archiving little goal which you can success to
In more detail 2. When you try to archive anything, you make big goal. But it is difficult to archive the big goal. Now, we can try to reduce my weight, but I cannot continue that. The cause of stopping that, you and I make too big goal. So, you should make little goal that you can archive easily. After archiving that, you will be able to get confidence. Finally, you can stand big problems whenever.
I want to archive the students who have job hunting next years with this thinking.Thank you for reading.

Konishi seminer facebook page (in Japanese only)

FB: https://ja-jp.facebook.com/pages/Bridge-for-ChildrenKGU/305080959623563


クリスマスってなんだろう?

こんにちは。小西ゼミ3回生の杉上美穂子です。

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

日本では近年、ハロウィンやバレンタインなど、海外から伝わった風習が広まっています。一方、本来の形を壊していると異論を唱える人も増えています。しかし、両者ともそうした風習の本来の形を理解している人は少ないと思われます。クリスマス間近のこの時期に、一度考える機会を設けてみてはいかがでしょうか。本日はこのブログを通じ、クリスマスの由来と海外のクリスマスの過ごし方をお伝えいたします。

クリスマスとは

約2000年前に生まれたイエス・キリストの生誕を祝う「キリストの降誕祭」のことです。しかし、12月25日に誕生したかどうか、明確にされていません。当時ローマでは、勢力の大きい異教が12月25日を太陽神の祝祭日と定めていました。一説では、初代キリスト教指導者たちが、対立せずにキリスト教を異教徒に広めるために、12月25日をクリスマスにしたと言われています。

海外のクリスマス

ここでは、独自のクリスマスの習慣を持つ3つの国が、どのようにクリスマスを祝っているのかをお伝えします。

<ロシア>

ロシア正教は1月7日をクリスマスと定めています。しかし、大抵は12月25日もクリスマスを祝うため、多くの人は2度クリスマスを迎えます。また、クリスマスは家族で祝うのが一般的だといいます。

<フィリピン>

フィリピンでは8割以上の人々がキリスト教を信仰しています。国民的行事の多くが宗教に基づいているフィリピンでは、クリスマスが最も大切な日とされています。そのため、早い場合は9月頃からクリスマスの準備が始まります。また、キリスト教徒が約8割のフィリピンでは、12月の中旬からミサが行われ、クリスマスイブにかけて多くの人が出席します。フィリピンでもクリスマスは家族で集まり、盛大に祝います。

<オランダ>

オランダにはサンタクロースの起源ともいわれる、シンタクラースがいます。12月5日~6日は「シンタクラースの日」と言われ、靴の中にプレゼントを入れてもらいます。私もオランダで幼少期を過ごしましたが、靴の中にトナカイ用のニンジンを入れて、シンタクラースに受け取ってもらえることを心待ちにしていました。この日とは別に、12月25日にもクリスマスを祝います。

いかがでしたか。日本でも、クリスマスは恋人や家族と過ごす大切な時間として考えられています。一方で、企業戦略の一環としかとらえられていない一面もあります。日本を含み、クリスマスの形は国によって大きく異なることがわかります。それぞれの文化に合わせた結果、現在のクリスマスが形作られたように感じました。

海外の風習を受け入れることに賛同するか否かは本人次第です。しかし想像のみに基づいて判断を下すと、偏見を含む意見になりがちだと思います。賛否に関わらず、物事の背景を知っておくことが大切ではないでしょうか。ブログを読んでくださった皆様も、ぜひいろいろな背景に目を向けてみてください。新たな発見があるかもしれません。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

小西研究室Facebookはこちらから↓

FB: https://ja-jp.facebook.com/pages/Bridge-for-ChildrenKGU/305080959623563

Hello. I am Mihoko Sugiue, the 3rd grade of Konishi seminar.

Thank you for reading our blog every time.

In Japan, customs coming from other countries have become famous recently. People hold party in each season. On the other hand, some people emphasize that Japanese people break the original customs. However, many of two parties do not understand much about the original meaning of these customs.

This is good time to think about customs because Christmas is coming soon. Today, I am going to tell you about the roots of Christmas and the way of spending through this blog.

Origin of Christmas

Christmas means “birth celebration of Jesus Christ”, who was born about 2,000 years ago. However, it is unclear whether his birthday was December 25th or not. At that time in Rome, one of the paganism had great influence and had established “celebration of sun god” in December 25th. One theory has it that the first Christian leaders decided the celebration date because of spreading Christianity without any antagonism.

