日本の学生の「伸びしろ」とは?社会に求められる、そのチカラ。 Potentials that Japanese Students May Have

皆さん、こんにちは。

小西ゼミ4年生、永田久美子です。

 

いつも本ブログを閲覧して下さり、ありがとうございます。

 

突然ですが皆さん、日本の大学の教育システムについて、どうお考えですか?

 

日本の18歳人口は年々減少し、1992年に205万人だったのが、2014年には118万人にまで落ちています。さらに今から16年後には、100万人を切ることが予想されています。そんな中各大学にとって、学生数確保は生き残るための、大きな課題となっています。大学はより多くの学生を魅了するために、世界を舞台に活躍する人材育成をする必要があるでしょう。

 

そこでこの度は「日本の学生の伸びしろ」について皆さんと一緒に考えるべく、執筆致しました。日本の学生の「伸びしろ」と題しましたが、これは言い換えると、今の日本の学生に「足りないもの」のことです。これを認識することは、教育システムの改善には欠かせません。

 

私は現在、カナダで1位、世界で19位にランクする、世界中から学生が集まる大学、カナダ・トロント大学にて約8か月間の交換留学をしております。交換留学・就職活動を通して、私たち日本の学生に「足りないもの」が見えてきました。

 

【日本の学生に足りないもの】

それは一言でいうと、「能動性」です。一般的に日本の学生は「受け身」ではないでしょうか。これは、勉強の仕方について言えることです。例えば授業は、一方的な講義スタイルのものが多いように感じます。基本的には、教授が授業で議論されたことをノートにとり、それを知識として取り入れています。勿論、専門家である教授のお話を伺うことは、学ぶために大事なことの1つです。

 

しかし、やはりそれだけでは足りないのではないでしょうか。

 

【カナダ学生の学び方】

カナダの学生は、日ごろから「能動性」が求められる機会が多いです。トロント大学でも講義スタイルの授業が基本ですが、それでも意見を求められる機会は比較的多くあります。200人ほどが履修しているような大きなクラスであっても、です。つまり授業は、教員と学生の対話型。教員が意見を求めれば、学生は手を挙げ答えます。時には質問をするために、教員の話中にも挙手する学生もいます。

 

またトロント大学では履修する科目数が少ない分、より多くの課題が課されます。その中で私がぶつかった壁は、Writingスタイルの違いです。私は日本ではこれまで、レポートを書くと言えば、専門家が著した論文を「まとめる」作業が主でした。しかしトロント大学で履修している政治学の授業では、専門家の意見を「批判」し、それに代わる意見を「提案」するということが求められました。

 

このように、トロント大学では勉強に対する姿勢が「能動的」です。私たち総合政策学部の学生も、社会問題に対して解決策の「提言」は行いますが、学者の意見に根拠を持って「批判」をする機会はほとんどなかったように感じます。

 

社会に求められる、そのチカラ

そんなトロント大学での勉強の仕方に手こずることも多かったですが、「能動力」だけでなく、「論理的思考能力」に「問題解決能力」、これらは私がこの留学生活で磨いてきたチカラです。そしてこのチカラは、社会に求められているものだと、就職活動をする中で改めて痛感しました。3年間の大学生活を振り返る中で、成し遂げたことも数々あります。しかしもっと「能動性」に意識し、かつ周りを巻き込んでの活動を行うように心掛けていれば、更に良かったかもしれない、と私自身思います。

 

社会はきっと、ただ言われたことを「こなす」だけではなく、自発的に新しい価値を創っていける人を求めています。「受け身」になりがちな日本の学生の特性は、悪く言えば欠点ですが、よく言えばこれから成長する見込みのある「伸びしろ」です。グローバル社会で、能動性を求められる環境で育ってきた人々と共に働くためにも、このチカラは身に着ける必要があるでしょう。

 

日本の学生が「能動力」を磨き、文化を異にする人とも対等にコミュニケーションをとっていくためには、改革が必要です。私は日本の大学がこれから、能動的に考え、行動できる環境を作っていけることを望んでおります。

 

大学生の皆さん、「受動的」でななく「能動的」に活動する機会を増やせるよう、改めて意識してみてはいかがでしょうか。

 

ご精読ありがとうございます。

 

小西研究室のHomepageはこちらから↓

http://www.konishi-kg.org/language.html

小西研究室のFacebookはこちらから↓

FB:Bridge for Children, KGU

 

Hello everyone.

