2016年11月

4年間の学びを通して

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

この度、「大学生活を振り返った個人ブログ」を担当させていただきます、

4回生の真田佑梨乃です。

 

私の大学生活を振り返りながら、自分自身の今後の課題と目標について簡単にまとめたあと、後輩に向けてメッセージを送りたいと思います。

 

Ⅰ. 入学当初の目標

大学では以下の2つのことを念頭に置きながら、学生生活を送っていました。

・「有言実行」

・学生生活で成果を残すこと

 

目標はいたって単純ではありますが、実際にやってみると難しいものでした。

具体的には、「Cross-Cultural College (CCC)」といった国際プログラムへの参加を通して、修了するための履修スケジュール管理、語学力の向上、固定観念を取っ払った異文化理解など、自学部の授業以外の学習を積極的に行い、幅広い視野を培うこと、そして、やると決めたことはどんなことがあっても最後までやり遂げる継続力を身につけたいと考えていました。修了するにあたって、常に自分自身に負荷をかけながら、新たな挑戦によって生まれる問題や障害を乗り越えていく忍耐力を身につけることができました。

 

Ⅱ. 大学生活を振り返って

高校時代で培った英語力を低下させないよう、また高原現象*から脱出できるように、意識して英語を使用する時間を自分で作り、積極的に英語での授業を受講することを心がけていました。

*語学などの学習において、全く向上しない、停滞している、テストをやっても点が上がらない、実際に使ってみても同じようなことの繰り返すこうした現象。

こういったことを通して学んだことは、今、行っていることのすべては「未来への投資」であるということです。もちろん、計画通りにやり遂げることができるのが一番良いことではありますが、現段階で目に見えた成果が出ていなくても、どこかで実を結ぶことに繋がるのではないかとかポジティブに考えるようになりました。それは、私自身多くの失敗を繰り返し、挫折を味わってきたからこそ得ることができた財産であると考えます。総合政策学部だからこそ多角的視点から物事を見つめることを学ぶことができたので、これからも自分への投資をし続けていきます。

 

Ⅲ. 今後の課題と卒業後の目標

「自分にしかできない仕事をして、まわりをハッピーにできる存在になる」

経験から学んだことにつながっていますが、成果を残すことに捉われて周りを見えなくなってしまうことがあることが私の弱みです。自分のものさしで他者を判断してしまうことがあるため、他人への配慮を忘れずに社会で生きていかなくてはならないと心得ていこうと考えます。そのため、卒業後の目標は、仕事を通して、誰かを幸せにできるような存在になりたいので、

「自分にしかできない仕事をして、まわりをハッピーにできる存在」

となる社会人になりたいと思います。

 

Ⅳ. 後輩に向けて

4年間の大学生活は、あっという間に過ぎてしまいます。サークルで仲間と楽しく過ごしたり、友達と旅行に行ったり、私自身もたくさん遊びにも時間を費やしてきました。しかし、大学生は何かに没頭できるラストチャンスでもあると思います。

私が尊敬するある社長の言葉を引用すると、

「人が生まれ持った能力に大差はない」、その中で能力を開花させるのは自分次第であり、誰にでもそのチャンスはあると言っています。努力する人にはそれ相当の能力を身につけることができ、可能性が開かれていくので、どうか皆さんも大学生でしかできないこと、また自己啓発をする機会を大切にしてください。

 

長々となりましたが、これで私の大学生活の振り返りを締め括らせていただきます。

 

小西研究室のホームページはこちらから↓

http://www.konishi-kg.org/language.html

小西研究室のFacebookはこちらから↓

https://ja-jp.facebook.com/pages/Bridge-for-ChildrenKGU/305080959623563

 

 

Hello, Everyone.

This is Yurino Sanada, who takes charge of this blog today.

 

While looking back at my university life for 4 years, I will simply present you next challenges for the future, vision and give messages to others.

 

1. Visions before enrolling in university

・Matching words with deeds

・Producing results in university

 

The visions are pretty straight-forward, but difficult to carry on. To put it concretely, I have learned schedule management for credits, building linguistic ability, cross-cultural understanding over stereotypes through Cross-Cultural College (called CCC) international program. From this program, I wanted to enlighten the wide range of view by actively learning specialized studying. I also wanted to cultivate the ability to continue one thing until the end no matter how hard it was to achieve. At the time of finishing this program, I could learn endurance to get over issues by challenging new things.

 

2. Looking back my university life

I kept in my mind not to degrade English skills since I studied in high school, and overcome plateau effect* (so-called great stuckness) . To avoid from this stuck, I aimed to spare my time to utilize English frequently and participate in English classes.

*getting stuck is a force of nature as real as gravity. Working harder and harder and getting less for the effort. (by the huffeington post)

According to this lessons I had been through, Everything I have done in my life is  like an investment for the future. It is certainly better to achieve anything by following your plan, but it does not matter if you cannot see assured achievements in this moment. Because it will be. I have been through many failure and sometimes hard to continue trying harder, but all I had experienced in the past is the treasure. It is also because I could learn approaching one problem from different perspectives in School of Policy Studies.

 

3. Next Challenge and Goal

“Be the one, what I can only accomplish to do to make people happy”

I am prone to lose sight of surroundings in order to accomplish one goal. I ought to have more consideration for others, not to apply my yardstick to judge as to other people.

 

4. Messages; There is little difference among inborn capabilities we do have.

Time flies so quickly. Spent my time doing activities and gone on a trip, I had also enjoyed my university life. But, it is also last chance to devote yourself something rather than “having fun”.

According to a person I have in honor, he said, “there is little difference among in inborn capabilities we do have.” Everyone has a chance to show your ability. It is all up to us. I suppose that people who keep putting effort on something can widen any possibilities in the future, so please think about what you can only do as university students.

 

This is all what I have learned through my university life.

Thanks for reading!

 

homepage

http://www.konishi-kg.org/language.html

 

Facebook
https://ja-jp.facebook.com/pages/Bridge-for-ChildrenKGU/305080959623563

 

“幼い頃からの夢の国、アメリカ。”

こんにちは。いつも小西研究室のブログをお読みいただきありがとうございます。

今回は、三回生の立川愛夕が担当させていただきます。私が大学三年間で挑戦してよかったことについて書かせていただきます。

私が大学三年間の中で挑戦してよかったことは、一か月間アメリカへインターンシップに行ったことです。今回は主にその中でも、文化と働き方について私が感じたことを書き記していきたいと思います。 

1.多文化社会を肌で感じて

初めに、文化についてです。私が滞在していたロサンゼルスはテレビでも有名な州であり、私自身も多文化であるという認識が強くありましたが、比較的単一民族である日本とは異なる状況であり、出発前の私の想像力には限界がありました。実際は、差別があるのではないかなど悲観的な考えがありました。

しかし、現地に着くや否や、そこは異なる言語が飛び交う世界でした。そして、日本人である私たちを外国人という枠組みで差別する人に私は滞在中、一人も出会わなかったのです。それは、ロサンゼルスには様々な国から移り住んでいる人も多く、他の国の文化や人々を尊重するという価値観が根底にあると感じました。

私のホストファザーもアメリカ出身ではありませんでしたし、私がたまたま活用したUberのようなタクシーシステムのドライバーさんも学生で勉強をするために故郷を出て、自分で稼ぎながら学費を払って生活していると聞きました。Uberは、アメリカでよく使われる配車サービスで、タクシーよりも安全と言われています。運転手は、一般人の免許を持っている人たちで自家用車を使用し、携帯アプリから現在地に迎えに来てもらい送り届けてもらうシステムです。

私が出会った方々が口を揃えて言うのが、“ロサンゼルスに来てよかった。様々な文化を尊重する環境が好きで、これからも住み続けたい。”ということでした。その感情は、私が滞在中に感じたものと一致しました。日本人だからという固定観念は全くなく、何事にも平等に、そしてみんな違うからこそ面白いという考えが私自身心地よかったのです。しかしこれは、お互いにお互いを尊重するという気持ちがなければ成り立たない環境でもあると沢山の人とお話する中で感じました。

実際に様々な人がお互いにそれぞれの文化を象徴しながら共存している街を肌で感じることが出来ました。

 