Christmas of other countries

Three countries, Russia, Philippines, and Holland, have unique customs of Christmas. I would like to show you about the way of celebration in Christmas.

<Russia>

Christmas of Russian Church is January 7th. However, most of Russian people celebrate Christmas in December 25th too. So many people have Christmas twice. Generally, they celebrate Christmas with their families.

<Philippines>

There are 80% Christians in Philippines. National events are based on religion, and Philippine people consider that Christmas is the most important day in a year. So the fastest case, they start preparing for Christmas in September. In Philippines, about 80% people are Christian. So many of them join a mass from the middle to 24th in December. They celebrate Christmas grandly with their families.

<Holland>

In Holland, there is Sinterklaas, the origin of Santa Claus. “The Sinterklaas days” are December 5th to 6th. He gives some presents into children’s shoes. I have lived in Holland when I was a child. So I was looking forward to coming him with putting carrot for reindeer in my shoes. Dutch people also celebrate December 25th.

What did you think about Christmas customs in other countries? In Japan, Christmas is considered as the important day for couple and family. On the other hand, some people criticize Christmas as part of companies’ management. These customs are different in every countries, including Japan. I felt that Christmas customs are based on their own culture.

It is your own decision whether or not approve customs coming from other countries. However, we tend to have biased opinions if we judge with only our own image. We should understand the background of customs. I expect you to learn various background. You might be able to get new discovery.

Thank you for reading.

Konishi seminer facebook page (in Japanese only)

FB: https://ja-jp.facebook.com/pages/Bridge-for-ChildrenKGU/305080959623563

企業が世界を変える

こんにちは、本日のブログを担当するのは4回生の重本です。
大学4年間の集大成として卒業論文があると思いますが、今回は私の卒業論文のテーマであるBOPビジネスについて述べたいと思います。私は今回の研究を通して、「貧困層にはお金がないから物を買うことが出来ない。故にビジネスの対象ではない」という「私の中の常識」が覆りました。

BOPビジネスとは、途上国における貧困層を消費者、生産者、販売者とする持続可能なビジネスです。これは、結果として現地における様々な社会的課題の解決に資することが期待される、新たなビジネスモデルです。
社会における企業の役割が見直されるようになったのは、2000年代に入り国際機関が世界に協力を促してからでした。現在では、多くの経営者が貧困問題をビジネスで解決するという姿勢を持っています。マイクロソフト社のビル・ゲイツ氏は今日の資本主義に疑問を投げかけ豊かな人と同様に貧しい人たちにも利益が結びつくようにすべきだと述べました。また、グラミン銀行のムハマド・ユヌス氏は、民間企業のエネルギーが、人類が直面する重大な危機を解決するために使われるようにすべきだと言いました。

開発途上国では教育、衛生、医療など生活環境に対する様々な課題を抱えています。例えば、ナイジェリアでは食事の絶対量の不足により栄養不足が問題となっているのですが、味の素(株)は彼らの健康状態を改善するため、低所得者層でも購入できる栄養調味料を小袋(約3円)で販売しています。民間企業が貧困層を顧客として捉え、開発途上国が抱える問題を解決する事が出来れば、双方に利益を生むビジネスが可能となります。より多くの企業がBOPを顧客として捉え、BOP層へ選択の自由を与えることで貧困という苦しい環境から抜け出せる機会を提供することが望まれる。

ご精読ありがとうございました。
参考:経済産業省https://www.bop.go.jp/bop 、プラハラード(2010)『ネクスト・マーケット』英治出版

小西研究室Facebookはこちらから↓
FB: https://ja-jp.facebook.com/pages/Bridge-for-ChildrenKGU/305080959623563

Hello, this is Maki, a 4th grade student in Ms. Konishi’s seminar, and I would like to share my new view toward companies’ roll. Most people tend to think that targeting in business should be done toward wealthy people. However, a new business model is changing their thoughts.

Today, multinational corporations (MNCs) sell to the poor and helping them improve their lives by producing and distributing products and service in sustainable and economically profitable ways. Bill Gates, a Microsoft Chairman and co-founder, offered his vision to find a way to make the aspects of capitalism that serve wealthier people serve poorer people as well. Also, Grameen’s founder Muhammad Yunus said that energy of companies should be used toward solving human crisis.

For example, Ajinomoto, a Japanese seasoning company, made affordable seasonings with Nigerians which improve their nutrition. If MNCs can produce goods with the poor, they may improve their lives, and both can have benefits. I hope more MNCs to have interest and understanding of them, share the value, and play a more active role in serving the poor and wider people.

