2016年4月

日本の学生の「伸びしろ」とは?社会に求められる、そのチカラ。 Potentials that Japanese Students May Have

皆さん、こんにちは。

小西ゼミ4年生、永田久美子です。

 

いつも本ブログを閲覧して下さり、ありがとうございます。

 

突然ですが皆さん、日本の大学の教育システムについて、どうお考えですか?

 

日本の18歳人口は年々減少し、1992年に205万人だったのが、2014年には118万人にまで落ちています。さらに今から16年後には、100万人を切ることが予想されています。そんな中各大学にとって、学生数確保は生き残るための、大きな課題となっています。大学はより多くの学生を魅了するために、世界を舞台に活躍する人材育成をする必要があるでしょう。

 

そこでこの度は「日本の学生の伸びしろ」について皆さんと一緒に考えるべく、執筆致しました。日本の学生の「伸びしろ」と題しましたが、これは言い換えると、今の日本の学生に「足りないもの」のことです。これを認識することは、教育システムの改善には欠かせません。

 

私は現在、カナダで1位、世界で19位にランクする、世界中から学生が集まる大学、カナダ・トロント大学にて約8か月間の交換留学をしております。交換留学・就職活動を通して、私たち日本の学生に「足りないもの」が見えてきました。

 

【日本の学生に足りないもの】

それは一言でいうと、「能動性」です。一般的に日本の学生は「受け身」ではないでしょうか。これは、勉強の仕方について言えることです。例えば授業は、一方的な講義スタイルのものが多いように感じます。基本的には、教授が授業で議論されたことをノートにとり、それを知識として取り入れています。勿論、専門家である教授のお話を伺うことは、学ぶために大事なことの1つです。

 

しかし、やはりそれだけでは足りないのではないでしょうか。

 

【カナダ学生の学び方】

カナダの学生は、日ごろから「能動性」が求められる機会が多いです。トロント大学でも講義スタイルの授業が基本ですが、それでも意見を求められる機会は比較的多くあります。200人ほどが履修しているような大きなクラスであっても、です。つまり授業は、教員と学生の対話型。教員が意見を求めれば、学生は手を挙げ答えます。時には質問をするために、教員の話中にも挙手する学生もいます。

 

またトロント大学では履修する科目数が少ない分、より多くの課題が課されます。その中で私がぶつかった壁は、Writingスタイルの違いです。私は日本ではこれまで、レポートを書くと言えば、専門家が著した論文を「まとめる」作業が主でした。しかしトロント大学で履修している政治学の授業では、専門家の意見を「批判」し、それに代わる意見を「提案」するということが求められました。

 

このように、トロント大学では勉強に対する姿勢が「能動的」です。私たち総合政策学部の学生も、社会問題に対して解決策の「提言」は行いますが、学者の意見に根拠を持って「批判」をする機会はほとんどなかったように感じます。

 

社会に求められる、そのチカラ

そんなトロント大学での勉強の仕方に手こずることも多かったですが、「能動力」だけでなく、「論理的思考能力」に「問題解決能力」、これらは私がこの留学生活で磨いてきたチカラです。そしてこのチカラは、社会に求められているものだと、就職活動をする中で改めて痛感しました。3年間の大学生活を振り返る中で、成し遂げたことも数々あります。しかしもっと「能動性」に意識し、かつ周りを巻き込んでの活動を行うように心掛けていれば、更に良かったかもしれない、と私自身思います。

 

社会はきっと、ただ言われたことを「こなす」だけではなく、自発的に新しい価値を創っていける人を求めています。「受け身」になりがちな日本の学生の特性は、悪く言えば欠点ですが、よく言えばこれから成長する見込みのある「伸びしろ」です。グローバル社会で、能動性を求められる環境で育ってきた人々と共に働くためにも、このチカラは身に着ける必要があるでしょう。

 

日本の学生が「能動力」を磨き、文化を異にする人とも対等にコミュニケーションをとっていくためには、改革が必要です。私は日本の大学がこれから、能動的に考え、行動できる環境を作っていけることを望んでおります。

 

大学生の皆さん、「受動的」でななく「能動的」に活動する機会を増やせるよう、改めて意識してみてはいかがでしょうか。

 

ご精読ありがとうございます。

 

小西研究室のHomepageはこちらから↓

http://www.konishi-kg.org/language.html

小西研究室のFacebookはこちらから↓

FB:Bridge for Children, KGU

 

Hello everyone.