2.インターン生としてアメリカの企業で働く

次に、働き方についてです。私が働いていたのはロサンゼルスの映画や番組のスタジオが多くあるバーバンクという町でした。実際に現地のオーガニック素材を活用した飲料製造販売会社にインターン生として勤務させていただきました。

名目上、インターン生ではありますが、アメリカ企業では通常、インターン生も立派な一社員として働かせていただきます。会社の業務に積極的に関わるため、責任も伴います。実際に私の業務は全般的にデスクワークの多い職種でした。私が働かせていただいた現地企業に派遣されたのは私だけで、業務は勿論全て英語でした。ホームページ作成やインターナショナルマーケティング分野で次の事業拡大の提案書をゼロからの作成などを行いました。

そこで私が強く感じたことがあります。それは、自分の積極性の欠如と自分が実力不足であったことです。自分の積極性とは、高校時代の留学経験やその帰国後も積極的に動いている方であると考えていたけれど、アメリカでの積極性はそれと異なるものであったということです。私は、自分で解決出来そうな業務は基本的には最初と最後に質問をする形をとっていましたが、それは受け身すぎると上司に指摘を受けました。ここでは分からなくなったら、その都度すぐ聞くことが当たり前というお話も聞きました。その指摘や考えを聞いた時、やはり、考えていることはその時に発言することが重要なのだと気が付きました。

又、自分の実力不足というのは英語の勉強をしていたものの、専門的なビジネス英語に対応しきれていなかったということです。現地スタッフ同士の仕事上のやり取りでは、聴いて理解するのに時間が掛かり、本当に英語を使って仕事をするのであればもっと勉強しなければいけないと強く感じました。文化のところでみんな平等の扱いであることを書かせていただきましたが、その考えが良い反面、実力がなければ働けないことも身をもって感じました。

これらのことから、実際に帰国後すぐに学校が開講しているビジネス英語の授業を受講しました。今後もこのように専門的な英語の勉強も積極的にしていきたいと考えています。

以上二点、多文化共生でのお互いを尊重する心・アメリカ企業で働くことの意味を学ぶことが出来たアメリカでのインターンシップの経験は私が大学三年間の中で最も挑戦してよかったと感じていることです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

Hello.Thank you always for reading our blog.

I’m Ayu Tatsukawa, 3rd year of Konishi seminar.

At today’s blog, I will write about the thing I thought it was the most challenging and grateful experience during this 3years at the university.

The greatest experience that I chose to do was staying in America for 1 month as an internship. In this time, I would like to focus on writing about two things, culture and the way to work. 

1.     Living in the diversity society

At first, about the culture. Los Angeles, the place I stayed during internship is famous continent on TV and I knew that it has many cultures. However, Japan where I live is kind of a racially homogeneous and I couldn’t imagine what is like living in many cultures before I visit America. I had negative feeling for that there is discrimination for real.

However, it wasn’t like that. As soon as I got America, many languages were spoken by different countries people. Also, during staying in Los Angeles, I had never met people who judged me because of the country where I came from. I thought these respective values might come from characteristic of this continent that a lot of foreigners come and live here.

Even my host father is from other countries. Also the driver who I met when I used a taxi system like Uber left his home town to study in America. He is now living here and working to earn money for school. Common ideas between those people is they said “I’m so happy to live here. I like this environment that there are a lot of cultures and people who live in here, they all have a respective values. I would like to live in here for the future, too.” That matched the feeling that I felt during staying there.

There are no stereotype ideas, and everyone is equal. Also, the idea that everyone is different and that is the most interesting part made me feel comfortable. However, I thought this couldn’t be real if there wasn’t respective perspective in each person. I could feel directly that many people from all over the world is living greatly by understanding of each other’s cultures.   

2.     Work in America as an internship

Second, about the way to work. The office where I worked is in Burbank which there are a lot of movie and TV shows studio. I worked at drinking company which is made from organic resources. Even I worked at this company as an internship, they are all included as a member of that company. Because of this, I needed to work actively with more responsibility.

My job is mainly desk work and I was the only Japanese who went to that company at that time, and all of the works needed to be done in English. I made homepages and I planned an international strategy which is from the beginning to expand the business of this company. During this time, I felt one strong thing that is less attractiveness and lack of skills.

For activeness, I thought I had it a little bit, because I learned it in Australia where I went for study abroad during high school and even after that I tried to do things actively.

However, these activeness was different in America. I tried to do things by myself and if there is any problem, I asked workers at the office, but my boss said that trying to solve problem by yourself is unattractive and not good. It is very natural that asking questions soon even it is very small things. At that time, I felt it is very important to say my opinions directly soon.

Also, I have been studied English a lot and I thought I could understand a little bit, but I couldn’t understand academic English that is used in business. Then I realized that I’m lack of business English skills. It took a lot of time to understand coworker’s conversation and I thought I need to study more if I would like to use English for work in the future job.

As I mentioned in the culture part, “everyone is equal” has great point, but at the same time, if there aren’t enough skills to work, it is very difficult to work at there.

From these reasons, I took a class about business English in the school. I would like to keep studying academic English actively in the future, too.

For these two views, a respective values that people has for diversity and meaning of work at America that I learned during staying in America, Los Angeles was the greatest experience that I chose to do during university.

Thank you very much for reading.

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2016/11/28 2:36

サークルの代表になって学んだこと ー異なる考え方や価値観を持つ人々との共存ー

こんにちは。
いつも小西ゼミのブログをご覧いただきありがとうございます。
小西ゼミ3回生の浦野紗友美と申します。
今回のブログは、「私が大学三年間で挑戦してよかったこと」をテーマに執筆させていただきます。

私が挑戦してよかったと思うことは、バスケットボールのサークル代表として一年間務めたことです。
私は大学入学時からバスケットボールのサークルに入っています。私は昔からスポーツをするのが好きであったのと、新しいスポーツに挑戦したいという一心で、経験者に紛れながらも、毎週練習しました。
そして二回生の夏、三回生の引退に伴い、代替わりの時期がやってきました。私たち二回生は誰も立候補しなかったのですが、周りはみんな私を推薦してくれました。今まで、部活やクラスでリーダーになった経験はなく、どちらかというと人前に立つのが苦手な私にとって、みんなからの推薦は嬉しいものではありませんでした。しかし、周りからの期待を裏切りたくない気持ちと挑戦してみたい気持ちから、サークルの代表をさせて頂くことにしました。

実際、代表になってみると 、案の定、上手くいかないことばかりでした。ミーティングの運営、スケジュール管理、集金など、今まで経験してこなかった私にとって、大変なことばかりでした。中でも一番悩んだのは、人間関係です。全員の目的が「勝利」である部活とは違い、サークルには「楽しむこと」「勉強の生き抜き」「友達作り」「ダイエット」など様々な目的を持っている人が集まります。また、人それぞれサークルに対する優先順位が異なります。そのため、価値観の違い、考え方の違いから、意思疎通が難しく、全体をまとめることの大変さを痛感しました。しかし、私は代表 になった時から、「誰もが楽しめるサークル」「一人ぼっちを作らないサークル」を目標に掲げていたので、一人ひとりと話す時間を大切にし、全員の考え方を受け止める努力をしました。その結果、今までためらって練習に来る ことができていなかったメンバーが来るようになったり、このサークル入ってよかったと言ってくれる仲間が増えたりするうちに、私の望んでいたサークルのあるべき姿を見出せた気がしました。今では、胸を張ってサークルの代表をやって良かったと言えます。

大学卒業後、就職先や社会では、大学よりもさらに多様な価値観の人と、協働していきます。私はサークルの代表として培ったこの経験を活かし、就職先や社会でも 積極的に人と話すこと、考え方の違いを受け止めることを心がけ、組織の一員として過ごしていく上で必要となる 人間関係を築いていきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

小西研究室のホームページはこちらから↓
http://www.konishi-kg.org/language.html

 

 

Hello, everyone.
Thank you for visiting our blog.
I am Sayumi Urano, and 3rd year of Konishi seminar student.
Today, I would like to write about one of the things I have tried best in university life.

