2016年12月

大学生活の振り返り

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

「大学生活の振り返り」今回は4回生の河野伸亮が担当いたします。

 

入学当初の目標

幼い頃から目標にしていた兄が大学生で1年間アメリカに交換留学をしていたため、兄に近づくことで周りから認めてもらえるのではないかという思い、私も留学を意識し始めました。また、今までは語学研修で「英語」を学びに行っていましたが、大学では「英語」で学びたいという気持ちが芽生えました。そのような思いが、英語の授業が充実している総合政策学部を選びました。

 

大学生活の振り返り

私が大学生活で悔いが残っていることは入学当初の目標であった交換留学に行けなかったことです。しかし交換留学に行けなかったからこそ政策・情報学生交流会という学生団体のベントに参加できたことは自分にとって非常にいい経験になり、変わるきっかけを与えてくれました。政策・情報学生交流会とは3泊4日、全国の学生と議論する合宿型のイベントです。今までの私は人前で発表や話すことをできるだけ避けてきましたが、1つ上の先輩が堂々と人前で話している姿を見て、私も挑戦してみようと気持ちになりました。参加して以降、先ほどのイベントの運営スタッフで開閉会式の司会・進行に挑戦するなど苦手なことへチャレンジできました。交換留学以上のことを経験できたのではないかと私は思っています。

 

後輩に向けてのメッセージ

大学生は本当に多くの自由な時間があります。その時間を是非有効活用してください。卒業が近づくにつれてもっといろんなことにチャレンジしておけばよかったと感じています。悔いのまったくない学生生活を送ることは難しいかもしれませんが、やりたいことは時間がある今のうちにチャレンジしてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

Hello. Thank you very much for reading this blog.

I’m Shinsuke Kono. We have posted about “a look-back of our 4 year university life”. I post it today.

・My goal that I entered university

I was setting my sights on my elder brother from childish time. You may be able to admit from the neighborhood by approaching my elder brother because the elder brother was doing exchange studying abroad in the United States for 1 year by a college student, I think and I have begun to be conscious of studying abroad, too. I went to learn “English” on language study training so far, but the feeling that I’d like to learn by “English” at a university began to grow. Such expectation chose a integrated policy department an English lesson enriches.

 

・Looking back on my schools days

I regret that I could not go to exchange studying in my school life, but I had a great experience that I could participate in a “seisaku joho gakusei koryukai” it’s discuss with students in 4days. Former I was avoiding presentation in front of people, but it was feeling a superior on 1 judged the form that he’s speaking in front of people openly, and in order for me to try. After I participated in this event, I challenged a lot of thing which is I do not like. I think maybe a thing beyond exchange studying abroad could be experienced.

 

・Advice for younger student

I suggest that you should challenge for many things while you’re university. I regret that I had better to do a lot of things. It is difficult to do everything what you want, but you should do. Anyway, you can get many things by doing variety it.

 

 

Thank you for reading.

 

小西研究室のホームページはこちらから↓

http://www.konishi-kg.org/language.html

小西研究室のFacebookはこちらから↓

https://ja-jp.facebook.com/pages/Bridge-for-ChildrenKGU/305080959623563

サークル活動での学び

こんにちは。

いつも小西ゼミのブログをご覧頂きありがとうございます。

今回は小西ゼミ3回生の村上夏希が担当させて頂きます。

今回は私が大学3年間で挑戦してよかったことについて執筆させていただきます。

 

私が3年間で挑戦してよかったと言えることは、ボランティア団体の幹部を務めたことです。私が所属している団体は、フィリピンの女性と子どもを支援している「くじら」という学生ボランティア団体です。この団体には約50名の学生が所属しています。私は幹部としてこの団体の様々な活動に関わってきました。私がなぜ幹部になったかというと、理由は二つあります。一つ目は、くじらが掲げている理念に強く共感したからです。くじらはフィリピンの貧困地域で暮らす女性や子ども達の為に、日本で出来る活動を継続的に行い、一方的な支援ではなく、一緒に同じ目標に向かって歩んでいくという姿勢を大切にしています。私はこの一緒に歩むという姿勢がとても好きで、このサークルでもっと活動していきたいと思えました。二つ目は、くじらに所属しているメンバーが好きだったからです。くじらに所属している人達は、相手を思いやることができ、とても暖かい人達ばかりです。何か一つの企画を運営するにしてもくじらのメンバーは、熱い思いを持って取り組み、ダメな部分は指摘しあい、補い合える人達だと思います。そんなメンバーと一緒にこれからも活動していきたい、そしてこの団体に入って良かったと思ってもらえるような素敵な団体にしていきたいと思えました。

 

私が幹部として活動していく中で、一番難しいなと感じたことは、自分の想いを上手く伝えることです。一つのサークルには、様々な価値観を持った人達が沢山所属しています。くじらに対する優先順位やこれからくじらに関われる時間などが違うので、当然ですが一人一人の活動に対する想いも違ってきます。その中で、私は幹部の一人として、この団体が大切にしている理念や活動の目的を、皆に示していく必要がありました。初めは失敗ばかりで、自分が伝えたいことを上手く伝えることが出来ず、自信を無くしていました。しかし、活動を通じて、様々な価値観の人がいるからこそ、その人との関わりの中で新たな発見があったり、自分の視野を広げるきっかけになったりするという事に気付くことが出来ました。自分の気持ちを伝えるという事はとても難しいことですが、難しいからと言って諦めるのではなく、様々な人がいるからこそ、どうしたらうまく伝わるのかを常に考え、試行錯誤していく姿勢が大切だと思います。そうしたら、きっと自分の想いは相手に伝わりますし、そこから相手の行動に繋がったり、相手の気持ちを聞くことが出来るようになるんだと思います。自分の想いを伝える際は、その言葉一つでも、人の数だけ捉え方も感じ方も違うんだという事を心に留めて、言葉を選ぶことを心がけるようになりました。

 

くじらでの経験は私にとってかけがえのないものですし、本当にくじらに所属して良かったと胸を張って言えます。これからも、この経験をくじらとはまた違った場所で、活かしていけたらいいなと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

小西研究室のホームページはこちらから↓

http://www.konishi-kg.org/language.html

 

Hello.

Thank you for reading our blog.

I’m Natsuki Murakami, 3rd year of Konishi seminar.

Today, I would like to write about one of the challenges which was the best for me in my university life.

 

One thing I have tried the best in my university life was serving as an executive of a volunteer organization. I belong to an international volunteer organization called “KUJIRA”. It help women and children living in poverty-stricken areas of the Philippines. Approximately 50 students belong to this group. I have been involved in various activities of this group as executive. There are two reasons I came to the executive. The first reason is because I sympathized strongly with the philosophy that the KUJIRA have held. This group is continuously doing possible activities in Japan for women and children living in poor areas of the Philippines. In addition, we value the attitude of walking toward the same goal together, not one-sided assistance. I like the attitude of walking together and I wanted to work more with this group. The second reason is because I liked the members who belong to the KUJIRA. People belong to this group are able to consider their opponents and very warm people. Even if we manage one project, the members of the KUJIRA are those who can work with a hot feeling, pointing out bad parts and complementing each other. I wanted to work with such members in the future and I wanted to make it a wonderful organization that everyone can think that it was good to join this group.

