私の最も力を注いでいること

こんにちは。小西ゼミ新4回生の長谷川優衣です。

 

いつもブログをお読みいただき、ありがとうございます。

 

今回のブログでは、私の大学生活で最も力を注いでいることについて、お話ししたいと思います。

 

私は、関西学院大学体育会ラクロス部女子に所属しています。なぜ私がラクロス部に入部しようと思ったのか?私は高校時代、部活に入っておらず帰宅部でした。私の高校では国際科に入ると1年間の留学に行きます。そのため留学に向けての準備や勉強をするため、部活動を諦めました。運動が好きだった私は、大学では体育会に入り、スポーツに力を注ぐと決めていました。

関学の女子ラクロス部は、競技未経験者が多く、初心者を受け入れる環境と努力をすれば誰でもうまくなれるという可能性に魅力を感じました。また、他の私立大学では高校からラクロス部があり、そのまま大学で続ける人が多いのですが、関学の高校にはラクロス部はありません。それにも関わらず、関学ラクロス部はその年、関西制覇を遂げ、学生日本一に輝いています。私は、この部活に入り、新たに始めるスポーツでこの強いチームで日本一を取りたいと心から思い、迷うことなく入部を決断しました。

 

ラクロス部に入部して楽しい大学生活の始まりだと心から思っていましたが、現実はそう簡単ではありませんでした。部活のルールがとても厳しかったり、先輩方が怖かったり、日々の練習やトレーニングが思っていた以上にきつかったり、毎日のようにミーティングを行ったりと、多忙な毎日でした。私は体力面、精神面の両方が最初の頃はボロボロになり、辞めたいと思うことが何度かありました。でも、入部したのは自分で決めたこと、日本一を必ず掴みたいと思ったから入ったのであり、日本一を掴むには、この環境に慣れもっと努力しなければいけないと思い返しました。

 

私が関西学院大学体育会ラクロス部女子に入部してから、もう3年が経ち、早いことで、今年の4月には最高学年である4回生になります。私がラクロス部に入部してから、3年連続で関西制覇は達成したものの、学生準優勝、全日本3位という、あと一歩のところで目標に届かないという大変悔しい経験をしてきました。関東の大学が強く一昨年は、10−1という点数差をつけられ、負けてしまいました。しかし、昨年は、明治大学に1点差、社会人チームに1点差で負けてしまうという、1点という数字がどれだけ大切なのかを痛感した1年となりました。

 

私たちは、「関学日本一」という目標を今年あげています。この「関学日本一」を達成するため、この1点を奪い返すためには何が必要で、何をしなければいけないのかを、学年、チームで沢山話す場を設けてきました。昨年までの反省を踏まえ、一人一人が、この1点、1球、1瞬を全力で追い求めないと関学ラクロス部は日本一を達成出来ないと考えました。そこで、私たちは、今年のスローガンとして「ALL OUT~追い求めろ~」をあげました。私は、関学日本一を勝ち取るために、この言葉を本当に大切にし、日々言い続け、全力で体現し、必ず栄光を取りにいきたいと思います。

 

今年の2016年1月1日から、過去最高人数の私たち4回生26人が引っ張る16チームがスタートしました。4月に新たに入部してくる1回生を迎えると、関学ラクロス部女子で過去最大の人数を率いるチームになると思います。

人数が多い分、競争率が高まりライバル意識を持つことで、お互いが刺激し合い、より良いチームが作れると考えます。だからこそ、皆が一丸となれば、必ず強いチーム、日本一のチームが作れると思います。

私は部員一人一人と本気で向き合い強い信頼関係を作り、チーム力、組織力としても日本一を取るために欠かせない存在になります。

 

辛いこと、苦しいこと、悔しかったことも沢山経験しましたが、関学ラクロス部の一員として、後悔したことは何一つありません。今年は、必ずこの大好きなチームで何としてでも日本一を取りにいきます。今まで応援して下さった方々や、支えて下さった方々に日本一という形で感謝の気持ちを伝え、恩返したいと思います。

 

