クリスマスってなんだろう?

こんにちは。小西ゼミ3回生の杉上美穂子です。

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

日本では近年、ハロウィンやバレンタインなど、海外から伝わった風習が広まっています。一方、本来の形を壊していると異論を唱える人も増えています。しかし、両者ともそうした風習の本来の形を理解している人は少ないと思われます。クリスマス間近のこの時期に、一度考える機会を設けてみてはいかがでしょうか。本日はこのブログを通じ、クリスマスの由来と海外のクリスマスの過ごし方をお伝えいたします。

クリスマスとは

約2000年前に生まれたイエス・キリストの生誕を祝う「キリストの降誕祭」のことです。しかし、12月25日に誕生したかどうか、明確にされていません。当時ローマでは、勢力の大きい異教が12月25日を太陽神の祝祭日と定めていました。一説では、初代キリスト教指導者たちが、対立せずにキリスト教を異教徒に広めるために、12月25日をクリスマスにしたと言われています。

海外のクリスマス

ここでは、独自のクリスマスの習慣を持つ3つの国が、どのようにクリスマスを祝っているのかをお伝えします。

<ロシア>

ロシア正教は1月7日をクリスマスと定めています。しかし、大抵は12月25日もクリスマスを祝うため、多くの人は2度クリスマスを迎えます。また、クリスマスは家族で祝うのが一般的だといいます。

<フィリピン>

フィリピンでは8割以上の人々がキリスト教を信仰しています。国民的行事の多くが宗教に基づいているフィリピンでは、クリスマスが最も大切な日とされています。そのため、早い場合は9月頃からクリスマスの準備が始まります。また、キリスト教徒が約8割のフィリピンでは、12月の中旬からミサが行われ、クリスマスイブにかけて多くの人が出席します。フィリピンでもクリスマスは家族で集まり、盛大に祝います。

<オランダ>

オランダにはサンタクロースの起源ともいわれる、シンタクラースがいます。12月5日~6日は「シンタクラースの日」と言われ、靴の中にプレゼントを入れてもらいます。私もオランダで幼少期を過ごしましたが、靴の中にトナカイ用のニンジンを入れて、シンタクラースに受け取ってもらえることを心待ちにしていました。この日とは別に、12月25日にもクリスマスを祝います。

いかがでしたか。日本でも、クリスマスは恋人や家族と過ごす大切な時間として考えられています。一方で、企業戦略の一環としかとらえられていない一面もあります。日本を含み、クリスマスの形は国によって大きく異なることがわかります。それぞれの文化に合わせた結果、現在のクリスマスが形作られたように感じました。

海外の風習を受け入れることに賛同するか否かは本人次第です。しかし想像のみに基づいて判断を下すと、偏見を含む意見になりがちだと思います。賛否に関わらず、物事の背景を知っておくことが大切ではないでしょうか。ブログを読んでくださった皆様も、ぜひいろいろな背景に目を向けてみてください。新たな発見があるかもしれません。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

小西研究室Facebookはこちらから↓

FB: https://ja-jp.facebook.com/pages/Bridge-for-ChildrenKGU/305080959623563

Hello. I am Mihoko Sugiue, the 3rd grade of Konishi seminar.

Thank you for reading our blog every time.

In Japan, customs coming from other countries have become famous recently. People hold party in each season. On the other hand, some people emphasize that Japanese people break the original customs. However, many of two parties do not understand much about the original meaning of these customs.

This is good time to think about customs because Christmas is coming soon. Today, I am going to tell you about the roots of Christmas and the way of spending through this blog.

Origin of Christmas

Christmas means “birth celebration of Jesus Christ”, who was born about 2,000 years ago. However, it is unclear whether his birthday was December 25th or not. At that time in Rome, one of the paganism had great influence and had established “celebration of sun god” in December 25th. One theory has it that the first Christian leaders decided the celebration date because of spreading Christianity without any antagonism.

Christmas of other countries

Three countries, Russia, Philippines, and Holland, have unique customs of Christmas. I would like to show you about the way of celebration in Christmas.

<Russia>

Christmas of Russian Church is January 7th. However, most of Russian people celebrate Christmas in December 25th too. So many people have Christmas twice. Generally, they celebrate Christmas with their families.

<Philippines>

There are 80% Christians in Philippines. National events are based on religion, and Philippine people consider that Christmas is the most important day in a year. So the fastest case, they start preparing for Christmas in September. In Philippines, about 80% people are Christian. So many of them join a mass from the middle to 24th in December. They celebrate Christmas grandly with their families.

<Holland>

In Holland, there is Sinterklaas, the origin of Santa Claus. “The Sinterklaas days” are December 5th to 6th. He gives some presents into children’s shoes. I have lived in Holland when I was a child. So I was looking forward to coming him with putting carrot for reindeer in my shoes. Dutch people also celebrate December 25th.

What did you think about Christmas customs in other countries? In Japan, Christmas is considered as the important day for couple and family. On the other hand, some people criticize Christmas as part of companies’ management. These customs are different in every countries, including Japan. I felt that Christmas customs are based on their own culture.

It is your own decision whether or not approve customs coming from other countries. However, we tend to have biased opinions if we judge with only our own image. We should understand the background of customs. I expect you to learn various background. You might be able to get new discovery.

Thank you for reading.

Konishi seminer facebook page (in Japanese only)

FB: https://ja-jp.facebook.com/pages/Bridge-for-ChildrenKGU/305080959623563

コメント:0

まだコメントはありません。

コメントを投稿する

トラックバック:0

トラックバックURL
http://kg-sps.jp/blogs/konishi/2015/12/23/2550/trackback/
この記事へのトラックバック

まだトラックバックはありません。

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人事政策、能力開発・キャリア開発 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく人事管理業務に携わっており、...

カテゴリー一覧