メディアと私たち

こんにちは。

いつも小西ゼミのブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は、3年生の矢野が担当いたします。

 

本日は3年生のゼミで行っているPCM(Project Cycle Management)手法を通して私が感じた日本人とメディアの関係についてお話させていただきます。

 

PCM(Project Cycle Management)手法とは、開発援助プロジェクトの計画立案・実施・評価という一連のサイクルを、プロジェクト・デザイン・マトリックス(PDM)と呼ばれるプロジェクト概要表を用いて運営管理する手法です。現在、私たち3年生はこのPCM手法を使い「日本の人口減少に伴う高齢化と介護業界の人手不足」の問題解決するためのプロジェクトを作成しています。

 

厚生労働省の報告によると、日本の人口は2004年にピークを迎え、年々減少しています。65歳以上の人口は増え続ける一方で、15歳~64歳の労働人口は減少していくという少子高齢化に日本は直面しているのです。人口減少により労働人口は減少しますが、介護職員数は今後倍以上になる必要があると見込まれています。

 

私たちの班では、外国人労働者に焦点を当て「介護業界の人手不足」の問題解決への分析を行っています。外国人労働者は低賃金であったり長時間労働であったりと日本で置かれている現状はとても厳しいです。そして、私はこのように厳しくさせている要因のひとつにメディアの影響があるのではないかと考え、日本のメディアが私たちに与える影響の大きさに気づきました。日本では外国人の犯罪が起きると「○○人容疑者」などと国籍を露にして報道が行われています。私たちは会ったことや行ったことが無かったとしても外国の人や外国に対して何かしらのイメージを抱いていると思います。そのイメージはメディアによって作られていることが多いのです。

 

これから私たちは、どのようなプロジェクトをとるかというプロジェクト選択の段階に入ります。この問題に対してのプロジェクトを考えて終わるのではなく、PCMで身につけた物事を多角的に捉える視野をこれからの大学生活、サークル活動やアルバイトなどに活かしていきたいと思います。そしてメディアが伝える情報を鵜呑みにしないということだけでなく、その情報がどのような背景を持っているのかという点にまで関心を持とうと思います。

ご精読ありがとうございました。

 

小西研究室Facebookはこちらから→ https://ja-jp.facebook.com/pages/Bridge-for-ChildrenKGU/305080959623563

 

Hello, everyone.

Thank you for visiting our blog.

This article was written be Kanako Yano, 3rd grade student in Konishi seminar.

 

Today, I tell you about the relations of Japanese people and the media which I felt through PCM (Project Cycle Management) technique reaching by the seminar of the 3rd grade.

 

PCM (Project Cycle Management) technique is technique to run a series of cycles which plan drafting, enforcement, the evaluation of the development assistance project using a project summary list called the project design matrix (PDM), and to manage. We make a project for “Aging with the population decline of Japan and labor shortage of the care industry” to solve the problem using this PCM technique now.

 

According to the report of Ministry of Health, Labor and Welfare, the population of Japan peaks in 2004 and decreases year by year. Japan faces the low birthrate. The aging that the working population of 15 years old – 64 years old decreases while the population over 65 years continue increasing. The working population decreases, but it is anticipated that the number of the care staffs will have to become than double in future.

 

Our team focuses on a foreign worker and perform the analysis to the solution to the problem of “the labor shortage of the care industry”. The present conditions of foreign workers are very severe in Japan. Their income is very low and their working time is so long. I thought that media effects on one of the factors that let foreign workers make it severe in this way. I noticed size of the influence that the Japanese media gave us in that. The media exposes the nationality of the suspect and reports that the crime of the foreigner happens in Japan. I think that we have some image towards the person of a foreign country and the foreigner even if there were not our having met and having been. The image is often made by the media.

 

We move to the next step which choose the project. I want to use of having a multidirectional field of vision in the life of courage after PCM was over. I do not swallow all information and I think to be interested in a point what kind of background the information has.

Thank you for reading.

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2015/12/15 21:15

コメント:0

まだコメントはありません。

コメントを投稿する

トラックバック:0

トラックバックURL
http://kg-sps.jp/blogs/konishi/2015/12/15/2546/trackback/
この記事へのトラックバック

まだトラックバックはありません。

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人的資源管理、キャリア開発、ダイバーシティ&インクルージョン政策 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく...

カテゴリー一覧