2016年1月

タイ留学の魅力

皆様、あけましておめでとうございます。今年も皆様にとって素敵な1年となりますように。
いつもブログをお読みいただきありがとうございます。本年もよろしくお願い致します。
今回のブログは小西ゼミ3回生の福井伽奈が担当致します。
私は今年の8月から来年の5月まで交換留学生としてタイ•アサンプション大学で学ばせていただいています。
私は将来、日本の観光立国に貢献したいという思いがあり、タイが現在日本よりはるかに多くの外国人観光客を受け入れている国であり、日本がこれから観光立国を目指していくうえで外国人観光客の受け入れ態勢や観光地としての世界に対するアピールの仕方などタイから学べることは多いと考えタイへの留学を決めました。また、近年タイから日本を訪れる観光客が急増しており、日本が観光立国を目指すうえでタイは大きなマーケットであることは明らかだと思い、どのような日本の姿がタイ人観光客を魅了しているのか、彼らに日本観光のリピーターとなってもらうためには日本は今後どのような魅力を発信していくべきなのかをタイで学びたいと思ったこともタイへの留学を決めた大きな理由です。
私は観光について学びたいと思いタイへの留学を決めましたが、観光という観点以外にもアジア留学•タイ留学のおもしろさ、強みがあります。今回は、私のこれまでの留学生活で感じたことも含めながら、アジア留学、タイ留学のおもしろさ、魅力を大きく3つお伝えできたらと思っています。
「これから大きな成長が期待され、日本にとっても重要なパートナーとなりうる、特にアジアの国々からの留学生と共に学べる」
すでに著しい成長を遂げ、東南アジアの中で先を行くタイには、これから大きな成長が期待される、また現在成長の真っただ中にある周辺のミャンマー、ベトナム、カンボジアなどの国々から多くの留学生が学びに来ています。これらの国々からの留学生と共に学べ、日本との関係をどのように考えているのかや自国のことを世界の中で、アジアの中でどのように見ているのかをこれから自国の発展に貢献していくであろう学生たちから直接聞けるということはタイ留学の大きな魅力の一つだと思います。カンボジア人の友人の1人から「日本はカンボジアにとても多くの投資をしている。それはカンボジア人に大きな利益をもたらしている。またカンボジアには多くの日本食レストランや日本の物を売るショップもオープンしている。カンボジア人は日系企業で働き、日本人と関わる中で、”日本”に興味を持つようになってきている。アニメなどに興味を持つ人も増えている。カンボジアと日本はこういったソフトな分野でもっと多くのプロジェクトをうっていき、協働のひとつの形にできるのではないか。」という意見をもらったことがあります。このように、成長の中にある国々の友人たちから最近の自国の様子を絡めながら、日本との新たな関係のあり方の可能性について意見を聞けることはとても学びの大きい、新たなことに気づかせてもらえる貴重な経験となっています。これまで援助という形で関わってきた国々が、日本の成長にとって欠かせないパートナーであり、共に成長しあえる国々になってきています。そのような中で、彼らの考えを直接聞くことが出来、日本との関係を彼らと共に考えた経験は自分自身の強みにもなり得ると考えています。
「日本にとって様々な面で重要なパートナーであるタイについて自分の目で見て、肌で感じて学べる」
みなさんもご存じのとおり、タイにはとても多くの日系企業があり、日常生活の中でも、日本企業の商品、多くの日本食レストランなど思った以上に日本があふれています。特にバンコクではあらゆる場面、場所で日本を垣間見ることができます。このように様々な形で日本が浸透してきているタイは、日本にとって様々な分野においてとても重要なパートナーです。このような中で、タイの文化や国民性をしっかりと理解し、受け入れていくことはとても大切であると思います。こちらに来てから、いかにタイの人々が家族との関係を大切にしているのかやいかに日常の中に仏教の教えが浸透しているのかなどを肌で感じています。もちろんすべてにおいてではありませんが日常生活の中で、タイの人々の働き方の効率の悪さが見えてしまったりすることもあります。
このようにタイの文化の中で生活し、タイの文化を知り、いいなと思うところや反対にここはもっと改善できるのではないかと思うところも発見しながら、そのような中でどのように協働していけるのかを考えることができることはとても価値ある経験となっています。
ビジネスという面で考えてみると、タイ人の友人の多くが「日本からの輸入、または日本企業の商品とわかると買いたいと思う。」と言っているように、日本ブランドで性能がいいから買うというところに日本企業が今後どのようなタイの人々の生活に根差した付加価値をつけていけるのかをタイの人々と生活するなかで探っていけることもとてもおもしろいと思っています。
「関学OB会バンコク支部のみなさんとの交流」
関学OB会は様々な国・地域にあります。その中でバンコク支部は、会員数100名を超えるOB会で、本当に様々なフィールドで活躍されているすばらしい先輩方がいらっしゃいます。私もOB会の集まりに参加させていただいたり、個別にお会いさせていただき、お話しさせていただくチャンスをいただいたりと、バンコク支部の先輩方にはとてもお世話になっています。アジアという勢いのある地域で働かれている、またこれまでのタイの発展に貢献されてきたパワフルな先輩方のお話しを直接伺えることもタイ留学の大きな魅力だと思います。大きな成長を遂げたタイで働かれているからこそのやりがいや苦労している点などのお話を伺えることはとても刺激的です。
ここまでタイ留学の魅力をお伝えしてきましたが、ここまで読んでくださったみなさんがタイ留学に興味を持ち、新たな選択肢となっていれば幸いです。
(関西学院大学提供の交換留学プログラムではタイの大学で英語で授業を受けることができます。)
最後までお読みいただきありがとうございました。
小西研究室のFacebookはこちらから↓
FB:https://ja-jp.facebook.com/pages/Bridge-for-ChildrenKGU/305080959623563
Happy new year to everyone. I hope this year will be a great one to everyone.
Thank you for reading this blog.
I’m Kana Fukui who is a 3rd year student in Konisi seminar.
I have studied at Assumption University in Thailand from this August until next May.
I’d like to work in tourism industry and let more people visit Japan after I graduate from the university.
Now much more people visit Thailand than Japan, and I think Japan can learn many things, such as facilities or services for convenience of foreign tourists or how to appeal to the world as a tourism destination, from Thailand. That’s one reason why I decided to study in Thailand. Moreover nowadays the number of visitor from Thailand to Japan is increasing. Thailand becomes  a big market for Japanese tourism industry. So I’d like to learn what is the attractive point for Thai tourists and what Japan should do to let Thai tourists to visit Japan again and again. That is another reason why I come to Thailand to study.
Today I’d like to tell you about other attractive point of studying in Thailand.
1. Can study with students from especially Asia countries which is expected big growth and will be important partners with Japan
