「食事」の大切さ

こんにちは。いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

小西ゼミ4回生の長谷川優衣です。

 

私は現在大学で部活動をしております。今回は私が所属している部活を通して、「食事」というものがどれだけ人間にとって大切であるかということをお話したいと思います。

私は、高校時代1年間ニュージーランドに留学をしていました。そこでの食生活は悲惨なものでした。毎日高カロリーの食事を3食取り、お腹が空けば、スナック菓子を食べ、食後にはアイスクリームをお茶碗に大盛り1杯ほど食べていました。その結果、体はブクブクと太っていき、現在の体重のプラス15キロも太かった時期がありました。

高校時代は何もスポーツも運動もしておらず、大学に入学してから、体育会という部活に所属するようになりました。毎日の練習もハードで、週に2〜3回厳しいトレーニングをしなければいけません。トレーニングでは、ベンチプレスを持ち上げたり、マックス70キロの重りを持って、スクワットやデッドリフトを行います。このようなトレーニングをしたことがない私にとって、本当に日々のトレーニングは過酷でした。その為、体への疲労やストレスが溜まり、食欲も少なく、毎日の食べる量も減っていきました。その結果、怪我もよくするようになり、何と言っても、体脂肪率が13%になっていました。

女性の18歳~39歳の体脂肪率は以下のように表されます。

 

痩せ ~20%

標準(−) 21~27%

標準(+) 28~34%

軽肥満 35~39%

肥満 40%~

 

女性は体脂肪率を15%下回ると体に様々な問題が起こると言われています。(詳しく知りたい方は、調べてみて下さい。)しかし、昨年の私はたった13%しかありませんでした。この恐ろしさを知った私は、部活をしている以上、トレーニングを削ることは出来なかったので、食事に気をつかうようになりました。「とにかく、食べなければいけない。」と、トレーナーの方にはそれだけを言われ続けました。この数字がスポーツをしている私にとって、どれだけ悪影響を与えているかを改めて感じました。トレーニングをしても、食べなければただ筋肉は削られていくということ。食べなければ、トレーニングをしていても意味がないということ。つまり、このお話を通して、私が一番言いたいことは、最近ダイエットが流行っており、トレーニングセンターを活用する人が増えてきているそうです。しかし、ただトレーニングをやっているだけでも効果はでません。むしろ、体に危険を及ぼしているかもしれないということ。だからこそ、食事というモノをバランスよく必要な分だけ摂取することが大切だということを知って頂きたいです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

小西研究室のHomepageはこちらから↓

http://www.konishi-kg.org/language.html

 

小西研究室のFacebookはこちらから↓

FB:https://ja-jp.facebook.com/pages/Bridge-for-ChildrenKGU/305080959623563

 

 

Importance of the “diet”

 

Hello. Thank you for always checking our blog.

I am Yui Hasegawa, 4th grade from Konishi seminar.

 

I belong to club activities at my university. In this time, through my club that I belong to, I would like to talk about the importance of the “diet”.

I have been to New Zealand for a year as an exchange student, when I was high school. The daily food was miserable. There were a lot of high-calorie meals. When I felt hungry, I always eat snacks. As a result, my body was going to fat. I also got plus 15kg of the current body weight.

When I was high school, I also did not exercise or sports. Now , in my university, I practice in hard everyday and I must do the training 3times a week. In the training, I do lifting the bench press, with a weight of 70 kg Max, do the squat and dead lift. For me, I haven’t done such training, so I was exhausted. Therefore, fatigue and stress to the body accumulates, appetite is small and went decreased also amount to eat every day. As a result, now may be hurt, when all is said and done, the body fat percentage had become 13%.

Body fat percentage of 18-year-old to 39-year-old woman is represented as follows.

 

Lean to 20 percent

Standard (-) 21 to 27%

Standard (+) 28 to 34%

Light obesity 35-39%

Obesity 40% to

 

Woman is said to various problems in the body under the body fat percentage of 15% occurs. (If you want to know more information, please take a look at the Internet.) I was aware of this fear. But it was not possible to cut the training, now I worry about the meal. My trainer said only “eat!” Even if you do the training, to eat just the muscles that will be cut. To eat, that there is no sense to have the training. In other words, through this talk, I would like to say the most is, recent and popular diet, It is said that an increasing number of people to take advantage of the training center. However, just do not go out effect just doing the training. Rather, it may have had a danger to the body. That’s why, be taken things that meal only a well-balanced manner required minute I want you to know that it’s important.

 

Thank you for reading.

 

 

HP: http://www.konishi-kg.org/language.html

FB: https://www.facebook.com/Bridge-for-ChildrenKGU-305080959623563/

コメント:0

まだコメントはありません。

コメントを投稿する

トラックバック:0

トラックバックURL
http://kg-sps.jp/blogs/konishi/2016/06/22/2660/trackback/
この記事へのトラックバック

まだトラックバックはありません。

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人的資源管理、キャリア開発、ダイバーシティ&インクルージョン政策 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく...

カテゴリー一覧