Thank you for reading.
Konishi seminer facebook page (in Japanese only)
FB: https://ja-jp.facebook.com/pages/Bridge-for-ChildrenKGU/305080959623563

メディアと私たち

こんにちは。

いつも小西ゼミのブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は、3年生の矢野が担当いたします。

 

本日は3年生のゼミで行っているPCM(Project Cycle Management)手法を通して私が感じた日本人とメディアの関係についてお話させていただきます。

 

PCM(Project Cycle Management)手法とは、開発援助プロジェクトの計画立案・実施・評価という一連のサイクルを、プロジェクト・デザイン・マトリックス(PDM)と呼ばれるプロジェクト概要表を用いて運営管理する手法です。現在、私たち3年生はこのPCM手法を使い「日本の人口減少に伴う高齢化と介護業界の人手不足」の問題解決するためのプロジェクトを作成しています。

 

厚生労働省の報告によると、日本の人口は2004年にピークを迎え、年々減少しています。65歳以上の人口は増え続ける一方で、15歳~64歳の労働人口は減少していくという少子高齢化に日本は直面しているのです。人口減少により労働人口は減少しますが、介護職員数は今後倍以上になる必要があると見込まれています。

 

私たちの班では、外国人労働者に焦点を当て「介護業界の人手不足」の問題解決への分析を行っています。外国人労働者は低賃金であったり長時間労働であったりと日本で置かれている現状はとても厳しいです。そして、私はこのように厳しくさせている要因のひとつにメディアの影響があるのではないかと考え、日本のメディアが私たちに与える影響の大きさに気づきました。日本では外国人の犯罪が起きると「○○人容疑者」などと国籍を露にして報道が行われています。私たちは会ったことや行ったことが無かったとしても外国の人や外国に対して何かしらのイメージを抱いていると思います。そのイメージはメディアによって作られていることが多いのです。

 

これから私たちは、どのようなプロジェクトをとるかというプロジェクト選択の段階に入ります。この問題に対してのプロジェクトを考えて終わるのではなく、PCMで身につけた物事を多角的に捉える視野をこれからの大学生活、サークル活動やアルバイトなどに活かしていきたいと思います。そしてメディアが伝える情報を鵜呑みにしないということだけでなく、その情報がどのような背景を持っているのかという点にまで関心を持とうと思います。

ご精読ありがとうございました。

 

小西研究室Facebookはこちらから→ https://ja-jp.facebook.com/pages/Bridge-for-ChildrenKGU/305080959623563

 

Hello, everyone.

Thank you for visiting our blog.

This article was written be Kanako Yano, 3rd grade student in Konishi seminar.

 

Today, I tell you about the relations of Japanese people and the media which I felt through PCM (Project Cycle Management) technique reaching by the seminar of the 3rd grade.

 

PCM (Project Cycle Management) technique is technique to run a series of cycles which plan drafting, enforcement, the evaluation of the development assistance project using a project summary list called the project design matrix (PDM), and to manage. We make a project for “Aging with the population decline of Japan and labor shortage of the care industry” to solve the problem using this PCM technique now.

 

According to the report of Ministry of Health, Labor and Welfare, the population of Japan peaks in 2004 and decreases year by year. Japan faces the low birthrate. The aging that the working population of 15 years old – 64 years old decreases while the population over 65 years continue increasing. The working population decreases, but it is anticipated that the number of the care staffs will have to become than double in future.

 

Our team focuses on a foreign worker and perform the analysis to the solution to the problem of “the labor shortage of the care industry”. The present conditions of foreign workers are very severe in Japan. Their income is very low and their working time is so long. I thought that media effects on one of the factors that let foreign workers make it severe in this way. I noticed size of the influence that the Japanese media gave us in that. The media exposes the nationality of the suspect and reports that the crime of the foreigner happens in Japan. I think that we have some image towards the person of a foreign country and the foreigner even if there were not our having met and having been. The image is often made by the media.

 

We move to the next step which choose the project. I want to use of having a multidirectional field of vision in the life of courage after PCM was over. I do not swallow all information and I think to be interested in a point what kind of background the information has.

Thank you for reading.

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2015/12/15 21:15

心の貧困とは??

皆さんこんにちは。
小西ゼミ4年生の岸萌美です。
いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

突然ですが皆さんは、「貧困に苦しむ子ども」と聞いて、どんなビジュアルを頭の中に浮かべますか?