My name is Kumiko Nagata, and I am a senior of Prof. Konishi’s seminar.

 

Thank you for visiting our blog.

 

I know this is a sudden question, but what’s your opinion about the current educational system in Japanese universities?

 

The population of people aged 18 has been decreasing, and Japan saw a dramatic fall in the population from 2.05 million in 1992 to only 1.18 million in 2014. Moreover, it is expected that the number will further decrease to under one million in 16 years. Given that the youth population is shrinking, it is a huge challenge for Japanese universities to secure a big enough number of students. To attract more students, they have to become an institution in which students can acquire the skills to serve a global society at full extent.

 

As the title indicates, I am writing this post to discuss the potentials that students in Japan may have. What I mean by “potentials” is actually things that students in Japan lack. It is crucial to recognize what students lack in order for us to improve the educational system.

 

I have been studying at University of Toronto as an exchange student for almost eight months. The university is ranked the 1st in Canada and the 19th in the world, and is a place where students from all over the world gather. Through my experience as an exchange student and a job hunter, I noticed that there is a thing that many students in Japan may lack.

 

One Thing that Students in Japan may Lack

One thing that many students in Japan are likely to lack is proactivity. Generally speaking, Japanese students tend to be passive towards study. For example, classes in my Japanese university are mostly lecture-style. Basically, students just write down what their professors say, and this is the main way to acquire new knowledge. Of course, listening to professors who are specialized in some studying field is definitely one important thing to do to learn things. Yet, it is not sufficient.

 

How Students in Canada Study

On the other hand, students in Canada have many opportunities where they have to be really active towards study.

Like in Japanese universities, lecture-styled classes are also common at University of Toronto (hereafter U of T). Nevertheless, there are relatively many chances for students to be asked to share their opinions even in lecture-styled classes with two hundred students. In other words, students are more engaged in the classes, and there is more communication between students and professors. They proactively raise their hands when professors ask them for their opinions.

 

Furthermore, U of T students have many more assignments than KGU (Kwansei Gakuin University) students while taking fewer courses. One challenge that I confronted at U of T is the difference seen in the writing style. Back in Japan, when it comes to writing papers, the main job I got was to unify some papers or books written by experts. However, what I was expected to do in the political science courses that I took at U of T was to criticize the experts’ ideas and propose alternative ideas.

 

As this studying methodology shows, U of T students study more actively. We, students at School of Policy Studies at KGU, also propose solutions to social problems, but I feel there are only few opportunities to constructively criticize scholars’ opinions with sophisticated proofs.

 

The Skills Required by the Society

I was often struggling with study at U of T because of the different approach towards study, but I am sure that I was able to develop not only the skills to be an active learner, but also those to think logically and solve problems. As I look for a job, I realized that these skills are required by society. There are many things that I have achieved in my three years at university. However, I think it could have been even better if I was trying to become a more active learner who can involve other people.

 

I believe that society wants someone who can proactively create new values per se. Doing what they are assigned to do is insufficient. The Japanese students’ feature of being passive is a weakness on one side, but it could be said that it is a potential that students have on the other side. It is necessary for us to become more proactive and work collaboratively with those who are raised up in a society where self-activeness is required.

 

We need a reform so students in Japan can become more proactive and communicate with people from different cultural backgrounds more equally. I do hope Japanese universities can create a better environment where students can think and act by themselves.

 

Why don’t we pay more attention to act more proactively by ourselves instead of waiting for others to act first?

 

Thank you for reading!

 

Prof. Konishi seminar facebook page (in Japanese only):

https://ja-jp.facebook.com/pages/Bridge-for-ChildrenKGU/305080959623563

日本の国花の由来

こんにちは。

いつも小西ゼミのブログをご覧いただき、ありがとうございます。

本日は小西ゼミ4年生の北山智彩子が担当致します。

 

突然ですが皆様は日本の国花を知っていますか?

