”総合政策”学部の学び

こんにちは

小西ゼミ3年生の籔内麻侑子です。

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

2月から3月にかけてのこの時期は、学生も社会人の方も含めて一年の総括や締めを感じる頃なのではないでしょうか。日頃忙しかった私も大学の期末試験が終わり、就職活動の準備とともに、大学3年生の一年を振り返る時間を作りました。今回は、そのなかで気づいた「総合政策学部の学び」についてお話したいと思います。

 

「総合政策学部って何を勉強している学部なの?」

この質問を聞かれたことのある学部生も多いのではないでしょうか。

法学部や経済学部のように学部の名前から学問がわかる訳でもなく、具体的なイメージを持ちにくい、そう思われる方も多いでしょう。

そして学部生は、この質問をされた時どう答えるでしょうか。

私もこれまで度々この質問を受けましたが、これといった明確な答えが思い浮かばずいつも困っていました。ただ一つ答えていたのは、「いろんな学問を幅広く勉強している」ということでした。

 

総合政策学部で勉強していながらも、恥ずかしながら学部の学びや意味を理解できていなかった私でしたが、3年目の今年、ある授業に出会いました。それは、3年生から受講できる「国際発展政策課題研究」というゼミ形式の授業です。これまで受けてきた授業は、どちらかというと教授が教え、学生がノートをとるようなインプット形式のものばかりでした。しかし、この授業は全く違いました。授業では常に「自分で考えること」を大切に、考えや気づきを自分の言葉で説明することが求められていました。国際という名がつく通り授業の内容は開発政策に基づいていましたが、その観点は国際協力のみならず経済や政治、文化、人の心理など多岐にわたっていました。

 

この授業を通して、私が得た「総合政策学部の学びの意味」を2点ご紹介します。一点目は、「多角的に物事をみるという総合性」です。

 

ある時、ケーススタディでフィリピン・ミンダナオ島の紛争を扱いました。紛争はなぜ起こるのか、その要因を探るには因果関係の分析が大切になります。通常学問で紛争を扱う場合、一つの要因として貧困を取り上げ「貧困のために紛争が起こる」と説明しますが、実社会ではその要因は決して一つとは限りません。貧困・政治・宗教・ジェンダーなど様々な要因が複雑に絡まりあって、紛争は説明できるのです。私たちはついその一要因にだけ注目してしまいがちですが、ある事象は決して一つを取り上げたからといって完全に説明できる訳ではないことを学びました。

 

これはすなわち、総合政策学部の「総合」という部分にあたります。私たちが生きる社会が抱える問題は、原因や利害関係が入り組んだ複雑な世界です。そのなかで問題を解決するためには、物事を多角的にみることが大切になります。多角的に物事を見るために、総合政策学部では様々な分野の勉強をしますが、それを横断的に縦断的に見るという視点を今回新たに得ました。学部での数々の授業はいわば、自分の引き出し(材料)の数を増やす作業だったように思います。

 

「総合政策学部の学びの意味」二点目は、「政策を考えるからこそ得られる、プロセスの考え方」です。

 

授業では、2000年に採択された開発分野における国際社会共通の目標であるミレニアム開発目標:Millennium Development Goals(MDGs)や、2015年に期限を迎えたMDGsに代わった新しい国際目標、持続可能な開発目標:Sustainable Development Goals(SDGs)といった世界規模での政策から、各国の政策、国連の事務所という小さなコミュニティレベルの政策など、マクロからミクロの視点で政策を考えました。私たちは「政策」と聞くと、何か政府が実施する大きな物事に関する計画、と捉えてしまいがちです。しかし、それはだれが実施するかということに左右されるだけで、物事の根本的な部分は変わりません。それは、「今より少し良くするために、これから実施するプロジェクトのプロセスを考える」ということです。テストでいい成績を取るための勉強の仕方、会社の売り上げを維持するための経営方針、少子高齢化が進む日本社会における社会保障制度、世界から貧困をなくすための政策。どれも立派なプロジェクト、つまり政策です。プロジェクトには、3つのフェーズが存在します。まずは「計画」を立てることです。こうなりたいということを実現するために何が必要なのか、得るためにはどうしたらいいのか考えなくてはいけません。考えた結果できた計画は、「実施」することで、その成果が見えます。そして実際にやってみた計画は、果たして自分が目指した目標を達成したのか「評価」します。もし達成していなければ、改善するためにプロジェクトを修正する必要があります。私たちは常に政策という形ではなくても、こういったプロセスを踏んでいるはずなのですが、このプロセスをじっくり考えることはありません。

 

経済学部や法学部でも学問として政策を考えることはあると思いますが、総合政策学部の「政策」とは、政策の考え方やプロセスを学問することに意味があると、私は思います。マクロからミクロの視点で、政策やプロジェクトを実施するプロセスを考えることを学びました。

 

私はこれまで、総合政策学部はいろんな分野の勉強ができるという利点はあるものの、逆にこれといった専門性がないことを弱みだと感じていました。しかし、逆に物事を多角的に見る視点を養えることが強みだと、今は思っています。深い知識や技術をもつスペシャリストも、逆に全体を幅広く理解することのできるジェネラリストも必要な存在だと思います。残りの大学生活では、総合政策学部で身につけた幅広い知識をもとに自分の興味のある専攻の知識を積み上げて、ジェネラリストでありスペシャリストな人間になれるように勉学に励みたいと思っています。

 

総合政策学部3年生を終わろうとする今、この学部の意味を少し理解できたような気がしました。

 

ご精読ありがとうございました。

小西研究室のFacebookはこちらから↓

FB:Bridge for Children, KGU

 

 

Hello.

