「幸せ」を感じる瞬間

こんにちは。いつも小西研究室のブログをご覧頂き、ありがとうございます。
本日は、4回生鈴木琴稀が担当させて頂きます。

突然ですが、あなたにとって「幸せ」とは何でしょうか。毎日ご飯が食べられることでしょうか。
または、帰れる場所があることや、自分の帰りを待っている人がいることでしょうか。
皆さん、お一人おひとり考え方があると思います。
今回のブログ記事では、私がこの問に対する答えを探している中で、
一つの答えとして考えるきっかけになった人を紹介します。

ノーネクタイ、スクーター、デニムジャケットで、国会に向かう彼の名前はホセ・ムヒカ、
“世界一貧しい大統領”としても知られている、元ウルグアイ大統領です。
彼は2010年3月、第40代ウルグアイ大統領に就任し、今年3月に退任しました。
彼が一躍注目されるようになったのは、2012年ブラジル・リオデジャネイロで行われた、
「国連持続可能な開発会議」(「リオ+20」)での演説です。
この演説でムヒカ大統領は、今起きている水源危機や環境問題が問題の原因ではなく、
消費主義社会になっている事そのものが最大の問題であると伝えています。

・「私たちは発展するために生まれてきたわけではない。幸せになるためにこの地球にやってきた。」
・「もっと働くため、もっと売るために、“使い捨ての社会”を続けていかなければならない。
10万時間持つ電球を作れるのに、1000時間しか持たない電球しか売ってはいけない社会にいる。」
・「貧乏な人とは、少ししか持っていないことではなく、限りなく多くを必要とし、もっと欲しがることである。」

彼は、自分なりの「豊かさ」の定義をはじめとする哲学を持ち、また行動をもってその考えを証明しています。
大統領就任時の個人資産は、18万円中古のドイツ車1台だけでした。
彼は給料の約9割を社会福祉へ寄付し、残りの1割の約10万円で生活しています。
大統領の生活というよりは、国民の平均的な生活と変わらない生活をしているのです。

 私がムヒカ氏のインタビュー動画の中で、最も印象に残っている言葉があります。
「何か物を買う時に、お金で買っているのではない。そのお金を得るために使った“時間”で買っている。」
私は、この考え方を意識したことはありませんでした。よく考えてみると、自分の欲しいものを得るために
アルバイトをして物を買っていますが、「嬉しい」という感情は物を買ったときの
一時的なものでしかないことに気がつきました。

この演説を聞き、私の感じる「幸せ」とは、できるだけ多くの人と交流をして、その時間を分かち合い、
「喜び」を共有できることだと感じました。2年前に父を癌で亡くし悲しい時もありましたが、
今振り返ると家族と過ごした時間というのは今でもかけがえのない大切なものです。
物を買った時には、決してこのような思いというのを味わうことはできません。
一人でも多くの人の「幸せになりたい」という気持ちを、自分、仕事を通じてサポートしていきたいです。

これはあくまでも私の個人的な考えであるので、この考え方をみなさんに押し付けるつもりは、全くありません。
しかし、もしあなたが「なんで私だけこんな生活を送っているんだろう」と、ふと自分のことを卑下してしまう時が
来た時、ひとつの考え方として参考にしていただければ幸いです。
今日も学部ブログをご覧いただきありがとうございました。

<ホセ・ムヒカ大統領>
・「国連持続可能な開発会議」(「リオ+20」)演説(2012年)

・インタビュー(2015年)https://www.youtube.com/watch?v=GIJk2R9Wsog

小西研究室Facebookはこちらから↓
FB: https://ja-jp.facebook.com/pages/Bridge-for-ChildrenKGU/305080959623563

———————————————————————————————————————————————
Hello.
Thank you for visiting and reading our blog.
This article was written by Kotoki Suzuki who is 4th grade student in Konishi seminar.
What is the “happiness”? Do you eat the rice every day? Is there a place to go home? Are there people who are waiting for your return?

In this blog, I will introduce the one person who taught me the idea. He name is José Mujica who is the president in Uruguay before.

He was appointed to the 40’s Uruguay President in March 2010, I was retired in March this year.
The conference was held in the 2012 Rio de Janeiro, Brazil, and he became famous in his speech
at the “United Nations Conference on Sustainable Development” (“Rio + 20”).
Mujica president was told in his speech,” The biggest program is not the water sources crisis and environmental issues .
The most biggest problem is that has become the consumption society.”

・We are not born to development. We were born to be happy.
・We must continue to society of disposable for working and selling more. We are able to make a light
bulb with 100 000 hours, but the society should not be only light bulbs that do not have sold 1000 hours.
・The poor people who is not that they do not have little, it requires to get a lot as possible.

He has a philosophy, including the definition of the “richness” of my own, and he embodies the idea.
His personal assets was only one car Germany of 180,000 JPY when he became president.
He donated about 90% of salary to the social welfare, he are living in about 100,000 JPY remaining 10% of.

The words that remain in the most impressive is “We are working in order to buy time”.
I did not have to with this idea. When I bought the thing, I was only a temporary happy that emotion.
I have the idea about “happiness” that I will exchanges as many people as possible, share the time,
and I felt that the thing can share the “joy”.

Since this idea is only some of my personal thoughts, so I hope you refer to as one of the idea.
Thank you for reading and see you next blog.

<José Mujica>
・The conference (2012) Rio de Janeiro https://www.youtube.com/watch?v=heXus7A7Q_Y
・Interview (2015)https://www.youtube.com/watch?v=GIJk2R9Wsog

Our facebook page (in Japanese only)
FB:https://ja-jp.facebook.com/pages/Bridge-for-ChildrenKGU/305080959623563

コメント:0

まだコメントはありません。

コメントを投稿する

トラックバック:0

トラックバックURL
http://kg-sps.jp/blogs/konishi/2015/12/05/2530/trackback/
この記事へのトラックバック

まだトラックバックはありません。

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人事政策、能力開発・キャリア開発 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく人事管理業務に携わっており、...

カテゴリー一覧