2016年9月

三回生ブログ:自己紹介

こんにちは。小西ゼミ3回生の本江文乃です。この場をお借りして自己紹介をさせて頂きたいと思います。

 

  • 名前:本江文乃
  • 出身・出身高校:東京生まれ、宝塚北高校卒業
  • 趣味:観劇(宝塚歌劇やミュージカルが好きです)、音楽を聴くこと
  • 所属:体育会ラクロス部 本気で日本一を目指して熱い毎日を送っています!私はチーム内で審判をしています(*’ω’*)
  • 学びたい分野:子供の貧困問題、発展途上国の教育開発。最近はメディア業界にも興味があります。
  • ゼミでの抱負:入学してからずっと入りたいと思っていた小西ゼミに入ることが出来たので、ゼミ内での様々な経験を通して自分の可能性を広げたいと思います。一つ一つの取り組みに対し、拘りを持って最後までやり通すことを目標に頑張ります。どうぞ宜しくお願い致します。

 

Hello, my name is Ayano Hongo. I’m a third year student in Konishi Seminar. Today, I would like to introduce myself.

  • Name: Ayano Hongo
  • Place I was born and a graduated high school: I was born in Tokyo and graduated Takarazuka kita high school.
  • Hobbies: Watching the play (Takarazuka Revue, Shiki Theatrical Company), Listening to the music.
  • Club activities: Lacrosse club Our team aim to be the top of Japan! I am the umpire in my team.
  • The field I am interested: poverty of children, education development in developing countries. I am interested in the media world these days.
  • Hope in this seminar: I want to open up the possibility through the seminar activities. My goal is to try hard at everything with a commitment when I work on.
  • 投稿者:
  • 投稿日時:2016/9/30 10:45

私の4年間 My four year look-back

みなさんこんにちは。

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

先週から始まった「大学生活を振り返った個人ブログ」第二回を、私山田愛が担当します。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

大学生活を振り返ろうとのことだったので入学当初の自分が書いた4年間のアクションプランシートを見返しました。

そこには、簡単な自己紹介すらままならず人前に出ることが苦手な自分への悔しさから設定した「あがり症の克服」という軸と、自分を高める為に思いつく限りのアクションが書かれていました。

実際、4年目を迎え、振り返ってみると実行できているのは半分くらいでした。

 

けれど、自分のこれまでの選択は自分の軸を中心に優先順位を意識して自分で決めてきたものなので、大学4年間を悔いる気持ちはありません。

「あがり症の克服」という軸に沿い、苦手なプレゼンテーションの授業、様々な業界のインターンシップ、居酒屋でのアルバイト、吹奏楽サークルの代表等様々なことに挑戦してきました。

こうした努力の結果、現在ではボランティアサークルの活動の一環で高校生400人の前での講演を行える程に改善しています。

目を背け、避けて生きることもできる「あがり症」という弱点の克服。

目指す自分になるため、逃げたい自分と戦いながら挑戦し続けた大学4年間でした。

 

来年4月から私は「社会人」という新たなフィールドに進みます。

「社会人」は学生と異なり、期限のない長期戦です。

だからこれからの社会人生活における軸として「初心を大切にする」を設定したいと思います。

最近大学4年生の自分が今まで築いてきた関係性や成果にあぐらをかいてしまっていることを実感する機会がありました。

今の自分は先を見て自分を更新することばかりに集中してしまっている節があります。

けれど今の自分を支えてくれている周りの人や過去の自分自身をまず大切にできなければどんなに先を見て努力しても足元から崩れていってしまいます。

これから始まる未知で長い「社会人」生活。

先のことと自分の足元を照らし合わせながら一歩ずつ進んでいこうと思います。

 

最後に大学生活を今謳歌している後輩に向けて伝えたいことは「自分で選択すること」です。

自分で選択することで自分が振り返った際にどんな結果になろうとも自分を肯定し、素直に学んで次に生かすことができます。

また、総合政策学部はただ流されるままに過ごしていたら自分が何を学んだかわからないまま終わってしまう学部です。

しかし、自ら学ぶ意欲を持ち、しっかりと目的意識を持てば、何にでも挑戦できる土台を提供してくれる学部でもあります。

だからこそ、自分を知る努力を常日頃行い、自分にとって今何が大切なのかを考えて自ら道を切り開いていってほしいと思います。

 

以上で「大学生活を振り返った個人ブログ」第二回を終わります。

次週以降のブログもぜひお楽しみください!

4年間のアクションプランシート

大学1年生時に作成した4年間のアクションプランシート

小西研究室のホームページはこちらから↓

http://www.konishi-kg.org/language.html

小西研究室のFacebookはこちらから↓

https://ja-jp.facebook.com/pages/Bridge-for-ChildrenKGU/305080959623563


Hello. Thank you for reading our blog.
I am Megumi Yamada, Senior of Konishi seminar.

Since the topic is about looking back into the college life, I will write about The 4 Years Action Plan Sheet that I made by the time I began my life as a college student.
In the plan sheet, I didn’t even able to write my introduction well, and I didn’t like to talk in the front of people. Because I annoyed with that part of my self, in the sheet, I set the center action axis to “Stage-fright conquest” and how to enhance myself in any possible way. In fact, 4 years passed and when I look back, I only did half of the actions.

However, the options that I had been made all these years were centered upon my own priority, that is why I never felt any regret. To live along the “Stage-fright conquest” axis, class presentations that I’m not very good at, internship at several types of business company, doing a part time job at a bar, being a leader in the brass band club, I’ve challenged in a lot of things. For that effort, I am now a person who can give a presentation in front of around 400 high school students as a part of volunteer activity. Thus I can now say that I can avoid and overcome my stage fright. To become the person that I want to be, to fight with a part of me that I’ve been avoiding, that is what challenged me in 4 years of college life.

Starts from April next year, I will be a full-fledged member of society, or I will say ‘working adult’ from now on. It will be a new field for me to walk along with. Working adult is different from student, there will be no time limit in this challenge. That is why as I begin my working adult life, I want to set my life’s axis on ‘having a heart of a beginner’.
Lately, in my senior year, I got a chance to experience personally about what I’ve been building all these four years and I felt that I’ve been resting on one’s laurels all these time. The me at the moment is having a habit of too concentrating on what lay on ahead and try to improve myself. However, I think that, there are people who are supporting me, and the me in the past, and I have to take care of them specially. If not, I think no matter how hard I try in anything, I will crumble from my own feet. I want to say to the me that will begin the ‘working adult’ life from now on, that you have to look to your origin, while walking to the future that lies ahead of you.