One thing I have tried the best in my university life is managing my basketball circle for a year.
I joined the basketball c ircle when I enrolled the university, because I like to play sports since I was a child, and I wanted to try new sports that I have never played before. I practiced basketball every week with experienced players.
In the summer of the 2nd year student, the time was coming that the 2nd year students had to decide who was going to be the representation of this circle. No one went up for the representation, but everyone recommended me as the presentation of this circle. Honestly, I was not glad to be recommended, because I had never been such a representation like a class leader or a captain of club activity, and I am not good at putting myself on show. However, I decided to secure representation due to my feelings that I did not wanted to disappoint everyone’s expectations, and I wanted to experience of being top of the organization.

As I had expected, there were actually many things that I was unable to manage well. Running the meetings, schedule management, and collecting of money were all difficult for me who had never done these kinds of things before. The thing I was suffered from most is relationship. Compared to the club that team members have the same goals as win, the members come to the circle with different purpose such as just to enjoy, to refresh, to make some friends, and to exercise for their health. In addition, priority of the circle is different from each member . Due to these differences between our sense of values and the way of thinking about the circle activity, it was so hard for me to understand each other, and I felt that pulling such members together was difficult. When I became the representation of this circle, I set a goal of making the environment that every single person belonging would never be bored and alone. Then, I started valuing spending time with talking to each member, and I tried to understand their thinking . As a result of this, more members became to say that they are happy to belong to this circle, and the members who used to hesitate to come to the circle got started joining us again. Now, I am able to say confidently that I was happy to experience the representation of the circle.

After I graduate from the university, I am going to work with colleagues who have different ideas and values . I would like to build a good relationship that is necessary as a member of the organization by using communication skills that I acquired through my experience.

Thank you for reading.

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2016/11/24 21:12

かけがえのない居場所

こんにちは。
いつもブログを読んでいただき、有難うございます。
今回は小西ゼミ3回生の本江文乃が担当させていただきます。

今回のテーマは「大学3年間でやってよかったこと」ということで、私の大学生活のみならず生活の大部分を占めている部活動のことについて書こうと思います。しかし偶然にも2週間前に、小西ゼミ且つ同じ部活動の先輩である長谷川優衣さん(以下ゆい先輩)が部活に関する熱い想いをブログに記して下さりました。私も体育会ラクロス部女子に所属し、日本一を目指して日々活動に取り組んでいます。ゆい先輩がブログの最後に「関西一位をかけた戦いが今週ある」と書かれていましたが、私たちはその試合で関西制覇を達成しました!しかし関西一位はあくまで通過点。私たちが目指すは日本の頂点です。必ずやゆい先輩たち4回生を日本一の4回生にしてみせます。皆様、関西学院大学体育会ラクロス部に熱いご声援を宜しくお願い致します!

ということで、ゆい先輩が日本一に対する熱い想いをぶつけて下さったので、私は3年間を通して感じている今の率直な想いを綴りたいと思います。

私がラクロス部に入ってよかったと思う一番の気持ちは「人との出会い」があってこそ語ることが出来ます。やはり何より熱いんです!おそらく皆さんが想像する以上に熱い集団で全員が熱い気持ちを持っています。「日本一になりたい」「チームに何としても貢献したい」「この組織をもっと強くしたい」「チームに最高の誇りを持っている」。一つの目標に対し、全員がそれぞれいろいろな気持ちを持っています。でも私たちのベクトルはいつも同じ方向を向いているのです。最高の仲間に恵まれたと感じます。

入部したときは正直、辞めたくて辞めたくてたまりませんでした。ルールや規律が多すぎる窮屈さに耐え切れず、先輩には怒られ、ラクロスの楽しさも分からなくなりました。母は帰宅して泣いている私に「いつでも辞めたらいいんだよ」といつも声をかけてくれました。だけど私は絶対に死んでも辞めるものかと思っていました。途中で辞めるなんて悔しかったから。逃げたと思われたくないから何としてでも4年間踏ん張ってやる。辞めない理由は些細なものだったけど、その時点でどんなときも、へこたれない精神力は完全に身についたと思います。
そして私には忘れられない出来事もあります。もちろん全てが濃い思い出ですが、下級生のころ、先輩に泣きながらどなられながら説教をされたこと。当時は意味が分からなかった私ですが、学年が上がるにつれてあのときの先輩の気持ちがよく理解出来るようになりました。本気でチームを作っている中で一人でも和を乱す人がいたら苦しいし、とても悔しい。なぜかわからなくて情けなくて勿論責任も感じて涙が出てくる。私はあのとき真剣に怒って下さった先輩に感謝しています。私を叱りつつ最後まで支えてくれた同期にも。

学年が上がるにつれ、私の意識は変わっていきました。同じミスは決してしてはならないし、全員から熱く信頼される人間になりたい、だから自分が人に注意できるぐらい一番しっかりしなければならないという自覚が芽生えました。昨年から幹部という重大なポジションに就くことも出来、自分が人間的に成長できたのはこの部活のおかげだと思っています。

また、学年のミーティングで私たちはお互いの悪いところを真剣に話し合います。全ては大切な仲間のため。日本一を取るために全員が必要だからこそ、仲間の悪いところ、直してほしいところは全員で詰めます。もちろん楽しい時間ではありませんが、私はその時間にこそ誇りを持っています。大学生になって、泣きながら、時に泣き叫びながら仲間のことを真剣に考えること、仲間に向き合うこと、本当に最高の環境だと思いませんか。私たちは友達ではなく仲間なのです。本音を言い合えるホンモノの関係で私たちは心から一丸となって日々成長しています。

もちろんプレーが上手くないと目標を達成することは難しいでしょう。ですがそれ以上に私は今、最高の環境で最高の仲間と最高に濃い時間を過ごせることに心から幸せを感じます。未だ甘いところ、直さなければならないところ、課題は山積みです。しかし私は今まで数多くの苦難を乗り越えた経験によって、この先に限界はない、きっと課題に打ち勝つことが出来ると思っています。人は3年間で限りなく成長することが出来るし、私の部はそれを無限大に実現させてくれる。
最高に熱い仲間、最高に熱い環境、最高に熱い時間に出会えたことが私の大学生活の全てであり、私の誇りです。

以上が今の私が感じていることです。部活動の話をしようとなると日が暮れるまで話せる自信があります。
私たちの活動を少しでも興味を持って下さる方がいらっしゃれば光栄に思います。
最後まで読んでいただき、有難うございました。

Hello.
Thank you for reading our blog.
I am Ayano Hongo, 3rd year of Konishi seminar.

The theme of this blog is “One of the big challenges that we have done in our university life”, so I am going to write about my club activity which makes me grow up
Two weeks ago, Ms Yui Hasegawa who is 4th grade student in this seminar, senior of my club activity, told her passion for a club activity. I belong to the lacrosse club and our team’s goal is the No.1 in Japan. Ms Yui Hasegawa said 2 weeks ago that there was a match for the Kansai first place. We became the Kansai champion! However, this is not our final goal. I will certainly make 4th year members the No.1 in Japan. Please cheer for our team!

In this blog, I am going to tell mainly about thought through 3 years in my university life
First, I appreciate the encounter with the members. They have the passion! I think our team is more powerful than you can ever imagine. “I want to be the champion in Japan” ”I want to do something for our team.” ”I want to make stronger organize.” “I am very proud of my team.” Each member has a different thought but they have the same goal. I met the best member.

In the first year, I wanted to quit my team. It was uncomfortable that there are many rules. We were often scolded by the oldest member. My mother told me that l could quit at any time, but I never gave up. I wanted to overcome my difficulties, and I was ready for spending four years as team member. At this time, I got fortitude and patience.
I have the memory that I cannot forge. When I was the lower grade student, I was scolded by the oldest member. I could not understand her tears at that time, but now I can understand. If team member do not make efforts, people who do their bests must be sad. I appreciate senior member at that time, also members in the same year who support me.
I changed my thought gradually. I want to be a person who was trusted by everyone, and I must not make the same mistake. I was fully aware of my responsibility. I am the executive members in my team because my team was grown up with me.

I talk earnestly with my same grade members about bad points. It is for each other. All members are necessary to be a champion so we always talk earnestly. Of course it is not happy time, but I am proud of it, because I think it is the best surroundings for each other. They are not friends, but our member of team, and making real relationship with each member, also developing ourselves every day.

