離れて気づく母親への感謝の気持ち

みなさん、こんにちは。

小西ゼミ3回生の浦野紗友美と申します。

いつも小西ゼミのブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

本日は、私が大学で一人暮らしをし、その経験から感じたことを書かせていただきたいと思います。

 

一人暮らしから学んだこと、それは母親の存在の大きさです。

私は大学に入る前に大きな選択をしました。実家から離れて一人暮らしをすることです。親は私の安全性や健康面を気にかけ、実家に残るように言いました。しかし、私は家を出たいという一心で親の反対を押し切って一人暮らしをすること決意しました。

 

入学前の私は、一人暮らしに憧れていました。親から何も言われることなく自由になる、友達をいつでも家に呼べるなど夢のような生活だと想像していました。しかし、そう思えていたのはほんの数週間だけでした。実際は、勉強、アルバイトをして、疲れて家に帰宅しても、家事をしなくてはいけない日々であり、想像以上に大変であることを実感しました 。実家と同じような生活を送っていると、知らないうちに溜まっていく洗濯物、ホコリ、洗い物。これらが増えていくのを目の当たりにし、初めて私は母親の存在の大きさに気づかされました。

 

三年間の一人暮らしを終え、先月私は実家に戻りました。その時初めて3年間募らせた感謝の思いを口に出して母親に伝えることが出来ました。母は、「おかえり」と優しく迎え入れてくれました。この気持ちを大学生になって初めて気づいたことに恥ずかしさを感じます。それと同時に、一人暮らしをしていなかったら今もなお気づいていなかったのはないかと思うと、ぞっとします。

 

私が皆さんに伝えたいことは、両親に感謝する気持ちを伝えてほしいという事です。真冬においしいご飯を食べられるのは、母が冷たい水でお米をといでくれているからです。夜電気をつけて明るい部屋で勉強できるのは、両親が毎日せっせと働いてくれているからです。当たり前だと思っていることをもう一度考え直してみてください。両親への感謝の気持ちは普段から思っていてもなかなか口に出すことができずにいる方も多いのではないでしょうか。みなさんもこれをきっかけに日頃の感謝の気持ちを両親に伝えようと感じてくだされば幸いです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

小西研究室のホームページはこちらから↓

http://www.konishi-kg.org/language.html/

 

 

Hello, everyone.

Thank you for visiting our blog.

I am Sayumi Urano, 3rd year of Konishi seminar student.

 

Today, I would like to write about what I felt through my experience of living on my own.

 

What I learned by experience of living on my own is the importance of my mother.

Before I entered the university, I made the  big decision. It is that I leave  home and live alone. My parents did not permit me to live alone because  they worried about the safety and my health. However, I overcame  the opposition of my parents and decided to start living alone in my ardent desire to leave home.

 

Before I started it, I yearn for living alone. I believe I can live my dream life, because it would be possible to be free from my parents and to invite my friends to my home whenever I want. However,  I could enjoy living alone for a few weeks. In actually, it was much harder than I expected, because I had to the housework after I came back to home from the school or my part time job every day. If I live the same life as at the time living with my parents, there are washing, dust, and dirty dishes increasing in my house. I realized how important my mother is for the first time when I see those situations.

 

After I finished my life of living on my own for 3 years, I came back to my parent’s home.  Then, I could tell my mother what I had been feeling thankfulness for her for 3 years in words. My mother welcomed me warmly saying ”Okaeri”. I strongly feel ashamed that I had never realized the importance of my mother since I became the university student. At the same time, I really feel terrible I would never have realized it if I did not leave home and lived alone.

 

What I would like to tell you is that I want you to say your parents how grateful they are for you. Please imagine that you can eat the delicious rice in the middle of winter. This is because your mother washes the rise with very cold water. Please imagine that you can study in the bright room.  Your parents work hard every day and pay for it. Perhaps there are many of you who cannot say “thank you” to your parents even if you want to say it. I am so happy if you feel you want to tell your feeling to your parents by reading this article.

 

Thank you for reading!

 

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2017/3/1 15:34

コメント:0

まだコメントはありません。

コメントを投稿する

トラックバック:0

トラックバックURL
http://kg-sps.jp/blogs/konishi/2017/03/01/3197/trackback/
この記事へのトラックバック

まだトラックバックはありません。

プロフィール


NAOMI KONISHI
研究分野のキーワード 国際協力、国際人的資源管理、キャリア開発、ダイバーシティ&インクルージョン政策 研究内容 私は着任前、国内の外資系企業及び国際機関にて、組織の人事政策や人材戦略に基づく...

カテゴリー一覧