 

What I felt the most difficult while I was working as an executive was to express my feelings well. One organization belongs to a lot of people with various values. Since the priorities for organizations and the time to be involved are different, naturally the feelings for each person’s activities will differ. Among them, as one of the executives, I needed to show everyone the ideals that this group values and the purpose of the activities. At the beginning only failed, I couldn’t convey what I wanted to convey well and I lost confidence. However, through the activities of this group, people have various values, so I realized that there is a new discovery in the relationship with that person and it will be an opportunity to broaden my horizons. It is very difficult to tell my feelings. However, I think that it is important not to give up just because it is difficult but to take a trial and error approach while constantly thinking about how to convey it well. In that case, I’m sure that my feelings will be conveyed to the other person, and I think that it will be able to lead to the other’s actions and to hear the real feelings of the opponent. When telling my feelings, I began to try to select words by keeping in mind that the way of capturing and feeling are different for just the number of people.

 

Experience with the KUJIRA was irreplaceable to me, and I can say that I was really glad to belong to this group. I hope I can make use of this experience in a different place from KUJIRA.

 

Thank you for reading.

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2016/12/27 1:50

大学生活を振り返って

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

「大学生活の振り返り」今回の担当は4回生の北山智彩子です。

入学当初の目標、大学生活を振り返り、今後の課題と目標、そして後輩に向けてメッセージを送りたいと思います。

 

1. 入学当初の目標

私は2年間短期大学に通い、卒業した後関西学院大学に編入をしました。短期大学当初の目標は、英語力を日常会話レベルまで上げる事でした。短期大学での毎日は殆どの授業が英語で行われ、課題も多く、毎日英語に触れている生活で卒業する時には目標の日常会話レベルまで達することが出来ました。2回生の時に短期大学で学んだ事をさらに深く学びたいと思い、調べるうちに関西学院大学の総合政策学部が合っていると思い、編入しました。編入当初の目標は短期大学で学んだ事をさらに深く学ぶ事でした。この2年間で受けた授業の内容を思い出すとどれも短期大学での学びの延長線上なので、目標は達成できたと思います。

 

2. 大学生活を振り返って

自分自身で設定した目標は達成できたと思う一方で悔いが残っていることもあります。それは「大学生ならではの充実」があまり得られなかったことです。短期大学でも関西学院大学でも毎日が目まぐるしく過ぎていき、大学行事等に積極的に参加できませんでした。もしもう少し時間があれば大学生にしかできない事をもっと楽しめばよかったと思います。

 

3. 今後の課題と卒業後の目標

今後の課題は「周りの人を大事にする」ということです。この4年間多くの人と出会い、笑いあったり時には泣いたり、困った時には助けてもらい、相手が困っていたら手を差し伸べ、また関係が深くなるというのを繰り返してきました。人から学んだ事も多く、それは勉強からは学べない事です。自分を大事にしてくれる人には常に恩返しをする気持ちを忘れないでおこうと思います。

卒業後の目標は、就職先で自分らしさを忘れず最大限の力を発揮するという事です。縁があって幸運にも希望する仕事に就けるので、何があっても屈せず仕事に誇りを持って取り組みたいです。

 

4. 後輩に向けて

大学生活は本当にあっという間です。中学生高校生の時のように毎日時間に縛られることがない分、自分で考え行動を起こしていかないと時間だけが過ぎていきます。色んな事を経験して学び、それを吸収できるのも大学生ならではだと思うので卒業時に後悔しないように残りの大学生活を過ごしてみてください。

 

これで私の大学生活の振り返りを締め括らせていただきます。

 

小西研究室のホームページはこちらから↓

http://www.konishi-kg.org/language.html

小西研究室のFacebookはこちらから↓

https://ja-jp.facebook.com/pages/Bridge-for-ChildrenKGU/305080959623563

 

 

 

Hello, everyone.

Thank you for reading our blog.

I’m Chisako Kitayama, senior of Kwansei Gakuin University.

We have posted about “a look-back of our 4 year university life”. I post it today.

 

1.    My goals that I had when entered the University

I went to two-year college, and after graduated I transferred into the third year of Kwansei Gakuin University (KG). I set a goal of improving my English level. I guess I achieved my goal because I used English every single day while I took the classes so I always talked to my teachers and friends in English. When I was sophomore student, I really wanted to study deeply so I looked for a new university that suit my opinion. Finally I found Policy Studies at KG and I was able to transfer. I set a goal of studying many things that I studied at college deeply. I guess I achieved my goal again because I took many kinds of classes and I studied deeply through them.

 

2.    Looking back on my schools days

I feel regret for my schools days a little because I didn’t get “special full life”. My school life was changing rapidly so I couldn’t join many events. I wish I would enjoyed many school events.

 

3.    New thing that I try next, future goal

I really want to cherish my friends more than before. I always feel “every meeting ends in parting”. I had many chance to meet many people, there were a lot of pleasure and laughing sometimes crying. They supported me when I had trouble. I strengthened my relationship with them through the days. I’ll never forget “return a favor”.

My future goal is “I’ll do my best, but don’t forget my individuality”. I’m a lucky person because I can get a job which I really want to do, so I promise I’ll not give in to any kind of things.

 

4.    Message to younger students

School life is over all too soon especially campus life. You have a lot of time to do so please put an idea into action and acquire new experience. Please don’t regret when you graduate from KG.

 

Thank you so much for reading this post.

Homepage
http://www.konishi-kg.org/language.html

Facebook
https://ja-jp.facebook.com/pages/Bridge-for-ChildrenKGU/305080959623563

私の大切な経験

こんにちは。いつも小西ゼミのブログを読んでいただきありがとうございます。

小西ゼミ3回生の中西 美南海です。今回は私が大学生活で経験してよかったと思うことについて話させていただきます。

私が大学生活の中で経験してよかったと思うことは、2回生の夏休みに1ヶ月間一人でイギリスに行ったことです。この旅の目的は、語学学校に通って英語を学ぶというわけではなく、高校生の時にお世話になったホストファミリーや友達に会いに行くことでした。3年ぶりに降り立ったイギリスの地は、当時17歳だった頃の私の記憶をそのまま蘇らせました。ロンドンからボーンマスという私が昔滞在していた場所へ向かうバスの中から見る景色は、当時バスに乗っていた時に抱えていたたくさんの感情を思い出させ、今の自分の心情の変化と重ね合わせながら、故郷へと向かいました。駅に着くとホストファザーが迎えに来てくれていました。ホストファザーを見た瞬間、懐かしさからホッとして涙が込み上げました。家に着くとホストマザーや娘さん家族も温かく迎えてくれました。本当の家族のように接してくれていたホストファミリーは何年経っても同じように良くしてくれました。昔は、文化の違いにとても戸惑い環境に慣れるのに時間がかかりました。ホストファザーと何度も喧嘩してぶつかって大変なことも多かったですが、今振り返るとお互いを受け入れるためにまっすぐぶつかっていたのだなと思います。そのおかげで今では時間が経っても心が通じ合える本当の家族のような存在になれたと再確認できました。