At last, I want to tell to my juniors whom enjoying their college life, to ‘choose with your own choice’. When choosing an options with what we feel by ourselves, no matter how the results is, we can take positive things from it, and we can honestly learn from it and use it to our life ahead. Especially in the Social and Politic Studies, when time flows without ourselves knowing what we had been studying all time. That is why, by doing an effort on always knowing about ourselves, we can know what is important, and with that, make the path of our own.

Thank you for reading.

homepage

http://www.konishi-kg.org/language.html

Facebook
https://ja-jp.facebook.com/pages/Bridge-for-ChildrenKGU/305080959623563

 

三回生ブログ:自己紹介

皆さんこんにちは。

いつも小西ゼミのブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は私、小西ゼミ3回生の村上夏希が自己紹介をさせて頂きます。

 

①    名前:村上夏希

 

②    出身地/高校:和歌山県/和歌山県立田辺高等学校

 

③    趣味:音楽を聴くこと、写真を撮ること

音楽を聴くことが好きなので、好きなアーティストのライブがあれば行ったりしています。それから一眼レフを持っているので、そのカメラで風景を撮ることが好きです。

 

④    サークル:くじら

私はくじらという国際ボランティア団体に所属しています。フィリピンの貧困地域に暮らす女性や子どもたちの支援活動を行っています。私たちの主な活動は、貧困地域に住む女性が作った商品を売り、彼女たちの収入向上支援を行うことです。

 

⑤    海外経験:スタディツアー(フィリピン)

1回生の春休みにボランティア活動の一環でフィリピンの貧困地域に訪れました。かねてから訪れたいと思っていたので、実際に現地に行くことができ、感慨深いものがありました。また、現地の厳しい現状を目の当たりにしてとても衝撃を受けたのを覚えています。

2回生の春休みにも自分で申し込んだスタディツアーに参加し、フィリピンを訪れました。そこでは全国から集まった大学生と一緒にストリートチルドレンに日本語を教えたりするボランティア活動を行いました。

3回生の夏休みにもゼミのフィールドワークに参加したので、私は合計3回フィリピンを訪れました。この3年間の経験を通じて、貧困地域の現状を変えることの難しさや貧困問題の厳しい現実を知ることができました。

 

⑥    興味のある分野:貧困問題、教育問題

進級論文では、フェアトレード商品が与える貧困地域への影響とはどういったものなのか、また、フェアトレードのこれからについて執筆しようと考えています。

 

⑦    ゼミでの抱負や目標:

私はゼミの活動を通じて、社会人になった時に必要となってくるプレゼンテーション能力や論理的思考力を身につけたいと考えています。これまでの経験を活かしつつ積極的にゼミ活動に参加し、ゼミに貢献したいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

Hello, everyone.

Thank you for reading this blog always.

My name is Natsuki Murakami, a junior member of Konishi seminar. At today’s blog, I would like to introduce myself.

 

①    Name: Natsuki Murakami

 

②    Place of living / A graduated high school: Wakayama / Tanabe high school

 

③    Hobbies: Listening to music and taking photographs

I’m going to go to the concert  of my favorite artists because,  I like to listen to music. In addition, I like to take photos of the landscape by my camera.

 

④    Club activities: Kujira

I belong to an international volunteer organizations called Kujira. We help women and children living in poverty-stricken areas of the Philippines. Our main activities are  sell merchandise made by women who live in poverty-stricken areas in order to improve their income support.

 

⑤    Any experience in overseas: Study tour (the Philippines)

I visited poor areas of the Philippines as part of volunteer activities during spring break of 1st year. Because I had wanted to visit the philippines from before, I was deeply moved to be able to actually visit. Then, I actually witnessed the severe state of the poverty-stricken areas, remember that it has received a very shock.

I participated in the study tour signed up on their own in the 2nd year of spring break, I visited the Philippines again. In addition, I did volunteer to teach street children Japanese along with University students from across the country.

I participated in the field study for Philippines in this summer break, so I visited Philippines three times. Through the experience of the past three years, I know the harsh reality of poverty and the difficulty of changing the situation in the poverty area.

 

⑥    The field you are interested in & theme of “promotion article”: Poverty and education problems

I’m planning to write about what is the impact on poor areas give fair trade products and the future of fair trade.

 

⑦    Hope in this seminar:

I would like to acquire presentation skills and ability to think logically through the seminar activities. This is because their skills are always needed after I started to work. Therefore, I decided to join actively seminars and I want to contribute to the seminar with using my past experience.

 

Thank you for your reading.

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2016/9/26 23:28

三回生ブログ: 自己紹介

こんちには。はじめまして、関西学院大学 総合政策学部 国際政策学科 小西ゼミ3回生の中西美南海と申します。
今回は私が自己紹介を担当いたします。よろしくお願い致します。

名前:中西 美南海 / なかにし みなみ
出身:京都府 / 京都学園高校卒
   大学へは入学当初から実家通いをしています

趣味:ディズニー全般・旅行・音楽・映画鑑賞など
特にディズニーリゾートに行くことが大好きでよく訪れています。

海外経験:高校在学時10ヶ月間のイギリス留学を経験
Bournemouth & Pool Collegeで現地の学生と共に授業を受講しました。
様々な国からの留学生とも友達になり、国境を超えた素晴らしい関係性を築けたことが何よりも留学を経験してよかったと思えることです。
2016年夏、小西ゼミで4日間のフィリピンフィールドワークに参加想像を絶する現実を目の当たりにし、言葉では表せない感情を抱きましたが、子供達の一生懸命生きる姿に自分自身勇気さえもらいました。子供達の笑顔を作ることは私にも出来るのだということに気付くことができ、これからも子供達の笑顔のために少しずつ動き続けたいと思います。

進級論文のテーマ:アジア経済について興味があり、進級論文では“アジア最後のフロンティア”と呼ばれるミャンマーの経済成長について調べていこうと考えています。 

ゼミでの抱負:ゼミでは、主体性を持って考え、行動していけるような人になるために、メンバーと協力しながら日々成長していきたいと考えています。

お読み頂き有難うございました。今後ともよろしくお願い致します。

Hello. Thank you very much for visiting our blog.
I am Minami Nakanishi, a student of Kwansei Gakuin University in Japan. I would like to introduce myself today. I hope you to enjoy seeing this blog.

Name: Minami Nakanishi

Place of Living: Kyoto, Japan
Graduated High School: Kyoto Gakuen High School

Hobbies: Disney, Travelling, Music, Watching movies I love Disney, so I often visit Tokyo Disney Resort. This is the best way to feel refreshed myself.

Any Experience in Overseas: Study abroad for 10 month in England when I was a high school student. I used to go to Bournemouth & Pool College and studied with native students. I could make good relationships with a lot of students from all over the world. This is the most valuable experience in this study abroad.
Fieldwork in Philippines for 4days in 2016. I saw the hard facts of the situation, which go over my imagination so far with my own eyes, but children are living in desperation and I got a strong power from them. In this fieldwork, I could notice that I can make children’s smile. The only thing that I can do for them is keeping their smile. I will take action for children in the future.