・・・いかがでしょうか。皆さんの頭の中に浮かんだ子どもたちの姿は、栄養失調でおなかが膨らんでいたり手足が細かったりなど、目に見えて貧しいとわかるものではないでしょうか?
またその子達は、南アフリカや東南アジアに住むような子達ではなかったでしょうか?
しかし世界には、皆さんが想像しているエリアとはまた別の場所で貧困問題が絶えず存在しています。
本日は、あまり明るみにされていない、中国農村部で問題視されている「留守児童問題」について皆さんに紹介したいと思います。

中国人と聞くと、ブランド品を身につけ「爆買い」目的で訪れる裕福な観光客を思い浮かべる方も多いと思います。
実際中国人観光客は増え続け、2014年の中国人の日本訪問者数は前年2013年の83.3%増、240万9200人といわれています。(引用元:http://news.mynavi.jp/articles/2015/02/18/hounichichinese/)
しかしそのイメージとは裏腹に、中国の総人口の10%を占める約1億2800万人が今も貧困に苦しみ続けています。
中国の人口は13億人、うち農民戸籍を持つ人が9億人、都市戸籍が4億人であるとも発表されています。農民戸籍が圧倒的に多く貧しいのが現状で、中国の奇跡の成長の恩恵を受けたのは13億人中の4億人でしかないことになります。

「留守児童」はその農村部で起こる問題です。農村では収入はおろか雇用もないため、幼い子を残して親が出稼ぎに行き、子どもが親の愛情を受けないまま育ったり、祖父母に育てられるも金銭や年齢的に教育が困難になったりすることが最大の問題点です。
留守児童問題は政府の農民戸籍の管理が甘いため、その現状が把握されておらず、具体的な政策も難航しています。
誰かに必要とされている意識や他人から受ける愛情を知らずに育った子どもたちは、将来子どもを産んでもこれらを子に教えるのは困難です。
自分が愛されずに育ったことにより、そこからまた育児放棄や虐待が始まり、これが負の連鎖となります。
これは当たり前のように生まれてから親と一緒に暮らし、22年間何不自由なく生きてきた私にとって大きな衝撃でした。

今世界で重視されている貧困問題は、金銭・食料・医療・物資などの不足に目が行きがちです。
もちろん問題の根底はそのような「モノ」の不足です。
しかし私は、貧困問題の根底にあるのは孤独や虐待などから起こる心の貧困なのではないかと思います。
当たり前のことが当たり前でない世界が隣国でも起きていることを認識してほしいと思い、今回のブログで紹介させていただきました。
ご精読ありがとうございました。

小西研究室ホームページ、Facebookはこちらから↓
HP: http://briidge-for-children.org/
FB: https://ja-jp.facebook.com/pages/Bridge-for-ChildrenKGU/305080959623563

(参照:CNNニュースhttp://www.cnn.co.jp/world/35062598.html)

Hello, everyone.
Thank you for visiting our blog.
This article was written by Moemi Kishi, 4th grade student in Konishi seminar.
Today, I tell you about the problem in farming villages in China.

I think your images of Chinese are rich.
They are visiting to Japan and buy many things.
But contrary these images, there are large economic disparity between urban areas and farming areas.

There are many children who is living alone or with their grandparents in farming areas.
The reasons the problem is serious that their parents cannot get work in their villages, so they move to city to get works.
Therefore, their parents cannot return, and the children is suffer from loneliness.

In addition, Chinese government cannot manage a domiciliary register, so concrete policy for this problem was not carried on.
The children will grow up without love by parents, it become a bad cycle that connect to neglect and hard dealing.
The problem gave me big impact because I think it is natural to live with parents.

Most important thing to solve this problem is care their feeling and tell love from their parents.

Thank you for reading.
Konishi seminer facebook page (in Japanese only)

FB: https://ja-jp.facebook.com/pages/Bridge-for-ChildrenKGU/305080959623563

今年の「気付き」

こんにちは。

小西ゼミ3年生の白井です。

いつも小西ゼミのブログをご覧いただきありがとうございます。

 

12月に入り今年もあと1カ月となりました。

皆さんにとって今年はどんな1年でしたか?私はこの1年を振り返り「気付き」の1年だったように思います。

今回はその私の気付きについて少しお話させていただきます。

 

私の地元では幼稚園から中学校までメンバーが変わらず、ずっと同じ顔ぶれというような環境でした。しかし、当時小学生だった私の中に漠然と「このままでは一生今の自分から変われないのではないか」という不安があり、他県の中学校に進学し地元を離れました。