久しぶりに会う友達とは、昔よく行っていた場所で当時の思い出をひたすら語り合いました。あの頃友達と過ごした時間は私の人生の中でも本当に楽しくて充実していた時間のうちの一つでした。こんな風にいろんな国の人と友達になって、数年後当時の話に花を咲かせることができる日がくるなんて思いもしていませんでした。今でもお互いのことを尊重しつつ、何でも話し合える関係性でいれることに喜びを感じ、この瞬間、どんなに離れていても文化が違っても、本当に国籍を越えて通じ合うことができるのだと身に持って感じることができました。これは私が一番求めていたものでした。当時や、帰国後、本当にイギリスに行ってよかったのか、自分にとってプラスになっていたのかと悩んでいた時期がありました。辛いことやしんどいことの方が正直多かったです。この経験は自分にとって正解だったのか分からなかったです。

しかし、今回の旅が気付かせてくれました。このように数年後に改めて訪れ、一つ一つ再確認したことにより、当時の経験、出来事や感情が本当により良いものとして完成されたのではないかと感じます。3年間のうちに自分自身成長した部分もあり、この地で新たに感じる思いや発見もたくさんありました。また、帰ってこなかったら気付くことのできなかった感情や人の温かさに触れることができたことで、自分自身新たに成長できたと感じました。この旅はこれからの人生を歩む上で大切にすべき軸となるものを再確認することができた重要な時間であったと思います。
皆さんも自分がこれまでにやってきたことが本当に正しかったのか、答えは何だったのか、不安になることもあると思います。しかし、そういう時にこそ再確認すること、つまり原点に戻ることが不安を取り除き、芯となるものを見つめ直すいい機会になると思います。自分の中で本当に大切なものを再確認し、これからの人生の選択を一つずつ乗り越えていってほしいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

小西研究室ホームページ
http://kg-sps.jp/blogs/konishi/?p=3084&preview=true

——————————————————————————————————————-

Hello. Thank you for reading our blog. I am Minami Nakanishi, third of Konishi seminar student. In this blog, I am going to talk about my valuable experience in my university life.
My valuable experience in my university life is the trip to England for a month on my own. The purpose of this trip was not for studying English in language school, but for seeing my host family and friends again who were care about me when I was a high school student. England made me remember my memories when I was 17 years old. The landscape of the way of Bournemouth where I used to live made me get back my feelings then and I compared with my real feelings. My host father came to pick me up at the station. When I saw him, I could not hold back the tears. When I got home, host mother and her daughter’s family warmly welcomed me too. They treated me as a real member of their family like before. Three years ago, I struggled with new environment of different cultures. I used to have a quarrel with host father many times, but I realized now that we tried to understand each other. Because of this, I reaffirmed that we could be a real family with all our heart.
I talked a lot with my old friend in the place where we used to go. The past time when we spent together was the one of my best memories in my life. I never thought before that I could spend a day in the future like talking about our memories with my friend in England. I am so glad to be their friends as respecting each other and talking about anything. In this moment, I felt that we could get each other beyond nationality even if we had different cultures. This was the most I wanted. When I was 17, I wondered that this experience would be plus or not for me. There were many difficulties and sufferings. I did not know what was the right answer then. However, this trip made me aware the important things. Coming back to England and reaffirming made that experience and feelings to be perfect. I could improve myself little bit in three years and I got new feelings in this trip. This trip was valuable time to make sure what my axis in my life is.
Maybe you would struggle with what the real answer of your life is. In the situation of like this, you should reaffirm your experience carefully and find your axis. I hope that you will overcome the difficulties of your life and make sure what the important thing is.
Thank you for reading.

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2016/12/19 1:58

大学4年間の振り返りと将来に向けて My Four years at University and Future Goals  

こんにちは。いつも小西ゼミブログをご覧いただきありがとうございます。

前回に引き続き、「小西ゼミ4年生による大学生活の振り返り」をお届けしたいと思います。今回は、福井伽奈が担当させていただきます。

よろしくお願いいたします。

 

私の大学生活を以下の内容と共に振り返っていきたいと思います。

 

<目次>

1.総合政策学部を選んだ理由

2.入学時の目標

3.大学4年間で挑戦したこと・成し遂げたこと・学び

4.大学生活を振り返って悔いが残っていること

5.自身の今後の課題

6.卒業後の目標や夢

7.後輩に向けてー私も大切にしていきたいと思っていることー

 

1.【総合政策学部を選んだ理由】

「英語が使えるようになり、自分とは異なった文化を持つ人のことをもっと知りたい」という目標を持ったのは、高校2年生で参加したオーストラリアでのホームステイがきっかけでした。2週間弱という短い期間でしたが、様々なバックグラウンドや文化を持つ人が共に生きているオーストラリアでの生活は、私にとってはとても新鮮でした。私のホストファミリーも中華系の移民で、家の外では英語、家では中国語という生活が当たり前なのだと知り、そんな風にグローバルに生きている人もいるのだと衝撃的だったことを覚えています。また、授業に対する積極性の違いなどを身を持って知る中で、自分の知らない世界を知ることの楽しさ、自分の目で見て、体験してみることの大切さを感じました。この高校時代の経験から、大学では多様な分野を学ぶことにより、普段何気なく暮らしている日常を、社会を様々な視点から見てみたい、知らない世界を知りたいと考えるようになりました。この「多様な分野を学ぶこと」という軸に「海外を意識した学びが常に出来ること」という軸を加えた私の思いを実現できるのは、関西学院大学(以下関学)総合政策学部だと思い、入学しました。

 

2.【入学時の目標】

以上のような思いと共に入学した私の当初の目標は、

1.交換留学に挑戦し、異文化に身を置くこと

2.出来る限り様々な分野の授業を履修すること

3.学業を怠らず、毎年関学の奨学金をいただけるよう努力すること

4.総合政策学部・他学部・他大学・社会人など多くの人に出会い、話すこと

 

これらの目標を達成するために、自分にとって難しいと思えることにも挑戦することを心がけた4年間だったと思います。

 

3.【大学4年間で挑戦したこと・成し遂げたこと・学び】

<学業面>総合政策学部の多様な学びが可能という強みを活かし、法律・哲学・歴史・国際政治、都市政策・異文化コミュニケーション・メディア・経営など様々な授業を履修しました。全学部を対象とした授業や英語で開講されている授業も積極的に履修し、様々な学部で学ぶ友人に出会いました。そのような中で、異なった知識や価値観を持つ人たちから学び、知らなかったことを知る楽しさを改めて強く感じました。このような経験から磨きがかかった好奇心は、これからも自分をおもしろい人間にしていくために、人生を豊かにしていくために、大切にしていきたいと思います。また、学内成績TOP10入りや毎年いただけた奨学金という形で、結果を残せたことも「やるべきことをしっかりと積み重ねることが出来た結果」だと思い、自信に繋がっています。さらに、入学当初からの目標であった交換留学にも挑戦しました。1年間タイの大学で交換留学をさせていただき、世界中から集まった仲間と共に学ぶという貴重な体験をしました。日本での当たり前は、タイでは当たり前ではなく、日常生活で戸惑うこともありました。授業ではうまく自分の意見が伝えられず壁にぶつかることもありましたが、違いを楽しみながら、自分についても理解を深めることが出来た留学生活は私にとって宝物です。

global fashionshow

(Global Fashion Show in Assumption University)