My name is Kumiko Nagata, and I am a senior of Prof. Konishi’s seminar.

 

Thank you for visiting our blog.

 

I know this is a sudden question, but what’s your opinion about the current educational system in Japanese universities?

 

The population of people aged 18 has been decreasing, and Japan saw a dramatic fall in the population from 2.05 million in 1992 to only 1.18 million in 2014. Moreover, it is expected that the number will further decrease to under one million in 16 years. Given that the youth population is shrinking, it is a huge challenge for Japanese universities to secure a big enough number of students. To attract more students, they have to become an institution in which students can acquire the skills to serve a global society at full extent.

 

As the title indicates, I am writing this post to discuss the potentials that students in Japan may have. What I mean by “potentials” is actually things that students in Japan lack. It is crucial to recognize what students lack in order for us to improve the educational system.

 

I have been studying at University of Toronto as an exchange student for almost eight months. The university is ranked the 1st in Canada and the 19th in the world, and is a place where students from all over the world gather. Through my experience as an exchange student and a job hunter, I noticed that there is a thing that many students in Japan may lack.

 

One Thing that Students in Japan may Lack

One thing that many students in Japan are likely to lack is proactivity. Generally speaking, Japanese students tend to be passive towards study. For example, classes in my Japanese university are mostly lecture-style. Basically, students just write down what their professors say, and this is the main way to acquire new knowledge. Of course, listening to professors who are specialized in some studying field is definitely one important thing to do to learn things. Yet, it is not sufficient.

 

How Students in Canada Study

On the other hand, students in Canada have many opportunities where they have to be really active towards study.

Like in Japanese universities, lecture-styled classes are also common at University of Toronto (hereafter U of T). Nevertheless, there are relatively many chances for students to be asked to share their opinions even in lecture-styled classes with two hundred students. In other words, students are more engaged in the classes, and there is more communication between students and professors. They proactively raise their hands when professors ask them for their opinions.

 

Furthermore, U of T students have many more assignments than KGU (Kwansei Gakuin University) students while taking fewer courses. One challenge that I confronted at U of T is the difference seen in the writing style. Back in Japan, when it comes to writing papers, the main job I got was to unify some papers or books written by experts. However, what I was expected to do in the political science courses that I took at U of T was to criticize the experts’ ideas and propose alternative ideas.

 

As this studying methodology shows, U of T students study more actively. We, students at School of Policy Studies at KGU, also propose solutions to social problems, but I feel there are only few opportunities to constructively criticize scholars’ opinions with sophisticated proofs.

 

The Skills Required by the Society

I was often struggling with study at U of T because of the different approach towards study, but I am sure that I was able to develop not only the skills to be an active learner, but also those to think logically and solve problems. As I look for a job, I realized that these skills are required by society. There are many things that I have achieved in my three years at university. However, I think it could have been even better if I was trying to become a more active learner who can involve other people.

 

I believe that society wants someone who can proactively create new values per se. Doing what they are assigned to do is insufficient. The Japanese students’ feature of being passive is a weakness on one side, but it could be said that it is a potential that students have on the other side. It is necessary for us to become more proactive and work collaboratively with those who are raised up in a society where self-activeness is required.

 

We need a reform so students in Japan can become more proactive and communicate with people from different cultural backgrounds more equally. I do hope Japanese universities can create a better environment where students can think and act by themselves.

 

Why don’t we pay more attention to act more proactively by ourselves instead of waiting for others to act first?

 

Thank you for reading!

 

Prof. Konishi seminar facebook page (in Japanese only):

https://ja-jp.facebook.com/pages/Bridge-for-ChildrenKGU/305080959623563

コメント:0

まだコメントはありません。

コメントを投稿する

トラックバック:0

トラックバックURL
http://kg-sps.jp/blogs/konishi/2016/04/26/2630/trackback/
この記事へのトラックバック

まだトラックバックはありません。

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人事政策、能力開発・キャリア開発 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく人事管理業務に携わっており、...

カテゴリー一覧