Of course it will be difficult to catch our goal without good skills. However, I am so happy I spend a full life with best members in my team. We have many problems, but there is no limit to us because we overcame many problems by now. Everyone grow in the short term, and my team is the place where everyone changes.
My best members, best moments, best environment. These are my treasures and my pride.
I am happy that you have interest with my team.
Thank you for reading.

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2016/11/21 23:34

これから高校生や大学生はどのように大学生活を歩むべき

大学生活も残りわずかになり、自戒も込めて、大学生活ひいては人生で大切だと感じたことを連々と書きたいと思います。
端的に言えば、大学4年間をただ決められたレールを歩むのではなく、どこに自分の時間を投資すべきなのか、どの機会が自分の将来にきちんとリターンをもたらすのか、自分の頭できちんと考えることが大事なのではないかと思っています。
なぜなら、人は機会によって成長しますが、きちんと努力をすれば全ての機会が、自分にリターンをもたらすかと言えば、そうではありません。例えば、大学で等しく全員に与えられる機会として、学問を修めることがあります。そして真面目に学問に取り組むことは例外なく礼賛を受けます。しかし、ほんとうにそれが、自分の時間を投資すべき最善の機会なのでしょうか?
決して学問を否定している訳ではなく、大学を通して学ぶ学習効率や、クオリティを考慮すると、他にもっとリターンを得ることのできる機会がある可能性があるということです。実際、脳科学者の茂木健一郎氏が、「日本の文系教授は輸入業者」と揶揄したように、大学では最新事例や理論を紹介しているに過ぎないことも多く、本を読めば大抵キャッチアップできてしまうケースも少なくはないと思います。すなわち、単に授業に出て、試験で点数を重ねることが、必ずしも自分将来にとっては褒められる事柄ではないかもしれないということです。
無論、一人一人思い描く将来像は違いますし、興味関心も十人十色なので、どんな機会を選ぶかは人それぞれです。それは留学かもしれませんし、インターン、起業、アルバイト、学問、サークルかもしれません。大事なことは、ただ目の前にある大学生活をこなすだけではなく、自分にとってほんとうに価値があると思う機会を自ら掴み、その中できちんと努力をしていくことだと思います。
ちなみに、じゃあ大学行く意味あるの?という声も聞こえてきそうですが、多くの人にとって、「大学に行っても意味ないらしいから辞めとく」といった選択をするのは、相当勇気のいる決断だと思います。つまりリスクヘッジとしての大学進学が妥当な線ではないかということです。私自身、大学を卒業してもしなくても、ほとんど何も変わらないと思いますが、リスクヘッジとして卒業はします。笑
(将来に対して圧倒的な自信がある訳ではないことの裏返しですね。笑)
それでは、ご一読いただきありがとうございました。
小西研究室のホームページはこちらから↓
http://www.konishi-kg.org/language.html
Making your 4years much more valuable for yourself.
Here are some advices for students to make their college life in Japan more meaningful. You should find opportunities that would give you great return to your future by yourself, and invest your resources on it. Even though opportunities make people improved, but some does not. That’s why you have to choose it carefully. For instance, a university offers great opportunities to learn academically and to gain benefit for your future career. No one would complain about what you do as long as you study hard because they think that’s the best thing for you.
However, as I said, it might be not true. You might have better opportunities, even if you study same things as at a university. In fact, as Mr. Kenichiro Mogi, a neuroscientist, said “Most of Japanese professors, except in the field of science, are just like merchant.” This means that it is not worth to spend much time because they just tell students basic things and someone’s latest theory. Therefore, self-learning would be enough to catch up, and a more efficient way.
If you want to have a meaningful college life, you must not spend time just like most people does. There are a variety of opportunities in front of you, and you have to make decision based on your career plan and will. No matter what you take, you have to do your best. Then, the 4years would be worthwhile, even if you looked back it 20years later.
Thank you for reading, and I hope this would be the worthy “opportunity”.

人に自分の思いを伝えていくこと

こんにちは。

いつも小西研究室ブログを読んでいただきありがとうございます。
今回は三回生の木村友紀がブログを担当させていただきます。
今回のブログは私が大学3年間を通して、挑戦してよかったことを伝えようと思います。

私は大学1年の春から月に2回、小学生にバトントワリングとチアリーディングを教えるお手伝いをしています。去年まではこどもたちと一緒に練習をしたり、小学校低学年のこどもたちに基本的なバトントワリングの技術を教えたりしていました。しかし、今年はコーチから「チアの振り付けを作ってみない?」という提案を受けて、人生で初めてダンスの振り付けを作ることにしました。
6月から振り付けの作成に取り組んで、10月にある区民体育祭で初めてお客様に披露するということを目標に振り付けの作成に始めました。

この経験を通して、私は人に何かを教えることの難しさを痛感しました。メンバーに振り付けを教える時、振り付けを知っているのは振り付けを作った私だけです。そのため、少しでもわかりにくい言葉や言い回しをするだけで、メンバーは理解することができません。また、元々私はあまり人に何かを教えることが得意ではありません。何事においても自分の言葉で伝えすぎて、時に他人に理解してもらえないことも多かったです。改めてこの自分の不得手な部分を実感させられました。しかし、コーチの絶妙なフォローとメンバーの素晴らしい理解力のおかげで無事振り移しを終えることができました。

私はこの経験を通して、人に何かを伝えることの重要性を改めて考え直すきっかけになりました。私は今、アルバイトで新しく入ってきた人に業務を教える立場にあります。また、これから始まる就職活動においても、面接官に自分のことを伝えることは大切だと思います。これから相手の立場に立って、その場に適した伝え方を工夫していこうと思います。

今回のブログも読んで頂き、ありがとうございます。
次回のブログも楽しみにしていてください。

小西研究室のホームページはこちらから↓
http://www.konishi-kg.org/language.html

Hello, my name is Yuki Kimura.
Today, I ‘m going to write Konishi Seminar’s blog.
This time, I want to introduce about my challenge which was best for me.

I have taught baton twirling and cheerleading to elementary school students since I entered Kwansei Gskuin University. I have a class twice a month. Last year, I only had taught how to twirl baton to lower grades members, but this year, my coach gave me a chance to choreograph in cheerleading.
It was a first time for me to choreograph, so it was difficult for me to choreograph and teach members my choreography. Of course nobody has known my choreography before I taught it them. If I use difficult words or phrases on teaching, no one can understand my choreography. That’s why I had to avoid using those words or phrases. However, I’m not good at explaining easily. I realized the difficulty of teaching. I also learned on teaching explaining was importanse. Due to support of my coach and members I finished teaching my choreography. I’m very appreciate to them.
Throughout this experience I thought about the importance of explaining again. If I had a chance to choreograph next year as well, I would improve my explaining skill.

Thank you for reading.

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2016/11/14 22:43

The most important thing for me is…

こんにちは。
小西ゼミ4回生の長谷川優衣です。
このブログを主に見ている人は、小西ゼミに興味を持っている人や、総合政策学部に進学を考えている高校生がほとんどだと思います。何か皆さんの役立つ話をしたいのですが、残念ながら、私は大学生活は4年間体育会に所属し活動をしてきたため、部活にしか没頭してこなかった人間です。なので、皆さんには興味を持ってもらえないかもしれませんが、大学生活での部活動を通して、私が学んできたことをお話したいと思います。

私は、体育会ラクロス部女子に所属しています。私たちが掲げている目標は『日本一』です。この大学4年間を通し、3年連続で関西制覇、3年連続で学生選手権大会準優勝、3年連続で全日本選手権大会3位という結果を残しています。しかし、未だに目標は達成することが出来ていません。