 

タイ留学

(Friends form UK, Nepal and Cambodia)

 

<学業面以外>

学生団体アイセック*に入ったことで、私の世界は大きく広がりました。幼稚園の先生方やIT会社の方、他大学の学生、日本でのインターンシップに挑戦する海外学生など普段の生活では出会う事のない様々な経験やバックグラウンドを持つ人に出会い、多くの生き方を知りました。

(アイセックとは・・・126の国と地域で活動する世界最大級の学生組織で、海外インターンシップ事業運営などを行う

http://www.aiesec.jp/

 

noemiさん

(Internship Student from Poland)

 

特に、アイセックのOBの方からの繋がりで参加させていただいたグローバルシェイパーズキャンプ*では社会の課題に対して、本気でアクションを起こし、その人だからこそというアプローチをされている社会人の方々や自分の夢の為に人とは違った生き方をしている同世代の人たちに出会いました。また、タイ留学中には関学OBバンコク支部の方々にお世話になり、タイで起業した先輩方やタイの会社に転職した先輩方に出会いました。その中で、「私の持っている選択肢ってなんて少なかったのだろう」と思い知らされました。私は、これまでいける高校に進学し、当たり前のように日本の大学に入学し、4年間で卒業し、就職するという“普通のレールに乗っかった人生”を送っていたのだなと気づかされました。もちろんそれが悪いというわけではなく、いつでも様々な選択肢があるのだということに気づけたことが私にとっては、大きな成長でした。この経験から「他人と違っていることを恐れず、自分の可能性を自分でつぶしてしまわないよう、あらゆる選択肢を考えてみる」ことの大切さを学びました。この学びを、何かに挑戦するとき、壁にぶつかったときなど、あらゆる人生の場面で大切にしていきたいと思います。

(グローバルシェイパーズキャンプとは・・・世界経済フォーラム(通称ダボス会議)によって形成された、次世代の若きリーダーたちのコミュニティーであるグローバルシェイパーの方々と、進路や人生選択について考えるキャンプ

http://globalshapersosaka.org/camp2014.html

 

4.【大学生活を振り返って悔いが残っていること】

大学生活で悔いが残っていることを挙げるとするならば、先生方にもっと積極的にアプローチすべきだったということです。総合政策学部には、ありとあらゆる分野の専門家であり、世界を舞台に多くの経験を積まれた先生方が多くいらっしゃいます。そのような先生方は知識の宝庫です。しかし、私は授業の質問ではないし、お忙しいかもしれないと考え、様々な知識と経験を持つ先生方に自らアプローチし、お話することは、あまりありませんでした。本当にもったいないことをしたと悔いが残っていることです。もちろん、先生方に積極的に話しかけることは、緊張もするだろうし、勇気もいると思います。しかし、そのような場合には、毎週水曜日にアカデミックコモンズで開催されているCrescent Hour*に参加し、より近くでお話できる機会に飛び込むなど方法は色々とあったのではないかと思います。

 

(Crescent Hourとは・・・毎週水曜お昼休みに、先生や職員、学生が「難しい話は一切無し」のルールで、昼食を食べながら語り合うイベント

http://www.kwansei.ac.jp/kgac/kgac_m_001415.html )

 

 

5.【自身の今後の課題】

「優先順位をつけて物事に取り組めるようになること」が今後の大きな課題です。大学生活4年間で、これまで述べてきたように大学内外、海外でも様々な挑戦をしてきました。しかし、あまりにも様々なことに手を出しすぎてしまい、全てが中途半端な結果になり、周りにも迷惑をかけたことがあります。社会人になれば、私一人で動くことよりも、周りの人と協働していく機会がとても多くなると思います。優先順位がつけられず、中途半端な仕事をすることは許されません。組織の一員になるという意識のもと、今すべきことを見極め、自分の出した優先順位を理由と共に周りに伝えられるよう訓練していきたいと思います。

 

6.【卒業後の目標や夢】

<新たな出会いを大切に、繋がった人との関係を大切に>

様々な考えや経験を持つ人と出会うことは、常に人生に刺激を与えてくれると思います。大学4年間で私は多くの人に出会い、これまで考えもしなかったようなことにも気づかせていただきました。社会人になっても、好奇心を大切に、社内に限らず、色々な機会に飛び込み、多くの人に出会いたいと思います。そして、出会った方々とのご縁を大切に、信頼関係を築いていきたいと思います。様々な人々との出会いが人生をより楽しいものにしてくれると信じています。

 

<自身のキャリア・プライベートどちらも大切にする>

春からは人事部での仕事が決まっています。共に働く方々から信頼を得られるよう、第一歩として、社会保険労務士の資格に挑戦したいと考えています。当たり前のことをしっかりと積み重ね、社内外で信頼関係を築いていきたいと思います。その信頼関係の上で、常に成長を意識して、少し難しいと思うようなことにも挑戦していきたいと思います。

また、家族や友人との関係も大切にしていきたいと思います。私の留学先であったタイは、家族との繋がりを非常に大切にする国でした。タイの友人を見ていると、いつも信頼し合い、支え合える家族や友人がいることがどれほど幸せなことか改めて気づくことが出来ました。私も家族や友人に感謝の気持ちを忘れず、素敵な関係を築き続けたいと思います。

 

 

7.【後輩に向けてー私も大切にしていきたいと思っていることー】

 

<一つ一つの決断に理由を持つこと>

これは私もまだまだ出来ておらず、意識しなければいけないことです。4年間は長いようで本当にあっという間でした。だからこそ、出来る限り“なんとなく”という決断を減らし、自分なりに意味を見つけて、新たなことに挑戦してみたり、一つのことを継続したりすることが大切だと思います。もちろん“なんとなく”で行動してしまうこともあると思います。しかし、何か決断をしたときに一度立ち止まって、なぜ自分はその選択をしたのか、なぜ自分はそのように行動することにしたのかを考えてみてください。そうすれば、自分が考えていた結果や成果が得られなかったとしても、その過程で得られるものがあるかもしれません。私も、一つ一つの決断に理由を持つことを心がけたいと思います。

 

 

<様々な選択肢を考えてみること>

私は大学生活4年間で「人生には多くの選択肢がある」ということを学びました。総合政策学部にも、本当に様々な人がいます。学生でありながら起業した人、休学してアフリカに行った人、自分で仲間を見つけサークルを作った人。もっともっと色々なことに挑戦した人がいると思います。総合政策学部のおもしろいところは、自分にはなかった選択肢に挑戦している仲間が大勢いるということです。私も、周りとは少し違っていても、固定観念にとらわれず、様々な選択肢を持てる人になりたいと思います。

 

 

<人との繋がりを広げていくこと>

これまで述べてきたように、多くの人に出会う事によって起きる“いいこと”はとても多いと思います。だからこそ、みなさんにも様々な人に出会ってほしいと思います。

人との繋がりを広げていくコツのひとつは、今自分が興味を持っていることや将来のことについて、色々な人に話をしてみることだと思います。私も、知り合いの方に興味を持っていることを話していたら、その分野で活躍されている方を紹介していただいたり、インターンシップの機会をいただいたりと、新たな出会いの機会を多くいただきました。また、周りの人に紹介できる人がいれば、人と人を繋げる側になってみることも大切だと思います。

 

最後になりましたが、私の4年間に様々な形で関わってくださった友人・先生方・家族・出会う事のできた全ての方に感謝しています。本当にありがとうございました。

 

長くなりましたが、これで私の大学生活4年間の振り返りを終わらせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

次回もお楽しみに。

 

小西研究室のホームページはこちらから↓

http://www.konishi-kg.org/language.html

 

小西研究室のFacebookはこちらから↓

https://ja-jp.facebook.com/pages/Bridge-for-ChildrenKGU/305080959623563

 

Hello. Thank you very much for visiting our blog.