アメリカ人の友人に満開の桜の写真を送った時に「日本の国花は何?」と聞かれ、国花について少し調べてみたので、読者の皆様にも共有しようと思います。

 

まず、日本の国花は「菊と桜」と言われています。

なぜでしょうか?

 

菊は天皇や皇室を表す紋章としても使用されており、日本を代表する花です。

皇室の象徴でもある菊に、日本人は昔から親しみを感じてきたのが理由といえます。

 

桜は一気に美しい花を咲かせ、あっという間に散ってしまいます。

その儚さが日本人の心を惹きつけるのだと思います。

また「花見」では友人や会社の仲間たちと、桜を見ながら食事をしたり、お酒を飲んだり楽しい時間を過ごします。

日本人の心と大事にされている行事が国花として選ばれている理由といえます。

 

日本の国花はただ「国を象徴している花」だけではなく、日本人の昔からの歴史や性格を表しているということを知ることが出来ました。

日本人独特の感受性は様々な物や事に影響しているのだと思うと、日本文化の誇らしさも感じます。

 

今後、桜や菊を見つけた際この国花の由来について思い出して頂ければ幸いです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

参照:http://www.shokunin-times.com/cgi-bin/blog/page.cgi?act=page&id=102

 

小西研究室のHomepageはこちらから↓

http://www.konishi-kg.org/language.html

 

小西研究室のFacebookはこちらから↓

FB:Bridge for Children, KGU

 

 

Hello.

I am Chisako Kitayama, a senior member of Konishi Seminar.

Thank you for visiting this blog.

 

Do you know what the national flower of Japan is?

When I sent a photo of cherry trees to one of my friends in America by email, she asked “what’s the national flower of Japan?”.

I didn’t know about it so I consulted.

Please let me share what I learned with you.

 

The national flowers of Japan are “chrysanthemum” and “cherry blossom”.

Why?

 

Chrysanthemum is a symbolic flower of Japan, because the emperor and the imperial family have been used it as their family crest.

This is one of the reasons why we have felt a closeness to the flower for many years.

 

Cherry blossoms burst into bloom beautifully and they fall to the ground in a matter of days.

This fragile beauty attracts us.

We enjoy eating and drinking under the cherry trees with our friends or colleagues.

This “cherry blossom viewing party” is an important event for us Japanese so cherry blossom must have been chosen as our national flower.

 

I can learn the national flower of Japan is not only “symbol” but also “history and character”.

I am proud of Japanese culture because we have peculiar sensitives.

 

I would be happy if you remember it when you find chrysanthemums and cherry blossoms.

 

Thank you for reading.

国際理解教育報告~桃山学院高校~

こんにちは。

総合政策学部 国際政策学科 小西ゼミ4回生、高橋 由莉と申します。

 

4月も始まって早2週間ほどが経ち、キャンパスにおいてもサークル活動や授業が始まり、

だんだん活気づいてきました。

 

さて、今回は、毎週金曜日に通常のブログに加えてお送りしております、

Bridge for Childrenの国際理解教育の活動について、第二回目をお届けしていきたいと思います。

 


 

【国際理解教育 活動報告】

今回は2015年12月14日に行われました桃山学院高校の国際理解教育の活動報告をさせていただきます。

 

◆テーマ

『大学生になってできる途上国支援のカタチ』

 

◆対象

桃山学院高校1年生3クラス

 

今回は

①途上国に視野を広げる

②生徒達の将来のビジョンを広げる

という2つを目的に国際理解教育を行いました。

 

実際の実施内容は、

①フィリピンの現状やフィリピンフィールドワークでの経験を基にした学びや思いを伝える。

②今私たちに何ができるのかを考える『ワークショップ』を行い、一緒に考える

③大学生として何ができるのか、そして今私たちが大学生として行っている活動を伝える。

という流れで行いました。

 

今回の桃山学院高校の生徒様は、翌年に海外留学を控えている中での国際理解教育で

実際に途上国にどれほど興味を持っていただけるか不安もありましたが、

発表中は皆さん真剣な眼差しで発表を聞き、積極的に発言する生徒もいて、

今回の国際理解教育では発表者の私たちと桃山学院高校の生徒様と

共に楽しみながら、国際理解教育の時間を行うことができました。

 