私がラクロス部に入部しようと思ったきっかけが、この『日本一』という言葉です。大学に入学したら、4年間何か1つに没頭し、そのために力を注ぎたいと考えていました。ラクロス部に入部して楽しい大学生活の始まりだと思っていましたが、現実はそう甘くはありませんでした。部活のルールがとても厳しく、日々の練習やトレーニングが思っていた以上で、毎日のように長時間にわたるミーティングを行ったりと、多忙な毎日の連続でした。辞めたいと思うことも何度かありました。しかし、入部したのは自分で決めたこと、日本一を必ず掴みたいと思ったからであり、日本一を掴むには、この環境に慣れもっと努力しなければいけないと思い返しました。そして、何よりも私を助けてくれたのは同期のみんなでした。辛い時は、お互いで励まし合い、悪いところは厳しく干渉し合い、この4年間は家族よりも同期といる時間の方が多く、私たちは第二のファミリーのようになっていました。そして、今年2016年度からは、私たちの学年が先頭をきってチームを引っ張っています。私たち16チームが日本一を掴むには、何が必要で何をしなければいけないのかを何度も何度もミーティングを重ね、話し合ってきました。昨年までの反省を踏まえ、一人一人が、この1点、1球、1瞬を全力で追い求めないと関学ラクロス部は日本一を達成出来ないと考えました。そして、みんながブレることなく気持ちを一つにするチーム。これらを踏まえ、私たちは、今年のスローガンとして「ALL OUT~追い求めろ~」をあげ活動しています。関学が日本一を勝ち取るために、この言葉を一人一人が本当に大切にし、日々言い続け、全力で体現し、今年こそ部員全員で必ず栄光を勝ち取りにいきます。

私たちは、日本一を取るには、ただプレーが上手だけでは取れないと考えています。関学ラクロス部という組織として一人一人に与えられた役割を全うすること、日々ラクロスが出来ている環境に感謝することがラクロスをする上で、日本一を目指すチームとして一番大切だと思います。私がプレー出来ているのは、毎日のように父が私たちのために必死で働いてくれ、母が美味しい料理を作ってくれるからこそ、今私はこうして全力でラクロスをすることが出来ています。そして部員全員、お互いがライバルではあるけど、刺激し合い一緒に戦ってきた仲間だからこそ、ここまで個人としても、チームとしても成長することが出来ました。そして、何よりも同期のみんなには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。今まで関わって下さった方々への感謝の気持ちを持って日々を過ごさなければいけないと、この4年間を通して改めて気づくことが出来ました。

今週の土曜日に関西1位をかけた戦いがあります。この試合に負ければ、私たち4回生は引退します。しかし、私たちは絶対に負けません。日本一をとるという気持ちはどのチームよりも強く、そして、関西で1位を取ることは日本一になるための通過点です。ここで絶対にくじけないという自信が91人全員にあります。だからこそ、次戦では全力でALL OUTし、関西の王者になり、日本一への切符を掴みに行きたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

小西研究室のホームページはこちらから↓
http://www.konishi-kg.org/language.html
小西研究室のFacebookはこちらから↓
https://ja-jp.facebook.com/pages/Bridge-for-ChildrenKGU/305080959623563

Hello.
Thank you for reading our blog.
I’m Yui Hasegawa, 4th year of Konishi seminar.

People who are looking at this blog is mainly people who are interested in Konishi seminar and high school students who are thinking to go to this department. Unfortunately, Something I’d like to talk from now might not get interested to you, because I’ve been a member of sports club for four years. I devoted only to the club for my university life.
I would like to talk about what I’ve learned from the club activities.

I am a member of Lacrosse girls team of Kwansei Gakuin University. The goal that we have listed is “No1 in Japan”. We have got many Championships for three years. However, we have not still achieved our goal.

The opportunity that I was going to join this club is the word of “No1 in Japan”. Once enter the university, I wanted to immersed in something one for four years. And I wanted to focus on for that. Although I thought it was fun college life to join this club at the first time, the reality was completely different. The rules are very strict. The practice and training are busy more than I thought. There are everyday meeting over a long period of time. I was continuously busy every day. I sometimes thought I want to quit. However, I remember that why I joined this club is. And, what’s helped me the most is. All supported me was my friends. When it was painful, they always helped me. From this year, 16 team has started. We are going to grabs No1 in Japan. we have talked a lot about how can we get this position. If you do not pursue one instant with full force was considered to not be able to achieve the goal. Based on this, we have been working up to “ALL OUT” as this year’s slogan. For getting to win, this word is cherish each person, and we keep saying every day, and embodied in our best. We are thinking that we cannot take No1 for only good players. Appreciation is the most important. We have to appreciate that the environment that we can play lacrosse. What I’m able to play lacrosse is for father and mother’s supports. And also, the team mates as well. Whenever I get sad, they always cheer me up and helped me. There are full of gratitude for them. I was able to notice that the appreciation is really important through the last four years.

There is a match for the Kansai first place in this Saturday. If we lost this game, our team will finish. However, we do not lose. The feeling that we take in for No1 in Japan is stronger than any team. Confidence that here not discouraged absolutely There are 91 people all. That’s why, to ALL OUT at our best in the next game, we becomes the Kansai champion. I want to go to grab a ticket to Japan.

Thank you for reading.

homepage
http://www.konishi-kg.org/language.html

Facebook
https://ja-jp.facebook.com/pages/Bridge-for-ChildrenKGU/305080959623563

マレーシアで学んだこと ~5か月間の挑戦~

こんにちは。
いつも小西ゼミのブログをご覧いただきありがとうございます。
小西ゼミ三回生の浅井沙也佳と申します。

今回から小西ゼミの三回生は、以下のトピックからひとつ選択し、
毎週月曜日にブログを更新していきます。

トピックはこちらです。
① 大学三年間で挑戦してよかったこと
② 大学三年間で頑張って取り組んだこと
③ 自由テーマ

――――――――――――――――――――――――――――

私は①「大学三年間で挑戦してよかったこと」について書かせていただきます。

今回は2016年度春学期に参加した「国際社会貢献活動」での学びについて書かせていただきます。

国際社会貢献活動とは関西学院大学独自の国際ボランティアプログラムです。
学生は主に東南アジア諸国の途上国のNGOなどに約5ヶ月間派遣され、
環境保護、平和構築、教育支援などの分野で活動をします。

私がこのプログラムに参加した主な目的は、
「途上国の現状を知ること」「東南アジア諸国の文化を知ること」「日本の文化を広めること」です。

特に、途上国の現状を自分の目で確かめたいと考えるようになったのは、
2015年に参加した国連セミナーの経験がきっかけでした。
ニューヨークで研修があり、国際公務員の方々が政策や開発プロジェクトを実施する上では
途上国(現地)を知ることが必要だと話されていました。
それまで外国=先進国だった私は、ニューヨークのまさに中心で働く方々が「政策決定の場だけでなく、途上国を見なさい」と繰り返し話されるのを聞いて、自分の視野の狭さに気づきました。
途上国を知りたい、今現地ではどのようなことが起こっているのかどのようなことが
必要なのか実際に見たい。その思いから、参加を決めました。

私は、4月から8月までマレーシアのペラ州カンパーという町にある高等教育機関に派遣されました。
インターン生として、学生に向けた日本語紹介のクラスの企画や運営、
また中華系民族の村活性化支援をさせていただきました。

今回は私が一番苦労したことと、関わった活動の1つである農村支援についてお伝えします。

派遣当初、私が一番苦労したのは「言語」でした。
ひとつは、英語にマレーシア人の独特の訛りがありはっきりと聞き取れないということ、二つ目はオフィス内のスタッフの共通言語が中国語だったということです。

なぜ中国語?マレーシアってどんな国なの?と思われた方もいらっしゃると思うので、少しだけマレーシアについて触れさせていただきます。

マレーシアは、東南アジア諸国の1つで、マレー半島とボルネオ半島の一部から成り立つ人口およそ2,995万人の国です。
多民族国家と呼ばれており、主な民族構成はマレー系約67%、中華系約25%、インド系約7%です。
※数値は2013年調べ。外務省ホームページを参照

年中を通して暑いので、マンゴー、ドリアン、といったトロピカルフルーツを食べることができます。
実は日本との関係が深い国で、日本人の高齢者がリタイアした後に住み移る国ナンバーワンです。それはなぜか。
その理由のひとつは、物価が日本の3分の1だからです。ちなみに、普段の昼食はだいたい100円から150円あれば十分でした。