This is Kana Fukui, a senior member of Prof. Konishi’s seminar class.

Today I’d like to share my 4 years at Kwansei Gakunin University with you.

 

 

<OUTLINE>

1.The reason why I chose to study “School of Policy Studies”

  1. My goals that I had when entered the University
  2. The experiences which have improved me in 4 years
  3. One thing that I should have tried in 4 years
  4. New thing that I try next
  5. Future Goal
  6. Message to younger students

 

1.【The reason why I chose to study “School of Policy Studies”】

Since I visited Australia where various people who have different background and culture live together when I was a second year student of high school, I have had one goal which I can speak English and know different culture with mine.

My visiting Australia was just for 2 weeks, but it showed me different world from Japan. My host family were Chinese immigrants, and they spoke English outside the house and Chinese at the house. I was surprised because I had never seen such global family. And also I was surprised with student’s active attitude in a class room. With this visiting Australia, I realized that how fun I can know new things and new world through seeing by my eyes and experiencing by myself. Since I realized that, I had thought I want to study various fields with global perspective in the university. Finally I found “School of Policy Studies” and I was sure that I can achieve my goal in “School of Policy Studies” of Kwansei Gakuin University (KGU).

 

2.【My goals that I had when entered the University】

 

  1. Try exchange program and live in different culture from Japan
  2. Study from various fields as much as I can
  3. Keep making efforts for studying and get a scholarship
  4. Meet many people in “School of Policy Studies”, outside “School of Policy Studies”, outside KGU

 

To achieve these goals, I tried many challenging things in my 4 years at the university.

 

3.【The experiences which have improved me in 4 years】

<Studies>I have studies many fields, such as a law, philosophy, history, global politics, city planning, media literacy, and business management. Moreover, I studied in classes for all students, not only for “School of Policy Studies” students and met many new friends who have various major studies. By meeting new fiends and doing group working together, I discovered that how fun I can get new knowledge form people who have many kind of knowledge and values. I’m sure that this curiosity make my life more fun and wonderful.

And also having been gotten the scholarship from the university for 4 years and listed on top 10 students in “School of Policy Studies” give me confidence, because it can be the result of keeping to make efforts on studying. In addition, I tried studying in Thailand as an exchange student for 1 year. Of course, I got shocked with differences of life style between Thailand and Japan and also I had problem which I can’t tell my opinion in the class because of luck of my English skill. However experience of studying with friends from all over the world and knowing my self is my treasure.

 

<Other>

Joining NPO AIESEC* have widen my world. Through programs of AIESEC, I cooperated with many people who I can’t meet in “School of Policy Studies”, such as kindergarten teachers, a president of an IT company, students form other universities, and foreign students joining internship in Japan. With meeting many people, I knew that there are various way to make our life.

(NPO AIESEC: Global Organization which have branches in 126 countries and offer global internship opportunities to students.

http://www.aiesec.jp/

 

In Global Shapers Camp*, I met people who are taking actions to solve social problems with their own way and also young people who are almost same age with me and already chose own life style to achieve their future goals. And in Thailand, I met many seniors who are graduated from KGU and set up a business or join Thai companies. By meeting them, I discover that I have chosen normal life, like studying in Japanese high school and university, graduating from university in 4 years, and starting to work. That is not bad, but it was important for me to know that we have many choices how to make my own life.

So now I try to think of many choices when I have any problem or try new things without being afraid that I choose different choice form others.

(Global Shapers Camp: a camp which young people can think about their future with Global Shapers selected in World Economic Forum

http://globalshapersosaka.org/camp2014.html

 

4.【One thing that I should have tried in 4 years】

I should have talked with Professors more. In “School of Policy Studies”, there are many kind of specialists who have experience of working not only in Japan, also abroad. They have so much knowledge and rich experience. But I could not approach to them to talk, because I thought professors might be busy. I know I need have courage to talk to professors. However using opportunity of Crescent Hour*, which be held in Academic Commons, might make it easy to talk to Professors.

 

(Crescent Hour: an event which be held every Wednesday and students can talk with Professors or staff of university with having lunch

http://www.kwansei.ac.jp/kgac/kgac_m_001415.html )

 

 

5.【New thing that I try next】

I’d like to try to get skill making priority on my actions. In my 4 years, I tried really many things inside and outside university, and abroad too. However I made people around me be in trouble, because I was doing too much things and couldn’t do everything perfect. After start working in a company, I need cooperate with other workers more than students. Therefore I need train myself to make priority on my all actions.

 

6.【Future Goal】

<Meet many people and keep good relationship with them >

Meeting people who have various ideas and experiences always makes our life wonderful.

In my university life, people who I met have given new ideas I never thought.

After graduation from the university, I will try to join many kind of opportunities and meet various people not only inside the company, but also outside the company. And I will try to keep good relationship with them as well.

 

<Try my best to both my career and private life >

From next March, I will work in Talent Management position. I will try to get one qualification for first step to be professional of Talent Management and get trust from workers in the company. I will try to do what I should do perfectly and make good relationship with bosses and colleague. And I will keep trying challenging things and improving myself.

Also I would like to spend much time with my family and friends. In Thailand, people think that good relationship with family is treasure to them. By living in Thailand, I realized that how much happy that we have good family and friends, support and believe each other. I will never forget thank my family and friends.

 

 

7.【Message to younger students】

 

<Have reason to your every decision>

I also can’t have reason to my every decision yet. 4 years sounds long, but not. So I think we should have reasons to our each decision as much as we can. By doing that, even we can’t get satisfied result or success, we could learn from process.

 

 

<Think of and have various choices>

I learned that there are many choices in our life. In “School of Policy Studies”, there are many students who have unique experience, such as setting up a business, doing internship in Africa, and making new club. I think one of strength of “School of Policy Studies” is that we can meet various people who tried unique choices. I also would like to have many choices without a fixed idea.

 

 

<Make new friends>

One good way to meet many people is talking to your friends or acquaintances about your interest or your future goals. I also got a chance to know people who have rich experience in my interested field and join internship because I talked about my interest to my acquaintances. And also it is important to introduce your friends or acquaintances to help other friends and acquaintances.

 

Lastly I’d like to say thank you to my friends, professors, family and all people who supported my university life.

 

Thank you so much for reading this post.

Don’t miss next blog as well.