Thailand has experienced big growth  already. So many students from Asia countries which is growing now or is expected the big growth, such as Myanmar, Vietnam, and Cambodia, are studying in Thailand.
It might be one of attractive point of studying in Thailand to study with them and listen to their opinions about relationship between Japan and their each countries and how they want to develop their countries.
For example, one of my Cambodian friend said to me “Japan has invested Cambodia a lot. That could be a benefit for Cambodian people. There are so many japanese store and restaurant open as well. Cambodian people work on Japanese company with Japanese propel, and they become interested in “Japan”. And also  a lot of people have shown interest in Japanese culture, such as Anime. Cambodia and Japan could also have more project together relating to Japanese culture. ” It’s really worth thing to listen to the opinion about the relationship between friend’s country and Japan for the future directly from friends from growing countries. It let me find out new things. The countries whom Japan has contribute to develop become the important partners for Japan in various field now and we can corporate together for each growth. In these situation, listing to opinions of students who will contribute their countries’ growth directly and thinking of the relationship with Japan with them is good experience for me.
2. Can learn Thailand which is a very important partner for Japan in various field through my experiences.
In Thailand there are many Japanese companies. And also I can find many “Japan”  in daily life than expected in Thailand, for example a lot of Japanese products and Japanese restaurants. Thailand where can be found many” Japan” is a very important country for Japan in various field. In this situation, it is very important that we learn and understand Thai  culture. Now I can learn how important the relationship among family members is for Thai people and how important the Buddhism is in their daily life through life with Thai people. And also sometimes I can find the inefficient working style of Thai people. It is important and worth experience for me that I learn Thai culture from Thai daily life, find good and bad point of Thailand, and think how Thailand and Japan can corporate for the future.
Thinking in business aspect, now Thai people buy Japanese products and service, because they believe Japanese brand and Japanese products and services  are good quality, for example my friends say they will want to buy products when they find out that they are made in Japan or Japanese company’s products. It is also interesting experience for me to think that what values Japanese companies can add to their products or services based on Thai life through my Thai daily life with Thai people.
3. Can talk with people who graduated from Kwansei Gakuin university and work in Thailand and learn a lot from them
People who graduated from Kwansei Gakuin University  are organized all over the world. Bangkok branch has over 100 members who work various field.
I joined the meeting and had great time with them.
It’s worth for me to talk with them and got advice for my future. Their experience is so interesting and I can learn a lot of things  from them. It is another attractive point of studying in Thailand.
I’ve told about how interesting studying in Thailand is.
I’m so glad if someone is interested in studying in Thailand and it becomes one choice to study abroad.
( In exchange program offered by Kwansei Gakuin university, we can learn in English in Thai university.)
Thank you for reading.
Konishi seminer facebook page (in Japanese only)
FB: https://ja-jp.facebook.com/pages/Bridge-for-ChildrenKGU/305080959623563