話をもとに戻すと、部署のスタッフ9名全員が中華系マレーシア人だったため、中国語が使われていたのでした。

みんな中国語で何言っているか分からない…今日もあんまりスタッフと話せなかったな…と後ろ向きだった自分を変えてくれたのは、
マレーシアにお子さん2人と滞在していた30代の日本人の女性でした。彼女は、「ネイティブだけじゃなくて、色んな人が話す英語を聞き取れるようになって、世界中の人々と話せるようになったら素敵じゃない?」と。以前タイで仕事をされていたこともあり、そのようなアドバイスをくださったのでした。

それからは、英語に慣れるために、また自分のことを知ってもらうために、自分から行動しました。

スタッフに英語で話しかける回数を増やしたり、地元のごはん屋さんに連れて行ってほしいと頼んで雑談をしたり。
すると、1か月が過ぎたころ何となく英語が分かるようになってきて、「日本に関連する調べものがあるから手伝ってくれない?」と頼まれるようになりました。私が食べることが好きだと知ったスタッフが、美味しいマンゴーを買ってきてくれたりしました。嬉しい変化でした。

日本を出ると、「暗黙の了解」はありませんでした。黙っている=意見のない人と思われます。
文化や、受けてきた教育が異なる人々と、通じ合うのは難しいことでした。
でも、今振り返ると自分がその土地に馴染もうと努力する姿勢がとても重要だったのではないかと思います。
コミュニケーションを取ることは、人が生活を送る中でこれほどまでに重要だったのか、と初めて気づくことができました。

次に、私が関わった中華系民族の農村支援について書かせていただきます。
マレーシアの農村部では、子どもの親が首都やシンガポールなどに出稼ぎに行くことは珍しくありません。
では子育てはだれがするのか。それは子どもの祖父母がするのです。
親は安心して働きにいける反面、課題もたくさんあります。
主な課題は、2つ。1つは若者がいなくなることにより、農村部の多様な文化が失われつつあること、2つ目は、子どもへの教育の熱意の差に大きな開きがあることでした。

私は、学生を農村にボランティアに派遣するという地域活性化のプログラムを企画・運営していました。
農村部の小学校3年生を対象に英語を教える教育支援をしたときのことです。
英語の学力の差に衝撃を受けました。経済的に余裕のある子どもは塾に通えるので与えられた課題も淡々とこなしますが、全く理解できずに遊んでいる子どももいます。
それに、知的の障がいのある子どもも同じクラスで同じ内容で学んでいるのでした。

この地域にいま必要なのは障がいを持つこどもを理解する教師(福祉分野)だと思いました。
私は、途上国が必要としていることを知りたいと思って国際社会貢献活動への参加を決断しました。
途上国といっても、その国によって、またその地域によって、支援の方法は全く異なるのだと理解しました。

マレーシアを発つ日、上司に「あなたの学ぶ姿勢は賜物だよ、日本でも努力を続けてね。」と言われました。
チャレンジ精神を持って、これからも真摯に物事に向き合い学び続けたいです。

いま挑戦したいことがあるけど迷っているという皆さん、是非目的意識を持ってチャレンジしてみてください。
挑戦した結果自分にはその道が合わないと思ったとしても、それに気づいたという点で大きな発見です。
皆さんが、その一歩を踏み出せますように。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

小西研究室のホームページはこちらから↓
http://www.konishi-kg.org/language.html

Hello, everyone.
Thank you for visiting our blog.
I’m Sayaka Asai, and 3rd year of Konishi seminar student.

From this time, 3rd year of Konishi seminar students will pick up one of the topics and update the blogs on every Mondays.

Topics are below.
1 One of the big challenges that we have done in our university life
2 One of the things we have tried best in university life
3 Any other topics

――――――――――――――――――――――――――――
I choose “2 One of the things we have tried best in university life” and my personal topic is an experience of International volunteer.
I have joined Kwansei Gakuin University’s volunteer program that enables students to gain practical work experience in developing countries. Students in this program work in a range of organizations such as offices of non-governmental organizations conducting activities abroad and educational institutions for 5 month.

There are three main reasons why I decided to join this program: “To understand the reality of a developing country”, “To know the multicultural in South East Asian Countries” and “To introduce Japanese culture to people in foreign countries”.

The reason why I wanted to understand reality of a developing country is UN staff workers who I have met in New York told me an important thing. They said “it is really important to know the reality of the developing countries”. Therefore, I decided to go there.

I went to an institution of higher education in Kampar, Perak, Malaysia as an intern. I organized and conducted Japanese classes and assisted staff to conduct a volunteer program for the villages.

I will write about a hardest thing that I experienced and a volunteer program which I carried out for villages.

At the first time in Malaysia, I could not communicate with local staff smoothly. This is because their English was difficult to understand for me because of accent and common language in office is Chinese.

Why Chinese? What is Malaysia like? Basic information of Malaysia is here. Malaysia is one of the Southeast Asian countries and has around 29,950,000 people (Malay 67%, Chinese 25%, Indian 7%).
※Date from Ministry of Foreign Affairs of Japan
We can try tropical fruits all of the year and many elder Japanese people move to Malaysia after they retire their jobs. This is because living in Malaysia is very cheap compared to Japan.

Let’s return to the main topic. All 9 stuff members in my department were Chinese Malaysia. That’s why I could not understand what they were talking in daily time. One day, I saw a Japanese woman who has two little children in Malaysia. She said, “Don’t you think it is special to be able to understand English spoken by not only native speakers but also other countries speakers?”

After I met her, I changed my attitude. I tried to talk to staff in English a lot inside and outside of office. After 1 month later, I realized my listing skill is better than before. One of the staff asked me “Can you help me?” and gave me my favorite fruits, Mangos.

There was no unspoken agreement outside of Japan. It was not easy to communicate with people who have different backgrounds. I understand that to adapt myself to the new surroundings is important.

Secondly, I will write about a volunteer program which I carried out for villages.
Many of workers who have children go to a large city or Singapore to earn money. Then, who take care of children? ―the answer is “grandparents”. Of course it has good points but also has problems.

I conduct and organized community projects as an assistant staff. One day, I went to a primary school and taught English in a class. Some students were very good at English but some were not. In addition, some students who have handicap were also studied with them.

I thought it is necessary to put teachers who have knowledge about handicap there. Now I understand we have to know about what the community really need.

My boss said to me “Your learning spirit is admirable” on the last day in Malaysia.
I would like to try challenges and learn a lot all my life.

If you are worried about the challenge in front of you, you can try it with your purpose.
I hope you are able to step forward.

Thank you for reading.

新月祭 模擬店出店のご報告  A university festival at Kobe-Sanda Campus

こんにちは。
いつも小西ゼミのブログをご覧いただきありがとうございます。
小西ゼミ3回生の浅井沙也佳です。

日に日に朝晩が冷え込むようになり、秋本番となりました。
さて、みなさんは「秋」と聞くと、何を思い浮かべるでしょうか?

スポーツ大会、ハロウィーン、読書、旬の食べ物(焼き芋や秋刀魚、栗でしょうか)、紅葉狩りなど他にもたくさん!