The theme of my “Promotion Article”: I am interested in Asian economy. Myanmar is one of the hopeful developing countries and so it is called “Asia’s last frontier“. I want to study for that topic this year.

Hope in this seminar: I think that I am lacking in self-direction. I need to be aggressive and get this ability. Also, I would try hard with members of this seminar.

Thank you for reading this to the end. I hope that you will see this blog again and enjoy.

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2016/9/23 17:52

私の4年間 My four year look-back

みなさん、こんにちは。

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

本日から、小西ゼミ4年生による大学生活を振り返った個人ブログをお届けしていきたいと思います。

第一回は、私籔内麻侑子が担当させていただきます。よろしくお願い致します!

——————————————————————————-

ついに4年生にとっては、大学生活最後の学期が始まりました。

思い返すとあっという間だったような気がしています。

 

今回のブログでは、以下の章に分けながら学生生活の学びと今後の目標についてお話ししたいと思います。

1. 今の私に影響を与えたきっかけ

2. 入学当初の目標

3. 大学生活を振り返って、達成したことや後悔が残っていること

4. 学生時代の活動を通じて学んだこと

5. 今後の目標やキャリアについて

6. 後輩のみなさんに向けて、3つのアドバイス

 

今の私に影響を与えたきっかけ

私は小学校から高校までの12年間を女子校で過ごしました。世間から見ても恵まれた環境で生活してきた私に、一つの転機が訪れます。高校2年生の夏、フィリピンの海上スラム街にボランティアに行くことになりました。しかし、そこで私を待っていたのは、想像を超える過酷な現実でした。

地面を裸足で歩く子どもたち。悪臭漂うゴミの中で暮らす人々。

このたった二週間のフィリピンでの経験が、私を大きく変えました。これまで「海外=先進国」だった自分の世界とは異なる世界があることを、この時思い知らされたのです。世界の貧困の現状を知った私は、貧困のなかにある人のことが他人事ではなくなりました。「国際機関で働き、途上国の発展に貢献する人になりたい」これが、高校時代の私の夢でした。そこで、国際機関で実務経験を積まれた先生方から学べ、自ら課題を見つけ解決していく実践的な力も身につけることが出来る、関西学院大学(以下:関学)総合政策学部への進学を決めました。

 

入学当初の目標

失敗することを恐れて挑戦しないこと・諦めが早く粘り強さに欠けることが、入学当初の私にとって大きな課題であり弱みでした。そこで、大学生活を通して「失敗を恐れて一歩踏み出せない自分」「諦めが早く粘り強さに欠ける自分」から卒業するために、大きく4つの目標を立てました。

1.大学が提供する国際プログラム(交換留学や国連ボランティアetc.)に参加する

2.大学や学部を問わずたくさんの人と出会い、世界を広げること

3.様々な活動に取り組もうが、本業である学業を怠らないこと

4.何事にも主体的に取り組み、貪欲に挑戦すること

 

大学生活を振り返って、達成したことや後悔が残っていること

【達成したこと】

入学当初大きく4つの目標を掲げた他、4年間どのような大学生活を送りたいかアクションプランを立てました。そのおかげか、多くの目標を達成することができました。

例えば、1年生から積極的に学部を越えた科目の履修に挑戦した結果、キャンパスや学年を超えた同じ目標を目指す人と出会うことができ、常に高みを目指して努力する原動力となりました。また学業面では、3年次に執筆する進級論文で賞を頂き、学年成績TOP10にも入ることができ自信に繋がりました。

【悔いが残っていること】

「やらない後悔より、やった後悔」を心に留めて大学生活を送ったため、大きな悔いは残っていません。強いてあげるとすれば、チャレンジ精神と責任感ゆえ必要以上に自分の負担を増やし仕事を抱え込んだ結果、体調を崩し周囲に迷惑をかけたことです。この点は、私の弱みでもあります。そこで弱みを克服すべく、やることとやらないことの線引きを自分の中ではっきりと分けて物事に取り組むこと・人を上手に巻き込み頼ることを、現在特に意識して行動するように心がけています。

 

学生時代の活動を通じて学んだこと

【ゼミ活動で学んだこと】

私がゼミ活動で学んだのは、「報連相の重要性」「人と共に働くからこその配慮」です。小西ゼミでは、グループワークやゼミ生有志による学生団体の活動など、大勢の人を巻き込み動かしていく機会が多々あります。自分一人で活動する時と違い、周囲の状況を把握しながら連携を取ることが求められます。報連相は仕事をするうえで大切なスキルであり、基本です。その基本がなかなか身につかず、先生に注意を受けることもしばしばありました。しかし、この報連相は単なる仕事を円滑に進めるためのスキルなだけでなく、人と働く以上「周囲に目を向け配慮する」という当たり前のことを、私に再認識させてくれた気がしています。自分のことに意識が集中してしまうなか、周囲の状況に目を向けしっかりと判断することで、チーム全体としてのパフォーマンスも上がることを実感しました。

この写真は

【学生生活で学んだこと】

私は大学1年生の時、上級生の先輩方と机を並べ勉強したことで、大学の勉強は「正解を求めるのではなく、課題を見つけ正解を創ること」だと身をもって知りました。また、東日本大震災の被災地・南三陸町で漁業支援活動に携わり、「支援のニーズは現場に行ってこそ分かる」ことを学びました。

東日本ボランティア① 熊本

2年生になり、国際系イベント企画のサークルに入ったことで「一から企画し創り上げることのおもしろさ」を知り、学内外で積極的に活動しました。同時に大学生の本業である「主体的に学ぶことの重要性」に気づき、かねてから目標だった国際社会貢献活動の参加に向け、大学の勉強に加え語学やICTスキルなどの勉強にも励みました。

中高生に向けて、世界の現状を教える出張授業の実施(サークル)

世界の現状を教える出張授業の実施(サークル)

3年生では、関学が提供する国際社会貢献活動の派遣生として選ばれ、春学期の5か月間カンボジア・シェムリアップの地域支援NGOでインターンをしました。学生ではなく一社会人として扱われる環境で仕事に取り組むなかで、「自分の無知さと無力さ」を痛感しました。派遣された当初“何か成し遂げたい”“結果を残してきたい”“自分を成長させたい”と意気込んでいましたが、現地で壁にぶつかるなか思いが自分本位になっていたことに気づきました。組織の一員として働くうえで、「自分の立ち位置や周囲を客観的に捉える力」が自分には足りていなかったのです。カンボジアでとことん自分と向き合った5か月間は、達成感と悔しさが入り交じるほろ苦い経験でしたが、自分の課題を知ることができ、成長に向けたまた新たなステップにもなりました。帰国後の4年生は就職活動を通して「社会人に求められる質」を再認識しました。そしてこの4年間を振り返って、「目標に向かって諦めず粘り強く努力すれば、チャンスを掴むことができる」ことを体感し、同時に掴んだチャンスを活かすためには、何をすべきなのか「自分で考えて準備する姿勢」が身につきました。

 

DSC03922 unnamed15

カンボジアでのNGOインターンシップ体験記:途上国でインターン?!