皆様、あけましておめでとうございます。今年も皆様にとって素敵な1年となりますように。

いつもブログをお読みいただきありがとうございます。本年もよろしくお願い致します。

今回のブログは小西ゼミ3回生の福井伽奈が担当致します。

私は今年の8月から来年の5月まで交換留学生としてタイ•アサンプション大学で学ばせていただいています。

私は将来、日本の観光立国に貢献したいという思いがあり、タイが現在日本よりはるかに多くの外国人観光客を受け入れている国であり、日本がこれから観光立国を目指していくうえで外国人観光客の受け入れ態勢や観光地としての世界に対するアピールの仕方などタイから学べることは多いと考えタイへの留学を決めました。また、近年タイから日本を訪れる観光客が急増しており、日本が観光立国を目指すうえでタイは大きなマーケットであることは明らかだと思い、どのような日本の姿がタイ人観光客を魅了しているのか、彼らに日本観光のリピーターとなってもらうためには日本は今後どのような魅力を発信していくべきなのかをタイで学びたいと思ったこともタイへの留学を決めた大きな理由です。

私は観光について学びたいと思いタイへの留学を決めましたが、観光という観点以外にもアジア留学•タイ留学のおもしろさ、強みがあります。今回は、私のこれまでの留学生活で感じたことも含めながら、アジア留学、タイ留学のおもしろさ、魅力を大きく3つお伝えできたらと思っています。