そして、今回のアンケート結果からは

・子どの達のために直接なにかしようとは思っていなかったけど、この講義を受けて子供たちの笑顔を失いたくないと強く思いました。

・みんなで一緒に考えてしかも実際に行った大学生から聞くことで興味ももちやすくなsったし楽しかった。

・大学に行ったら私もこういう活動をしたいと思います。

・自分の生活で無駄なことを減らしたい。

・フィリピンなどの発展途上国に行き、自分の目で確かめたい。

 

などの感想をいただきました。

 

この国際理解教育を受けて、次の行動にうつそうとする感想をいただけたことが本当に嬉しく思います。今回の国際理解教育が、桃山学院高校の生徒様にとって何か考えるきっかけであったり、行動を起こすきっかけであればと強く思います。

 

桃山学院高校は、昨年度も国際理解教育を実施させていただき、

今年度で2年目となります。

今回2回目の国際理解教育の実施にあたり、ご協力いただいた

濵井先生をはじめ、学校関係者の皆様に本当に感謝申し上げます。

ありがとうございました。

 

以上で活動報告を終わらせていただきます。

本当にありがとうございました、

 

三好

小西研究室のHomepageはこちらから↓

http://www.konishi-kg.org/language.html

小西研究室のFacebookはこちらから↓

FB:Bridge for Children, KGU

 

I will report the education international understanding in Momoyamagakuin high sxhool on 14 December, 2015.

 

◆theme

“Example of aid to developing countries university students acts”

 

◆Target people

First grade at Momoyamagakuin high school

 

There are two goals of this education international understanding.

First, high school students are interested in the developing countries.

Second, they broaden their vision.

 

Contents of this education are

ⅰWe told the present conditions in Philippine, the experience and learning through the fieldwork in Philippine.

ⅱWe and the high school students though together and did the workshop what we can do now.

ⅲWe told what we can do when we go to the developing countries and

the activity of Bridge for Children

 

The students in Momoyamagakuin high school will study abroad next year, so we had anxiety that how the students were interested in the developing countries.

However, they listened to what we say very hard and actively spoke up, so we enjoyed the classes

 

The result of questionnaire is

・I didn’t think I acted something for the children in developing countries before the class, but now I feel strongly that I don’t want to lose their smiles.

・I enjoyed the class am interested in the developing countries because I thought together about the workshop and listened the real story.

・I want to do like this activity.

・I want to reduce unnecessary in daily life.

・I want to go to the developing countries like Philippine and see the real.

 

I am very glad that the students try to do next action. I hope that the students in Momoyamagakuin high school think and act.

 

It is second time to do the education international understanding in Momoyamaguin high school.

I deeply appreciate for Mr,Hamai and the other teachers.

 

Thank you very much.

 

Miyoshi

ムヒカの名言から感じたこと

こんにちは。

小西ゼミ4回生の長谷川優衣です。

本日は、小西ゼミのブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

最近日本にも来日し、世界中で注目を浴びているウルグアイのムヒカ前大統領についてお話したいと思います。

 

皆さんもご存知だと思いますが、2012年のリオ会議での彼のスピーチが世界中の人の心を動かしました。私も就職活動をする上で彼の言葉を聞き、仕事をする意味を見つけ出せました。

 

ホセ・ムヒカ前大統領は、貧困家庭に生まれ、彼は極左年ゲリラ組織ツパマロスに加入し、ゲリラ活動に取り組んでいました。

数々の問題の襲撃や誘拐に携わる中で、彼は6発の銃弾を受け、また4度の逮捕を経験しました。1972年に逮捕されてから約13年間収監されており、酷い扱いを受けていました。

彼は出所後、ゲリラ仲間と左派政治団体を結成し1995年の下院議員選挙で初当選を果たし、そして2009年度の大統領選挙で、ウルグアイの大統領となりました。

 

彼は「世界一貧しい大統領」として有名であり、公邸には住まず、質素な農家で菊を栽培したり、中古車に乗ったり、他国に移動する際にはエコノミークラスを使用したりと庶民的な暮らしをしています。さらには、大統領報酬の90%程度を貧しい人々などに寄付をしています。そのため彼は月に1000ドル(日本円で約10万円)で生活をしています。

 