 

Homepage
http://www.konishi-kg.org/language.html

Facebook
https://ja-jp.facebook.com/pages/Bridge-for-ChildrenKGU/305080959623563

 

千里高校 国際理解教育

こんにちは。

小西ゼミ3回の巖本敏熙です。

千里高校でBridge for Children, KGUの国際理解教育をさせていただいた活動報告をさせていただきます。

 

実施場所:千里高等学校

実施日:2016年11月10日(木)

実施者:巖本敏熙 矢野可南子

担当者:田辺恵美 様

 

実施内容

 

目的:国際的視野を広げてもらう。

→多様な国を紹介した上でフィリピンの現状を語り、貧困について考える機会を作る。

 

当日の流れ

1.多様な国々をイメージと現状とともに紹介

アメリカ、フランス、カンボジアの日本人が抱きがちなイメージと現状を説明した

2.フィリピンの基本情報

人口、面積、その他情報とフィリピンが抱えている問題を説明した

3.社会問題から見る途上国

フィリピンをベースに貧困問題を貧富の差、ゴミ山、ストリートチルドレンの

三つに分けて説明した

4.フィールドワークを通して感じた事

フィールドワークで感じたことを個人的な感想を踏まえて伝えた

5.日本にいる私たちができる事

日本にいても現地の人々にできるアプローチを示した

6.みなさんに伝えたい事

まとめとして聞いてくださった方々にこれから大切にしてほしいことと

伝えたいことを話した

 

基本的に一方的な講義型で、スライドを使って行った。

クイズや問いかけで高校生の参加を促しながら実施した。

 

 

千里高校報告書 アンケート結果

 

  • 今回の国際理解教育に参加してよかったと思いますか

 

非常に良かった 47%

良かった 49%

普通 4%

あまり良くなかった 0%

良くなかった0%

 

 

【理由】

・聞いたことはあったけど、ちゃんと知らなかった貧困の現状について詳しく知ることができたから。

・普通に生活していたら知ることの無い、フィリピンの現状を見ることができたから。

・自分のイメージとは全く違う現実なのだと実感できた。フィリピンは南国的な感じで治安はいい方だと思っていたが、話を聞いて一部分でしかないことが分かり、もっと現実が知りたくなった。

・国際のことについては、あまり興味がなかったのですが、今回のお話を聞いてもっと知りたいと思えるようになったから。

・当たり前と思っている生活が、他の国や地域では違うということが分かったから。

・自分の知らない情報を知ることができたから。また、ほかの国についてもっと知ってみたいと思ったし、最初におっしゃっていたように視野が広がったから。

 

  • 最も印象に残ったのはどのテーマですか(複数回答可)

 

世界の様々な国の紹介9%

社会問題から見る途上国21%

フィリピンでの体験談65%

皆さんへのメッセージ5%

 

【理由】

  • 世界の様々な国の紹介

・自分が思っているイメージと現実とのギャップに驚いたから。

・思っていたよりもマイナスなところがあったりしたので、自分のイメージだけで判断するのはよくないと思った。

  • 社会問題から見るフィリピン

・貧富の差が自分の思っている以上にかなり広がっていたこと。フィリピンの貧富の差を均等にならしていくのは、かなりの時間や多くの人の働きかけが必要だと感じたこと。

・いかに自分が恵まれた毎日を送っているか、どれだけ貧困地域の人が厳しい環境におかれているのかがとてもテンポ良く。分かりやすく説明していたから。

  • フィリピンでの経験談

・自分だけでも誰かを幸せにできるかもしれないと思ったから。

・大人たちが子供に対してどう思っているのか、どう感じているのか、そう考えるといらだちを感じた。でも、その大人たちも同じように育ったというのなら、誰を責めればいいのかなど、世界は残酷だと感じたから。

・フィリピンには、学校にも行けず、靴も履かずに過ごし、食べ物も1日1食だけという生活を送っている子どもたちがいるということを知れたから。また、生きていくために犯罪をしたりするなど、凄く大変な暮らしをしていて、いつも危険と隣り合わせなんだと思ったから。

  • 皆さんへのメッセージ

・自分も力になりたいと思ったから

・興味を持ったことは先入観から行動しないのではなく、行動して、自分の知識にして将来に活かそうと思ったから。

 

  • 改善点や要望

・貧困地域に住む子供たちの実態をもう少し詳しく知りたかった。問題に対して、どのように対応しているのか知りたかった。

・ビデオが印象的でよかった。

・BFCの活動内容や、フィールドワークの映像が見たかった。

・一つの課題についてもう少し踏み込んで話を広げてほしかった。

・フィリピンだけでなく、他の国の問題点も取り上げてほしいなと思った。

・今日の講演で私も一歩ずつ踏み出していこうと思えました。

 

活動を通して

今回、高校生の国際的視野を広げる目的で国際理解教育をさせていただいたが、私たちにとっても、自分たちが行っている活動の理由と細かい現状を改めて見直す機会になった。また、高校生に書いていただいたアンケートにもあるように、他の国についてももっと踏み込んでみてもいいのではないかと思った。私は今後新メンバー募集によるBFCの更なる成長でその部分の強化ができると期待している。高校生からいただいた意見は大切に今後のBFC発展のための糧としていきたいと思う。そして今回の国際理解養育が高校生にとってこれから広がる彼らの未来に良い影響を与えられていれば幸いである。

巖本

 

 

 

A report of the education of international understanding

at Senri high school

 

Toshiki Iwamoto, Kanako Yano

Venue: Senri high school

Time: November, 10, 2016

Execution members: Toshiki Iwamoto, Kanako Yano

Person in charge: Ms. Emi Tanabe

 

Execution contents

 

The central purpose: Letting students broaden their international outlook.

→We introduced various countries, explained about the Philippines and made chance of thinking about poverty.

 

The course of class

  1. Introducing Japanese images and realities of various countries.
  2. Explanation of Philippine basic information.
  3. Developing countries from social problems.
  4. Feeling from fieldwork in the Philippines.
  5. The things we can do in Japan.
  6. The things we want to tell.

 

The results of a questionnaire in Senri high school students.

 

  1. Do you think you are satisfied about today?

 

Extremely satisfied 47%

Moderately satisfied 49%

Neither 4%

Moderately dissatisfied 0%

Extremely dissatisfied 0%

  1. Which topics impressed you most?

 

Introducing Japanese images and realities of various countries. 9%

Developing countries from social problems. 21%

Feeling from fieldwork in the Philippines. 65%

The things we want to tell. 5%

 

 

From the activity…

Today, we carried out the education of international understanding for high school students’ international outlook but it was also a good chance of checking the reason of our activities for us.

I strongly believe that opinions from high school students are useful to develop activities of BFC.

Finally, I’m grad if today’s the education of international understanding gives their future a good effect.