1.「これから大きな成長が期待され、日本にとっても重要なパートナーとなりうる、特にアジアの国々からの留学生と共に学べる」

すでに著しい成長を遂げ、東南アジアの中で先を行くタイには、これから大きな成長が期待される、また現在成長の真っただ中にある周辺のミャンマー、ベトナム、カンボジアなどの国々から多くの留学生が学びに来ています。これらの国々からの留学生と共に学べ、日本との関係をどのように考えているのかや自国のことを世界の中で、アジアの中でどのように見ているのかをこれから自国の発展に貢献していくであろう学生たちから直接聞けるということはタイ留学の大きな魅力の一つだと思います。カンボジア人の友人の1人から「日本はカンボジアにとても多くの投資をしている。それはカンボジア人に大きな利益をもたらしている。またカンボジアには多くの日本食レストランや日本の物を売るショップもオープンしている。カンボジア人は日系企業で働き、日本人と関わる中で、”日本”に興味を持つようになってきている。アニメなどに興味を持つ人も増えている。カンボジアと日本はこういったソフトな分野でもっと多くのプロジェクトをうっていき、協働のひとつの形にできるのではないか。」という意見をもらったことがあります。このように、成長の中にある国々の友人たちから最近の自国の様子を絡めながら、日本との新たな関係のあり方の可能性について意見を聞けることはとても学びの大きい、新たなことに気づかせてもらえる貴重な経験となっています。これまで援助という形で関わってきた国々が、日本の成長にとって欠かせないパートナーであり、共に成長しあえる国々になってきています。そのような中で、彼らの考えを直接聞くことが出来、日本との関係を彼らと共に考えた経験は自分自身の強みにもなり得ると考えています。

2.「日本にとって様々な面で重要なパートナーであるタイについて自分の目で見て、肌で感じて学べる」

みなさんもご存じのとおり、タイにはとても多くの日系企業があり、日常生活の中でも、日本企業の商品、多くの日本食レストランなど思った以上に日本があふれています。特にバンコクではあらゆる場面、場所で日本を垣間見ることができます。このように様々な形で日本が浸透してきているタイは、日本にとって様々な分野においてとても重要なパートナーです。このような中で、タイの文化や国民性をしっかりと理解し、受け入れていくことはとても大切であると思います。こちらに来てから、いかにタイの人々が家族との関係を大切にしているのかやいかに日常の中に仏教の教えが浸透しているのかなどを肌で感じています。もちろんすべてにおいてではありませんが日常生活の中で、タイの人々の働き方の効率の悪さが見えてしまったりすることもあります。

このようにタイの文化の中で生活し、タイの文化を知り、いいなと思うところや反対にここはもっと改善できるのではないかと思うところも発見しながら、そのような中でどのように協働していけるのかを考えることができることはとても価値ある経験となっています。

ビジネスという面で考えてみると、タイ人の友人の多くが「日本からの輸入、または日本企業の商品とわかると買いたいと思う。」と言っているように、日本ブランドで性能がいいから買うというところに日本企業が今後どのようなタイの人々の生活に根差した付加価値をつけていけるのかをタイの人々と生活するなかで探っていけることもとてもおもしろいと思っています。

3.「関学OB会バンコク支部のみなさんとの交流」

関学OB会は様々な国・地域にあります。その中でバンコク支部は、会員数100名を超えるOB会で、本当に様々なフィールドで活躍されているすばらしい先輩方がいらっしゃいます。私もOB会の集まりに参加させていただいたり、個別にお会いさせていただき、お話しさせていただくチャンスをいただいたりと、バンコク支部の先輩方にはとてもお世話になっています。アジアという勢いのある地域で働かれている、またこれまでのタイの発展に貢献されてきたパワフルな先輩方のお話しを直接伺えることもタイ留学の大きな魅力だと思います。大きな成長を遂げたタイで働かれているからこそのやりがいや苦労している点などのお話を伺えることはとても刺激的です。

ここまでタイ留学の魅力をお伝えしてきましたが、ここまで読んでくださったみなさんがタイ留学に興味を持ち、新たな選択肢となっていれば幸いです。(関西学院大学提供の交換留学プログラムではタイの大学で英語で授業を受けることができます。)

最後までお読みいただきありがとうございました。

小西研究室のFacebookはこちらから↓

FB:https://ja-jp.facebook.com/pages/Bridge-for-ChildrenKGU/305080959623563

Happy new year to everyone. I hope this year will be a great one to everyone.