これらを聞いただけで、わくわくしますね。
秋は涼しくなり外出もしやすいので、様々な行事が各地で行われます。

さて、そんな秋の行事のひとつに、大学祭があります。
特に10月から11月にかけては、毎年各地の大学で大学祭が開催されます。

学生による模擬店の出店、ダンスやパフォーマンスなどの出し物や展示があり、大学内が賑わいます。
大学によっては有名な芸能人やアーティストがゲストとして登場します。

関西学院大学神戸三田キャンパスでは、新月祭2016※が10月22日と23日の2日間にわたって開催されました。
※関西学院大学の大学祭のことを新月祭といいます。

今回は、小西ゼミ生の有志による学生団体Bridge for Children, KGU(以下 BFC)の模擬店出店の活動報告をさせていただきます。

私たちBFCは、”Bright Fried Chicken” という模擬店名で出店し、から揚げを販売しました。
よりおいしく食べて頂くために何度も話し合い、チリソースやゆず胡椒などの6種類の味付けを考えました。
そのかいもあって、2日間で約800食を完売することができました。
ご購入頂いた皆様、本当にありがとうございました。
売上はすべて、フィリピンの子どもたちへの支援物資の購入やBFCの運営費に充てさせていただきます。

では、新月祭でのこぼれ話をどうぞ。

新月祭でのこぼれ話①
9歳くらいの男の子が、1日で4回もから揚げを買いに来てくれました。
「何回もありがとう!から揚げ、おいしかった?」「うん。おいしい。」小銭を握りしめながら、照れた顔で、そう言ってくれました。

新月祭でのこぼれ話②
「今日の晩御飯にするわね~!」年配の女性お二人がそう言って、から揚げをたくさん買ってくださいました。
でも、紙コップに入ったから揚げ、そんなにたくさん持って帰れるのかな…?私たちの誰もが思ったその時でした。
「あ~!私こんな時のためにビニール袋持ってるで~はい、あなたのもあるわよ~」なんと、カバンの中にビニール袋が2つも!さすが主婦ですね。

から揚げ販売を通して、幅広い年齢層の方々と笑顔でつながることができ、充実した2日間となりました。
BFCの活動理念は”For the Children’s Smile”(その笑顔をつなげていく)です。
私たちがいただいた笑顔を、次はフィリピンの子どもたちに繋げたいと感じました。

最後になりましたが、
準備や運営に尽力してくださった新月祭実行委員の皆様、ありがとうございました。

三田キャンパスに続いて、上ヶ原キャンパスにおける新月祭2016は11月3日から開催されます。
お時間のある方は、是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

小西研究室のホームページはこちらから↓
http://www.konishi-kg.org/language.html

Hello, everyone.
Thank you for visiting our blog.
I’m Sayaka Asai, and 3rd year of Konishi seminar student.

Autumn is coming now in Japan.
What kind of images do you have about “autumn”?

Sports festival, Halloween, reading books, seasonal foods (baked sweet potatoes, sauries, chestnuts and others…) and maple viewing. Do you have any other ideas?

These events make us exciting even though just hearing the words.
We have a lot of autumn events among many parts of Japan because of comfortable temperature.

One of the autumn events is a university festival.
Especially during October to November, university festivals take place in many universities.

“Shin getu sai”- New Moon Festival took place in 22th and 23th October at the Kobe-Sanda Campus. “Shin getu sai” is our university festival’s name.

This time, I will report two days booth running by members from Bridge for Children, KGU.

We offered six options of souse such as Chili sauce and Yuzu pepper. We sold fried chicken for two days. Fortunately, we sold out around 800packs of fried chicken.
We hope that they liked it.
Sales will be used for support of children in the Philippine.

Next, please enjoy my two memorable dialogues in two days.

Memorable dialogues①
A 9 years old boy bought fried chicken for four times. We asked him, “thank you for coming! Do you like fried chicken?” he said “yeah. It is delicious.” He smiled shyly.
Memorable dialogues②
Two elderly ladies bought many pieces of fried chicken for their family’s dinner. However, we worried about how they can carry fried chicken in some paper cups. At that very moment one of ladies said “I have two plastic bags! We can bring back fried chicken!”

We were very happy to see warm smiles on men and women of all ages for two days.
Our vision is “For the Children’s Smile”.
We would like to bring their warm smiles and harts to children in the Philippine.

We would like to appreciate members of the university festival committee. Thank you very much for supporting us.

After Kobe-Sanda Campus, “Shin getu sai” will take place at Nishinomiya Uegahara Campus on 3th to 6th November.
How about to go to the university festival if you have free time?

Thank you for reading.

私の大学4年間とこれから My Four Years at University and Future Plans

(English translation below)

 

こんにちは。小西ゼミ4回生の永田久美子です。

 

先週に引き続き、「大学生活を振り返った個人ブログ」第7回を担当します。

 

沢山の内容が詰まっていて少々長めですが、

これから大学生活を送っていく後輩の皆さん、共に大学生活を送ってきた友人、その生活を支えてくださった教職員の方々、関西学院大学に関心のある方々、そして家族にもぜひ読んで貰いたいと思います。

 

目次

1. 入学時の3つの目標―なぜ総合政策学部か?―

2. 達成したこと:交換留学を活力にした成長

「学業面」の成長(留学前)/「精神面」の成長(留学後)

3. 今後の3つの目標やキャリアについて

4.    あなたらしい「挑戦」と「貢献」を!―後輩の皆さんへ―

 

【1入学時の3つの目標なぜ総合政策学部か?

KSC

(写真:三田キャンパス/ Photo: Sanda Campus)

入学当初の主な目標は、3つです。

1. 多様な分野を専門とする教員の方々の下で、「多角的な視野」で「問題解決する力」を身に着ける

2. 通称English Communication (EC)と呼ばれる授業(※1)で実用的な「英語力」をつける

3. 「プレゼンテーション力」・「ディスカッション力」をつける

※1 English Communication (EC):主に英語を母国語とする先生が行う、必須授業。

参照:総政の英語教育プログラム「English Language Program」

 

この3つの目標こそが、その環境が提供されている「総合政策学部」を選んだ決め手となったものです。高校生の時は未熟であったこれらの「能力」を、社会に出るまでには鍛えたいという思いで、目標を掲げました。

 

結論から言うと、これらの目標はそれぞれ5段階中3.5~4くらいは達成できたのではないかと思います。しかし、これはあくまでも「大学生」レベルで考えた時の自己評価なので、社会人になってから、まだまだ鍛えないといけない課題です。

 

 

【2達成したこと:交換留学を活力にした成長

大学は、様々な「挑戦」をした4年間でした。

 

その中でも特に学業面・精神面における成長に繋がったのが、

カナダ トロント大学での「交換留学(※2)」です。

※2 交換留学:海外の大学で、最長1年間、主に「自分の専門」を学べるプログラム。授業料相殺で、大学も基本4年間で卒業できる。

 

留学は、1年の秋学期に「日本語パートナー」として交換留学生たちと交流するようになったことをきっかけに、志すようになりました。

 

「自分の知らない世界を知ることは面白い」

「自分の力を海外の大学でも試してみたい」

 

そう思い目指したのは、世界中から人々が集う、世界トップクラスの「トロント大学」です。

交換留学先の中でも、特にハードルの高い大学です。ここで学ぶためには、鍛えるべき「2つの能力」がありました。

U of T cut ver. (university college)

(写真:トロント大学/ University of Toronto)

 

「学業面」の成長(留学前)

1つ目は、「英語力」。入学当初は677点中410点しかなかったTOEFL ITPを、1年半で600点にまで上げるなど、計画的に英語力を伸ばしました。その成長には、ECをはじめとした英語の授業、通学4時間を利用した日々の努力、そして「Cross Cultural College (CCC) (※3)」と呼ばれるプログラムへの参加が欠かせませんでした。

 

※3 Cross Cultural College (CCC) 日加大学協働・世界市民リーダーズ育成プログラム:カナダの大学生と寝食を共にしながら行う、問題解決型の授業「Global Career Seminar」などを修了条件とした、国際プログラム。

参照:CCCとは

 

そして2つ目は、英語力と共に必要であった、「学業成績」。「留学」という活力があったからこそ努力を続けられて、その結果、運と周囲の支えもあり、1年次学部生の中で50位以内程度であったのが、2年次には「学年1位」になることが出来ました。

 

「精神面」の成長(留学後)

精神面においては、新しい環境に飛び込む「積極性」と「柔軟性」がより強まったという変化が見られました。一からソーシャル・ネットワークを形成していく必要のある留学先では、

日本にいた時よりも積極的に、出会いの場に足を運びました。その中で、「一人との出会いが、新たな出会いに連鎖していく」ということを身に染みて実感し、新たな環境に飛び込むことを、とても楽しいと感じるようになりました。

 

留学を終えてからも、「オープンキャンパスの企画」や「着物の着付けの習得」、ボランティア団体Bridge for Children, KGUでの「国際理解教育活動」、スペイン語能力試験DELE B1合格など、新たなことに挑戦しながら、交流の輪を広げています。

 

留学先でのことはここでは書ききれないので、ご関心のある方はぜひ、過去のブログをご覧ください!