この4年間で気づいた「総合政策学部の学び」:“総合政策”学部の学び

※国際社会貢献活動とは…

開発途上国でボランティア活動を行う関学独自のプログラム。派遣先ごとに活動内容は異なり、教育・環境・観光など幅広い分野で多彩な活動に携わる。

 

今後の目標やキャリアについて

人生の目標は「いつまでも好奇心とワクワクを持ち続け、魅力的なひとになること」です。その訳は、魅力的なひとの周りには自然と人が集まり、たくさんの機会と学びに溢れているからです。自分の知らない世界や新しい価値観にふれると、自分の世界が広がり引き出しが増え、人としての幅も広がります。だからこそ、好奇心やワクワクを忘れず、いろんなことに出逢い挑戦したいです。そして、人を惹きつける“個性”を持った魅力ある人になりたいと思います。

キャリアの目標としては、「家庭と仕事を両立し、世界を舞台に活躍するひとになること」です。途上国でのインターンを経て、英語が出来ること・コミュニケーション能力に優れていることより、何よりも「どんな環境にいても当たり前のことを当たり前にこなし、成果を出す人」が真に世界で通用するプロフェッショナルだと気づきました。そこで、卒業後は日本のメーカーに就職し、ビジネスの世界における当たり前の基礎をしっかりと学びたいと思います。また、私はどちらかというと男性社会の残る鉄鋼業界に就職することとなりました。家庭と仕事を様々な制度を活用しながら両立させ、世界にも挑戦していきたいと考えています。

 

後輩のみなさんに向けて、3つのアドバイス

4年間自分なりに様々な活動に取り組み、そこからたくさんの学びがありました。最後に自分も含めみなさんに、人生や大学生活をより豊かにおもしろくするために意識してもらいたい、3つのことがあります。

失敗を恐れず、一歩踏み出す勇気を持って挑戦すること

失敗をすることは、怖いし恥ずかしく出来ることなら避けたいと誰もが思います。私も失敗することを恐れて、無難な道を選ぶことが多くありました。しかし、失敗を避け安全な道を進んでいる限り、そこに成長はありません。失敗したからこそ気づき得られることがあると、私はこの4年間で学びました。目の前には、たくさんの選択肢や機会に溢れています。この関学や総合政策学部・小西ゼミには、ひとりひとりの意識や気持ち次第で、どんなことにも挑戦できるフィールドが用意されています。その機会に気づきチャンスを掴む勇気と、挑戦する姿勢を持っている人は、おのずからたくさんのことを経験し、失敗もするなかで成長していくと私は思います。

物事に取り組む時、目標や目的意識を持つこと

人は目標や夢がなければ、頑張ることはできません。なんとなく続けていても、苦しいことがあった時、頑張るエネルギーは湧かないし結局諦めてしまうのがオチです。だからこそ、目標を持つ・持たないで、準備や学びの質は大きく変わります。何のためにするのか、何を目指すのか、ゴールや目標を描くことができれば、自然とそこにたどり着くための道のりと為すべきことは見えてくるはずです。

とは言っても、「やりたいことがまだ分からない」という人も多いと思います。やりたいことを大学で見つける、これも立派な目標です。そんな時はぜひ、新しい場所を訪ね、たくさんの人と語り合い、本を読み、自分のまだ知らない世界と出会ってみてください。

諦めない粘り強さを持って、やり遂げること

目標や夢に向かって頑張っていても、上手くいかず壁にぶつかることも多々あります。そんな時、出来ない理由を並べて諦めることは簡単です。私は、ある程度までは頑張ってみるものの上手くいきそうになければ、早々に見切りをつけて諦めるタイプでした。しかし、大学時代の挑戦を通して、最後までやり遂げることの大切さに気付かされました。全力で向き合ったカンボジアでの経験を振り返った時、辛い状況のなかでも「現地に少しでも貢献したい」「何か結果を残したい」という自分の意志や熱意が根底にあったからこそ、最後までやり遂げることができました。苦労しながらも諦めずコツコツと努力して何かを成し遂げた経験は自信になり、その自信がまた次の目標に挑むきっかけに繋がると、私は強く思っています。

過去のブログ:Bloom where God has planted you

 

大変長くなりましたが、私の大学生活を振り返ったブログはこれにて終わります。

最後になりましたが、この4年間で出会った大学の大切な仲間・私を指導し支えて下さった先生方、そしてブログをご覧のみなさま、本当にありがとうございました。

次週以降のブログも、ぜひお楽しみください!

 

小西研究室のホームページはこちらから↓

http://www.konishi-kg.org/language.html

小西研究室のFacebookはこちらから↓

https://ja-jp.facebook.com/pages/Bridge-for-ChildrenKGU/305080959623563

 

 

Hello, everyone.

Thank you for visiting this blog every time.

My name is Mayuko Yabuuchi, a senior member of this class.

From today, we, senior members of Prof. Konishi seminar class will post about “a look-back of our 4 years university life”. I am in charge of the first time.

— – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

At last, for the senior student, the last term of the university life began. I feel instant when I looked back that school life.

This time, I would like to divide into the following chapters and write about learning of the university life and future career.

1. The opportunity that affected presents me

2.The original goals that I entered university

3.Looking back on a university life, and having been accomplished and regret being left

4.Having learned through the activities of university life

5.Future career plan

6.Three advice for younger students

 

The opportunity that affected presents me

I spent 12 years from the elementary school to the high school in a girls’ mission school. One turning point visited me who lived in comfortable environment seeing from everyone. In the summer vacation of the high school second grade student, I went to the Philippine marine slums for a volunteer. However, it was severe reality far exceed my imagination.

These only two weeks experience in the Philippines greatly changed me. I was realized that there was the world unlike that “the world = developed country”. As for me who knew the present conditions of the world poverty, people who are in poverty were no other people’s affairs. My dream of high school days was “To be a person who work at International Organization, and contribute to the developing country’s development”. Therefore I decided to enter Kwansei Gakuin University (as follows: KGU), School of Policy Studies where I could learn from the teachers who have an experience to work in the international organization, and also could get the practical skill that I find and solve a problem by myself.

 

The original goals that I entered university

Entered university, I put up four goals in order to grant the dream of high school days.

1.Participate International program (study abroad for exchange or United Nations Volunteer etc.)