Thank you for reading this blog.

I’m Kana Fukui who is a 3rd year student in Konisi seminar.

I have studied at Assumption University in Thailand from this August until next May.

I’d like to work in tourism industry and let more people visit Japan after I graduate from the university.

Now much more people visit Thailand than Japan, and I think Japan can learn many things, such as facilities or services for convenience of foreign tourists or how to appeal to the world as a tourism destination, from Thailand. That’s one reason why I decided to study in Thailand. Moreover nowadays the number of visitor from Thailand to Japan is increasing. Thailand becomes  a big market for Japanese tourism industry. So I’d like to learn what is the attractive point for Thai tourists and what Japan should do to let Thai tourists to visit Japan again and again. That is another reason why I come to Thailand to study.

Today I’d like to tell you about other attractive point of studying in Thailand.

1. Can study with students from especially Asia countries which is expected big growth and will be important partners with Japan

Thailand has experienced big growth  already. So many students from Asia countries which is growing now or is expected the big growth, such as Myanmar, Vietnam, and Cambodia, are studying in Thailand. It might be one of attractive point of studying in Thailand to study with them and listen to their opinions about relationship between Japan and their each countries and how they want to develop their countries. For example, one of my Cambodian friend said to me “Japan has invested Cambodia a lot. That could be a benefit for Cambodian people. There are so many japanese store and restaurant open as well. Cambodian people work on Japanese company with Japanese propel, and they become interested in “Japan”. And also  a lot of people have shown interest in Japanese culture, such as Anime. Cambodia and Japan could also have more project together relating to Japanese culture. ” It’s really worth thing to listen to the opinion about the relationship between friend’s country and Japan for the future directly from friends from growing countries. It let me find out new things. The countries whom Japan has contribute to develop become the important partners for Japan in various field now and we can corporate together for each growth. In these situation, listing to opinions of students who will contribute their countries’ growth directly and thinking of the relationship with Japan with them is good experience for me.

2. Can learn Thailand which is a very important partner for Japan in various field through my experiences.

In Thailand there are many Japanese companies. And also I can find many “Japan”  in daily life than expected in Thailand, for example a lot of Japanese products and Japanese restaurants. Thailand where can be found many” Japan” is a very important country for Japan in various field. In this situation, it is very important that we learn and understand Thai  culture. Now I can learn how important the relationship among family members is for Thai people and how important the Buddhism is in their daily life through life with Thai people. And also sometimes I can find the inefficient working style of Thai people. It is important and worth experience for me that I learn Thai culture from Thai daily life, find good and bad point of Thailand, and think how Thailand and Japan can corporate for the future.Thinking in business aspect, now Thai people buy Japanese products and service, because they believe Japanese brand and Japanese products and services  are good quality, for example my friends say they will want to buy products when they find out that they are made in Japan or Japanese company’s products. It is also interesting experience for me to think that what values Japanese companies can add to their products or services based on Thai life through my Thai daily life with Thai people.

3. Can talk with people who graduated from Kwansei Gakuin university and work in Thailand and learn a lot from them

People who graduated from Kwansei Gakuin University  are organized all over the world. Bangkok branch has over 100 members who work various field.I joined the meeting and had great time with them. It’s worth for me to talk with them and got advice for my future. Their experience is so interesting and I can learn a lot of things  from them. It is another attractive point of studying in Thailand.

I’ve told about how interesting studying in Thailand is. I’m so glad if someone is interested in studying in Thailand and it becomes one choice to study abroad.

( In exchange program offered by Kwansei Gakuin university, we can learn in English in Thai university.)

Thank you for reading.

Konishi seminer facebook page (in Japanese only)

FB: https://ja-jp.facebook.com/pages/Bridge-for-ChildrenKGU/305080959623563

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人事政策、能力開発・キャリア開発 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく人事管理業務に携わっており、...

カテゴリー一覧