そんなムヒカ前大統領がリオ会議で述べた言葉は、

 

『貧困な人とは、少ししかものを持っていない人ではなく、無限の欲がありいくらあっても満足しない人のことだ。』

『私たちは発展するために生まれてきているわけではなく、幸せになるために地球にやってきたのだ』

 

私は、就職活動をする上で、何を今後したいか分かりませんでした。しかし、彼の言葉を聞き、仕事とは何かを改めて知ることができました。

仕事をするということは、人の役に立つこと、役に立つ物を作ることで、人にありがとうと言われ幸せになる。その幸せを求めるために仕事をする。私は何をして人の役に立ちたいのかを考えました。それを考えた結果、今後やりたいことが明確になってきました。

 

今後、就職活動を控えている人やこれから取り組む人は彼の言葉をヒントに自分の本当にやりたいことを考えてみて下さい。

 

小西研究室のHomepageはこちらから↓

http://www.konishi-kg.org/language.html

小西研究室のFacebookはこちらから↓

FB:Bridge for Children, KGU

 

 

Hi, this is Yui Hasegawa from Konishi Seminar. I’m 4th grade. Thank you for always reading our blog.

 

As you know, Muhika who is a president of Uruguay recently came to Japan. He is the person who has attached the most attention all over the world, so I would like to talk about him today.

 

He did speech At Rio conference in 2012, made everyone moved the heart from all over the world. I also listen to his words in terms of job hunting, I was finding the desired meaning to the work.

 

Mujica president was born to poor families, he joined the far-left year guerrilla organization Tupamaros, was working on guerrilla activities. Among involved in the attack and the kidnapping of a number of problems, he received a six-shot bullet, also has experienced a 4 degrees arrest. He has been imprisoned about 13 years after being arrested in 1972. He had received the terrible treatments.

 

After he origin, they formed a guerrilla companion and left-wing political organizations play a first elected in the House of Representatives election in 1995, and in 2009 of the presidential election, he became the Uruguay of the President.

 

He is famous as the “poor president in the world”. He doesn’t live in the official residence. He is cultivating chrysanthemum in humble farmer and riding on the used car. Also, when he moves to another country, he uses the economy class. In addition, he donates to the poor people about 90% of the President reward. For this reason he has a living at 1000 dollars (about 100,000 yen in Japanese yen) for a month.

 

The words such Muhika President mentioned in the Rio conference are,

 

“The poor people, rather than people who do not have a thing only a little, but the person who does not satisfy even matter how much there is unlimited greed. ”

 

“We are not necessarily have been born in order to develop, we came to earth to be happy.”

 

In terms of job hunting, I did not know what I want to do in the future. However, when I listened to his words, I was able to learn again something to do with work.

The fact is that the work is useful for people, to make a useful thing, to be happy. That is said to thank you in person. Working is in order to determine their happiness. I think what you have to want to help people. Result of think of it, I make it clear that what I want to do in the future.

 

In the future, people who are tackling for finding job, ahead of the job hunting, please consider what you really want to do with his words.

 

Thank you so much for reading, and I hope you enjoy it.

Prof. Konishi seminer facebook page (in Japanese only)

FB: https://ja-jp.facebook.com/pages/Bridge-for-ChildrenKGU/305080959623563

国際理解教育報告~浪速高校~

こんにちは。

研究室ブログを担当しています、新4回生の籔内です。

いつも小西ゼミのブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

暖かな春の陽ざしとともに4月を迎えました!

新入生や新社会人を迎えられたみなさまに限らず、

気持ち新たに新しいスタートをきられた方も多いと思います。

 

本研究室ブログでは通常のブログに加えて、

今回より4週にわたって、小西ゼミ有志で運営しているBridge for Childrenの

国際理解教育の活動についてお届けしていきたいと思います。

————————————————————————————————

今回は10月14日に実施した、私新4回生、松尾咲歩の母校である

私立浪速高校での国際理解教育についてご報告します。

 

  • 実施概要

実施目的:卒業生が大学生活を通じて学んだこと、成長したことを知ってもらい

高校生たちの進路選択に役立てる。

実施内容:

難民や紛争に関心を持っていた高校生の私が、

関西学院大学へ入学してからどのように変化したかを

これまで参加してきたボランティア活動や、フィリピンフィールドワークの紹介によって伝え、

講演後には高校生とフリートークを行いました。

 

<高校生のからの感想より>

  • 普段知ることができないフィリピンの話やボランティア活動の詳細を聞くことができてよかった。
  • 大学の決め方や高校生の時の比較が聴けて、自分もこういう風に成長していけたらいいなと感じた。
  • フィリピンの現状をもっとしりたいと思った。
  • 松尾さんの高校時代の考え方や行動、現在の大学での活動に至るまでの説明が、詳細にされていたので、理解しやすかった。

 

今の高校生は大学に受かることが勉強する目的となってしまって、入学後に何がしたいのか、どんなことができるか全く想像できていない、だからこそ今回のような大学生から直接話を聴くことは本当に良い機会だと、先生方はおっしゃっていました。私の講演の感想も先生方から頂き、「あの松尾さんが大勢の前でハキハキしゃべれるようになって!」と褒めてくださいました。先生に褒めて頂いたのがほんとにうれしかったです。

 

後輩たちに自分の学生生活を伝えることができたのはもちろん、お世話になった先生方に私がどれだけ高校生の時より成長したかを見てもらう貴重な機会にもなったと思います。

 

これからも国際理解教育に携わり、自身の活動を振り返り、伝えることでより多くの方々に何か影響を与えることができたらいいなと思います。

 

小西研究室のHomepageはこちらから↓

http://www.konishi-kg.org/language.html

小西研究室のFacebookはこちらから↓

FB:Bridge for Children, KGU

 

 

Hello, everyone!

Thank you for visiting this blog.

I am Mayuko Yabuuchi, a senior member of Konishi’s seminar.

 

The cherry blossoms are in their full bloom. Spring has come.

Not only new students and new member of society, I think all of you start new life with felling excited.

 

I would like to report about activity of the International understanding education of Bridge for Children running in Konishi seminar volunteers in addition to normal blog with this laboratory blog for four weeks from this time.

 

————————————————————————————-

Hello.

I am Sakiho Matsuo, a senior from Konishi’s seminar.

 

I would like to tell you International Education in Naniwa High School in October 14.

Naniwa high school is my alma mater. I think I could inform my university life to my junior and teacher in the school. It is also the opportunity to prove how I grow up during university.

 

Overview

Purpose: students in Naniwa high school learn how university life is. And I help them for career-path selection.

Contents: The dream I had when I was high school student is changed by a lot of experience. I introduce volunteer activity and fieldwork in Philippine. After lecture meeting, I talked with students about future and examination.

 

Student’s thoughts

It is good to hear about the situation of Philippine and volunteer activity because we don’t have opportunity to know.

I want to grow up like Ms. Matsuo.

I want to learn Philippine more.

It is easy to understand because her way of thinking and action was said in detail.

 

My teacher told me that high school students are shortsighted because they only saw the path examination and they didn’t see what they could do in university. Therefore, this lecture was very helpful for them.

Teacher also praised me for my growth. She said that I was surprised you could talk clearly in front of many people.

 

I want to continue to take part in international education and tell some people my experience. I hope these effects on them in any form.