2.Meet many people regardless of a university and a department

3.Even if you work on various activities, do not neglect the studies that are a main profession

4.Independent and works on everything, and challenge greed

 

Looking back on a university life, and having been accomplished and regret being left

[Having been accomplished]

After entered university, I made action plans which include what kind of university life I wanted to spend, unless I advocated four goals. Because of this action, I could achieved many goals.

For example, as a result of having challenged the study of the subject across the department from a freshman positively, I could meet the person who aimed at the same goal beyond a campus and the school year. It always became the driving force to make an effort towards a high level. In addition, on the studies side, I had a prize in a promotion article which written by junior student, and I was able to enter grade results TOP 10. These results led to confidence.

[Regret being left]

Because I keep “the regret that I did than regret that I did not to do” in a heart and sent a university life, the big regret does not stay. If I force it, because I have a strong sense of responsibility with challenge mind, as a result of increasing than required burdens and having taken on many tasks, I was to get out of shape, and to have troubled people. This is my weakness point. Therefore now I keep it in mind in order to overcome weakness to be conscious of what I divide the drawing of doing it and not doing it among myself clearly and to be aware of rolling up a person well, and relying in particular, and also act.

 

Having learned through the activities of university life

[Having learned by seminar activity]

What I learned by seminar activity is “Importance of the reporting, contacting, and consultation” and “Consideration to work with a person”. By the Konishi seminar, there are many opportunities when I roll up a large number of people and change group work. Unlike time to be active with myself, people need skill to take the cooperation while grasping a surrounding. Reporting, contacting, and consultation are the skills which are important in working and are basic. The body did not readily get the basics and was often warned to a teacher. However, not only this reporting, contacting, and consultation are skill to push forward simple work smoothly, but also feels like having let me realize a matter of course that “Pay more attention to the neighborhood and consider”. I realized that the performance as the entire team went up by paying more attention to a surrounding, and judging it while consciousness centered about myself.

[Having learned through school life]

I knew it from experience by my setting a desk beside the seniors of the upper-class student at the age of a freshman, and having studied when study of the university was “to find a problem not what demanded a correct answer, and to make a new answer”. In addition, I was engaged in fishery support activity in Minamisanriku-cho where suffered heavy damage from tsunami, and East Japan great earthquake disaster. Then I learned, “understood the needs of the support if I went to the spot”.

I became a sophomore and knew “the fun of what I planned it from the beginning and made it and gave” by having entered the club of the international exchange event planning and was active out of a school member positively. At the same time, I noticed “the importance of being independent and learning” that was the main profession of the university student. Toward participation of the International Volunteer Program that I aimed, I always study hard not only language study but also the ICT skill in addition to the study of the university.

In the junior student, I was chosen as a dispatch student of the International Volunteer Program that KGU provided and did an intern in a community support NGO of Siem Reap, Cambodia for five months of the spring semester. While worked and wrestled in environment treated as a one person not a student, I keenly realized “own powerlessness and ignorance”. When dispatched, “want to accomplish something” “want to leave a result” “wanted to bring oneself up” were determined, but noticed that thought became egocentric while hit the wall locally. “One’s power to stand, and to arrest a position and people objectively” was not enough to me to work as a member of the organizations. For five months when I faced myself thoroughly in Cambodia, it was the slightly bitter experience that sense of accomplishment and vexation mingled. However, this experience could know own problem and stepped for the growth.

After the return home, when I became senior student, I realized “quality found by a member of society” again through job hunting. And I looked back on these four years and sensed, “Could get a chance if I worked hard to give it up towards a goal tenaciously” bodily and the body was accompanied by “posture to think by oneself, and to prepare” for to make use of the chance that I got what I should do.

 

A description of NGO internship experience in Cambodia: Do I intern in a developing country! ?

“The learning of the School of Policy Studies” that I noticed in these four years: Learning of the “School of Policy studies” department

※The International Volunteer Program

It is KGU’s original program to perform volunteer activity in a developing country. The activity content is different and is engaged in the activity that is various in a wide field including education, environment, the sightseeing every dispatch.

 

Future career plan

The goal in my life is “to continue having curiosity, and to become an attractive person”. This is because people gather for the rotation of an attractive person naturally, and it overflows to learn with many opportunities. When people mention one’s world and new sense of values not to know, the world spreads out, and drawers increase. Also, the width as the person spreads, too. Therefore I want to meet and challenge various things without forgetting curiosity. And I want to be an attractive person with “the personality” to attract a person.

The goal of my career is “to become a person who balances work and family-life, and to become a person who is active worldwide”. I noticed that “the person who handled a matter of course commonly even if in any environment, and started result” was a professional used truly in the world than being able to speak English and being superior in communicative competence. Therefore I have made up my mind to work for a company in Japan after graduation and want to learn the basics knowledge in the world of business. In addition, I will find a job in the male social steel industry winning through. I balance work and family-life and want to challenge the world.

 

Three advice for younger students

In these four years, I worked on various activities and there was much learning from there. Finally, I would like to tell you about three advice that help make your life and university life more wealthy.

Try everything with having courage to step forward  without being afraid of failure

Failing is being afraid. Anyone wants to avoid failure. For fear of my failing, I often chose the passable way. However, there is no growth as far as I avoid failure and go ahead through the safe way. In these four years, I learned that it may be able to notice simply because I failed. There are many choices and opportunities in front of you. Depending on each person’s consciousness and feeling, KGU and School of Policy Studies are prepared for you the field which can try anything. The person who are having courage to notice the opportunity and to get a chance, and having attitude to challenge, naturally get a lot of experiences, and I think that they will grow up while they fail.

When you work on things, have a goal and sense of purpose

The person cannot do his/her best without a goal and a dream. The energy to try hard does not spring out, and it is bound to give it up after all even if they continue it somehow when they might be hard. Therefore, the quality of preparations and learning greatly changes without having a goal. It should seem that the way to arrive there and the thing that you should do are natural if you can draw a goal and aim what you aim at or what you do it for.

I think that there are many people though “not to yet understand that I want to do “. To find what I wanting to do at a university is an excellent goal. In this case, please visit the new place and talk with many people and read a book, and, meet the world not to still know yourself.

With tenacity not to give up, accomplish it

There are many walls even if you do your best towards a goal and a dream without going well. It is easy to arrange reasons not to have, and to give it up in such a case. Of the thing which I try hard to some extent if did not seem to go well, was a type to give up hurriedly, and to give up. However, through the challenge in the university student days, I was reminded of it by the importance of accomplishing till the last. When I looked back on experience in Cambodia which faced everything with every effort, I was able to accomplish till the last simply because there were self-will and the enthusiasm that “I wanted to leave some result” for that “I wanted to contribute to the field even a little” in the hard situation. I think strongly that the experience that you work hard to give it up while having a hard time steadily and accomplished something, is in confidence, and the confidence leads to an opportunity to challenge with the next goal again.