Toshiki Iwamoto

 

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2016/12/13 17:57

プール学院高校 国際理解教育

こんにちは。

いつも小西ゼミのブログを読んでいただき、ありがとうございます。

小西ゼミ3年生の上嶋真子です。

今回のブログでは、Bridge for Children, KGUの国際理解教育の活動報告をさせていただこうと思います。

今回は、2016年11月28日に行いました、プール学院高校での国際理解教育について報告させていただきます。

学生に、フィリピンの現状を知ってもらう、また興味をもっていただくきっかけにしてもらおうと、私たちは今回の講演を行いました。

 

・対象

プール学院高校 全生徒

 

・講演内容

1. フィリピンフィールドワークのご報告

2. ストリートチルドレンの子どもたちとゴミ山の子どもたちについて

3. Bridge for Children, KGU の活動

 

今回は礼拝のお時間の中の10分間をいただき、私たちがフィールドワークで行ったことや、現地の子どもたちについてお話しさせていただきました。講義形式で、フィリピンフィールドワークをまとめたショートムービーを交えながら講演を行わせていただきました。

 

非常に短い時間の講演でしたが、学生の皆様は最後まで真剣な表情で私たちの話を聞いてくださったので、フィリピンの貧困の現状について少しでも知ってもらえたと思います。学校でのこれからの学びに、是非つなげていただきたいと思います。

 

今回の国際理解教育の実施にあたり、ご協力いただいた成岡先生をはじめ、学校関係者の皆様に感謝申し上げます。

 

ありがとうございました。

 

以上で活動報告を終わらせていただきます。

 

attachment00

 

Hello, everyone.

Thank you for visiting our blog.

I am Mako Ueshima, 3rd year of Konishi seminar student.

This time, I report the education of international understanding in Poole Gakuin High School on 28 November in 2016.

 

I thought our presentation gave opportunities to understand and to have an interest in poverty issues in the Philippines.

 

・Target

All Poole Gakuin High School Students

 

・Contents

1. The report of the fieldwork in the Philippines

2. About “Street children” and children who live in the smoky mountain

3. The activities of Bridge for Children, KGU

 

We explained our educational activities and poor children in the Philippines to students about 10 minutes.

We gave them a lecture and show them a short movie about our fieldwork.

 

Our presentation was very short time, but I think students could learn about the poverty issues in the Philippines because they listened to us seriously.

 

I deeply appreciate for Mr. Naruoka and the other teachers who helped us with our activities.

 

Thank you very much.

挑戦し続けることの大切さ

こんにちは。

小西ゼミ3年の荻野峻宏です。

今回は大学三年間で挑戦してよかったことについて書こうと思います。

私にとって最も大きな挑戦は、一年間の交換留学に参加し、英語で専門的な分野について学ぶことだと思います。私は、現在、ノルウェーのオスロ大学で、北欧諸国の社会構造や政治、言語など様々な分野を幅広く学んでいます。

私がこのプログラムに関心を持ち始めたのは大学2年生の時でした。その年の春休みにベトナムでのフィールドワークに参加し、途上国の現状を自分の目で見る機会がありました。このプログラムを通して、私の中で最も印象に残っているのは、途上国の景色でも、人々でもなく、ベトナム人学生とのディスカッションの中で聞かれた一つの質問でした。あるベトナム人の学生が、「どうして日本では、男女平等が推し進められないのか」という問いを投げかけてきました。その時、私は何も答えることができず、日本人としてこれまで日本で暮らしてきたにもかかわらず、社会問題に対しては目を背けてきたことに恥ずかしさを感じました。それから、帰国後、労働市場における男女格差や日本の社会保障システムに焦点を当て勉強していくうちに、この分野で世界的に注目されている北欧諸国に関心を持つようになりました。そして、実際に北欧ではどのようにこの問題が議論されているのか、日本とは異なった視点でこの分野を学びたいと思い、交換留学を目指し始めました。

しかし、それまで全くと言っていいほど英語を勉強してこなかった私にとって、「留学」は夢のような話でした。当初、私の英語力は極めて低く、出願するために必要最低限のスコアすらとることができませんでした。それからは、毎日、通学時間やバイトの空き時間などを利用して英語力アップに取り組みました。そして、半年後には、交換留学の切符を手にすることができました。しかし、交換留学が決まるやいなや、完全に安心しきった私は、以前よりも英語に費やす時間を減らしてしまったため、英語力が停滞していました。

そして、いざノルウェーに来てみると、周りの学生の英語力の高さや豊富な知識に圧倒され、最初の数か月は劣等感を感じる毎日を送っていました。今は、この状態を変えようと毎日、授業の予習、復習に加え、単語の暗記や発音練習などを通してすべてを英語で考える練習をしています。正直、日本にいる時よりもはるかに英語の学習について自分なりに試行錯誤しながら考えて勉強しています。今から思うと日本にいたときの自分の考えはとても甘かったように思います。

また、留学生とのディスカッションの中でも、自分の関心の狭さと知識の少なさを思い知らされています。例えば、北欧諸国の社会構造を学ぶにあたって、政治に関する知識は必要不可欠です。特に、それぞれの政党がどのような政策に重点を置いていて、どの政党が政権を取るかによって政策は大きく変わってきます。しかし、私は、ここに来るまで政治(特に政党)に対する関心が極めて薄く、内容を理解するのにとても苦労しました。このように、ノルウェーに来てからの方が、多くの困難に直面し、苦労を重ね、その結果、主体的な学びができているように思います。

これまで、三年間で挑戦してよかったことについて書きましたが、自分自身まだまだ挑戦し続けなければならないと日々実感しています。

 

Hello, I’m Takahiro Ogino, 3rd year student in Konishi seminar. Today, I’m going to write about “one of the big challenge in my university life”. The biggest challenge in my university life is to study about specific topic in English with people from various countries. I’m studying about the Nordic welfare system, politics and Norwegian language at university of Oslo now.

When I was in 2nd year, I started to have interest in a study abroad program. A field trip in Vietnam was a trigger to inspire me to study abroad. I could see realities in a developing country and discussed the issues. However, what the most memorable was not the scenery or the people, but the discussion with Vietnamese students. In the discussion, a Vietnamese student asked us a question, “why gender equality is not promoted in Japan?”. Then, I couldn’t answer the question, and felt embarrassed because I looked away social issues even though I had lived in Japan so far. After I went back to Japan, I started to study focusing on “gender inequality in the labor market” and “the social welfare system”. As I have been studying, I gradually got to have interest in the Nordic welfare system which is notable in the world. At that time, I started to eager to study in a Nordic country to be familiar with the sphere through leaning from new perspectives which are different from Japan.

However, it was really hard for me to pass a test for studying abroad because I had looked away studying English so far. I didn’t even have a minimum required score to apply for the program actually. After acknowledging my English level, I began to study to improve my English ability even on a train and during a break in part-time job. After 6 months, I was finally nominated as an exchange student. However, as soon as I had a ticket to study in Norway, I didn’t come to study as much as before and of course my English didn’t get well any more.

Finally, I moved to Norway last August, but the life in Norway was harder than I had expected. Other international students with high level of English and enormous amount of knowledge made me feel superiority in the first few months. Hence, I’m studying English to catch up them besides classes now. I figured out the way to be better my English, and to be honest, I study it much harder than I was in Japan. I think my attitude toward English before was not enough strict to improve it. I’m just satisfied to make effort I did, not to achieve a goal. Also, I face with problem in discussion with people from other countries. Through this activity, I can acknowledge my narrow interest and poor knowledge. For example, knowledge about politics is essential to learn the Nordic welfare system because each party has different values, and they have strong influence on policies. However, I was not interested in politics so far, so it was difficult for me to understand how the system works. Now I got used to talking about this sphere. Thus, I have much more hardship in Norway than in Japan. I still need to try anything no matter how difficult it is.