タイの素敵な文化

みなさん。こんにちは。 小西ゼミ4回生の福井伽奈です。 いつも本ブログをご覧いただきありがとうございます。

私は昨年8月から今年の5月までタイで交換留学をしております。今日は、タイで過ごす中で感じたタイのおもしろい文化、素敵だなと思う文化をご紹介したいと思います。

1.タイ人はすごくフレンドリー

タイでは知らない人同士でも、家族や親戚をさす言葉を使って呼び合っています。例えば、見た目から相手は自分より年上だと判断すれば、Phii(ピー:お兄さん・お姉さん)、年下であればNong(ノン:弟・妹)と呼びかけます。この他にも、Loong(ロン:おじさん)やYai(ヤイ:おばあさん)なども相手の年齢に合わせて使うことができます。これは、国王を父とする一つの家族として国を治めていこうとした歴史が関係しており、今でも人々はお互いを家族のように呼び合っているとタイ文化の授業で学びました。このような背景も関係しているのか、タイ人は知らない人同士でもすぐに仲良くなります。タイ人の友人とタクシーに乗るとタクシーの運転手さんとすぐに仲良くなったり、レストランでもお店の方と仲良くなり一品プレゼントしていただいたこともあります。また、知っている人同士においても、お姉ちゃん、妹などと呼び合うことで、関係が親密になっていると感じます。日本で、先輩後輩と呼ぶところをタイでは、『ピー or ノン +名前』(何々お姉ちゃんなどと呼んでいることになります。)と呼びます。タイ人の友人たちは先輩や後輩のことをmy brother, sisterと呼ぶので、本当の兄弟姉妹か聞かなければ血の繋がった兄弟なのかわからないことも多々あります。それほどまで、先輩を本当の兄や姉のようにしたい、本当の弟や妹のように後輩の面倒を見ています。このように、知らない人同士でも知っている人同士でも、お互いを家族のように呼び合い、思いやり、助け合えるタイの文化はとても素敵だなと日々感じています。

 

2.みんな国王が大好き

タイには国王がおられることはみなさんご存知だと思います。街中、学校内いたるところで国王の大きな写真を見ることが出来ます。また、毎朝8時と夕方6時には国旗の掲揚と降納があり、国歌も流れます。街中で国歌が聞こえた時には、すべての動きを止め(歩いていてもみなその場で立ち止まります)、国歌を聞きます。テレビでも、この時間には国歌が流れ、さらに、1日のおわりには王族の方々がどのような1日をお過ごしになられたのかが報道されます。映画館に行っても、映画が始まる前には必ず国王への尊敬を表す曲が流れ、みな起立してこの曲を聞きます。もちろん、私たち外国人も起立しタイの人々とともに国王、国家に敬意を払います。さらに、国王の誕生日にはBike for Dadというイベントが開かれます。この日は国王が生まれた曜日のカラーである、黄色のTシャツを着た人々が自転車に乗って街を駆け抜けます。あらゆるところが通行止めになり、たくさんの方々が自転車に乗り参加されたり、見学に来られたり、企業が黄色にパッケージされたお水を配っていたりします。また、イベントの様子はテレビで放送されており、国王の誕生日を国民みんなで祝っているということが伝わってきました。私もBike for Dadの見学に行き、とてもタイらしい経験をすることができました。国王を愛し、心の拠り所とし、様々な面において敬意を払っているタイの文化は素敵だと思います。

今回ご紹介しきれなかったタイの素敵な文化はまだまだたくさんあります。

ぜひ、みなさんも留学やインターンシップ、旅行などでタイを訪れ、タイの文化に触れてみてください。

小西研究室のHomepageはこちらから↓

http://www.konishi-kg.org/language.html

小西研究室のFacebookはこちらから↓

FB:Bridge for Children, KGU

Hello, I am Kana Fukui, a senior member of Prof. Konishi seminar. Thank you for visiting this blog.

I have studied as an exchange student in Thailand from last August till this May.

Today I’d like to talk about interesting Thai culture.

1. Thai people are very friendly.

Thai people use kinship term to address others, even though they don’t know each other. For example, when the other looks older than you, you can call him/her  “Phii”,Which means an older brother or sister, when the other looks younger,  “ Nong”, which means a younger brother or sister, can be used. And also Thai people use Loong ,which means uncle, Yai, which means grandmother, depends on the other’s age.I learned that it’s because of Thai history that in the past a loyal family had tried to govern the whole country as one family in which the king is father. This history has big influence on Thai culture and Thai people still call each other with kinship term. This culture might let Thai people be very friendly. For example, when I take a taxi with Thai friends, they make good relationship and talk a lot with a taxi driver very soon after taking the taxi, and also in a restaurant they make good relationship with restaurant staffs and sometimes restaurant owner gives us free one meal. Among people who know each other, they call each other by using the term, such as brother and sister, too. I think it helps Thai people make much better relationship each other. In Japan, we call older people “senpai” and younger people “ kouhai”. In Thailand, they use “Phii or Nong + name”. As I already mentioned above, Phii means an older sister or brother, and Nong means a younger sister or brother. So Thai people call their friends my sister or brother even though they don’t have kinship each other. It often happens that I’m not sure my friends really have brothers and sisters. It means Thai people treat their “senpai” and “kouhai” as real sisters and brothers and take care of them. Like I have talked, Thai people treat each other as the real family and help one another. I like this culture so much.

