心の貧困とは??

皆さんこんにちは。
小西ゼミ4年生の岸萌美です。
いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

突然ですが皆さんは、「貧困に苦しむ子ども」と聞いて、どんなビジュアルを頭の中に浮かべますか?

・・・いかがでしょうか。皆さんの頭の中に浮かんだ子どもたちの姿は、栄養失調でおなかが膨らんでいたり手足が細かったりなど、目に見えて貧しいとわかるものではないでしょうか?
またその子達は、南アフリカや東南アジアに住むような子達ではなかったでしょうか?
しかし世界には、皆さんが想像しているエリアとはまた別の場所で貧困問題が絶えず存在しています。
本日は、あまり明るみにされていない、中国農村部で問題視されている「留守児童問題」について皆さんに紹介したいと思います。

中国人と聞くと、ブランド品を身につけ「爆買い」目的で訪れる裕福な観光客を思い浮かべる方も多いと思います。
実際中国人観光客は増え続け、2014年の中国人の日本訪問者数は前年2013年の83.3%増、240万9200人といわれています。(引用元:http://news.mynavi.jp/articles/2015/02/18/hounichichinese/)
しかしそのイメージとは裏腹に、中国の総人口の10%を占める約1億2800万人が今も貧困に苦しみ続けています。
中国の人口は13億人、うち農民戸籍を持つ人が9億人、都市戸籍が4億人であるとも発表されています。農民戸籍が圧倒的に多く貧しいのが現状で、中国の奇跡の成長の恩恵を受けたのは13億人中の4億人でしかないことになります。

「留守児童」はその農村部で起こる問題です。農村では収入はおろか雇用もないため、幼い子を残して親が出稼ぎに行き、子どもが親の愛情を受けないまま育ったり、祖父母に育てられるも金銭や年齢的に教育が困難になったりすることが最大の問題点です。
留守児童問題は政府の農民戸籍の管理が甘いため、その現状が把握されておらず、具体的な政策も難航しています。
誰かに必要とされている意識や他人から受ける愛情を知らずに育った子どもたちは、将来子どもを産んでもこれらを子に教えるのは困難です。
自分が愛されずに育ったことにより、そこからまた育児放棄や虐待が始まり、これが負の連鎖となります。
これは当たり前のように生まれてから親と一緒に暮らし、22年間何不自由なく生きてきた私にとって大きな衝撃でした。

今世界で重視されている貧困問題は、金銭・食料・医療・物資などの不足に目が行きがちです。
もちろん問題の根底はそのような「モノ」の不足です。
しかし私は、貧困問題の根底にあるのは孤独や虐待などから起こる心の貧困なのではないかと思います。
当たり前のことが当たり前でない世界が隣国でも起きていることを認識してほしいと思い、今回のブログで紹介させていただきました。
ご精読ありがとうございました。

小西研究室ホームページ、Facebookはこちらから↓
HP: http://briidge-for-children.org/
FB: https://ja-jp.facebook.com/pages/Bridge-for-ChildrenKGU/305080959623563

(参照:CNNニュースhttp://www.cnn.co.jp/world/35062598.html)

Hello, everyone.
Thank you for visiting our blog.
This article was written by Moemi Kishi, 4th grade student in Konishi seminar.
Today, I tell you about the problem in farming villages in China.

I think your images of Chinese are rich.
They are visiting to Japan and buy many things.
But contrary these images, there are large economic disparity between urban areas and farming areas.

There are many children who is living alone or with their grandparents in farming areas.
The reasons the problem is serious that their parents cannot get work in their villages, so they move to city to get works.
Therefore, their parents cannot return, and the children is suffer from loneliness.

In addition, Chinese government cannot manage a domiciliary register, so concrete policy for this problem was not carried on.
The children will grow up without love by parents, it become a bad cycle that connect to neglect and hard dealing.
The problem gave me big impact because I think it is natural to live with parents.

Most important thing to solve this problem is care their feeling and tell love from their parents.

Thank you for reading.
Konishi seminer facebook page (in Japanese only)

FB: https://ja-jp.facebook.com/pages/Bridge-for-ChildrenKGU/305080959623563

コメント:0

まだコメントはありません。

コメントを投稿する

トラックバック:0

トラックバックURL
http://kg-sps.jp/blogs/konishi/2015/12/10/2545/trackback/
この記事へのトラックバック

まだトラックバックはありません。

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人事政策、能力開発・キャリア開発 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく人事管理業務に携わっており、...

カテゴリー一覧