大学生活をしていて、何か1つ熱中することを探せとよくいわれると思います。私にとって、それがラクロスであっただけであり、ラクロスをしていて辛かったこと、嫌いになることもありました。でも、私には目標があり、大切なチームがいたこらこそ続けることが出来ました。ですので、今続けていることでそれが嫌いで、続ける意味がないと考えるのであれば、辞めても、途中で断念してもいいと私は思います。1つに熱中することは良いことですが、それを嫌々やっていても面白くもないからです。ただ、1つ決めたことは、人それぞれだと思いますが、最後には、続けていてよかったと思うことの方が沢山あるし、本当に信頼、尊敬出来る人達に出会うことが出来ると思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

小西研究室のFacebookはこちらから↓

FB:https://ja-jp.facebook.com/pages/Bridge-for-ChildrenKGU/305080959623563

 

Hello.

I’m Yui Hasegawa from Konishi seminar of the new 4th year.

 

Thank you for reading the blog.

 

In this blog, I would like to talk about what I worked hard the most in my college life.

 

I belong to the Kwansei Gakuin University Lacrosse girl’s team. The reason why I join this club is, when I was a high school, I didn’t join any club activities. This is because, in my high school, I was going to study abroad for a year, so I had to prepare and study for that. So I gave up to do the club activities. I like sports, so when I enter the university, I had been decided to focus on sport.

 

There are many people who have never played lacrosse so I felt attracted. Also, the environment that everyone can feel free to join this club is good, I thought. In addition, in other private universities, there is a Lacrosse team from high school, so a lot of people continue to play lacrosse from high school.

Nevertheless, in our lacrosse team, that year, it achieved the position of No1 of Kansai area and the No1 of in Japan. That is why, I joined this club.

 

That’s the beginning of the fun college life, I thought, however, I was not. In the reality, there are strict rules or older people are too strict. And also, the practice and training are busy more than what I thought. I felt I want to quit the club several times but I was continue to join the club because I have decided by myself, and I didn’t want to give up to grasp the position of first place.

 

Since, I have joined this club, it has passed for three years. In April of this year I will be senior. From I joined this club, although we have got the first place of Kansai area for 3 years, we have never got the No1 in Japan. We have experienced that very frustrating.

We raised the goal of “No1 in Japan” this year. I really cherish this word and keep saying this word every day.

 

From this year of January 1, in 2016, 16 teams have been started. There are 26 people in our grade and in the past from now, there will be the highest number of people in this team. It will be possible to have a rivalry increases the competitive rate, each other mutually stimulating, consider a better team can make. That’s why everyone should become a united. I think I will make certainly a strong team, and it will make the possible to get No1 in Japan. I made a strong trust relationship facing seriously and one person staff, team force, will be indispensable in order to take the Japan even as organizational strength.

 

I have experienced that a lot of painful things, but it does not have anything I regret. This year, we’ll definitely go to grasp the No1 in Japan with this favorite team. I really appreciate the people who supported me. I would like to give back to those people who supported us as the No1 in Japan.

 

If you are in a college life, I think that it is often said that you have to look for something one is keen to. For me, this was lacrosse. It was hard to be in the lacrosse team, but I have the purpose of a goal, and I have the important team so I was able to continue. If you have something that is continuing now, you hate that and you can’t find the meaning of doing that. I think you can quit. One is a good thing to be addicted to, but there is no even doing unwillingly interesting. However, one thing I can say is that one you have decided to do is, in the end, you can get a lot of amazing experiences and I think to be able to meet with the respected possible people.

 

Thank you for reading.

 

FB:https://ja-jp.facebook.com/pages/Bridge-for-ChildrenKGU/305080959623563

 

コメント:0

まだコメントはありません。

コメントを投稿する

トラックバック:0

トラックバックURL
http://kg-sps.jp/blogs/konishi/2016/02/04/2568/trackback/
この記事へのトラックバック

まだトラックバックはありません。

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人事政策、能力開発・キャリア開発 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく人事管理業務に携わっており、...

カテゴリー一覧