Past blog: Bloom where God has planted you

 

This became very long post, but this is end of this blog. In closing, thank you very much for my friends, teachers, readers of this blog, and YOU.

Please enjoy the next blog! Don’t miss it!!

Thank you for reading.

 

homepage

http://www.konishi-kg.org/language.html

 

Facebook
https://ja-jp.facebook.com/pages/Bridge-for-ChildrenKGU/305080959623563

 

フィリピンフィールドワークのご報告

フィリピンフィールドワークのご報告

 

みなさま、こんにちは。

総合政策学部 国際政策学科3回生 小西ゼミの守本美咲と申します。

 

いつも小西ゼミのブログをご覧いただきありがとうございます。

8月29日から9月2日にかけて行った、フィリピン フィールドワークの小西ゼミの活動をご報告させていただきます。

 

〈日程〉

1日目

フィリピン到着

Childhope、TNKでのプログラムの最終確認

2日目

アジア開発銀行

館内ツアー

日本人職員の方々との交流

中尾総裁と面会

Childhopeでのオリエンテーション・プログラム

3日目

TNK トンドのごみ山でのプログラム

4日目

日本へ帰国

 

このフィールドワークでは、「つながる~Peace begins with a smile~」 をテーマとし、フィリピンを訪れました。

フィールドワークでは、アジア開発銀行を訪れ、施設見学や日本人職員の方々の体験談をお聞きすることができました。また、ChildhopeやTNKなどの、ごみ山に住む子どもたちや、ストリートチルドレンに対して教育の機会を提供するなどの継続的な支援を行っているNGOを訪れ、子どもたちに事前に日本で準備したプログラムを行いました。

プログラムは、アイスブレーキング、大縄跳び、折り紙、ミサンガ、手洗いの大切さを伝える歌、忍者の振り付けのダンスを行いました。

アイスブレーキングでは、世界地図を使いフィリピンの場所を説明し、季節の説明を写真や歌を使って行いました。大縄跳び・折り紙は、子どもの年齢に合わせて、難易度を変えて行いました。

子どもたちにはフィリピン・日本のことや、体を動かす楽しさ、手を洗うことの重要性などを伝えることができました。

無題

 

アジア開発銀行とは?

アジア開発銀行とは、フィリピンのマニラに本部がある国際開発金融機関です。

加盟国は67カ国で、アジア・太平洋地域における貧困削減を目指し、1966年に設立されました。日本はアメリカと並ぶ最大の出資国となっています。

IMG_6582

 

ストリートチルドレン

ストリートチルドレンの分類

  1. ストリートに暮らす家族の子ども(20%)
  2. 親から育児放棄または捨てられた子ども(5~10%)
  3. その地域に元来属する子ども (70%)

From Street-Based Outreach and Protection among Abandoned/Neglected Street Children/Children in Need of Special Protection (CNSP)

 

ストリートチルドレンの主な要因は、親の無責任な行動や、大家族とそれに伴う貧困による児童労働などが挙げられます。

ストリートチルドレンは病気や、暴力などの身体的危険、性的搾取や薬物などの危険にさらされています。

ストリートチルドレンは物を売り歩くなどの児童労働を行っているため、適切な教育を受けることができずにいる子どもたちが多くいると考えられます。

 

フィールドワークを通して

私たちはこのフィールドワークを通して、貧困削減を目指し政策決定が行われている国際機関、アジア開発銀行を訪れました。さらに、フィリピンで問題となっているストリートチルドレンとゴミ山に住む子どもたちと交流を行ってきました。貧困削減を目標としている政策決定の場と、ゴミ山を訪れその差に驚かされました。アジア開発銀行は、地球に優しい施設作りが行われており、特に水の節約や紙のリサイクルなどが印象的でした。一方でゴミ山では、ゴミや家が無秩序に並んでいるため衛生上の心配があり、同じ国でここまで環境に差があることに驚きました。

ストリートチルドレンやゴミ山に住む子どもたちの笑顔はキラキラと輝いていて、私たちが準備したプログラムを楽しんでくれたように思います。

無題2

 

〈ゼミ生の感想〉

前山奈央

フィリピンでたくさんの貴重な経験をし、フィリピンの現状、貧富の差、子どもたちの笑顔を学びました。これからは日本でこの経験を伝えていきます。

 

澁谷航

想像していたよりも過酷な環境に、あんなにも多くの子どもたちが住んでいることに非常に驚きました。

もっと貧困や政策について学び、少しでも多くの命を助けるために行動すべきだと思いました。

 

浦野紗友美

現地の様子と子どもたちの笑顔を目にして、自分の無力さを感じ悲しくなりました。この気持ちを自分たちで止めるのではなく、多くの人たちに届けることが私に今できることだと感じました。

 

本江文乃

出会った子どもたちの笑顔が忘れられません。フィールドワークを通してゼミの仲間と過ごした時間が楽しかったので、今後の活動もより良いものにしていきたいと思います!

 

中西美南海

子供たちの必死で生きようとしている瞳に自分自身見つめ直させられました。

 

守本美咲

フィリピンでの現実と子どもたち笑顔に、平等とは何かを考えさせられました。

 

南部真鈴

貧困の現状を講義やメディアを通して見聞きするのではなく、フィールドワークを通して子どもたちと会い、現地での実際の生活を見ることは、貧困の現実を知る良い機会になりました。素敵な笑顔を見せてくれた子どもたち。輝いた笑顔は、日本もフィリピンでも同じで、子どもたちにはずっと笑顔でいてほしいと思いました!

 

村上夏希

貧困地域に住む子どもたち笑顔がとても眩しかったです。とても充実した時間を過ごす事ができました。

 

巌本敏熙

いい経験ができました。自分に何ができるのか考えていきたいです。

 

上嶋真子

貧困生活を送っているにもかかわらず子どもたちの笑顔が輝いていたのが印象的でした。その笑顔を絶やさないよう守っていきたいです。

 

木村友紀

フィールドワーク中に出会った、子どもたちやNGOの方々の笑顔が忘れられないです。

 

 

最後になりましたが、ご多忙中お時間を割いていただきましたアジア開発銀行の職員の方々、ChildhopeやTNKなどの現地のNGOのスタッフの方々、フィールドワークを実施するうえで様々なご指導をいただきました小西先生、坂口先生にお礼を申し上げます。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

Hello, everyone

I’m Misaki Morimoto, and 3rd year of Konishi seminar student in Kwansei Gakuin University.

 

Thank you for reading this blog.

I’ll would like to report about field work in Philippine from August 30th to September 2nd.

 

〈 Main Schedule 〉

 

Day1

Arrived at Philippines

Final Check of activities.