難関大学合格を目指す中高だったため毎日勉強に追われ、忙しく過ごしているうちに私はすっかり地元のことや自分がどうしたいのか立ち止って考えることを忘れていました。そしてそのまま大学生になり、今年の初めに成人式を迎えました。成人式では久しぶりに友人と再会し、懐かしさと嬉しさで胸がいっぱいになりました。それと同時に地元を離れる前の自分を思い出し、これを機に忙しさの中で蔑ろにしてきた自分の気持ちや過去をもう一度整理したいと思うようになりました。そんな時、私の部屋から小学校の友人や先生、母親からのものなど数多くの手紙が出てきました。一つ一つ読み返していくうちにそこには当時の私が気付けなかったたくさんの優しさがあったことに気が付いたのです。離れていても常に私のことを気遣ってくれていた友人や先生、近くにいるからこそ当たり前に思っていた母親の思いやりなど、もっと早くに気付けたらよかったのにと思うと涙が止まらず、後悔に襲われました。

 また、手紙を通してだけでなく実際に成人式で再会し、昔と変わらず温かく迎え入れてくれた友人たちなど、本当に多くの人に支えてもらってきたのだと20歳にしてようやく気付けた気がしました。みんなからの優しさに気付けなかった自分への後悔が消えない時期があり、「なぜあの時もっとこうしなかったのか」としばらく悩んだりもしましたが、変わらない過去を後悔するのではなく、周囲の優しさに今気付けたことに感謝しながらこれからどういう形でその優しさを返していけるのかを考えてこれからの就職活動でも大切にしたいと思いました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

小西研究室Facebookはこちら
FB: https://ja-jp.facebook.com/pages/Bridge-for-ChildrenKGU/305080959623563

 

Hello, everyone.

I am Yuki Shirai, 3rd year student in Konishi seminar.

It is already December, and there is only 1 month left this year too.

How do you feel about this year? I think that this year gave me a chance to notice.

Today, I will talk about the awareness.

 

In my home town, we do not change classmates from kindergarten to junior high school, but when I was elementary school student, I was afraid of the environment because I think that I cannot develop with the same classmates for long. Therefore I went to other prefecture’s junior high school, and left may home town.

My school has too strict curriculum enter hard-to-get-into university, and I was so busy because of studying every day. So I forgot my home town and thinking what I wanted to do.

I became a university student, and went to coming of age ceremony in this year. I met my friends who were elementary school’s classmates, and I feel glad and nostalgia.

 Also, I thought a lot of things, for example, my feelings and the past that I forgot paying attention to because of busyness, I found many letters from my friends, teacher and mother. I read all of them, and I noticed that letters gave me a lot of kindness, and I cried and regretted that I could not noticed the kindness when I was a junior and senior high school student.

 In addition, I feel the kindness from my friends who talked to me in coming-of-age ceremony, and I noticed that I was supported by many people at last.

Therefore I want to cherish this awareness when I do job hunting next year.

 

Thank you for reading.

 

Konishi seminar Facebook page (in Japanese only)

FB: https://ja-jp.facebook.com/pages/Bridge-for-ChildrenKGU/305080959623563

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2015/12/8 23:04

「幸せ」を感じる瞬間

こんにちは。いつも小西研究室のブログをご覧頂き、ありがとうございます。
本日は、4回生鈴木琴稀が担当させて頂きます。

突然ですが、あなたにとって「幸せ」とは何でしょうか。毎日ご飯が食べられることでしょうか。
または、帰れる場所があることや、自分の帰りを待っている人がいることでしょうか。
皆さん、お一人おひとり考え方があると思います。
今回のブログ記事では、私がこの問に対する答えを探している中で、
一つの答えとして考えるきっかけになった人を紹介します。

ノーネクタイ、スクーター、デニムジャケットで、国会に向かう彼の名前はホセ・ムヒカ、
“世界一貧しい大統領”としても知られている、元ウルグアイ大統領です。
彼は2010年3月、第40代ウルグアイ大統領に就任し、今年3月に退任しました。
彼が一躍注目されるようになったのは、2012年ブラジル・リオデジャネイロで行われた、
「国連持続可能な開発会議」(「リオ+20」)での演説です。
この演説でムヒカ大統領は、今起きている水源危機や環境問題が問題の原因ではなく、
消費主義社会になっている事そのものが最大の問題であると伝えています。