I am Mayuko Yabuuchi, a junior member of Prof. Konishi Seminar.

Thank you for visiting this blog.

 

Is it about time when, this time period from February to March, we feel generalization and a total of one year? Because the term-end examination of the university was over, I made time to look back on one year before started job hunting. Today, I would like to talk about “the study of policy studies department” that I thought in this time.

 

“What are you studying in your department, school of policy studies?”

Are there some undergraduates who have been asked this question?

There are some departments which many people know the name and have a concrete image like law or economics departments.

And how will the undergraduates answer when they were asked this question?

I often received this question until now, but I always confuse answering without particular clear answer. Only I can say is that, “studied various study widely.” I’m ashamed to say, it was me who was not able to understand the meaning of this department, but I met one ‘class’. It is a class of the seminar form called “the international development policy problem study” which students can attend from a third grade. The classes that I took before was only the thing of the input form that a professor taught and students took the notebook. However, this class was totally different. It was always demanded by classes that I explained, “Thought by oneself” by own words of thought and mind oneself carefully. The content of the class was based on a development policy, but include various point of view, like not only international collaboration but also economy, politics, culture, and psychology.

 

I would like to introduce two points of ‘meaning’ of the policy department which I got through this class. The first point is “total compatibility to see things from different angles.”

 

One day, we handled a case study of conflict of Philippines, Mindanao. Analysis of the root cause becomes important why the conflict is happened to investigate the factor. When people handle a conflict in study, they explain it when they take up poverty as one factor and “poverty leads to conflict”, but the factor may be never only one in the real world. Various factors including poverty, politics, religion, and the gender get twisted up complicatedly and can explain the conflict. We were apt to pay attention to only one factor carelessly, but I learned that we never could completely explain a certain phenomenon because I took up one factor.

This can be called “general” of the policy department. The society which we live in is the complicated world and problem include a cause and an interest were complicated. It becomes important to see things from different angles to solve a problem. I studied various fields in the policy department to see things from different angles, but got a viewpoint to see for transversely and longitudinally this time.

 

The second point of ‘meaning’ of the policy department is “a way of thinking of the processes to be provided simply because of thinking about a policy”.

 

We thought about a policy in a micro and macro viewpoint from the policy of each country, the policy of the small community level like the office of the United Nations, and the policy in the global scale such as SDGs and MDGs by the class. When we heard the word “policy”, I am apt to arrest with the plan about big things which government implement. However, it only depends on who enforces it, and the basic part of things does not change. It is about the process of the project to implement from now on to take good care a little from now. A policy to lose poverty from a way of the study, management policies to maintain the sales of the company, a social security system in the Japanese society where low birthrate and aging advances to, the way to take the good results on a test. Anything is an excellent project that also can be called policy. There are three phases for a project. At first, it is to make a “plan”. You must think about what I want to be and what I needs to come true to obtain it. The result is seen for the plan that came by the result that I thought about in an “enforcement” thing doing. And “evaluation” does whether the plan that I tried really achieved the aim that oneself aimed at. It is necessary to revise a project to be improved if not accomplished. Even if we are not always form called the policies, I should go through such a process, but there cannot be the thing thinking about this process carefully.

 

I think a way of thinking and the process of the policy to be it when it has a meaning to study. I learned that I thought about a process to implement a policy and a project in a micro-viewpoint from macro.

 

As for me, I thought the advantage in this department is I could study various fields of studies, but I also thought that there was not particular specialty adversely and may be weakness. However, I think that it is a strength which I can develop a viewpoint to see things from different angles now. The specialist who have deep knowledge and technique, on the contrary, the generalist who can understand the whole widely are also necessary person. By the remaining college life, I pile up the precedence knowledge that is interested in based on the wide knowledge that I acquired in policy department and want to study hard to be a person who it is a generalist, and a specialist.

 

I felt like having been able to understand meanings of this department when I was going to end of policy department third grade.

 

Thank you for reading.

コメント:0

まだコメントはありません。

コメントを投稿する

トラックバック:0

トラックバックURL
http://kg-sps.jp/blogs/konishi/2016/02/23/2582/trackback/
この記事へのトラックバック

まだトラックバックはありません。

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人事政策、能力開発・キャリア開発 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく人事管理業務に携わっており、...

カテゴリー一覧