 

Day2

Visited Asian Development Bank (ADB)

Tour of ADB facilities

Discussion / lunch with Japanese staffs

Courtesy visited to President Nakao

Visited Child hope (orientation and did activities for street children)

 

Day3

Visited TNK (did activities for children who live in dumpsite)

 

Day4

Leave Philippines

 

We decided a theme of field work called “A Bond ~Peace begins with a smile~”. We visited Asian Development Bank (ADB), and we participated tour of ADB facilities. We had discussion with Japanese workers, and asked their experiences. In addition, we visited NGOs (These NGOs are supporting continuously for children who live in dumpsite or street children, especially provide educational opportunity), Childhope and TNK, and we did some activities with street children and children who live in dumpsite. We carried out ice breaking which introduced 4 seasons in Japan, jumping rope, Origami, Misanga (good luck bracelet), Songs with told how important washing hands is, and Ninja dance. We explained where is Philippine by using world map, and also we explained 4 seasons by using photograph and songs in ice breaking. After that, we did jumping rope and Origami at the right difficulty level for children’s age.

We taught children about Philippine and Japan, and enjoyment of physical activity and importance of washing hands.

 

What is Asian Development Bank?

Asian Development Bank is multilateral development finance institutions which based in Manila, Philippines.

Asian Development Bank owned by 67 members (countries), and it was established in 1966. It dedicated to reducing poverty and improving quality of life in Asia and the Pacific.

Japan and USA are the largest shareholders in Asian Development Bank.

 

 

What are street children?

Types of street children

  1. Children of street families (20%)
  2. Completely abandoned and neglected children/ street based children (5-10%)
  3. Community Based Children (70%)

From Street-Based Outreach and Protection among Abandoned/Neglected Street Children/Children in Need of Special Protection (CNSP)
There are some reasons of being street children.

Parents aren’t taking care of their children, and poor and large family makes child laborer.

Street children are exposed to many hazards, for example, disease, threats to physical danger, drugs and sexual exploitation.

Street children often child labor like peddle product, so they can’t get enough education.

 

What we learned

We visited Asian Development Bank which is policymaking body, and dedicated to reducing poverty and improve quality of life. We also visited street children and children who lived in dumpsite, and did activities with them. I surprised a big difference between situation of living of children and place of decide on a policy, ADB. The facility of Asian Development Bank is earth friendly facility, especially saving and recycle of water and paper was impressive. On the other hand, there are sprawling garbage and house so there are health concern in dumpsite. Therefore, I couldn’t believe they are in same country.

Smile of street children and children who live in dumpsite were shining, and we think they enjoyed very well our activities.

 

〈Feedback of the students of Konishi seminar

Nao Maeyama

I have a lot of precious experiences in the Philippines so I will tell my experiences in Japan. For example, the present situation, disparities of poverty and wealth, and smiles of children

 

Wataru Shibuya

I was really surprised that a lot of children live in harsher environment was more than I expected.

I think that we should learn about policy and poverty and do something for their lives.

 

 

Sayumi Urano

I was sad that I feel impotent when I saw the real situation in Philippines and children’s smile. I believe that one thing that I can do now is spreading this feeling to many people in Japan and I don’t want to keep it in my mind only.

 

Ayano Hongo

This is a memory that I will not forget for the children smile in the garbage mountain and in the street. Through this fieldwork, I enjoyed all time with seminar members. I want to make our seminar activity better from now on.

 

Minami Nakanishi

I noticed that I have to think about my life seriously, when I see the eyes of children struggling with their future.

 

Misaki Morimoto

Reality of Philippine and smile of children makes me think about what is equality.

 

Marin Nambu

Through this field study, I watched real people’ living and met with children, and local people, and I thought it is important to visit by myself to know real their situation. I learned and experienced a lot of things which cannot learn in the class and from media. Also, all children showed very nice smile, and in their smile, there are no difference between Japanese and Philippines children. I hope their smiling can be continuing.

 

Natsuki Murakami

Children smile living in poverty areas was very dazzling. I was able to spend a very fulfilling time.

 

Toshiki Iwamoto

I got a good experience. I am thinking what I can do and I do it.

 

Mako Ueshima

I impressed that children’s smiles were shining in spite of living in poor life. I want to save the children keeping smiles.

 

Yuki Kimura

I can’t forget people’s smile who I met in the Philippines.

 

We would like to thank you workers of Asian Development Bank, staffs of Childhope and TNK, Ms. Konishi and Mr. Sakaguchi who supported us.

Thank you for your reading.

旅行から学べること

こんにちは。
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
本日は小西ゼミ4年生の杉上美穂子が担当します。

9月に入り、夏休みももうすぐ終わろうとしています。この夏休みを利用して海外旅行に行かれた方も多いのではないでしょうか。私もその一人で、ただいまタイにてブログを更新しています。
海外旅行の楽しみ方は人によって千差万別ですが、私の場合は「日本にはない空気を感じる」のが楽しみの一つです。
食事や建物、話している人の様子や匂いなど、実際に行ってみなければわからないことはたくさんあります。現地に飛び込んで肌で感じることで、その国の素晴らしさや発展途上な一面、さらには日本について考えるきっかけにもなります。
今回のタイ旅行でも、現地で知ったタイの良さがたくさんありました。現地に着いた日、道を尋ねるためにタイ人に話しかけたのですが、私が大きなスーツケースを持っていることを気にかけてくれ、自分の仕事を中断してタクシーを一緒に捕まえてくれました。
発展途上国に分類されるタイは、未整備の道路があったり匂いが気になったりするところがあります。しかし、日本にいては見られないような活気であふれた場所もたくさん存在します。
「百聞は一見に如かず」という言葉通り、本当の良さと悪さは現地に行ってこそわかるものです。そして、いろいろな場所を訪れるために十分な時間があるのは学生の間だけだといいます。私自身、残り半年の学生生活を悔いなく過ごそうと考えています。みなさんは限られた時間をどのように使いますか?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
小西ゼミのホームページはこちら!!

http://www.konishi-kg.org/language.html

小西ゼミのFacebookはこちら↓

https://ja-jp.facebook.com/pages/Bridge-for-ChildrenKGU/305080959623563

 

 
Hello.Thank you for reading our blog.
I am Mihoko Sugiue, senior of Konishi seminar.

 

September has come. How was your summer vacation? A lot of people went abroad this summer. I am also in Thailand and writing this blog.
Everyone enjoy traveling as their own way. I always have one purpose, “to feel countries’ own atmosphere “.
We cannot know food, buildings, smell, or people without visiting directly. In other words, we can understand great and developing points of countries. Moreover we are able to think about Japan from other section.
I realized greatness of Thai through my travel. At my first day of Thailand, I asked my way to a person of Thai. She worried about me because I had a big suitcase. Then she suspended her job and took taxi for me.
Thailand is called as developing country. Looking around city, there are undeveloped roads and stink smell places. However, there are also many lively places not like Japan.
Shown as the words “seeing is believing”, we cannot understand what is true without seeing directly. Besides, college students have much time than any other person. I will make good use of the rest of my student time. How do you use the rest of your life time?