 

カナダ編バックナンバー

私がカナダで見た、「ホームレス問題」の現状 Homeless Problem in Canada

(2016/7/6投稿)

日本の学生の「伸びしろ」とは?社会に求められる、そのチカラ。 Potentials that Japanese Students May Have

(2016/4/26投稿)

北米体験記 Winter Trips to New York, Montreal and Quebec

(2016/2/16 投稿)

Museum st

(写真:トロントの町並み/ A Street in the downtown of Toronto)

 

【3今後の3つの目標とキャリアについて

1. 新しいことに挑戦し続け、「前人未踏」の世界を創る

2. 社会に貢献する活動をする

3. より効率的な時間管理をできるようにする

 

特に1番目の目標は、私の人生のテーマです。趣味の幅を広げ、また職場でも新しいプログラム・システム作りに貢献し、「私だからこそできる」ような、新たな世界を創り上げていきたいです。このような新しいアイディアを生み出す「企画力」に加え、英語とスペイン語をはじめとする「語学力」、そしてそれを活かした「情報収集力・発信力」を自分の強みの一部として、3年後には主力の一人として職場に貢献するのが目標です。そして、海外でも働ける機会を頂けるよう、社会人としての実力を鍛えていきます。

 

また2番目の目標は、大学生活全体を通して「もっと意識していれば良かった」と思う反省点でもあります。大学では主に自己鍛錬をしてきたので、これからはそれを活かしてもっと「外に発信すること(=社会貢献)」も意識していきます。

 

これらの目標をふまえて、常に「今」を一番頑張り、楽しめる人であり続けたいと思います。

 

【4あなたらしい「挑戦」と「貢献」を!―後輩の皆さんへ―

 

後輩の皆さん、大学でしかできないような「挑戦」をどんどんして、かつ、「自分だからこそできるモノ」を社会に残していってください!

 

就職活動をすると、より意識するとは思いますが、「他人との差別化」は重要です。

何か一つでも良いので、自分の強みとなる「あなたらしい」経験を、積んでいってください。

                                   

最後になりましたが、大学生活を支えてくださった全ての方々に、感謝しています。本当に、ありがとうございます!!

 

 

私の大学4年間 My Four Years at University

 

Hello, this is Kumiko Nagata, a senior member from Prof. Konishi’s Seminar Class.

 

Following other senior members, I would like to present you the seventh blog post with the topic being on my UNIVERSITY LIFE.

 

Even though my last post will contain a lot of (hopefully not too much) information, I would like those of you who will go/have been going to the university, my university friends, professors the office staff, or anyone who is interested in Kwansei Gakuin University, and of course my family, to read it.

 

Outline

1. The Three Goals Set when I Entered the University: Why “School of Policy Studies”?

2. Studying-abroad Experience Legacy

Academic Challenges and Achievements (Pre-exchange Experience)/ How my Behavior Changed (Post-exchange Experience)

3.   Three New Goals and my Future Career

4.   Messages: Be Different from Others when Challenging and Contributing

 

【1The Three Goals Set when I Entered the University: Why “School of Policy Studies”?

 

The three goals I set at the very beginning of my university life are as follows.

1.  Be able to solve problems from multiple perspectives under in an environment with professors from different studying fields

2. Acquire more practical English skills by participating in a mandatory course called “English Communication” (see an additional explanation below at footnote 1)

3.   Get better presentation and discussion skills

 

Footnote 1: English Communication (EC); a mandatory course given mostly by English native teachers. See more on English Language Program.

 

 

I chose my department since it provides an environment where I could achieve the objectives above. I set these goals hoping to get the abilities that I did not have as a high school student.

 

On a scale from zero to five, I think have scored between 3.5 and 4 on each goal. However, this is just my own opinion considering the fact that I am a university student, and I still need to further improve those skills to be able to realistically put them to use in a non-academic business like environment.

 

【2Legacies of Studying-abroad Experience

I faced a number of challenges in the four years at university.

In particular, my biggest challenge was the exchange studying-abroad program at University of Toronto. The process to get selected as an exchange student at the university and the experience there was extremely beneficial for me and brought about some crucial changes in my life.

 

In the first place, the reason why I got interested in studying abroad was the interaction with exchange students as a “Nihongo partner” back in the fall of my first year.

 

Thinking “Seeing a new world I don’t know is such an exciting thing!” and “I want to see how well I can do as a student at a foreign university”, I started preparing myself for studying at a world top university named University of Toronto. It was one of the hardest universities to get selected as an exchange student, and there were two academic challenges to overcome.

 

Academic Challenges and Achievements (Pre-exchange Experience)

The first academic challenge was to improve my English skills. I improved them little by little, and my TOELF ITP score rose from 410 up to 600 points (out of 677) in one and a half year. Proactive participation in the mandatory course called “English Communication (or EC)” and a program called “Cross Cultural College (or CCC, see an additional explanation below at footnote 2)”, and the continuous efforts made in the everyday four-hour commuting time were essential to achieve this improvement on my English abilities.

 

Footnote 2: Cross Cultural College (or CCC); a certificated program provided for students at Kwansei Gakuin University and three Canadian universities including University of Toronto. To obtain this certificate, students must attend a short-term summer/winter program such as “Global Career Seminar”, in which students from Canada and Japan work together to discuss problems that enterprises and organizations have. See more on CCC.

 

The second challenge was to get better academic results at university. I was able to continue working hard mostly because of the motivation that the perspective of studying abroad gave me, and with A LOT of luck and support from my closest circle, I happened to become the top student in my department in the second year although I was only within the top 50 in the first year.

 

How my Behavior Changed (Post-exchange Experience)

 

In terms of some changes on my behavior seen after the exchange program, I would say I became more PROACTIVE and FLEXIBLE to jump into new environments. In Toronto, where I needed to build a social network from zero, I tried harder to meet new people compared to when I was back in Japan. Then I learned that “a connection with even one person will bring me an opportunity to get to know another one”, and I really enjoyed meeting more and more new people and getting to see things from other perspectives and different realities I would not have been able to experience otherwise.

 

Even after the exchange program finished, I have been continuing to make new social connections while tackling new challenges like “making plans for a booth on high school students’ visit day at university”, “learning how to wear a Kimono”, “giving a class to high school students to discuss poverty problems”, and “passing an official Spanish exam called DELE at the B1 level”.

 

I cannot write all the stories about my studying abroad experience here, so please visit my previous posts if you are interested!

Back number

私がカナダで見た、「ホームレス問題」の現状 Homeless Problem in Canada

(Posted on 7/6/2016)

日本の学生の「伸びしろ」とは?社会に求められる、そのチカラ。 Potentials that Japanese Students May Have

(Posted on 4/26/2016)

北米体験記 Winter Trips to New York, Montreal and Quebec

(Posted on 2/16 /2016)

 

【3The New Three Goals and my Future Career

1. Keep trying new things and create a new “world (or environment)” which nobody has ever made.

2.   Find a way to contribute to society

3.  Better time management (no more procrastination)

 

Above all, the first one is my goal in life. I will keep trying new things both for my pastime and my job. At work, I would like to contribute to create new and unique programs and systems. My objective is to become one of the core workers at my working place in three years by using my three strengths: (1) planning abilities to create new ideas, (2) linguistic abilities of English and Spanish (and more to follow in the future), and (3) skills to collect and transmit information using my linguistic skills. Additionally, I will try my best at work in order to get an opportunity to WORK ABROAD.

 

As for the second goal, it is something I regret about my university life. Since I have been concentrated on training myself most of the time at university, from now on I would like to use the skills I got to contribute to society.

 

With these three goals in mind, I will keep on always working hard on whatever I do and live life to the fullest!

 

Messages: Be Different from Others when Challenging and Contributing

 

Finally, I will leave a message to younger students at university….try things that you can do (only) as a university student, and contribute to society in your own personal way!

 

I suppose you will realize this during job hunting, but DIFFERENTIATION from other people is an important thing. Experience a lot of unique things that other people do not, and turn them into your own strengths.

 

                                   

To conclude, I would like to say THANK YOU to all of you who have supported me during my university life. I appreciate all the support you have given me. Thank you so much!

 

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人事政策、能力開発・キャリア開発 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく人事管理業務に携わっており、...

カテゴリー一覧