発展途上国の子どもたちのために私たちができること ~フィリピンフィールドワークの経験を通して~

 

皆さん、こんにちは!

いつも小西ゼミのブログをお読みいただきありがとうございます!

 

今回は守本美咲が、11月17日に三田キャンパスで行われたリサーチフェアについてご報告させていただきます。

リサーチフェアでは、「発展途上国の子どもたちのために私たちができること~フィリピンフィールドワークの経験を通して~」というタイトルで、自由発表をさせていただきました。

 

小西ゼミのブースではポスター発表、紙芝居、ワークショップ、ムービー上映の4つを行いました。

ポスター発表ではフィリピンのゴミ山、ストリートチルドレンの現状について発表しました。また靴プロジェクトなど、BFCの活動を通して学生にできる国際協力についても紹介させていただきました。紙芝居では世界銀行が定める貧困について紹介させていただきました。

ワークショップでは、「発展途上国の子どもたちのために私たちに何ができるか」を来場してくださった方々に考えていただき、ポストイットにアイディアを書いて貼っていただきました。

参加者からは以下のようなアイディアをいただきました。

「今当たり前にしている事のありがたさを感じる」

「発展途上国に暮らす子どもたちの笑顔を増やすために、今自分ができることを考える!!」

「コンビニなどに設置されている募金箱に、募金をする」

「もっと知識とスキルを高めて、途上国・先進国の両方の発展に貢献する」

Research Fair Workshop

今回のリサーチフェアでは、大学生だけでなく、たくさんの高校生や先生方にもご来場していただきました。その中で来場者の反応を見ながらそれに合わせた内容の説明を臨機応変に行うことの重要さを再認識させられました。小西ゼミの発表が、フィリピンの子どもたちのことを知ってもらうこと、日本にいながらも自分たちにできることを少しでも考えていただける機会になれば幸いです。

 

小西ゼミのブースには約150名の方々にご来場いただきました。

ご来場いただいた方々、ありがとうございました。

Research Fair 22

 

Hello everyone!

Thank you for reading our blog.

I am Misaki Morimoto, a student of Konishi seminar.

 

Today, I would like to report about “Research Fair” which held in Sanda Campus of Kwansei Gakuin University in 17 November.

We presented based on the tittle which is “What can we do for the children who live in developed countries –through our experience in the Philippine–”.

We shared our experience in the Philippine with students.

 

In Konishi seminar’s booth, we did poster session, picture story show, workshop, and show a movie.

 

In poster session, we talked about dumpsite of Philippine and actual condition of Street Children. In addition, we introduced activities like shoes project of Bridge for Children which is global cooperation that students can do. In picture story show, we talked about poverty index set by World Bank. In workshop, we encouraged visitor to think about “what we can do for children who live in developing countries”, and write the ideas in sticky note and hang up it on world map.

We received many ideas and we would like to share some of them.

“I’m thankful for an ordinary day”

“Think about what I can do for children who live in developing countries”

“Donate some money to collection box in convenience store”

“Enhance knowledge and skills, and contribute to development of both developing countries and developed countries”

 

We had a very large number of visitors come to our booth, not only university students but also high school students and teachers.

I truly realized how important to change easier according to reaction of the person who is speaking to.

We hope we provided the opportunity to knowing the children of Philippine, and think about “what can we do for children who live in developing countries”.

 

We had almost 150 people of visitors in our booth.

Thank you everyone for your attendance.

 

 

総合政策学部チャペル 国際理解教育

こんにちは。

いつも小西ゼミのブログを読んでいただき、ありがとうございます。

小西ゼミ3年生の上嶋真子です。

今回のブログでは、Bridge for Children, KGUの国際理解教育の活動報告をさせていただこうと思います。

 

今回は、2016年11月1日に行いました、関西学院大学総合政策学部のチャペルでの国際理解教育について報告させていただきます。

 

学生に『自分たちにもできる途上国支援』を考えるきっかけにしてもらおうと、私たちはこの講演を行いました。

 

・対象

総合政策学部1年生

 

・講演内容

①フィリピンのゴミ山について

②子どもたちの笑顔が私たちにもたらしたもの

③Bridge for Children, KGU の活動

 

当日は、私たちの予想よりもはるかに多く、約290人もの学生にご参加いただきました。また、二重三重になりながら、私たちの話を立ってまで聞いてくださる学生もいらっしゃり、私たちも驚きました。15分という短い時間でしたが、学生は最後まで真剣に私たちの話に耳を傾けてくださいました。

 

そして、今回のアンケート結果では、以下のようなお声をいただきました。

 

・1日1回の栄養のない食事をしている子どもたちに対して、自分に何ができるのか考える機会になった

・自分の目で貧困などの現状に出会い、現地の人々と触れ合う大切さを実感した

・直接的な貧困解決はできないとはいえ、貧困層の子どもたちのために何か活動を行うことの意味を感じた

・過酷な環境でもしっかりと生きている子どもたちの姿が印象的だった

 

総合政策学部1回生の皆様はまだ所属する学科を定めていない方も多いかもしれませんが、今回の国際理解教育を通して、少しでも、学生の皆様が世界の貧困問題に興味を持っていただければ幸いです。

 

今回、私たちにチャペルトークの機会を与えてくださった村瀬義史先生をはじめ、私たちの講演をお聞きいただいた学生の皆様に感謝申し上げます。

 

本当にありがとうございました。

 

以上で活動報告を終わらせていただきます。

 

村瀬先生が総合政策学部のチャペルブログにも、皆様からのご意見やご感想を掲載してくださいましたので、よろしければこちらも併せてご覧ください。

http://kg-sps.jp/blogs/chapel/2016/11/01/2662/

 

DSC09193_R DSC09210_R

 

Hello, everyone.

Thank you for visiting our blog.

I am Mako Ueshima, and 3rd year of Konishi seminar student.

This time, I will report the education of international understanding at the chapel hour in Kwansei Gakuin University on 1 November in 2016.

We gave students the chances that they think the supports they can do for developing countries.

 

・Target

The 1st year of students in the school of policy studies

 

・Contents

  1. The smoky mountains in the Philippines
  2. The thing the children in the Philippines gave us
  3. The activities of Bridge for Children, KGU

 

The participants in our lecture were about 290 students that were more than expected.

We were surprised that some students stood and listened to us.

It was 15 minuets but the students listened to us seriously to the last.

 

Students comments

・The lecture gave me a chance that I think what I can do for poor children.

・I realized importance of seeing poverty with my own eyes and coming in contact with locals.

・I found meaning that I take action for poor children although I cannot solve poverty issue directly.

・I got an impression that the children live desperately in the harsh environments.

 

We would like the students to have an interest in poverty issue in the world through this education of international understanding.

 

We want to appreciate Mr. Murase and the students that came to listen to us.

 

Thank you very much.

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人事政策、能力開発・キャリア開発 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく人事管理業務に携わっており、...

カテゴリー一覧