Thank you for reading.

 

 

homepage

http://www.konishi-kg.org/language.html

Facebook
https://ja-jp.facebook.com/pages/Bridge-for-ChildrenKGU/305080959623563

学生生活を振り返って… 4年生による個人ブログリレー

みなさん、こんにちは。

小西ゼミ4年ブログ係の籔内麻侑子です。

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

本日は、来週から始まる4年生の卒業ブログについてご紹介させていただきます。

 

来週9月20日から1月末にかけて、本年度の小西ゼミ4年生全20名一人ひとりが、大学卒業を前にした個人ブログを書くことになりました。「卒業に向けての大学生活の振り返り」をテーマに、一人ひとりの経験や学びをブログという形でみなさまに発信できればと思っています。このブログを通して、現役の総合政策学部生だけでなくこれから大学を考えられる高校生のみなさんにとって、進路選択や将来を考えるうえでの参考になれば幸いです。

総合政策学部のなかでも個性が際立つ小西ゼミ。

その、個性あふれる20名のブログを次週以降どうぞお楽しみください!!

 

小西研究室のホームページはこちらから↓

http://www.konishi-kg.org/language.html

小西研究室のFacebookはこちらから↓

https://ja-jp.facebook.com/pages/Bridge-for-ChildrenKGU/305080959623563

 

 

Hello, everyone.

My name is Mayuko Yabuuchi, a senior member of Prof. Konishi seminar class. I am one of the students who run this blog.

This time, I would like to introduce you the very LAST theme that we, senior members of the class will have for our blog posts. Each of us will write about “a look-back (or a review) of our 4 years in the Kobe Sanda Campus (KSC)”.  Examples may include our final year projects and unforgettable memories in the KSC. This attempt will start from September 20th, and it will finish at the end of January with all the 20 students’ posts. By sharing our university experience on this blog, we hope that high school students and students in the School of Policy Studies can get some ideas to think about their future career in a more practical way.

Our seminar class, namely “Konishi zemi”, has members who have unique characters, and each of us has studied our own interest deeply. Please enjoy our powerful and unique articles starting from the next week! Please don’t miss them!

Thank you for reading.

 

homepage

http://www.konishi-kg.org/language.html

Facebook
https://ja-jp.facebook.com/pages/Bridge-for-ChildrenKGU/305080959623563

 

三回生ブログ:自己紹介

皆さんこんにちは。

小西ゼミ3回生の荻野峻宏です。今回は、私が自己紹介をいたします。

 

1、 名前:荻野峻宏

 

2、 出身地/高校:大阪市/大阪府立大手前高等学校

 

3、 趣味:高校野球観戦、散歩

私は、小学3年生から高校3年生の10年間野球をしていました。そのため、今でもよく野球観戦に行きます。特に、高校野球が一番好きで、試合を見ながら高校時代の思い出に浸っています。また、散歩は私の日常生活の中で欠かせない習慣の一つです。時間があるときは、近くの公園や河川敷に行って、風景を眺めることで気持ちをリフレッシュしています。

 

4、 サークル:CLUB GEORDIE、アルティメットフリスビー

私は、国際交流・国際協力支援団体CLUB GEORDIEに所属しています。主な活動としては、小学校、中学校、高等学校に出向き、授業を行ったり、CIEC(国際教育・協力センター)と共同で留学生と関学生の交流の場でもあるcoffee hourを行ったりしています。

 

5、 海外経験:シンガポール(文化交流)、ベトナム(フィールドワーク)、ニュージーランド(語学留学)、ノルウェー(交換留学)

私は、現在、ノルウェーのオスロ大学に交換留学生として在籍しています。オスロ大学では、主にgenderやwelfare、childcareに関する授業とノルウェー語を履修しています。8月末から授業も始まり、毎日大量の文献を読み漁っています。また、初めての一人暮らしということもあって、大変なことも多いですが、充実した留学生活を送っています。

 

6、 興味・関心のあるテーマ:育児休暇制度、ワークライフバランス、ジェンダー

進級論文では、北欧諸国におけるパパ・クオータ制度(男性育児休暇制度)について執筆しようと考えています。

 

7、 ゼミでの抱負、目標

ゼミでは、進級論文、卒業論文の執筆を通して、クリティカルシンキングや論理的思考力、情報分析能力等、今後、働くうえで必要となる基礎的なスキルを身に付けたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

Hello,

I’m Takahiro Ogino and a junior in Prof. Konishi’s seminar.

Today, I am going to introduce myself following below categories.

 

1、Name: Takahiro Ogino

 

2、Place of living/ High school: Osaka city/ Otemae high school

 

3、Hobby: Watching high school baseball game and going for a walk

One of my hobbies is watching baseball game. I have played baseball for ten years, so I like baseball and often go to watch baseball games, especially, high school baseball game. They always remind me of the great memory in high school. Another one is walking. It is essential for my life because I always feel refreshed myself by walking while viewing sceneries. I’m so tired on a weekday because of studying and hard working. This habit gives me higher motivation and energy.

 

4、Club activity: CLUB GEORDIE and ultimate Frisbee

I am in CLUB GEORDIE. I do mainly two kinds of activities in my club. One is to provides opportunities for both international students and Japanese students in order to meet up and get to know each other, for example, coffee hour which is held by CIEC (Center for International Education and Cooperation). Another is to go to elementally school, junior high school and high school to provide them with a trigger to have interest in global issues.

 

5、Any experience in oversea: Singapore (cultural exchange, 1 week), Vietnam (field trip, 10 days), New Zealand (to study language, 1 month) and Norway (exchange program, 2 semesters)

I am studying at University of Oslo as an exchange student now. I take three classes in this semester. Two of them are about Nordic welfare, gender and childcare and the rest one is Norwegian Language class. These classes started at the end of August. I have only three classes a week, but I read lots of documents every day. Although I sometimes have troubles, on the whole, I have a great time in Norway.

 

6、The field you are interested in & theme of “Promotion article”: childcare, work and life balance and gender

I’m planning to write about “daddy quota” in Nordic countries in my promotion article.

 

7、Hope in this seminar

I would like to acquire critical thinking ability, logical thinking ability and the ability to collect reliable information and command them through writing theses because I think all of them are essential to achieve a high performance.

 

Thank you for reading.

 

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人事政策、能力開発・キャリア開発 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく人事管理業務に携わっており、...

カテゴリー一覧