“CSVという考え方の大切さ“

皆さん、こんにちは。本日も小西ゼミブログをご覧いただきありがとうございます。4回生の片岡謙太です。今回のブログのトピックは「CSVという考え方の大切さ」です。CSR(Corporate Social Responsibility: 企業の社会的責任)という言葉はかなり聞きなれた言葉であると思います。しかし、今回取り上げるのは、今後CSRに取って代わるのではないかと思う考え方です。このCSV(Creating Shared Value:共通価値の創造)とは、2011年にハーバード大学のMichael E. PorterとR.Kramerにより提唱されたコンセプトです。この2人の考え方は、非常に興味深く、ご紹介できればよいなと思います。

では、CSVという考え方とは、具体的にどのようなものなのでしょうか。従来、企業はビジネスを通して「経済的なニーズ」、すなわち市場での利潤追求に対してのみ、アプローチをしてきました。そして、利潤追求とは別に、CSR活動で環境、社会課題といった「社会的なニーズ」に対して社会貢献活動を行ってきました。その背景に、CSR活動を通じて、ブランドイメージの向上とコンプライアンス実施のために行われてきたと言えます。それゆえ、企業にとって「経済的なニーズ」にはビジネスの本業を通じてアプローチし、「社会的なニーズ」にはCSR活動でアプローチをしてきました。まとめると、企業は「経済的なニーズ」と「経済的なニーズ」を別個のものとして捉えてきました。

しかしながら、Michael E. Porter とR.Kramerが提唱するCSVの考え方によると、企業は「経済的なニーズ」を「社会的なニーズ」を別個のものとして捉えず、「社会的なニーズと経済的なニーズを共通のもの」として捉えるということです。すなわち、従来CSRでしか取り組まれてこなかった社会課題に対して、ビジネスという企業の本業を通して社会へのソリューションを提供していくことが、「経済的なニーズ」をも満たすということを意味します。

社会課題を解決することにより、その企業に対する社会からのニーズがさらに高まり、「短期的な経済的なニーズ」のみを満たし収益を上げるビジネスをしている企業との差別化を図ることができるという利点が企業にとっても挙げられます。それは、その企業にとっても競争力となりえるはずです。こうした考え方は、NestleやHPといった多国籍企業ではすでに取り込まれており、日本企業ではまだあまり取り入れられていないと言えます。それゆえ、今後より多くの日本企業でもCSVという考え方への認知が深まり、利潤追求を行う上でも、「社会的ニーズ」、環境、社会の抱える問題の解決へのソリューションがより提供されるようになればと私は思います。その理由として、世界の抱える貧困や環境問題といった社会課題解に、企業の持つ技術力や環境性能を活かせる可能性が非常に大きいからです。それゆえ、国際機関、政府、NGOだけでなく、CSVという考え方を通じて民間レベルでの、ビジネスを通じた社会課題解決が今後より促進されることが必要ではないでしょうか。

本日も小西ゼミブログをご覧いただきありがとうございました。

参考資料:https://hbr.org/2011/01/the-big-idea-creating-shared-value

小西研究室のFacebookはこちらから↓

FB:https://ja-jp.facebook.com/pages/Bridge-for-ChildrenKGU/305080959623563

“Importance of CSV (Creating Shared Value)”

Good afternoon, everyone! Thank you for dropping by Prof. Konishi seminar blog. My name is Kenta Kataoka, senior student. Today, the blog topic is about the importance of CSV (Creating Shared Value). I am not sure how many of you have heard this concept. Recently, I have read one article from Harvard Business Review. The article brings me new perspective toward the competitive business role model for the next decade. The article was written by Michael E. Porter and Mark R. Kramer. Therefore, it would be great opportunity for me to introduce their concept and my idea as well.

So what is CSV? As far as I know, Creating Shared Value means not only considering the economic needs through the business but also recognizing the societal needs through the business. Most of the companies still try to find business competitiveness in the economic needs not in the societal needs. However, what Michal E. Porter pointed out here is that the idea of creating shared value puts emphasis on addressing societal needs and challenges through the business. Aside from the CSV, most of the companies traditionally have taken their responsibility toward the society through CSR( Corporate Social Responsibility) activities. Therefore, societal needs and economic needs are divided in different area. However, there are massive business opportunities in the societal needs. If the certain company could supply business solutions toward the societal needs, the number of competitors are far less than the ones in traditional business fields. At the same time, the demand toward the company will also goes up as they solve more societal needs through the business.

Overall, the idea of Creating Shared Value has to be more widely recognized by Japanese companies. CSV is already recognized by multinational corporations such as Nestle and HP. However, in Japanese companies, the idea of CSV has not prevailed widely yet. Therefore, it would be great if more and more companies business model could be create shared value with society. Some companies have great technology. By companies’ technological strength and environmental friendly products, it can be said that many companies have their potential for solving the global issues such as poverty, environmental issues. Therefore, it would be great if more contribution can be provided from private sector business based on idea of CSV. Eventually, it will make the world much better for the sustainable future. Thank you for reading.

Referance: https://hbr.org/2011/01/the-big-idea-creating-shared-value

Konishi seminer facebook page (in Japanese only)

FB: https://ja-jp.facebook.com/pages/Bridge-for-ChildrenKGU/305080959623563

コメント:0

まだコメントはありません。

コメントを投稿する

トラックバック:0

トラックバックURL
http://kg-sps.jp/blogs/konishi/2015/12/31/2557/trackback/
この記事へのトラックバック

まだトラックバックはありません。

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人事政策、能力開発・キャリア開発 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく人事管理業務に携わっており、...

カテゴリー一覧