2. Thai people respect for their king so much

As everyone knows, there is a king in Thailand. We can see pictures of the king in many places in a town or a school. In every morning, 8am, and every evening, 6pm, Thai national flag is raised and got down with national anthem. When we listen to it, we have to stand and stop every movement. So everyone stopes walking, listens to it and shows respect. On the TV, we can listen to the national anthem at 8am and 6pm too, and in the end of day what the loyal family did on that day is broadcasted. And also when we go to a movie theater, we stand and listen to a king song which admire the king before the movie starts. Moreover, on the king’s birthday, the events, Bike for dad is held to celebrate the king’s birthday. In this event, people ride their bike or go to cheer them with yellow T-shirt. The king was born on Monday and Monday is yellow in Thailand. So people wear yellow T-shirt on that day. In the event, many roads are closed. Many people join this event. A lot of companies provide bottle of water decorated with yellow. The event is broadcasted on the TV. We can see that whole Thailand celebrates the king’s birthday. I also joined “Bike for Dad” and could experience Thai culture.I like Thai culture which people love and respect for the king.

Thailand has much more interesting culture. Please visit Thailand as exchange program, internship, or trip and enjoy their interesting culture.

Thank you so much for reading, and I hope you enjoy it.

Prof. Konishi seminer facebook page (in Japanese only)

FB: https://ja-jp.facebook.com/pages/Bridge-for-ChildrenKGU/305080959623563

新入生のみなさんへ

こんにちは。

小西研究室ブログを担当しています、新4回生の籔内麻侑子です。

いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

本日、関西学院大学に入学された新入生のみなさま

ご入学おめでとうございます!!

 

新年度にあたり、小西ゼミと本研究室ブログについて

簡単にご紹介させていただきたいと思います。

 

小西尚実ゼミでは、教員の専門である国際協力および人事政策の分野に関して、文献からの研究だけでなく、実際にフィリピンにフィールドワークに赴くなど、実践研究も行っています。所属するゼミ生はみな主体性と行動力があり、各自が目指す目標に向かって様々な活動に取り組んでいます。

 

本研究室ブログも、学内外の皆さまに自身の学びや考えを発信する場として、学生のみで運営しています。

 

また小西ゼミでは、有志のゼミ生で学生団体「Bridge for Children, KGU」を立ち上げ運営しています。「For the Children’s Smile」を理念に、世界の子供たちの現状を伝える国際理解教育の実施やフィリピンに靴を届ける活動を行っています。

 

本年度も、私たち学生の学びや考えを様々な角度からお届けできればと思っております。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

 

最後になりましたが、

新たな仲間が加わり活気に溢れたキャンパスで、

みなさんと共に学ぶことを心より楽しみにしています!!

 

小西研究室のHomepageはこちらから↓

http://www.konishi-kg.org/language.html

 

小西研究室のFacebookはこちらから↓

FB:Bridge for Children, KGU

 

 

Hello.

I am Mayuko Yabuuchi, a new senior member of Konishi Seminar.

Thank you for visiting this blog.

 

Dearest freshman

Congratulation on your admission to Kwansei Gakuin University!!

 

When the new school term will begin, I would like to introduce Prof. Konishi seminar and our activities briefly.

 

In this seminar, we study about the field of international collaboration and the personnel affairs policy through by not only documents but also fieldwork in the Philippines. All of our seminar member have independence of will and acting power and wrestle for various activities towards the aim that each person aims at.

 

We run this blog by ourselves as the place that express our learning and thought for the person inside and outside of the school.

 

In addition, some volunteer students of the seminar put up the student group which is called “Bridge for Children, KGU” and run it by ourselves. We send shoes to Philippines and do the international understanding education which introduces the present conditions of world children based on our mission, “For the Children’s Smile.”

 

We would like to write better blog this year, too.

 

In closing,

In the campus which welcomes new friends, we are really looking forward to learning with YOU together.

 

Thank you for reading.

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人事政策、能力開発・キャリア開発 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく人事管理業務に携わっており、...

カテゴリー一覧