・「私たちは発展するために生まれてきたわけではない。幸せになるためにこの地球にやってきた。」
・「もっと働くため、もっと売るために、“使い捨ての社会”を続けていかなければならない。
10万時間持つ電球を作れるのに、1000時間しか持たない電球しか売ってはいけない社会にいる。」
・「貧乏な人とは、少ししか持っていないことではなく、限りなく多くを必要とし、もっと欲しがることである。」

彼は、自分なりの「豊かさ」の定義をはじめとする哲学を持ち、また行動をもってその考えを証明しています。
大統領就任時の個人資産は、18万円中古のドイツ車1台だけでした。
彼は給料の約9割を社会福祉へ寄付し、残りの1割の約10万円で生活しています。
大統領の生活というよりは、国民の平均的な生活と変わらない生活をしているのです。

 私がムヒカ氏のインタビュー動画の中で、最も印象に残っている言葉があります。
「何か物を買う時に、お金で買っているのではない。そのお金を得るために使った“時間”で買っている。」
私は、この考え方を意識したことはありませんでした。よく考えてみると、自分の欲しいものを得るために
アルバイトをして物を買っていますが、「嬉しい」という感情は物を買ったときの
一時的なものでしかないことに気がつきました。

この演説を聞き、私の感じる「幸せ」とは、できるだけ多くの人と交流をして、その時間を分かち合い、
「喜び」を共有できることだと感じました。2年前に父を癌で亡くし悲しい時もありましたが、
今振り返ると家族と過ごした時間というのは今でもかけがえのない大切なものです。
物を買った時には、決してこのような思いというのを味わうことはできません。
一人でも多くの人の「幸せになりたい」という気持ちを、自分、仕事を通じてサポートしていきたいです。

これはあくまでも私の個人的な考えであるので、この考え方をみなさんに押し付けるつもりは、全くありません。
しかし、もしあなたが「なんで私だけこんな生活を送っているんだろう」と、ふと自分のことを卑下してしまう時が
来た時、ひとつの考え方として参考にしていただければ幸いです。
今日も学部ブログをご覧いただきありがとうございました。

<ホセ・ムヒカ大統領>
・「国連持続可能な開発会議」(「リオ+20」)演説(2012年)

・インタビュー(2015年)https://www.youtube.com/watch?v=GIJk2R9Wsog

小西研究室Facebookはこちらから↓
FB: https://ja-jp.facebook.com/pages/Bridge-for-ChildrenKGU/305080959623563

———————————————————————————————————————————————
Hello.
Thank you for visiting and reading our blog.
This article was written by Kotoki Suzuki who is 4th grade student in Konishi seminar.
What is the “happiness”? Do you eat the rice every day? Is there a place to go home? Are there people who are waiting for your return?

In this blog, I will introduce the one person who taught me the idea. He name is José Mujica who is the president in Uruguay before.

He was appointed to the 40’s Uruguay President in March 2010, I was retired in March this year.
The conference was held in the 2012 Rio de Janeiro, Brazil, and he became famous in his speech
at the “United Nations Conference on Sustainable Development” (“Rio + 20”).
Mujica president was told in his speech,” The biggest program is not the water sources crisis and environmental issues .
The most biggest problem is that has become the consumption society.”

・We are not born to development. We were born to be happy.
・We must continue to society of disposable for working and selling more. We are able to make a light
bulb with 100 000 hours, but the society should not be only light bulbs that do not have sold 1000 hours.
・The poor people who is not that they do not have little, it requires to get a lot as possible.

He has a philosophy, including the definition of the “richness” of my own, and he embodies the idea.
His personal assets was only one car Germany of 180,000 JPY when he became president.
He donated about 90% of salary to the social welfare, he are living in about 100,000 JPY remaining 10% of.

The words that remain in the most impressive is “We are working in order to buy time”.
I did not have to with this idea. When I bought the thing, I was only a temporary happy that emotion.
I have the idea about “happiness” that I will exchanges as many people as possible, share the time,
and I felt that the thing can share the “joy”.

Since this idea is only some of my personal thoughts, so I hope you refer to as one of the idea.
Thank you for reading and see you next blog.

<José Mujica>
・The conference (2012) Rio de Janeiro https://www.youtube.com/watch?v=heXus7A7Q_Y
・Interview (2015)https://www.youtube.com/watch?v=GIJk2R9Wsog

Our facebook page (in Japanese only)
FB:https://ja-jp.facebook.com/pages/Bridge-for-ChildrenKGU/305080959623563

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人事政策、能力開発・キャリア開発 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく人事管理業務に携わっており、...

カテゴリー一覧